↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

宮村優子、和葉役降りる覚悟だった…病気経て感じた「コナン」仲間の絆 「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】宮村優子、和葉役降りる覚悟だった…病気経て感じた「コナン」仲間の絆 「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/16(日) 18:19:07.87 ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/page/N0090952
2017年4月16日 7時20分

 アニメ「名探偵コナン」シリーズの遠山和葉役で知られ、彼女が中心となる劇場版最新作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』では大活躍している声優の宮村優子だが、
2007年に公表したバセドウ病で苦しんだ時期には、自ら「コナン」声優を辞する覚悟があったという。そして病気を乗り越えた今感じている「コナン」ファミリーの温かさについて、宮村自身が語った。

 劇場作品としては『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』(2003)並みにほぼ全編大阪・京都を舞台とし、関西幼なじみコンビ・遠山和葉&服部平次を中心に描かれる『名探偵コナン から紅の恋歌』。
宮村にとってはこれまでのコナン映画でのアフレコ中、「歴代1位くらいの長丁場だった」そう。
アフレコ現場には関西出身の声優が集まり、江戸っ子の大谷育江も現場の空気につられて関西弁でしゃべりだしたりと、収録は和気あいあいとした雰囲気で行われたという。

 「コナン」チームとのアフレコについて、「みんなお帰り~と言ってくれるので、いつもコナンの現場に来るのは楽しみですよね」と明かす宮村。
だがバセドウ病の影響で声が出なくなった際には、諏訪道彦プロデューサーに一度、和葉役を降りることを相談したことがあった。
「MRI検査等を受けたりもしたのですが、当時はなんでこんなふうになっているのかわからなくて。筋肉全体が衰えちゃって、思考能力も活舌も悪くなって。声も出なくなっちゃって。そのときに和葉の出番があって。
諏訪さんに『わたし、無理です』って話をさせていただいたんですね。ほかのお仕事もうまくいかなくなって、『コナンも降りるしかないのかな……』って」。

 「そしたら諏訪さんが『とにかく病気なんだからそれを治すことに専念して、将来的に無理だと思ったら、そのときに降りてもらう決断をするから。今は続投しつつ病気を治す方向で継続しましょう』とおっしゃったんです。
『収録したものはディレクターがOKを出したものなので、気にしないでください』って。本当にコナンファミリーはすごく温かくて。わたしもそのときに元気な和葉をもう一度演じたいなと思って、病気を頑張って治そうと思ったんです」。

 その後、甲状腺ホルモンが過剰に作られるバセドウ病とは真逆の甲状腺が全くでない病気も経験しつつ、自身の病気と向き合い続けてきた宮村。
「本当に今回こうやってたくさんセリフを言わせてもらったり、和葉ちゃんを生き生きと描いていただいたり、和葉を演じさせていただけて、本当にうれしかったです。感無量ですし、コナンファミリーに感謝です」と笑顔を見せると、
彼女の復帰を待ち望んでいたファンに向け「よかったよ~、みんな帰ってきたよ~」とメッセージを送っていた。
(続きはソースをご覧下さい)

no title

続きを読む

天海祐希が元ジブリ監督作品「メアリと魔女の花」で魔女役声優

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】天海祐希が元ジブリ監督作品「メアリと魔女の花」で魔女役声優
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 04:52:48.42 ID:CAP_USER9.net
2017年4月13日4時0分 スポーツ報知

 女優の天海祐希(49)が、アニメ映画「メアリと魔女の花」(米林宏昌監督、7月8日公開)で魔女役で声優を務めることが12日、分かった。

 杉咲花(19)が声を担当する主人公・メアリが、魔女の国から盗み出された禁断の花「夜間飛行」の不思議な力で魔女に変身し、冒険を通して成長する物語。天海は、メアリが迷い込む魔法世界のエンドア大学の校長、マダム・マンブルチュークを演じる。

 米林監督が14年末にスタジオジブリを退社後初めて手掛ける作品。ジブリ作品「崖の上のポニョ」(08年)などアニメ映画で5度目の声優となる天海は「監督の思い描く『メアリと魔女の花』の世界に寄り添えるようにしっかりと演じたい」。

 天海のほか、小日向文世(63)、大竹しのぶ(59)ら豪華共演陣が声優を務める。


天海祐希
no title

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170412-OHT1T50276.html

天海祐希

天海祐希
生年月日1967年8月8日
身長171 cm
血液型O型
職業女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1987年 -
主な作品
舞台
ロミオとジュリエット
ベルサイユのばら -オスカル編
風と共に去りぬ
ミー・アンド・マイガール
オケピ

ドラマ
離婚弁護士[1]
女王の教室
トップキャスター
Around40〜注文の多いオンナたち〜
BOSS』など
映画
『クリスマス黙示録』
バッテリー

天海 祐希(あまみ ゆうき、1967年8月8日 - )は、日本女優。本名、中野 祐里(なかの ゆり)。


wikipediaより

続きを読む

美少女声優の小倉唯さん、実写ドラマ出演決定!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:美少女声優の小倉唯さん、実写ドラマ出演決定!
1: ジャンピングDDT(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/04/12(水) 20:29:46.61 ID:x5SI5+4K0.net BE:232392284-PLT(12000)?PLT(12000)
小倉 唯、ドラマ初主演「ちょっと嬉し恥ずかしなんですが」

no title

no title


小倉 唯が主演を務めるミニドラマ「ケンタッキーもしも劇場『もしも小倉唯が…』」が、4月13日(木)よりインターネットテレビ局「AbemaTV」のアニメ24チャンネルにてスタートする。

同作は、小倉 唯がケンタッキーフライドチキンの商品にまつわる6名のキャラクターを演じる1話完結型、全6回のミニドラマだ。恋人役や同級生役、妹役など、毎回視聴者と会話しているかのような構成で、小倉と二人きりのような3分間が味わえる。
なお、小倉は今回がドラマ初主演。また、「AbemaTV」での1社提供によるオリジナルドラマ展開も本作が初となる。放送に際して、小倉 唯は次のようにコメントを寄せている。

■小倉 唯 コメント
今回は自分が役者になり演技をするという、いつもとは全く違う体験をしました。最初は私でいいのかな?と思ってドキドキ・ハラハラしていたんですけど、やってみたら楽しく収録ができました。
あと、撮影の中でいっぱいおいしいKFCの商品を食べられて、ますますKFCが好きになりました?
今回のドラマでは、ファンの方もあまり見たことのない姿を見ていただけると思います。普段の私を知っている方に見ていただくのはちょっと嬉し恥ずかしなんですが、私なりにガンバって演じたので是非チェックしてください!

1回目 4月13日 「定番好きな彼女」
2回目 4月20日 「ポップな家庭教師」
3回目 4月27日 「セレブな同級生」
4回目 5月4日 「家族想いな妹」
5回目 5月11日 「塩対応な秘書」
6回目 5月18日 「骨抜きにされる嫁」
>>7回目(5月25日)は総集編予定

https://www.barks.jp/news/?id=1000140747

小倉唯

小倉唯
生年月日1995年8月15日
血液型O型
職業 声優歌手女優
身長 / 体重150 cm / kg
活動期間 2008年 -
ジャンルアニメ
活動期間2008年 -
ジャンル J-POPアニメソング

小倉 唯(おぐら ゆい、1995年8月15日 - )は、日本声優歌手女優


wikipediaより

続きを読む

アニメ映画監督「主役に声優起用したろ!」←わかる

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:アニメ映画監督「主役に声優起用したろ!」←わかる
1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/09(日)13:04:48 ID:ww9
アニメ映画監督「声優の演技は不自然だから俳優起用したろ!」←わかる

アニメ映画監督「アニメ監督とかコピーライター声優に起用したろwwwwww」←ガイジやろコイツ

no title
続きを読む

水島裕、20代から吹き替え担当サモ・ハンに感謝 サモ・ハンは労をねぎらう/映画舞台挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】水島裕、20代から吹き替え担当サモ・ハンに感謝 サモ・ハンは労をねぎらう/映画舞台挨拶
1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 01:03:15.86 ID:CAP_USER9.net
香港映画界のレジェンド俳優サモ・ハン(65)の監督&主演映画「おじいちゃんはデブゴン」(5月27日公開)来日舞台あいさつが6日、東京・新宿武蔵野館で行われ、サモ・ハンの吹き替えを担当する声優の水島裕が、花束を持って駆けつけた。

水島は「日本ではミスターサモ・ハンと水島裕は1セット販売になっている。“サモ・ハン・イズ・バック”いい言葉ですね。今年の流行語大賞になるように」と客席に呼び掛けた。それを聞いたサモ・ハンは「はい、サモさん」と言って、水島の肩をたたいた。

水島は1978年(昭53)年の「燃えよデブゴン」(日本公開は81年)をはじめとした、デブゴンシリーズなどの吹き替えを担当した。「最初に20代の頃に『デブゴン』の吹き替えをしてから、サモ・ハンさんの作品を吹き替えながら、今日まで来ている。この間の経過を、ご一緒に過ごせたのが本当に幸せなこと」とサモ・ハンに感謝した。サモ・ハンは「いつも声を当てていただいて、お疲れさまです」と水島の労をねぎらった。

水島はサモ・ハンのほか、「ロミオとジュリエット」で知られる英俳優レナード・ホワイティングの吹き替えも担当していたが、ホワイティングは俳優を引退した。水島が「引退しないでください」とお願いすると、サモ・ハンは「水島さんがいらっしゃるからこそ、自分は引退せずに続けています。引退させないよう、映画を撮り続けます」と約束した。

さらに、水島が「監督としては、すばらしいですが、1シーンでも出て一言、しゃべってください」と言うと、サモ・ハンは「出資者がお金出してくれれば、いくらでもやるよ」と言い、笑った。【村上幸将】

http://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/1803567_m.html (リンク先に動画)
no title

続きを読む
広告
最新コメント