↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

Fateの映画見てきたけど、Fateあんま知らないんでよくわからないとこがあるから教えて

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:Fateの映画見てきたけど、Fateあんま知らないんでよくわからないとこがあるから教えて
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/11/05(日) 14:11:16.707 ID:ZEEQTYGK0.net
なんで桜っていきなり中学生の時士郎宅に訪問したの?
走り高跳びずっとやってる人が気になったから家までストーキングしてきたって訳じゃないよね?
士郎がケガして生活不便だろうからって兄貴に言われたから?その後連れ戻そうとするからあんま考えられないか

坂のところとかでよく超先進的なビル群の街並みを眺めるシーンが多数あったけど、そのビル群辺りは冬木市ではない?
数年前に原因不明の焼け野原になった場所だから違うかな?

あとなんで桜って虫姦され続けてたんだっけ?
魔力高めるためだっけ

no title
関連記事

続きを読む

「この世界の片隅に」フランスで口コミ広がりロングラン 批評家、観客ともに高評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:「この世界の片隅に」フランスで口コミ広がりロングラン 批評家、観客ともに高評価
1: 湛然 ★ 2017/11/04(土) 22:35:40.04 ID:CAP_USER9.net
2017年11月4日 11:00 佐藤久理子
この世界の片隅に」フランスで口コミ広がりロングラン 批評家、観客ともに高評価


[映画.com ニュース]フランスはおそらくイタリアと並んで、ヨーロッパで日本のアニメ人気の高い国だ。
いまや日本好きにとって外せない定例行事となったジャパン・エキスポや、カンヌから独立して世界的に権威のあるアニメ・フェスティバルに成長したアヌシー国際アニメーション映画祭などがあることからも察せられる。

そのアヌシーで、今年審査員賞に輝いた片渕須直監督の「この世界の片隅に」が、フランスでじわじわとロングランを続けている。周知の通り日本では社会現象になった本作、フランスの劇場公開はバカンス明けの9月6日。
もっとも、公開当初はほとんど街頭ポスターなどの宣伝も見当たらず、正直大丈夫かと心配になった。
大掛かりな披露試写をもうけて、鳴り物入りで公開した「君の名は。」とは明らかに規模も異なり、こちらがフランス全土で約120スクリーンの展開で、1カ月で25万人を超える動員を集めたのに引き換え、「この世界〜」は68館で、1カ月を超えた現状で動員約4万人。
それでもこの規模で2時間5分のアニメ作品としては大健闘だろう。配給会社のSeptieme Factoryが地方を拠点にする会社であり、日本のアニメを配給するのは今回が初で、あまりこの手の作品の宣伝に慣れていなかったということは言えるかもしれない。

さらにアヌシーで賞を取ったとはいえ、片渕監督の作品がフランスで劇場リリースされるのは初めて。ジブリ映画のような知名度もなく、昭和を舞台にしたストーリーは、現代のクールジャパンに興味のあるティーンや若いアニメオタク層にはダイレクトに訴求しなかったようだ。

だがその一方で、観た者の評価は批評家、観客ともに星取りで5点満点の4点(仏の映画サイトallocine参照)と、きわめて高い。
たとえば「本作は、困難な日常生活のなかで世界に対する揺るがぬ愛の秘密を探しあてながら、あくまで派手さを排除することにより光り輝いている」(ル・モンド紙)、
「壮大にして控えめ。歴史的な言及に留まらない、忘れ得ぬ女性の肖像」(テレラマ誌)、「アニメーションの最高峰。ロマネスクな詩情」(ステュディオ・シネ・ライブ)といった賛辞が並ぶ。

>>2以降につづく)


「この世界の片隅に」フランス版ポスター
no title
http://eiga.com/news/20171104/5/

関連記事
関連記事

この世界の片隅に (映画)

この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、MAPPA制作の日本の長編アニメーション映画。2016年公開。昭和19年(1944年)に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描く。

配給は東京テアトル。第29回東京国際映画祭にてワールドプレミアが行われ、2016年11月12日に日本国内で封切られた。


wikipediaより

片渕須直

片渕 須直(かたぶち すなお、男性、1960年8月10日 - )は、日本のアニメーション監督、脚本家。日本大学芸術学部映画学科卒業。日本大学芸術学部映画学科講師、東京芸術大学大学院講師。大阪府枚方市生まれ。代表作は『アリーテ姫』、『マイマイ新子と千年の魔法』、『この世界の片隅に』など。


wikipediaより

続きを読む

早見沙織&宮野真守も絶賛「はいからさん」梶裕貴演じる蘭丸の女装シーン公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【アニメ映画】 早見沙織&宮野真守も絶賛「はいからさん」梶裕貴演じる蘭丸の女装シーン公開
1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/11/03(金) 13:35:00.52 ID:CAP_USER.net
2017年11月3日 13:00
(画像)
劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜」より、蘭丸の女装シーン。


大和和紀原作によるアニメ映画「劇場版 はいからさんが通る 前編 〜紅緒、花の17歳〜」より、梶裕貴演じる紅緒の幼なじみ・蘭丸が女装したシーンの場面写真が到着した。

「はいからさんが通る」は大正時代の東京を舞台に、活発でおてんばな“はいからさん”こと花村紅緒と、許嫁である陸軍少尉・伊集院忍との波乱万丈な恋模様を描いた物語。
公開された場面写真は、紅緒に思いを寄せる蘭丸が、花嫁修業のために少尉の住む西洋豪邸へ行った紅緒に会うため、メイドの蘭子に変装して侵入するシーン。
歌舞伎の女形役者として活躍する蘭丸は、女性顔負けの美貌で伊集院家に侵入することに成功するが……。

また完成した作品を見た梶からのコメントも到着。映画について「兎にも角にも……紅緒さんが可愛らしく、少尉が格好良かったです! 原作の時点で既に魅力的なキャラクターたちではありますが、
早見さんと宮野さんのお芝居によって、より生き生きとフィルムの中で輝いているように感じました」と語り、自身が演じた蘭丸については
「凛々しくも可憐な彼が、とある事情により普段以上に可愛いらしく変身するシーンがあるので、そこが見どころのひとつなのかな、と思っています(笑)」と語っている。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://natalie.mu/comic/news/255290

no title

続きを読む

来年Netflixが新作アニメシリーズを40本立ちあげることが判明!毎クールの4分の1がNetflix制作に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【 速報】来年Netflixが新作アニメシリーズを40本立ちあげることが判明!毎クールの4分の1がNetflix制作に
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/29(日) 11:29:27.007 ID:7AaYgS8yH.net
これいいのか
日本のアニメ文化に海外の手が入っちゃうと

no title

続きを読む

銀河鉄道999の映画観たんだけど主人公補正無双でワロタ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:銀河鉄道999の映画観たんだけど主人公補正無双でワロタ
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/29(日) 06:44:03.993 ID:reidDokFx.net
最近のアニメと一体何が違うのか

no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント