in

クイーン自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』を事実検証

引用元: クイーン自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』を事実検証

1: アルテミス@ ★ 2018/11/16(金) 13:22:18.32 ID:CAP_USER9.net
1. クイーンの結成はそれほど単純ではなかった

映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、両親とケンカしたフレディ・マーキュリーが、ブライアン・メイとロジャー・テイラーが在籍したクイーンの前身バンド、スマイルの1970年に行ったギグをたまたま見たことになっている。
ライブ後にメンバーと知り合い、その数分後にスマイルのベーシスト兼ヴォーカリストのティム・スタフェルが都合よく脱退する。
ドラマーのテイラーもギタリストのメイも、大きな前歯のこの男を怪訝に思うが、この男が彼らの曲「Doing Alright(原題)」を鳥肌モノのアカペラで歌いだした途端、彼らはこの男をバンドに迎え入れるのだ。しかし、事実は、フレディとティム・スタフェルは長年の友人で、フレディは加入するかなり前からスマイルの大ファンだった。
ブライアン・メイはフレディがメンバーにしてくれとしつこく言い続けたことを覚えていて、1970年にスタフェルが脱退して初めて、その要求を受け入れたのである。

2. ジョン・ディーコンはオリジナル・ベーシストではなかった

映画では、1970年のクイーンの初コンサートでジョン・ディーコンがベースを弾いている。しかし、実際は、ディーコンはバンドが試した4人目のベーシストで、加入したのが1971年だ。劇中、最初のコンサートで演奏している「炎のロックン・ロール/Keep Yourself Alive」は彼らのデビュー・アルバム収録の初期の楽曲だった。

3. フレディがメアリー・オースティンに出会ったのはクイーンに加入した日ではなかった

映画では、フレディが未来の恋人メアリー・オースティンに出会ったのは、初めてバンドと遭遇し、メンバーになる30秒前になっている。もちろん、事実はもっと複雑だ。オースティンは最初、短い間ブライアン・メイと付き合っていた。その後、フレディの友達の輪に登場したのは、彼がクイーンのリード・シンガーになってからのことである。

4. レイ・フォスターというレコード会社の重役は存在しない

映画の登場人物の中でもかなり興味深いのが、マイク・マイヤーズが演じるレコード会社重役レイ・フォスターだ。マイク・マイヤーズの面影がほぼ消えているこのフォスターは、クイーンに商業的な音楽を作る必要を力説する。
また、彼は最初に楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」を聞いて、この曲を毛嫌いし、シングルでのリリースを拒む。このため、バンドは不機嫌に部屋から立ち去り、窓の外から石を投げつける。
フォスターのキャラクターはEMIのロイ・フェザーストーンをモデルに作られているが、フェザーストーン自身はクイーンの大ファンだった。しかし、フェザーストーンが「ボヘミアン・ラプソディ」がシングル曲としては長すぎると思ったのは本当だ。この点以外のフォスターのキャラクター設定はフィクションである。

5. フレディの恋人ジム・ハットンは彼の使用人ではなかった

映画の中では、究極に堕落したパーティーで泥酔して、意気消沈したフレディがジム・ハットンという名前の給仕を無理やり口説こうとする。
ハットンはフレディを拒絶するが、その夜二人は何時間もよもやま話をすることになる。数年後、フレディは電話帳でハットンを探しだし、デートし始める。しかし、実際は、ハットンはサヴォイ・ホテルに勤務する美容師で、知り合ったのはナイトクラブだった。

6. クイーンは一度も解散していない

1985年のライヴ・エイドでのパフォーマンスに向けて盛り上げるためか、最も現実と離れたストーリーラインが用意された。フレディが密かに400万ドルのソロ・プロジェクトにサインし、バンドとしばらく距離を置きたいと暴露するシーンがある。
当然、残りの3人は激怒し、それぞれの道を進む。
しかし、事実はこうだ。ほぼ10年間ずっとツアーを続けたメンバーたちは、1983年になる頃には燃え尽きていた。全員が休暇を必要としていたのだ。劇中ではメンバーがフレディに何年も口をきかなかった雰囲気を醸しているが、彼らは1983年の後期にはアルバム『ザ・ワークス/The Works』の制作を始めており、疎遠になったことは一度もなかった。

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29421/1/1/1
>>2以降に

OGP - クイーン自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』を事実検証
関連記事

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

2: アルテミス@ ★ 2018/11/16(金) 13:23:33.31 ID:CAP_USER9.net
7. ライヴ・エイドは再結成ではなかった

映画では、1985年にライヴ・エイド出演のオファーが来たとき、彼らは互いに口すらきかない仲になっていて、何年もライブを行っていない設定だ。1984年初頭に彼らがアルバム『ザ・ワークス』をリリースしたことにも、その後ワールド・ツアーを行ったことにも一切触れていない。
このツアーのツアーファイナルはライヴ・エイドの8週間前だった。そのため、ライヴ・エイドに出演したクイーンの演奏は非常にこなれたものだったが、映画では彼らが互いのペースを掴んで、再びまともな演奏をするために努力する姿を描いている。確かにこの方がドラマチックではあるが、事実とは異なる。

8. フレディはライヴ・エイド前に自身のHIV感染を知らなかった

劇中のライヴ・エイドに向けたリハーサル中、フレディはメンバーにHIV感染を告げる。だが、彼は病気を隠し通し、音楽へ全精力を傾けたいと言う。
事実は、フレディがHIV感染を知った時期はいまだにはっきりとしないが、1986年から1987年の間だろうというのが大方の見方だ。つまり、ライヴ・エイドのリハーサル中のフレディは病気のことなど全く知らなかったのである。

mqdefault - クイーン自伝映画『ボヘミアン・ラプソディ』を事実検証

5: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:25:55.70 ID:ynbYVWkZ0.net
>>2
ウィウィルロックユーの時はまだオカッパヘアだったのに映画では短髪ヒゲだったな

165: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 16:07:15.09 ID:ECaVp1wc0.net
>>5
単発ヒゲで表で出したのはJAZZのあたりから

3: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:24:20.71 ID:4mvU8GOH0.net
なんだほとんど創作じゃん

101: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:40:41.86 ID:sQqsDR0u0.net
>>3
映画だからな

130: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:19:57.23 ID:BEN1jmYA0.net
>>3
■ブライアン・メイ コメント
完成した映画を観て、ワクワクしている。
これは伝記映画ではなく、硬い岩から掘り出されたような、純粋なアートだ。
家族や人間関係、希望に夢、悲嘆や失望、そして最後には勝利と達成感が、
誰にでも共感できるような物語として描かれている。

7: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:27:35.84 ID:sUmOjxMv0.net
>6. クイーンは一度も解散していない

作中でもフレディがソロやりはじめただけで解散なんかしてないだろ

21: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:42:45.06 ID:7WKP7A9M0.net
>>7
だね。

10: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:30:38.78 ID:XmUOHZAR0.net
ウルトラマン研究序説と同じくらい下らない記事だな。

12: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:36:42.38 ID:2qKOMoOd0.net
マイクマイヤーズ出てんだ(^_^;)
まあボヘミアンラプソディってタイトルの映画に出ないわけいかないか

18: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:39:36.97 ID:ELcsWEGx0.net
>>12
しかもウェインズワールドのシーンをネタにしたメタ台詞がある

17: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:39:35.98 ID:QSa7aHSq0.net
フジテレビで放送されたLIVE AIDは
日本のテレビ放送史上 最低の衛星中継だったな
CMだらけで中継はぶつ切りしてライブもズタズタに切られ
QUEENのライブも途中でぶった切られて最悪の中継だったの覚えてる

137: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:33:32.73 ID:kYBwBwyW0.net
>>17
あれ悔しかったな。
ウィ・アー・ザ・チャンピオンズの直前でCMいれやがって。
ラジオでも放送してたから、すぐに、そっちに切り替えたわ。

148: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 15:48:51.20 ID:LA9F/lgM0.net
>>17
後年DVD買って嫌な記憶を浄化したわ
酷い中継だったもんな

19: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:41:05.36 ID:AJ1up4t60.net
>>17
よく覚えてるな~
一応見てたが、ひたすら眠気との闘いだった

