↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『銀魂』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

『ライフ』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
6.7/10IMDb
2017年07月15日時点

no title
引用元:life
続きを読む

『ディストピア パンドラの少女』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
6.7/10IMDb
2017年07月12日時点

no title
引用元:ディストピア/パンドラの少女 The Girl with All the Gifts続きを読む

『メアリと魔女の花』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年07月11日時点

no title

メアリと魔女の花

メアリと魔女の花』(めありとまじょのはな)は、スタジオポノックによる日本のアニメーション映画。2017年7月8日公開。

スタジオポノックのアニメーション映画初制作作品で、監督は米林宏昌。キャッチコピーは、「魔女、ふたたび。」、「この夏、メアリは出会う。


wikipediaより

米林宏昌

米林 宏昌(よねばやし ひろまさ、1973年7月10日 - )は、日本のアニメーター、アニメ監督。2014年末まで株式会社スタジオジブリに所属していた。ジブリでの愛称は麻呂(まろ)。 1973年、石川県石川郡野々市町(現:野々市市)粟田出身。金沢美術工芸大学商業デザイン科中退後、1996年にスタジオジブリに入社した。以来、同社にアニメーターとして在籍し、宮崎駿の監督作品などに参加した。『千と千尋の神隠し』、『ハウルの動く城』、『崖の上のポニョ』などで原画を担当した。また、宮崎吾朗が監督した『ゲド戦記』では、作画監督補として作品を支えた。短編映画では、『空想の空飛ぶ機械達』で作画監督を務め、『めいとこねこバス』では演出も担当した。 2010年の映画『借りぐらしのアリエッティ』にて、長編作品としては自身初となる監督に就任した。スタジオジブリの歴代作品の監督としては最年少となる。なお、宮崎が脚本に徹し米林に演出を委ねた理由について、プロデューサーの鈴木敏夫は、同映画は宮崎が若かりし頃に構想した点を指摘したうえで「若いときに考えていたものを、彼に提供するのが一つの役割なんじゃないか、たぶん、そう考えた」と説明している。
wikipediaより
続きを読む
広告
オススメ
最新コメント