↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

クエンティン・タランティーノ監督、21歳年下のイスラエル人歌手と婚約

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外芸能】クエンティン・タランティーノ監督、21歳年下のイスラエル人歌手と婚約
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 20:22:29.93 ID:CAP_USER9.net
https://news.walkerplus.com/article/113953/
MovieWalker 2017年7月3日 20時08分 配信

no title

クエンティン・タランティーノ監督(54歳)が、恋人でイスラエル人歌手のダニエラ・ピック(33歳)と婚約したとピープル誌のサイトが報じている。

イスラエルのメディア、タイムズ・オブ・イスラエル紙が第一報で婚約を伝えたとのことで、2人は2009年にタランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』(09)プロモ活動中に知り合い、
その後、交際、破局、復縁を繰り返してきたようだが、なんとか婚約にこぎつけたようだ。

このまま順調にウエディングベルを鳴らすことになれば、タランティーノ監督にとって初めての結婚。ダニエラはYnet news.comにこの報道は事実だと認めており、「とてもハッピーで興奮しています」と答えている。

タランティーノ監督は、昨年10作目の映画を撮ったら監督業から引退する意志を発表してファンを驚かせたばかり。
彼の意志が変わらなければあと2本で彼は引退するということになる。「願わくば、引退する時には、史上最高の映画監督として人々に記憶されたい」とタランティーノは話していた。

クエンティン・タランティーノ

クエンティン・ジェローム・タランティーノ(英: Quentin Jerome Tarantino, 1963年3月27日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督。 1990年代前半、入り組んだプロットと犯罪と暴力の姿を描いた作品で一躍脚光を浴びた。脚本も書き、自身の作品に俳優として出演もする。アカデミー脚本賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞している。 日本での愛称:タラ、タラちゃん。 幼年期 - 青年期 タランティーノはテネシー州ノックスビルで生まれた。母親は看護師のコニー・ザストゥーピル(旧姓マクヒュー/McHugh)、父親はニューヨーククイーンズ生まれの俳優であり音楽家でもあるトニー・タランティーノ。タランティーノの父はイタリア系アメリカ人、母親はアイルランド系アメリカ人でチェロキー族の血も引いていた。母親は僅か16歳で未婚のままタランティーノを生み、彼が生まれてから間もなく音楽家のカーティス・ザストゥーピル(Curtis Zastoupil)と結婚。
wikipediaより

続きを読む

映画「ロッキー」「ベスト・キッド」のジョン・アヴィルドセン監督死去、81歳

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【訃報】映画「ロッキー」「ベスト・キッド」のジョン・アヴィルドセン監督死去、81歳
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 16:33:34.17 ID:CAP_USER9.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3132408?cx_part=txt_topics
2017年06月17日 16:17 

映画「ロッキー(Rocky)」シリーズや「ベスト・キッド(The Karate Kid)」シリーズなどを手掛けた映画監督のジョン・アヴィルドセン(John Avildsen)氏が、膵臓(すいぞう)がんのため米ロサンゼルス(Los Angeles)で死去した。81歳。

 米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)は長男の話しとして、アヴィルドセン監督がロサンゼルス(Los Angeles)のシダーズ・サイナイ医療センター(Cedars-Sinai Medical Center)で死去したと報じている。

 社会的弱者のサクセストーリーを多く手掛けたアヴィルドセン監督は、落ちぶれたボクサーが栄光のために這い上がろうとする姿を描いた1976年の『ロッキー』で、アカデミー賞(Academy Awards)監督賞を受賞。低予算ながら予想外の大ヒットを飛ばした同作は、主演のシルヴェスター・スタローン(Sylvester Stallone)さんを一躍ハリウッド(Hollywood)スターに押し上げた。その後はシリーズ化され、アヴィルドセンさんは『ロッキー5/最後のドラマ(ROCKY V)』でもメガホンを握った。

 スタローンさんはインスタグラム(Instagram)で自身をスターダムに押し上げてくれたアヴィルドセン監督への弔意を表し、「R. I. P.(どうぞ安らかに)。近いうちにきっと天国でも大ヒット作を監督されるのでしょうね。ありがとう。スライ(スタローンさんの愛称)より 」と投稿している。(c)AFP

米カリフォルニア州サンタバーバラで行われた映画祭に出席したジョン・アヴィルドセン監督(2017年2月3日撮影)
no title

ジョン・G・アヴィルドセン

ジョン・G・アヴィルドセン(John G. Avildsen, 1935年12月21日 - )は、アメリカ合衆国の映画監督。イリノイ州オークパーク出身。代表作に『ロッキー』『ベスト・キッド』など。 広告代理店でCM等の制作をしていたが、監督募集の広告に応募したのがきっかけで映画業界に入った。当初はトロマ社など低予算のB級映画ばかりだったが、アメリカの世代間の断絶を描いたバイオレンス映画『ジョー』(1970年)で注目される。 1973年の監督作『セイブ・ザ・タイガー』(日本未公開)では、主演を務めたジャック・レモンが演じアカデミー主演男優賞を受賞。更に1976年の『ロッキー』では自身がアカデミー監督賞を受賞したのをはじめ、アカデミー作品賞他多数の賞を受賞。同作品は世界的に大ヒット、シリーズ化(アヴィルドセンは一作目と五作目の監督を担当)もされ興行的な面でも大成功をおさめた。 その後、『ロッキー』の空手版ともいえる『ベスト・キッド』も大ヒット、『ロッキー』シリーズと同様にシリーズ化された(一作目から三作目までの監督を担当)。
wikipediaより
吹替洋画劇場 オリジナル『ベスト・キッド』30周年記念 アニバーサリー コンプリートエディション(初回限定版) [Blu-ray] 吹替洋画劇場 オリジナル『ベスト・キッド』30周年記念 アニバーサリー コンプリートエディション(初回限定版) [Blu-ray]
¥ 8,208
ラルフ・マッチオ, ノリユキ・パット・モリタ, エリザベス・シュー, ウィリアム・ザブカ, ジョン・G・アヴィルドセン

Amazonで詳しく見る

続きを読む

原作もので守るべきこと…ロマン・ポランスキー監督が語る「大好きな小説が映画化されて失望」「同じ轍は踏まないよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】原作もので守るべきこと…ロマン・ポランスキー監督が語る「大好きな小説が映画化されて失望」「同じ轍は踏まないよう」
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/05/30(火) 19:31:41.40 ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0091879
2017年5月30日 16時38分

現地時間27日、第70回カンヌ国際映画祭でロマン・ポランスキー監督のスリラー映画『ベイスド・オン・ア・トゥルー・ストーリー(英題) / Based on a True Story』(アウト・オブ・コンペティション部門)の公式会見が行われ、ポランスキー監督が原作ものの作品を作る際に気を付けるべきことを語った。

デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説を『戦場のピアニスト』のポランスキー監督が映画化した本作。
新作の成功に圧倒されてスランプに陥った作家デルフィーヌのもとに現れたのは、彼女の大ファンだというエルという名の美しい女性。
デルフィーヌ以上に彼女のことをよく知るエルとの友情は、次第に不穏なものになっていき……。『パーソナル・ショッパー』のオリヴィエ・アサイヤス監督が脚本を執筆した。

「オリヴィエはわたしをとても助けてくれた」と切り出したポランスキー監督は、「わたしはこれまで何本もの小説や劇を映画化してきたが、一番気にしているのは、オリジナル版から“行き過ぎた”ものにしないようにということ。
子供のとき、わたしが大好きな小説が映画化されて失望することがよくあった。キャラクターの何人かがいなくなり、新しいキャラクターが登場したり、ストーリーラインが全く違うものになっていたり」と少年時代の経験から、自分はそれと同じ轍は踏まないよう意識していると明かす。

「オリヴィエは500ページもの原作を脚本にしたが、何も失われていない」とアサイヤス監督の仕事ぶりをたたえた。
(続きはソースをご覧下さい)
no title

ロマン・ポランスキー

ロマン・ポランスキー
生年月日1933年8月18日
国籍ポーランドフランス二重国籍
主な作品
ローズマリーの赤ちゃん
チャイナタウン
戦場のピアニスト
ゴーストライター

ロマン・ポランスキーRoman Polanski, 1933年8月18日 - )は、ポーランド出身の映画監督


wikipediaより

続きを読む

デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画『David Lynch: The Art Life(原題)』 来年日本上陸へ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画『David Lynch: The Art Life(原題)』 来年日本上陸へ!
1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2017/05/13(土) 12:18:02.53ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0091497

 映画『イレイザーヘッド』『マルホランド・ドライブ』やテレビシリーズ「ツイン・ピークス」など数々の作品を手掛けてきた鬼才デヴィッド・リンチの謎に迫るドキュメンタリー映画『デヴィッド・リンチ:ジ・アート・ライフ(原題) / David Lynch: The Art Life』が、2018年に日本公開されることが明らかになった。

『デヴィッド・リンチ:ジ・アート・ライフ(原題)』海外版予告編
https://www.cinematoday.jp/video/VIYBVgQ8yAdLbI

 1990年代に空前のブームを起こした「ツイン・ピークス」シリーズの25年ぶり新シーズンの2エピソードが、5月17日から開催される第70回カンヌ国際映画祭にてプレミア上映されるなど、今再び世界を騒がせているリンチ監督。

