in

栗本薫の短編小説「走馬灯」がイタリアにて映画化

Pocket

引用元:【映画】栗本薫の短編小説「走馬灯」がイタリアにて映画化

1: 午後の恐竜 ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★ 2013/07/31(水) 00:40:54.72 ID:???0
栗本薫の短編小説「走馬灯」がイタリアにて映画化

PALONERO film 製作会社の新しい短編映画『Ricordi (Somato)』のポストプロダクションがいよいよ終わりました。
監督は、国際的にも話題になった映画『Bumba Atomika』のミケーレ・セネージ(Michele Senesi)氏です。
原作は、栗本薫氏の短編「走馬灯」(早川書房刊『さらしなにっき』収録)であり、
イタリア語訳は2007年にイタリアの幻想文学アンソロジーシリーズ『ALIA』
(CS Libri出版社刊、翻訳:マッシモ・スマレ(Massimo Soumare’))に収録されました。

『Ricordi (Somato)』は、文化的にも価値の高い企画として認められ、Regione Marche Film Commisionからも融資されました。
音楽を担当したのは、シンガーソングライター・作詞家・作家である小室みつ子氏です。
現在、イタリアのテレビ・劇場などで活躍中の俳優、マウロ・ネグリ(Mauro Negri)氏とルイジ・モレッティ(Luigi Moretti)氏が二人の主人公を演じます。

ジャーナリストでもあるセネージ監督は、この作品に東洋の映画や文化への愛を深く込め、多くの方々から貴重な協力を得て、
日本・イタリア間の和から生まれたと言っても過言ではない映画が作られました。

ロケーションは、監督の故郷近くのマルケ州(マチェラータ県とアンコーナ県近辺)で行われましたが、
幾人かの自主映画フィルムメーカー監督の助力を得て、
ヴェネツィア市やウーディネ市、シエーナ市といったイタリアの様々な美しい場所でも撮影されました。

監督の話では、原作の短編の悲劇的な、黙示録的な雰囲気がイタリアの歴史や文化にも良く合っていると感じ、
直ちにそのストーリーを愛して映画化したかったということです。

今、短編映画『Ricordi (Somato)』は、公開に向けての旅を始めたところで、これからいろいろな国際映画祭に応募・上映される予定です。
なお、日本での公開につきましては決定次第、公式サイトにてお知らせします。

bd7da2e7 s - 栗本薫の短編小説「走馬灯」がイタリアにて映画化

2060b065 s - 栗本薫の短編小説「走馬灯」がイタリアにて映画化

『Ricordi (Somato)』予告編
http://www.youtube.com/watch?v=MOPwIiU5EMo

SFWJ50 (2013年7月30日 12:45)
http://sfwj50.jp/news/2013/07/somato-kurimotokaoru-movie-italia.html

Pocket

1001: ジョン・ドゥ@シネマ速報 2016/04/01(金) 10:00:00.00 ID:cinesoku.net

2: ◆GinGaOoo.. @銀河φ ★ 2013/07/31(水) 00:41:07.43 ID:???0
映画データ

タイトル:『Ricordi (Somato)』
製作年:2013年
長さ:約15分
監督:Michele Senesi
製作:PALONERO film http://www.palonerofilm.com/
原作:栗本薫
音楽:小室みつ子
特殊撮影: Martina Leithe Colorio
協賛:Regione Marche Film Commision
Webサイト:RICORDI (SOMATO) http://www.palonerofilm.com/PALONEROfilm/Ricordi.html

5: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 00:47:16.96 ID:Dd7geENE0
アンソロジーではなく、短編単体での製作なのかな?

9: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 01:31:21.09 ID:2rupNBLK0
TM好き、グイン好きの自分としてはたまらん!

