in

園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く

引用元:園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く

1: muffin ★ 2021/11/04(木) 18:29:26.16 ID:CAP_USER9.net
https://www.crank-in.net/news/95959/1

『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』の園子温監督がインディーズ映画にカムバックし、役者の卵たちと作り上げた新作『エッシャー通りの赤いポスト』より予告映像が解禁。心筋梗塞から復活し原点回帰を遂げた園監督が、映画界の内幕をエモーショナルに描き出す。

園監督がワークショップに参加した役者たちと創り上げた本作。監督がワークショップのために用意した脚本『エッシャー通りの赤いポスト』は、映画『仮面』に出演するためさまざまな境遇の人々が思いを募らせて応募用紙をポストに投函し、オーディション会場に集う物語。まさに今、ワークショップを受講する役者たちと同じシチュエーションが用意され、同じ環境にある役を〈演技〉でどのように表現するかが求められた。撮影は2019年の8月。クライマックスとなる商店街のシーンは、園監督の故郷である豊橋の商店街で大がかりなロケーションを敢行。ワークショップの全参加者が集結し、通りを歩くすべての人々が主役となる本作でしか実現できない感動的な場面になっている。

解禁された予告映像は、「人生が決まる」オーディション会場に向かう、まだ「何者でもない」者たちが映し出されるところから始まる。そして、さまざまな個性的なキャラクターが登場するオーディション風景や、鬼才映画監督・小林(山岡竜弘)が、全員新人で撮ろうとした企画を、エグゼクティブプロデューサーによって阻まれそうになっている様子が描かれる。

本作には、園作品らしい魅力的なヒロインが次々に登場。殺気立った訳ありの女・安子には藤丸千。狂気をみなぎらせながら、可憐さも持つ独特の存在感は、『愛のむきだし』で登場した満島ひかり、安藤サクラに匹敵する。俳優志望だった亡き夫の遺志を継いでオーディションに応募する切子を演じるのは、黒河内りく。これまで演技経験がなかったとは思えない凛とした姿は、『紀子の食卓』の吉高由里子、『ヒミズ』の二階堂ふみらを輩出してきた園作品に新たなヒロインの誕生を印象づける。映画監督の小林を支える恋人の方子に、モデル、フォトグラファーとしても活動するモーガン茉愛羅。柔らかさと儚さを持つキャラクターによって、映画に幻想的な雰囲気を漂わせている。映画監督の小林には舞台で長らく活動してきた山岡竜弘、助監督のジョーに映画・ドラマ・舞台でキャリアを重ねてきた小西貴大。さらにベテラン俳優の藤田朋子もワークショップに自ら応募し、選考を経て選抜された51名の1人として参加している。さらに渡辺哲、諏訪太朗、吹越満といった園作品でおなじみのベテラン俳優たちが脇を固め、作品と若き役者たちを力強く支えている。

映画『エッシャー通りの赤いポスト』は、12月25日より全国順次公開。

予告編

mqdefault - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く

escherstakaipost poster 202109 - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く
escherstakaipost 202111 01 - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く
escherstakaipost 20210223 01 - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く
escherstakaipost 202111 03 - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く
escherstakaipost 20210223 02 - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く
escherstakaipost 20210223 03 - 園子温の新作『エッシャー通りの赤いポスト』予告解禁 映画業界の内幕をエモーショナルに描く

園子温

園 子温(その しおん、 1961年12月18日 – )は日本の映画監督・脚本家。愛知県豊川市出身。

来歴

1961年、愛知県豊川市生まれ。父は大学教授で英語を教えていた。とても厳格な家庭で育った反動で17歳の時に実家を飛び出し上京する。


wikipediaより

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

10: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 18:40:04.97 ID:GisfWuHn0.net
>>1
若手女優と夢を抱く新人を脱がせて喜んでるやつか。
「脱いだことで女優としてひと皮むけた!」みたいなのを免罪符にして。

22: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 19:10:53.35 ID:k8iAu5KB0.net
>>10
英雄だな。

45: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 20:49:22.21 ID:ekthZ8Dr0.net
>>1
この画像だけでもうダメw

5: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 18:33:43.57 ID:/GTJtfKt0.net
日本人は映画業界に興味がない。

16: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 18:50:21.53 ID:Eqnxj1R40.net
冷たい熱帯魚クソつまらんかった
でんでんは好きだが、全然迫力無いあの演技でなぜか評価されて変な役増えたの残念

42: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 20:29:50.09 ID:0x/7G+WJ0.net
>>16
あれは吹越満の受けの演技が凄かったからな

24: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 19:16:56.24 ID:irXFHnlI0.net
ニコラス・ケイジのやつは本当にクソだった

27: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 19:34:14.76 ID:ZT4ryyzB0.net
>>24
それでか?
ハリウッドデビュー最新作なのに >>1 にないのは

29: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 19:42:46.30 ID:17aY8Brc0.net
観に行こうかな

36: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 20:05:40.67 ID:UqCaJPb60.net
でんでんは出ないの?

49: 名無しさん@恐縮です 2021/11/04(木) 22:17:13.24 ID:3HqgM6PP0.net
トーキョートライブは好きな漫画だったのに
残念なデキだった
他の監督にやって欲しかったわ

52: 名無しさん@恐縮です 2021/11/05(金) 02:18:44.36 ID:WqPgoduw0.net
モーガンさんて松田龍平と結婚した人だな

アラン・スミシー

園子温ここずっとやらかしっぱなしだな
コイツに仕事振るのもうやめろよ
若手にやらせろよ

アラン・スミシー

トーキョートライブ原作は、ストーリー超絶ご都合主義なのを隠そうともしない、漫画としては糞、カッコいいイラスト集として楽しむモンじゃん。

翻案・肉付けしないと映画化できんレベルだし、難しい注文だな。

hip hop とかカラーギャングの文化風俗で話を膨らませる監督なんて非力な若手監督しかいなくね?
園か、せいぜいが三池ぐらいなオッサン監督しか請け負えねえだろ。
中島は翻案得意だけど文化風俗的に扱うの無理だと思う。

blank - ガチで人生観が変わる映画

ガチで人生観が変わる映画

blank - 『エターナルズ』MCU初となる同性愛者のヒーロー

『エターナルズ』MCU初となる同性愛者のヒーロー