 映像作品のみならず、絵画、立体、写真、音楽など様々な方法で表現活動を続けているリンチ監督は、映画界でも得体の知れない存在だ。
そんなリンチ監督の謎を紐解く本ドキュメンタリーでは、監督のプライベート映像を交えながら、監督自身が幼少期の家族との思い出や、
同居人であったJ・ガイルズ・バンドのピーター・ウルフ、後に『ストレイト・ストーリー』『マルホランド・ドライブ』の美術監督を務めることになるジャック・フィスクとの出会い、
そしてフィラデルフィアでの暮らしや妻ペギーの出産を経て、長編映画デビュー作『イレイザーヘッド』に至るまで語る。

 海外予告編では、「存在しない世界をまるごと想像できる。そこにはとてつもない自由がある」などと創作についてのリンチ監督の言葉が響きわたる。
「絵を描いたり何かするたびに、新しいアイデアが浮かんでくる。だが、しばしば過去がアイデアを生み出し、色付けをする。だから新しいアイデアであっても、過去が関わってくるんだ」とも語っており、リンチ監督の作品には過去の恐怖や苦悶の記憶が大きく反映されていることがわかる。
デヴィッド・リンチファンには見逃せない一本と言えそうだ。


シネマトゥデイ
デヴィッド・リンチの謎を紐解くドキュメンタリー映画、来年日本上陸へ!
2017年5月13日 10時10分


関連
【映画】デビッド・リンチ、映画監督引退を表明 「マルホランド・ドライブ」「ブルーベルベット」などを手掛ける
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494305679/
no title

デヴィッド・リンチ

デヴィッド・リンチ
生年月日1946年1月20日
国籍アメリカ合衆国
職業監督、脚本家、俳優、プロデューサー
ジャンル映画、テレビ、音楽、CM
主な作品
エレファント・マン
ブルーベルベット
ツイン・ピークス
マルホランド・ドライブ

デヴィッド・キース・リンチDavid Keith Lynch, 1946年1月20日 - )は、アメリカ合衆国モンタナ州出身の映画監督脚本家プロデューサーミュージシャンアーティスト俳優


wikipediaより

続きを読む

デビッド・リンチ、映画監督引退を表明 「マルホランド・ドライブ」「ブルーベルベット」などを手掛ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】デビッド・リンチ、映画監督引退を表明 「マルホランド・ドライブ」「ブルーベルベット」などを手掛ける
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/09(火) 13:54:39.13ID:CAP_USER9.net
2017年5月9日 12:00

[映画.com ニュース]「マルホランド・ドライブ」「ブルーベルベット」などで知られる奇才デビッド・リンチ監督が、映画界からの引退を表明した。

カルト的な人気を誇る「ツイン・ピークス」シリーズの新シーズン放送を控えるなか、リンチ監督はオーストラリアのシドニー・モーニング・ヘラルド紙の取材で映画監督引退を宣言。
「多くの映画がたとえ素晴らしい作品であっても興行でうまくいっていないし、興行でうまくいっているような映画は自分がやりたいと思うようなものではない」と映画興行が様変わりしたことを理由に挙げた。
リンチ監督は2006年の「インランド・エンパイア」以来、長編映画のメガホンをとっていないが、「これが最後の映画になりますか?」との問いには、「その通りだ」と返答している。

事実、現在の全米ボックスオフィスはフランチャイズ映画とアニメ映画が大半を占めており、こういった状況下でリンチ監督作が広く受け入れられる可能性は低い。
ただし、こうした現状に嫌気が指した映画作家が、相次いでテレビドラマに活躍の場を移している。25年ぶりの「ツイン・ピークス」を皮切りに、リンチ監督が刺激的なテレビドラマを次々と手がけることに期待が集まる。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


デビッド・リンチ監督
no title

http://eiga.com/news/20170509/11/


∥関連∥
【俳優】アラン・ドロン 俳優人生に幕を宣言 [無断転載禁止]c2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494071776/

デビッド・リンチ

デビッド・リンチ
生年月日1946年1月20日
国籍アメリカ合衆国
職業監督、脚本家、俳優、プロデューサー
ジャンル映画、テレビ、音楽、CM
主な作品
エレファント・マン
ブルーベルベット
ツイン・ピークス
マルホランド・ドライブ

デヴィッド・キース・リンチDavid Keith Lynch, 1946年1月20日 - )は、アメリカ合衆国モンタナ州出身の映画監督脚本家プロデューサーミュージシャンアーティスト俳優


wikipediaより

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント