↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

アニメ映画大ヒットの陰で実写が伸びない、内容以前の問題 - 『秘密結社鷹の爪』FROGMAN氏が危惧する映画メディアの不在

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:アニメ映画大ヒットの陰で実写が伸びない、内容以前の問題 - 『秘密結社鷹の爪』FROGMAN氏が危惧する映画メディアの不在
1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/03/15(水) 12:02:09.75 9.net
【インタビュー】
アニメ映画大ヒットの陰で実写が伸びない、内容以前の問題 - 『秘密結社鷹の爪』FROGMAN氏が危惧する映画メディアの不在
公文哲
[2017/03/14]

2016年は邦画において、『君の名は。』や『この世界の片隅に』が"予想を上回る"大ヒットを記録した"アニメ映画の年"だった。この現象を、
今年は"アニメ映画が豊作だった年"、"良作に恵まれた年"と解釈することもできるが、アニメ『秘密結社鷹の爪』シリーズを手がけてきたFROGMAN氏は「それだけではない」と指摘する。

2006年にスタートした同シリーズは、放送局をまたぎながらも今年で11年目。劇場版も最新作『鷹の爪8 ~吉田くんのXファイル~』で8作目を数える息の長いコンテンツだ。
作品を届けるメディアや情報を収集する手段がどんどん変わっていく中で、一つのシリーズを続けていくことは、きっと並大抵のことではないだろう。

『秘密結社鷹の爪』はなぜここまで続いているのか。FROGMAN氏にその秘訣を問うとともに、シリーズを10年以上にわたって作り続けてきた
アニメーション監督としての視点から、氏が「このままだと日本の映画は全部アニメになる」と危惧する現在の映画をめぐる課題を訊いた。


FROGMAN 1971年生まれ、東京都出身。CGクリエイター、アニメーション監督。代表作に『秘密結社鷹の爪』シリーズ、『古墳GALのコフィー』『怪獣酒場 カンパーイ!』、
映画『天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~』など。多くの作品で声も演じている

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://news.mynavi.jp/articles/2017/03/14/frogman/
no title

続きを読む

ディズニー/ピクサー最新作『Coco』のティーザー・トレーラー映像が公開 音楽を禁じられた一族に生まれた少年が主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ディズニー/ピクサー最新作『Coco』のティーザー・トレーラー映像が公開 音楽を禁じられた一族に生まれた少年が主人公
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 21:25:03.00 ID:CAP_USER9.net
音楽を禁じられた一族に生まれた少年が主人公、ディズニー/ピクサー最新作『Coco』のティーザー・トレーラー映像が公開
2017/03/16 05:19

音楽を禁じられた一族に生まれながらも音楽に憧れを持つ12歳の少年ミゲル。
ある日、亡き憧れの歌手の墓で遺品のギターを演奏した彼は死者の国に迷い込み、祖先たちと出会うのだった…。ディズニー/ピクサーの新アニメーション映画『ココばあちゃんのバラード(原題:Coco)』のティーザー・トレーラー映像が公開。

監督は『トイ・ストーリー3』を手掛けたリー・アンクリッチ。全米公開は2017年11月22日予定。

●『ココばあちゃんのバラード(原題:Coco)』

<あらすじ>

主人公は12歳の少年ミゲル。彼は、曽祖父が音楽家としての夢を追いかけて妻のイメルダを捨てたことが原因で音楽を禁じられた、リヴェラ家で育った。
ある日、亡き憧れの歌手アーネスト・デ・ラ・クルズの墓で遺品のギターを演奏したミゲルは、死者の国に迷い込む。そこで出会った詐欺師のヘクターと共に旅に出たミゲルは、リヴェラ家の祖先たちと出会う

<キャスト>
ミゲル = アンソニー・ゴンザレス
イメルダ = レニー・ヴィクター
アーネス・デ・ラ・クルズ = ベンジャミン・ブラット
ヘクター = ガエル・ガルシア・ベルナル


・Coco
no title

http://amass.jp/86078/


∥動画∥
Coco Official US Teaser Trailer [Disney・Pixar]
https://www.youtube.com/watch?v=zNCz4mQzfEI

リー・アンクリッチ

リー・アンクリッチ
生年月日1967年8月8日
国籍アメリカ合衆国

リー・アンクリッチLee Unkrich, 1967年8月8日 - )はアメリカ映画監督編集技師


wikipediaより

続きを読む

実写版『美女と野獣』マレーシアで公開見送り、同性愛場面カット受け

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】実写版『美女と野獣』マレーシアで公開見送り、同性愛場面カット受け
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/03/14(火) 18:57:35.88 ID:CAP_USER9.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3121326