68: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:21:20.08 ID:ynbYVWkZ0.net
>>17
当時の日本ではクイーンは人気低迷してたし仕方ない
当時人気あったデュランデュランとかマドンナとかデヴィッドボウイはフジテレビも推してたので扱いが全然違った
まだ録画したビデオ持ってるわ

23: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:44:48.97 ID:dFr0lgKr0.net
ジョン可愛いよジョン

26: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:47:40.45 ID:EkC3kILm0.net
>>23
扱いが可哀想、合宿の時に狭い部屋を
あてがわれた

24: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:45:51.77 ID:QjTfTNTE0.net
大河ドラマ見て歴史を語るようなもんや
映画だとアマデウスみたいなもんよ
創作だと思って楽しめば良い

44: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:04:37.16 ID:8EdxQT2N0.net
>>24
NHK大河ドラマもアマデウスも自伝じゃないじゃん
遥か昔の出来事だから当時の人間は誰も生きてないし

今回の映画はフレディこそ亡くなってるけど他のメンバーや関係者の多くは生きているし

47: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:05:35.42 ID:QjTfTNTE0.net
>>44
そのメンバーが監修してこうなったんやで

27: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:47:50.33 ID:CmGMwiiW0.net
正直この映画は20分のライブエイド再現シーンがメインであり
それ以外はただの前振りに過ぎない

28: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:48:56.20 ID:EkC3kILm0.net
>>27
メンバーの喧嘩のところが面白いよ

30: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:50:21.64 ID:CmGMwiiW0.net
>>28
意味なくフレディを会議室から追い出すところは好き

31: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:51:44.55 ID:QjTfTNTE0.net
>>27
原田知世版時をかける少女なんて
最後のクレジットのために残り全部があるんだぞ

29: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:50:20.62 ID:Gp8fKsk40.net
憎まれ役のポールはどう思ってるんだろう?って心配になったけど、もう亡くなってんだな

37: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 13:59:49.11 ID:biMwgF8p0.net
>>29
憎まれ役というかポールがクズなのは脚色無しのガチ
ゾンビ映画にありがちなセリフ
戦争映画でよく聞く「ウィガラムーブ!」ってなんなの?
吉岡里帆、主演映画の大不振で戦犯扱い
『GODZILLA 星を喰う者』2chでの評価
真野恵里菜「色んな感情渦巻いてる」 高畑裕太が強姦致傷容疑で逮捕による撮影中断乗り越え完成に涙…
小栗旬が念願ハリウッド映画出演、ゴジラ第3弾で
ハリウッドの実写版ポケモン映画『名探偵ピカチュウ』のトレーラー映像が公開

38: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:02:47.20 ID:b+i0Ghmt0.net
クイーンで一番、泣けるのは追悼コンサートでジョージ・マイケル
が歌ったとこだろ ついでに本人も去年、死んじまった

57: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:13:13.51 ID:asLeFJvz0.net
>>38
あれは本物並にすごかったな
何回でも見れる

42: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:04:13.36 ID:1zLJymDi0.net
事実検証してなんだと言いたいんだろ?くだらん。
オープニングで嗚咽漏らしてエンディングで号泣した俺にはどうでもいい。

46: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:05:32.82 ID:iCsZbRuE0.net
>>42
ライブエイドを死にかけのフレディの最後の輝きみたいな描き方したのは本当に残念だったけどな
あれじゃエイズ知っててばらまくクソ野郎だし、

43: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:04:22.91 ID:S7F/NbNy0.net
ドアーズの映画も全然事実じゃなかったよな
メンバーが怒ってるもんな

48: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:06:01.18 ID:EkC3kILm0.net
ライブエイド再現も素晴らしいが、
最後のスタッフロールに本物のライブ(髭無し)が
使われてて格好良くて、全然文字が追えなかった

90: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:36:06.44 ID:ynbYVWkZ0.net
>>48
あれはドントストップミーナウのPVそのまんまやんけw
曲はギターとドラムが目立つような新録だが

