in

デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

引用元:デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

1: 湛然 ★ 2021/09/24(金) 23:25:54.87 ID:CAP_USER9.net
デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開
2021.9.24 17:00 BARKS
https://www.barks.jp/news/?id=1000208262
da1 - デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

音楽史にその名を刻む偉大なアイコン“デヴィッド・ボウイ”の若き日の姿と“ジギー・スターダスト”誕生を描いた映画『スターダスト』が2021年10月8日(金)よりTOHOシネマズシャンテほかにて公開。この度、本編映像を解禁した。

●映画『スターダスト』本編映像�A

mqdefault - デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

映画『スターダスト』はデヴィッド・ボウイのアルバム『ジギー・スターダスト』(1972)を発表する前年、若き日のデヴィッド・ボウイを描いた“ジギー・スターダスト”誕生の物語。本作は、のちにデヴィッド・ボウイの最も有名な別人格“ジギー・スターダスト”を生み出すきっかけとなった瞬間の舞台裏、キャリアのターニングポイント、それに関わった人たち、そして彼の内面を描く。

この度、ジョニー・フリン演じる若き日のデヴィッド・ボウイのアメリカツアーでの歌唱シーンを映した本編映像が解禁。本作では、「世界を売った男」をリリースした24歳のデヴィッドがイギリスからアメリカへ渡り、初の全米プロモーションツアーに挑む様子が描かれている。しかしビザの手続きに不具合があり、コンサートを実施することができないと聞かされ、雑誌の取材やラジオ出演、小さな会場でのカバー曲のみの弾き語りで全米を巡ることとなる。この度解禁されたのは、ボウイが初めてアメリカのバーで弾き語りライブを行うシーン。しかしアメリカでの知名度に乏しく、ボウイは観客に見向きもされない。これには彼と共にプロモーションツアーを廻るマーキュリー・レコードのパブリシスト、ロン・オバーマンも「参ったな」と頭を抱える。

ジョニー・フリン演じるボウイは「敬愛するバンドの曲を」と弾き語りを始める。実はここで披露される曲は、ジョニー・フリン自身が作曲した「Good Ol? Jane」というオリジナル楽曲。映画は1971年の設定で、当時のデヴィッド・ボウイはヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ジャック・ブレル、クリーム、ザ・フー、ヤードバーズなどのカバーを多く演奏していた。「当時のデヴィッドはルー・リードの大ファンだった。幾つかの曲もルー・リードを意識して書いている。だから映画のなかでは、ルー・リードになろうとしているデヴィッドになろうとしているジョニーが見られる。だからジョニーが映画で演奏した曲はヴェルヴェット・アンダーグラウンドのような響きがある。」とガブリエル・レンジ監督は語り「彼(デヴィッド)にとってヴェルヴェット・アンダーグラウンドは憧れのバンドだったし、この旅の前から彼らの曲をよくカバーしていた。他にも、ファクトリーでアンディ・ウォーホルに会っている。

(※中略)

◆『スターダスト』

2021年10月8日(金)より、TOHOシネマズシャンテほか全国公開

監督:ガブリエル・レンジ プロデューサー:ポール・ヴァン・カーター、ニック・タウシグ、マット・コード 脚本:クリストファー・ベル、ガブリエル・レンジ

CAST:ジョニー・フリン/ジェナ・マローン/デレク・モラン/アーロン・プール/マーク・マロン

2020年|イギリス/カナダ|109分|原題:STARDUST|PG12 (C)COPYRIGHT 2019 SALON BOWIE LIMITED, WILD WONDERLAND FILMS LLC

提供:カルチュア・パブリッシャーズ/リージェンツ 配給:リージェンツ 宣伝:ビーズインターナショナル

デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ロバート・ジョーンズ(英語: David Robert Jones、1947年1月8日 – 2016年1月10日)は、デヴィッド・ボウイ(英語: David Bowie)の名で知られるイングランド出身のミュージシャン、シンガーソングライター、俳優。デイビッド・ボウイ、デイヴィッド・ボウイと表記されることもある。

グラムロックの先駆者として台頭し、ポピュラー音楽の分野で世界的名声を得る。役者の世界にも進出し、数々の受賞実績を持つマルチ・アーティストとして知られている。

1996年『ロックの殿堂』入り。


wikipediaより

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

28: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:24:22.04 ID:b7EHfui00.net
>>1
もう少し似てる役者使えよ

2: 名無しさん@恐縮です 2021/09/24(金) 23:27:46.33 ID:LOurU8Qw0.net
ボヘミアンラプソディ的な奴?

3: 名無しさん@恐縮です 2021/09/24(金) 23:30:25.22 ID:rRrDab0r0.net
ベルベットゴールドマイン超えられるわけない

4: 名無しさん@恐縮です 2021/09/24(金) 23:31:54.11 ID:u9uyaYwA0.net
>>3
あれはあれで良かったけど非公認だもんな
今回はもっと酷そうだけど

6: 名無しさん@恐縮です 2021/09/24(金) 23:35:34.29 ID:o5ww41Fl0.net
こんなんより
地球に落ちてきた男っての観てみたいんだが

29: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:35:46.06 ID:963fYJYQ0.net
>>6
見たけど面白なかったわ

12: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 00:51:52.38 ID:hMiNPZ070.net
デビッドボウイは日本だとメリークリスマスミスターローレンスとレッツダンスの2発屋

14: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 00:52:17.85 .net
The Man Who Sold The World
mqdefault - デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

15: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 00:53:13.86 .net
ジギー・スターダスト
mqdefault - デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

16: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 00:53:39.85 ID:sI7/vA0V0.net
ボウイは売れる前から映像やインタビューをたくさん残しているので、わざわざ他の役者を使って映画にする意味がない
アマゾンプライムにあった、初期の五年と最後の五年のドキュメント番組で十分

47: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 07:41:04.90 ID:iO+4VCNU0.net
>>16
完全同意!
BowieにしかBowieは表現出来ない

17: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 00:55:44.59 ID:c6vTPATC0.net
この人何回黄金期があるんだよ

20: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:08:08.02 ID:NYIpATKT0.net
俺が一番ショックだったのは、鶴ちゃんのプッツン5でボーイが歌ってたのを見た時

21: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:09:59.64 ID:7WdxIhNz0.net
ラビリンス
戦場のメリークリスマス
ツインピークス ローラパーマー最後の7日間
ビギナーズ

26: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:18:29.14 ID:q7Mbie2+0.net
mqdefault - デヴィッド・ボウイ、誰も知らない若き日の“ジギー・スターダスト“誕生の物語『スターダスト』本編映像公開

別人すぎて笑えるけど、これなw
この猫背でニヤついてる気色悪いアンチャンがジギースターダストに変貌を遂げるのだからな。

最終的にデヴィッド・ボウイを演じることすら辞めてしまったのは仕方が無かったのかも知れんね。
実際の本人とはあまりにかけ離れていたんだろ。

素の状態ではこんなにも魅力がない糞だというところまで残しているのが魅力でもある。

31: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:38:29.84 ID:ACdQeoLj0.net
>>26
逆に所謂デビッドボウイはミュージシャンというよりパフォーマーのイメージでほぼ関心が無かった自分にはこれの方がミュージシャンぽくて響くわ

33: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 01:52:45.48 ID:wRTOzJOj0.net
>>31
ステージでギター弾くことも多かったし
プレイヤーのイメージもあるけどなあ
911直後のライブのオープニングで
ステージにひとりでしゃがみこんで
トイピアノでS&Gのアメリカをカバーしたときの
祈りのような姿は神々しかった

45: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 06:56:44.31 ID:pkPBexcx0.net
スケアリーモンスターが好きだが
あまり知名度が無いんで

56: 名無しさん@恐縮です 2021/09/25(土) 08:57:04.31 ID:SND7a1sg0.net
David Bowieファンは、グラムロック以降のメジャーが普通だもんな。
デラムから出た1stや、それ以前の音源は知ってても、別物扱いにしてるとしか見えん。
メジャーのBowieファンは2ndの"Space Oddity"を1stと思ってるんじゃないかな?

アラン・スミシー

大物ミュージシャンの伝記映画って、名曲を大音量で聴けるから見に行きたくなるのだが、ボウイの映画でボウイの曲が流れないのはちょっと…

blank - 『プラネテス』来年1月より地上波放送決定!NHK Eテレで毎週日曜19時

『プラネテス』来年1月より地上波放送決定!NHK Eテレで毎週日曜19時

blank - 【訃報】『ノッティングヒルの恋人』ロジャー・ミッシェル監督死去 ジュリア・ロバーツが追悼

【訃報】『ノッティングヒルの恋人』ロジャー・ミッシェル監督死去 ジュリア・ロバーツが追悼