【3月14日 AFP】(更新)ディズニー(Disney)の人気アニメ作品を実写化した映画『美女と野獣(Beauty and the Beast)』の公開を控えていたマレーシアで、ディズニー映画として初となる同性愛を描いたシーンを検閲当局がカットしたことが明らかとなり、ディズニー側は14日、同映画の公開を無期限で見送ると発表した。

「ハリー・ポッター(Harry Potter)」シリーズでも知られるエマ・ワトソン(Emma Watson)らが出演している『美女と野獣』の実写版は、先週ロシアでも超保守派の議員らが上映禁止を求め、結果的に成人映画指定での公開となった。

 映画公開に先駆けてビル・コンドン(Bill Condon)監督はディズニーとして「初めての同性愛シーン」が含まれていると明かしていたが、批評家らからは同シーンの表現はかなり穏やかで、時間も一瞬だと述べていた。

 マレーシア映画検閲委員会(Film Censorship Board of Malaysia)のアブドゥル・ハミド(Abdul Halim Abdul Hamid)委員長は現地紙スター(The Star)に対し、映画の公開が「わずかなカット」によって認められ、カットされたのが同性愛のシーンであると明かしていた。また公開に際しては、13歳未満の鑑賞に不適切な場面が含まれていることを表す「PG-13」に指定されると述べていた。

 映画館チェーンのゴールデン・スクリーン・シネマズ(Golden Screen Cinemas)によると、マレーシアでの公開は16日からの予定だったが、今週に入ってディズニー側から「内部審査」が終わるまで公開を延期すると伝えられたという。首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)にある同チェーンの映画館には「追って通知があるまで、ディズニーによって公開延期」との通知が掲示されている。

 マレーシアは人口の多数をイスラム教徒が占めている。また同性愛は刑罰の対象とされている。
(c)AFP/Ammu KANNAMPILLY

2017/03/14 17:14(クアラルンプール/マレーシア)
no title

続きを読む

虚淵玄によるアニメ版「GODZILLA」、Netflixで全世界配信決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】虚淵玄によるアニメ版「GODZILLA」、Netflixで全世界配信決定
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 19:27:34.36 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/224358
2017年3月13日 18:00

新作アニメーション映画「GODZILLA」が、劇場公開後にNetflixにて全世界配信されるとわかった。

本作は、「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄がストーリー原案と脚本を手がけ、静野孔文と瀬下寛之が監督を務める劇場アニメ。
ポリゴン・ピクチュアズが制作し、キャストには梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、諏訪部順一、花澤香菜、宮野真守らが名を連ねる。

「GODZILLA」は2017年に全国公開。Netflixでの配信開始日は、後日発表される。

no title

no title


no title

「GODZILLA」キャスト。左上から時計回りに梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、宮野真守、花澤香菜、諏訪部順一。

続きを読む

『この世界の片隅に』、日本アカデミー賞に続き芸術選奨で“文部科学大臣賞”を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『この世界の片隅に』、日本アカデミー賞に続き芸術選奨で“文部科学大臣賞”を受賞
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 17:20:57.45 ID:CAP_USER9.net
映画『この世界の片隅に』、日本アカデミー賞に続き芸術選奨で“文部科学大臣賞”を受賞
2017/03/09 17:15 Billboard JAPAN

 片渕須直監督作の映画『この世界の片隅に』が、第67回芸術選奨において映画部門で“文部科学大臣賞”を受賞した。

 芸術選奨とは、昭和25年から文化庁が主催しており、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人物や、新たな境地を切り拓いた人物に与えられる賞。毎年、演劇/映画/音楽/舞踊/文学美術など、メディア芸術の11部門で表彰されている。本作の受賞理由として「綿密な映像・音響設計で映画ならではの深い感動を観客に体験させる」ことや、「戦争を知らない世代が戦争の恐怖とともに、世界の片隅にある何気ない日常の大切さ、そして希望までを観る者に静かに感じさせる」ことなどが挙げられた。

 また、受賞について片渕監督は「日本映画全体の中でアニメーションが高く評価されていること自体が嬉しいですし、いろいろな方向性や技法を用いた作品が多々ある中で、こうして認めていただけたことがありがたいです」と喜びを語っている。なお、本作は3月3日に行われた第40回日本アカデミー賞で、“最優秀アニメーション作品賞”も受賞しており、現在もロングラン上映中だ。


◎公開情報『この世界の片隅に』
監督・脚本:片渕須直
声出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


no title

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/48506/2

この世界の片隅に

この世界の片隅に
出演者 北川景子
小出恵介

この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と、前編・後編の形式で発売。


wikipediaより

関連記事
続きを読む
広告
最新コメント