50: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:07:40.96 ID:+V6Tihi60.net
初期でオペラ座の1曲目のデスオントゥーレッグスの歌詞にある悪徳マネージャーに触れて欲しかったんだが無かったな
てっきり中盤で首になるマネが出てきた時そいつだと思って期待したんだが

88: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:33:39.77 ID:ynbYVWkZ0.net
>>50
俺も期待したが触れなかったね

54: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:10:28.15 ID:hoNZizXl0.net
イーストウッドが作ったジャージーボーイズ見ろや

62: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:16:40.44 ID:x/2+H5R+0.net
>>54
あれもこの映画と同じくらい時代考証とかは適当だけど楽しめたよ

59: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:14:39.48 ID:iCsZbRuE0.net
ライブエイドのための映画というのはごもっともだけど、だったらライブエイドに関する描写だけは嘘を混ぜるべきじゃなかったね
あの再現ライブ見せるだけで観客は熱狂するんだからさ

64: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:18:44.72 ID:hrz/86Jn0.net
もっと結成初期のストーリー多くしてほしかった
全体的に大仰で悲劇ぶってる感じが強すぎて……
最後のライブはすごかった

66: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:19:34.59 ID:G8V70trW0.net
エーオ

106: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:46:39.87 ID:ELcsWEGx0.net
>>66
エーエーオ♪

67: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:20:35.34 ID:TcuoHPc30.net
事実をきっちり描くのなら、イニュエンドゥのレコーディングまでやらないと意味ないよな。
エイズ発症してぼろぼろになりながら、
Show must go on とか、I’m going slightly mad とか
歌い続けて、最後はthese are the days of our lives の映像。
これだと、泣かずにはいられないが、
そういうのはドキュメンタリーで既に出ているからな。

監督の原案ではもっとホモホモしいゲイ礼賛映画だったのを、
ブライアンとロジャーが口はさんで、
なんとか音楽中心の物語にしたらしいから、
あまり贅沢言ってもな。

71: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:22:41.28 ID:4uZxH4TB0.net
ドキュメンタリー映画では無いので全く問題ない、この映画の見どころは
厳格な父親を前にして自分は恥ずべき存在なのか、またマイノリティが受け入れられないと
いう時代的な背景からのフレディの心の葛藤と
クィーンのサクセスストーリーやメンバーとの絆が主題なのだから。
ファンでなくとも楽しめるよ、とにかく楽曲は素晴らしいから。

73: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:24:10.49 ID:3qRVJGO40.net
>>71
これな

72: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:23:15.06 ID:hrz/86Jn0.net
実際もブライアンメイとジョンはフレディにたいしてあんなに大人な対応してたの?

91: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:36:43.03 ID:raD8HcCe0.net
>>72
そもそもソロ活動始めたの他のメンバーが先だから

77: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:28:04.16 ID:YP+PySlH0.net
この手の映画って元々虚実ないまぜがデフォだと思ってたわ
じゃないと起承転結とかうまくつけられないだろ

78: 名無しさん@恐縮です 2018/11/16(金) 14:28:15.00 ID:kvFQ04cF0.net
この映画の知識で得意げなやつがいたらやばい人リストに入れた方がいいわけだな

アラン・スミシー

史実厨ってハッキリ言って水差しクソ野郎だと思うよ

アラン・スミシー

空想の事にマジレスとかなら、まだ「水差しクソ野郎」ってのには同意できるけど
実際に存在した人物達の一生を映画にしたのならこの手の指摘はされても仕方ないでしょ。

アラン・スミシー

大河ドラマみたいなもんだしなぁ。

事実以外認めない人はドキュメンタリーでも見ればいいんだが、
それだって省略したり触れない出来事なんていくらでも出てくるからな。

アラン・スミシー

映画の流れだとエイズのこと知っててジムと付き合ったことになるからさすがにそれはねーよって感じだった

アラン・スミシー

ロットントマトの批評家のスコアも
ストーリー映画、ドキュメンタリーとしては凡庸
クイーンだから面白いみたいな感じだったなあ

blank - おまえらの生涯No1映画なに?

おまえらの生涯No1映画なに?

blank - コナン『ゼロの執行人』全世界で110億円超えの大ヒット!

コナン『ゼロの執行人』全世界で110億円超えの大ヒット!