10: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 01:40:55.69 ID:WVE5+XOl0
94年の単行本収録なら写植がでかくなってひらがなだらけになる前の作品だな

12: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 01:51:45.74 ID:WVE5+XOl0
まあ乳癌前後の作品だろうね。
そんな事があったり2度のユラニア遠征ってかつて書いた事を無理やり消化したり
天野の描いたイシュトバーンに萌えて作品がどんどんおかしくなりだす頃

14: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 02:00:56.52 ID:PysFkLG50
原作知らんから、この予告編ではどんな感じの映画なのか全く分からん

18: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 04:03:21.21 ID:PvKxEGm+O
グインサーガはイシュトの隠し子他とパロへ向かうところで買うのやめた
この前全部ゴミに出したよ…

49: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:36:12.70 ID:TTMBNC6N0
>>18
同じく
やたらとフロリーとスーティを持ち上げるのがなんだかなって感じ。
クムで旅芸人を装ってなんだかんだやってる話なんか、外伝でやっといて欲しかった。
本編でダラダラいつまでもやっててうんざりだった。

20: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 15:25:15.95 ID:AT1RorNe0
グインサーガを映画化しろよ
50年ぐらいは続けられるぞ

63: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 21:20:28.37 ID:S8jDP1FU0
>>20
主人公が豹頭のマスクしてるから、中の人が交代しても問題ないな

22: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 15:46:03.72 ID:bs1LYoGa0
辺境編を読んだころのwktkした心をかえしてくれ

魔界水滸伝、全10巻くらいで完結するんじゃなかったのか?

23: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 15:46:25.34 ID:Lp3GvBKdO
イタリア語に走馬灯に該当する言葉があるかぽね?

26: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 16:36:58.26 ID:7J9fAwefO
>>23
走馬灯そのものがヨーロッパから日本に伝来したわけだが

28: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 16:48:25.68 ID:Fi9mj1Sy0
>>26
初耳だけどそうなのか?

31: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 16:52:14.31 ID:7J9fAwefO
>>28
正確に言うとヨーロッパ→中国→日本(江戸時代)

25: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 15:52:55.13 ID:JC4noWpF0
グインサーガがきっちり100巻で終わってればまた評価は違ったかもしれないな

30: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 16:51:09.45 ID:Qg1XLKge0
グイン・サーガは途中からグダグダになったからなぁ
10巻くらいまでは本当に面白かったんだけどな

33: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 17:19:54.09 ID:SmpnQfG+0
>>30
ぐたぐたになったと言うより、ヤオイ趣味全開にしたのが間違いだったな。
無駄な引き伸ばししないで、100巻で完結させてれば名作だったのに。

40: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:20:25.80 ID:KAK2Oh2r0
>>30
途中で天野喜孝にイラスト変わったじゃん。
それまでの重厚な絵から。

あのころから物語もどんどん軽く薄くなっていった印象がある。

34: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 18:05:50.89 ID:LUkjwLNfO
グインをハリウッドで映画化しろ!
続編には困らないぞ!!w

35: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 18:17:02.86 ID:3mhYJ9aeO
何巻もひたすら出続けてぐだぐだ完結しないのと
遅筆でなかなか作品が出なくて完結しないのと
ファンはどっちが幸せなのかね

37: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:12:41.14 ID:TdKJSCdqO
>>35
その両方を合わせ持つのが
「ガラスの仮面」
ダラダラ続いたかと思えば、
平気で10年休載する

早く完結しないと、
温帯の二の舞だよミウッチ

36: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 18:55:13.45 ID:rp5w4+wA0
魔界水滸伝って最後どうなったの?

39: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:20:09.89 ID:TdKJSCdqO
息子さんにグインの続編書かせたら?
自称作家志望のプー太郎なんだろ?息子

52: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:59:27.80 ID:OrHdER4F0
>>39
もう複数の作家が参加して新作の短編や続編を書いてる

42: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:21:38.83 ID:eAZl7fey0
ベルセルクやバカボンド、ヒストリエやワンピースもグイン・サーガのような結末になるだろうね

44: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:26:42.70 ID:ILs9JFK10
>>42
バガボンドはもう終わり見えてるけどね

54: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 20:05:17.14 ID:DHI1nCGS0
>>42
ハンターハンターも追加しといて
番外編でこち亀も

43: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:25:39.80 ID:f/t+egNIO
グインは40巻あたりからナリスが死ぬ80何巻あたりまでダメ
その後、多少持ち直したトコロで未完

47: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:31:34.76 ID:vxLNqCbmi
>>43
40巻あたりのアリだっけ、気持ち悪い軍師で
違和感強くなり、カメロンのおっさんでリタイアした

45: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:28:30.14 ID:jgfd3C3xO
グインは5巻までは本格海外ファンタジーの趣で
16巻あたりまでの大河ドラマ路線もそれなりに面白かった
801含むエロとグロ路線に舵を切っておかしくなり
一冊当たりの内容(濃さ)が最初の頃の10分の1以下になった
生きて書き続けていても読む価値はなかったよ

いろいろおかしくなる前はいい作品も書いてたんだけどなあ…

46: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:31:25.41 ID:lpT/O8Ze0
シルヴィアが旅立つところで終わったと思う
あとは蛇足

48: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:35:28.40 ID:+wzupB3l0
双子がパロへ帰還するあたりまでしか記憶にない
もう少し先まで読んだはずなのに

51: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 19:53:12.10 ID:CdDRkkvq0
本人が若くて色んな物に興味持ったり萌えたりしてた頃は勢いあって面白いものが書けてた気がするけど
歳とって価値観の違いや若い創作者への嫉妬心から新しい元ネタ創作物を仕入れられなくなってからは劣化が著しかった

53: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 20:02:12.82 ID:ZlgFvqllO
初期の短編とか推理小説の方が良かったな
レダが一番好きだった
中島梓の名義で書いた『美少年学入門』を買い損ねたのが痛恨の極み
ネットオークションになら出て来るんだろか
読みたいな

59: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 20:51:13.82 ID:8lHqabb20
栗本薫と言えばグインサーガ…よりも象印ヒントでピント

60: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 20:58:43.79 ID:x2e06Jq9O
グインは全盛期なら1巻で済みそうな内容を何巻も続けるようになってぐだぐだになったな

62: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 21:18:54.57 ID:o0eEQObX0
走馬灯って、どれに載ってたっけ。多分栗本薫は全部買ってると思うんだけど覚えてないわwww

64: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 21:21:39.17 ID:glAdVrHgO
20代の作品は神憑っていたな
ハードラックウーマン好きだったわ
ところでバサラは完結したのか?
グインも水虎伝も何もかも投げ出して逃げたのか

67: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 21:32:13.47 ID:glAdVrHgO
苗字が山田である事にずっとコンプレックス持ってたらしいな
で同級生には自分は高貴な血筋の生まれだと嘘付いてたとか
中学だか高校時代だかの通知表に先生に虚言癖があると書かれたんだっけ

72: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:05:19.03 ID:qPpgzSCn0
あの世界の地図を見ると
モンゴールがパロを侵略するのが非常に不自然だと感じる

80: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:21:19.59 ID:wUB2BaNw0
>>72
地図は後付だしね

74: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:07:55.62 ID:QQ9Lw+AY0
グインは最初の数巻の「読書体験」がすごかったよ
ラゴンとグインの戦い、イシュトバーンの裏切りのシーンなんか心臓バクバクもんだった
70数巻まで読んだけどそれ以後は休止してしまったが

75: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:08:42.55 ID:IwmtHTZN0
グインは全10巻でええ

76: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:11:43.92 ID:6lqIOqNqO
ヒントでピントでのイメージがあまりにも悪すぎた

78: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:18:23.61 ID:K2F8NyjT0
魔界水滸伝は新魔界水滸伝になって4巻で打ち切られた
まぁ以前のおどろおどろしい話からSFテイストになっちゃったからかな

83: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:31:03.89 ID:rp5w4+wA0
>>78
そうそう前半のホラー色が強い頃は面白かったんだけど、
タナトスとか出てきた頃から雲行きが怪しくなって、新の1巻で読むのやめちゃった

84: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 22:32:23.34 ID:GmtTO7yO0
豹柄の環境適応ヘルメットかぶってる人の話書いた人か
グインは関西人やったんやね

87: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 23:08:44.51 ID:GmtTO7yO0
茉莉と新吾の外伝書くというからどんなエロ小説かと思ったらキモいSM小説でがっかりしたわ

88: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 23:23:33.07 ID:pgi45VcjP
で、グイン・サーガ、ガキの頃ある程度まで読んで離脱して、
今電子書籍で買い直して読んでるんだが、何巻まで読めばいい=おかしく
なるのはどこら辺?

