↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

世界の「変態アニメ」が集う『変態アニメーションナイト』8月21日開催 12月からは全国ツアーも

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】世界の「変態アニメ」が集う『変態アニメーションナイト』8月21日開催 12月からは全国ツアーも
1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2017/04/30(日) 14:42:51.20 ID:CAP_USER9.net
http://www.cinra.net/news/20170429-hentaianimation

短編アニメーションの上映イベント『変態アニメーションナイト2017』が、8月12日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で開催される。

2012年から開催されている『変態アニメーションナイト』は、国内外の「変な」短編アニメーションを紹介する上映企画。
今回は「ポップに狂ってる」をテーマに据え、ピーター・ミラードの『ピーターとアルファベット6人の神様』や、ロバート・モーガンの『この写真の片隅に』、エイミー・ロックハートの『ジェシカ』、ダナ・シンクの『愛・ボール』シリーズなどを上映する。
追加の上映作品は後日発表。
プログラムの選定は同イベントの発案者・土居伸彰(ニューディアー)が担当する。
チケットの販売は本日4月29日からスタート。

また12月には東京・なかのZEROをはじめ、全国の数か所で上映イベント『変態アニメーションナイト ザ・ツアー』を開催。
土居とアニメーション作家の水江未来がMCを務め、海外からのゲスト参加も予定している。詳細は5月に発表される。

■イベント情報
『変態アニメーションナイト2017』

2017年8月12日(土)~8月25日(金)
会場:東京都 ヒューマントラストシネマ渋谷

上映作品:
『ピーターとアルファベット6人の神様』(監督:ピーター・ミラード)
『この写真の片隅に』(監督:ロバート・モーガン)
『ジェシカ』(監督:エイミー・ロックハート)
『愛・ボール』シリーズ(監督:ダナ・シンク)
ほか
配給:ニューディアー
料金:前売1,500円
※限定クリアファイル付き

■イベント情\報
『変態アニメーションナイト ザ・ツアー』
2017年12月22日(金)
会場:東京都 なかのZERO 大ホールほか
出演:
土居伸彰
水江未来
ほか


CINRA.NET
2017/04/29 06:00
no title

続きを読む

宮崎駿監督長編新作は難航中 鈴木敏夫氏、19年公開は「できるわけない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【ジブリ】宮崎駿監督長編新作は難航中 鈴木敏夫氏、19年公開は「できるわけない」
1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 12:42:11.55 ID:CAP_USER9.net
スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が29日、千葉・幕張メッセで開催中の「ニコニコ超会議」内「スタジオジブリ鈴木敏夫言葉の魔法展ブースに登場。宮崎駿さんの長編新作の進捗状況について明かした。

2月に行われた米国でのイベントで、鈴木氏は約3年半前に長編アニメーション映画の製作から引退を表明した宮崎駿さん(76)が新作長編の準備に入ったこと表明。

宮崎さんの事実上の引退撤回と見られていた。宮崎さんは2013年9月に、年齢による集中力の衰えを理由に、当時公開中だった「風立ちぬ」を最後に長編製作から退くと発表していた。

現在の進行状況を聞かれた鈴木氏は「今、絵コンテ書いてます」と明かし、進捗状況は「よくない」とあまり進んではいない様子。一部で19年公開ともされていることには「そんなことは誰かが言っているだけ。できるわけない」と噂を否定した。


引用ここまで
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/04/29/kiji/20170429s00041000145000c.html

続きを読む

<ジブリ映画>なぜ「面白くなく」ても必ず観客殺到?『君の名は。』ヒットはジブリのお陰?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】<ジブリ映画>なぜ「面白くなく」ても必ず観客殺到?『君の名は。』ヒットはジブリのお陰?
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/23(日) 13:14:02.93 ID:CAP_USER9.net
 2016年8月26日に公開された映画『君の名は。』(新海誠監督)は、17年3月27日時点で興行収入247.8億円を突破。この数字は歴代邦画興行収入ランキングで2位という歴史的記録となっている。

 一方、そんな『君の名は。』の勢いをいまだ寄せ付けず、興行収入304億円で歴代邦画興行収入ランキング1位を記録しているのが、宮崎駿監督が手掛けたスタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』(2001年)。そして歴代邦画興行収入ランキングトップ10のなかには、以下のようにスタジオジブリ作品は多く存在する。

・3位『ハウルの動く城』(04年/196億円)
・4位『もののけ姫』(1997年/193億円)
・6位『崖の上のポニョ』(08年/155億円)
・7位『風立ちぬ』(13年/120.2億円)

『君の名は。』が爆発的大ヒットを記録している今、邦画アニメーション映画の世界を開拓してきた先駆者であるスタジオジブリの存在感が改めて際立っているともいえる。

 そこで今回は、かつてスタジオジブリに所属し、『天空の城ラピュタ』(1986年)、『となりのトトロ』(88年)、『魔女の宅急便』(89年)などの制作で宮崎駿監督の姿を間近で見続けていた『もう一つの「バルス」 ―宮崎駿と「天空の城ラピュタ」の時代―』(講談社)の著書・木原浩勝氏に、スタジオジブリについての話を聞いた。

初期作は劇場で大ヒットしていない


 スタジオジブリ作品について、初期作こそ面白かったものの中期以後の作品は面白さの質が低下している、という声をよく耳にする。

 しかしながら前述したとおり、スタジオジブリは歴代邦画興行収入ランキングの上位に5つもの作品を並べる大人気のアニメーション制作会社。なぜ「面白くない」という声が聞こえるなかで、興行収入的に大ヒットしている作品が多いのだろうか。

「まず前提として数字(興行収入)と面白さの関連性ということに関しては、本当に相関関係はあるのかと問われれば、『あまり関係はないかもしれない』という考え方を私は持っています。もちろん“面白い”はあくまで人それぞれですが……。

『天空の城ラピュタ』の劇場公開時の興行収入は11.6億円であり、ヒットといえばヒットかもしれませんが、100億円を突破する作品と比べれば大ヒットとはいえないでしょう。また次作である『となりのトトロ』も興行収入は11.7億円で、その数字だけ見ればこちらも大ヒットとはいいにくいです。これがスタジオジブリ第3作である『魔女の宅急便』になると、興行収入が36.5億円となり、100億円という大台には遠く及ばないまでも世間一般におけるヒット作に属する作品となっていると思います。

つづきはこちら

2017.04.23
http://biz-journal.jp/i/2017/04/post_18816_entry.html
no title

続きを読む

生徒会役員共、劇場版のキービジュアル公開 映画化するのかよwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:生徒会役員共、劇場版のキービジュアル公開 映画化するのかよwwww
1: ストレッチプラム(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/04/19(水) 23:59:13.39 ID:dXczNgzG0.net BE:232392284-PLT(12000)?PLT(12000)
「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の氏家ト全さんの4コママンガが原作の劇場版アニメ「劇場版 生徒会役員共」(7月21日公開)のキービジュアルが19日、公開された。
天草シノ、津田タカトシ、七条アリア、萩村スズといった“生徒会メンバー”が描かれている。

 「生徒会役員共」は、伝統ある女子高だったものの、少子化の影響で共学となった私立桜才学園を舞台に、生徒会で唯一の男子である津田タカトシが、
生徒会長・天草シノらの“下ネタ”や行動に振り回される姿が描かれている。2007年5月から同誌で連載中で、コミックスが14巻まで発売されており、累計発行部数は約330万部。テレビアニメが10年、14年に放送された。

 劇場版は、テレビアニメ版と同じく金澤洪充さんが監督、シリーズ構成を務め、「GoHands」が製作する。

https://mantan-web.jp/2017/04/19/20170419dog00m200004000c.html
no title

続きを読む

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』公開44日間で、新シリーズ興収歴代1位! 昨年より24日早く40億円を突破

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【アニメ】『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』公開44日間で、新シリーズ興収歴代1位! 昨年より24日早く40億円を突破
1: pb ★ 2017/04/18(火) 20:24:11.44 ID:CAP_USER.net
 3月4日(土)より全国東宝系で公開中のシリーズ37作目『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が、公開44日間で、興行収入41.4億円を突破! 昨年に引き続き、新シリーズ(>>0�最高の興行収入を突破・更新しました!(昨年の約106.8%で推移)(※)新シリーズ…現声優陣で制作された、2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』から現在までの『映画ドラえもん』シリーズ。

 さらに、『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』(2016年3月5日公開)が5月4日(水)(公開61日間)で40億円を突破しているのに対し、今年は、4月9日(日)(公開37日間)で、40億円を突破。昨年よりも24日早く40億円を突破しました。

 シリーズ37作目となる本作は、原作者の藤子・F・不二雄の得意とするS(すこし)F(ふしぎ)な南極での壮大な冒険を、『千と千尋の神隠し』(2001年)にて監督助手を担当、『青の祓魔師 ―劇場版―』(2012年)で監督デビューを飾った高橋敦史氏がオリジナルストーリーを手がけています。子どもだけではなく、大人も楽しめる作品として、『モアナと伝説の海』『SING』と共に、春休み興行を牽引。今春のアニメ映画の盛り上げに一役買いました。

no title

>>「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」公式サイト
http://doraeiga.com/2017/

http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1492416665

続きを読む
広告
最新コメント