40巻くらい?

91: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 23:52:59.86 ID:wUB2BaNw0
>>88
40巻ぐらいなら、
そろそろ「やっぱり、なんか、おかしくね?」
って思い始める頃かなあ。
思い返せば、30巻ぐらいから、なんかおかしかったのだが

89: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 23:43:45.39 ID:1AuEr5PTO
魔界水滸伝を全巻持っているのは俺ぐらいか

90: 名無しさん@恐縮です 2013/07/31(水) 23:50:47.21 ID:jgfd3C3xO
軍師アリが出てきたらそろそろフェードアウトしていい
30巻くらいかな
頑張っても36~37巻くらい
拷問シーンとかグロくてウンザリする

ちょうどその頃から書くものすべてが趣味に走り始めて
伊集院シリーズも天狼星とかグロ方向へ流れ出した
きちんと意見できる編者者がいなかったか
いても聞かなくなってたんだろう
略奪した旦那は編集長だったのにな

92: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:06:41.52 ID:eiEpVy0bO
僕らシリーズと時の石という短編集だけ読んだことある。
面白かった覚えがあるな。

93: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:09:44.64 ID:dx3+3wGE0
あとがきで読者とケンカしだしたあたりが酷いな
文庫本500円しか払わない読者より、舞台に5000円払ってくれる客の方が大事とか言い出して

94: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:13:46.91 ID:yJ/I2W2WP
栗本薫は高校の時にはまってグインや魔界水滸伝は1日に3冊ペースで読んでた。
でも、段々キモい巻が多くなってケイロニアが舞台の時だけ安心して読めた記憶がある。
つっても40巻くらいまでしか読んでないと思うけど、まさかあの後ゼノンがグインにとかって展開無いよね?
後はマリウスとオクタヴィアの話の時かな、特にリボンの騎士好きにはオクタヴィアはたまらんわ。

もうおっさんになってまずます801は無理だと思うけど
伊集院大介シリーズは今でも読めるかも。

95: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:17:34.00 ID:yJ/I2W2WP
あれ、伊集院大介もおかしくなるんだっけ?
鬼面の研究は面白かったと記憶している。

96: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:36:51.79 ID:yIW0xv1SO
「絃の聖域」や「ぼくら」シリーズも面白かったし「セイレーン」も好きだった
本当に何であんなふうになってしまったのか…

99: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:51:28.96 ID:kWsGogaq0
>>96
「絃の聖域」は少年愛だったのに、ヤオイ(この表記は温帯だけ)
に走ってすべてが壊れていった

97: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 00:40:11.57 ID:yAVLde0c0
レダの初版本(ハードカバーの方よ)。
僕の宝物。

101: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 01:34:43.55 ID:TLOqKgeD0
グインは5巻までなら、最高。
10巻までなら、まともだったんだが、
どんどん崩れていったからな。

5巻までのように締まった構成なら、完結して……ないかww

102: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 01:44:41.59 ID:kWsGogaq0
>>101
辺境編最高と思っていたが。一巻からして神州纐纈城の
オマージュだったから脱力した

104: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 02:40:48.78 ID:WW9JslBR0
>>102
オマージュ元があると筆がのる人なんだよね
まあ面白きゃいいんだけど
まりとしんごの2次創作は出来が悪いと思った
あと、某作品がジュリーの生同人だったと知ってげんなり

105: 名無しさん@恐縮です 2013/08/01(木) 08:27:08.88 ID:yIW0xv1SO
「まよてん」も「翼あるもの」も作品として昇華できてるから読めたが
なんかジュネで小説道場始めて何でもかんでもほめそやす人ばかり周りに置くようになって
徐々にダメになっていった印象がある
「終りのないラブソング」とかどうにもならなかった




コメントを残す

  Subscribe  
更新通知を受け取る »
blank - ワーナー・ブラザース「吹替え版は有名人ではなく、あえてプロの声優にこだわりました」=『マン・オブ・スティール』

ワーナー・ブラザース「吹替え版は有名人ではなく、あえてプロの声優にこだわりました」=『マン・オブ・スティール』

「第9地区」の続編「第10地区」キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!