↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

秋元才加「オファーを頂いて運命的」ガーディアン・オブ・ギャラクシー続編でハリウッド作品声優に初挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】秋元才加「オファーを頂いて運命的」ハリウッド作品声優に初挑戦
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 07:30:44.64 ID:CAP_USER9.net
元AKB48の秋元才加(28)が、劇場上映されるハリウッド映画の声優に初挑戦した。

マーベル・スタジオの最新作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(5月12日公開)の日本語吹き替え版に出演。
以前から気になっていた作品といい「オファーを頂いて運命的」と大喜びした。

演じるのは個性派ヒーロー集団の一員で“触覚女子”のマンティス。
触覚で触れた人の感情が読み取れる能力を持つ女の子だ。
「“不思議ちゃん”のキャラクターなので、高音を出したり、ゆっくり話したりして不思議感を出しました」
と収録の感想を語り「女性も楽しめるヒーロー作品です」とPRした。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/28/kiji/20170327s00041000361000c.html
2017年3月28日 05:45

no title

続きを読む

岡田結実「赤毛のアン」声優初挑戦!明るく前向きイメージぴったり

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】岡田結実「赤毛のアン」声優初挑戦!明るく前向きイメージぴったり
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/27(月) 06:52:05.42 ID:CAP_USER9.net
 タレントの岡田結実(16)が、カナダ映画「赤毛のアン」(5月6日公開)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦する。

 作家モンゴメリのロングセラー小説の映画化で、主人公アンの声を担当。アンは想像力豊かでおしゃべりが大好きな少女で、岡田はアンを演じる女優エラ・バレンタイン(15)と年齢も近く、日本の配給元が「明るく前向きなキャラクターがぴったり」と白羽の矢を立てた。

 声優に起用され「自分がやるなんて考えたこともなかったです。プレッシャーを感じますが、しっかり務めたい」とドキドキの様子。まもなく行うアフレコ収録を前に「生半可な気持ちでは成し遂げられない。たくさん練習して、アンらしく、かつ自分らしさも出していけるように精いっぱい頑張ります」と気合を入れている。

 アンが巻き起こす騒動や成長を描く作品で、モンゴメリの孫娘、ケイト・マクドナルド・バトラーさんが製作総指揮を務めた。アンはユニークさで周囲の人たちをとりこにしてしまう少女。自身も父でお笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(48)のギャグをまねるなど元気で面白いキャラクターで人気で、バラエティー番組に引っ張りだこ。「私も明るい子と言われますが、アンは違う明るさを持つ女の子」と分析し、「自分の置かれた状況を常に前向きにとらえて人生を楽しむことができるのは、一人の女性として凄く素敵だなと思います。私も見習いたい」と話している。

[ 2017年3月27日 06:15 ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/27/kiji/20170326s00041000472000c.html
no title

続きを読む

実写『攻殻機動隊』アニメ版声優が吹き替え 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ら再集結

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】実写『攻殻機動隊』アニメ版声優が吹き替え 田中敦子、大塚明夫、山寺宏一ら再集結
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/03/10(金) 05:11:56.00 ID:CAP_USER9.net
 士郎正宗氏の人気SFコミック『GHOST IN THE SHEL/攻殻機動隊』をハリウッドで実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(4月7日公開)の日本語吹き替え版声優が10日、発表された。押井守監督の映画『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(1995年)からアニメシリーズの声優を務めてきた田中敦子(草薙素子役/※ハリウッド版においては“少佐“役)、大塚明夫(バトー役)、山寺宏一(トグサ役)が、『攻殻機動隊SOLID STATE SOCIETY 3D』以来6年ぶりに同じ役柄を演じる。

 現在公開されている日本版の予告映像では、タイトルコールを田中と山寺が担当し、正式発表はしていないものの、SNS上で密かに話題に。吹き替え版ではアニメ版のキャストを望む声が多くあがり、そんなファンの期待を裏切らない粋なキャスティングが実現した。

 日本で生まれた漫画などを原作とし、ハリウッドで実写映画化されてきた作品の中で、アニメーション作品で声優を務めたキャストがハリウッド作品の実写映画においても同じ役で吹替を務めるのは、史上初の試みとなる。

 再び同メンバーが集結したことについて、「目を閉じて大塚さんや山寺さんの声だけを追いかけるとアニメのシーンが浮かんでくるようで、とても不思議な体験でした」(田中)、「久しぶりにメンバーと集まって、こんなに楽しいことはない、もっとやりたいと思いました」(大塚)、「ほかのメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました」(山寺)と、それぞれ感無量の様子。

 押井監督も「この役を演じるのは久しぶりだと思います。ぜひ自分の感じたままで演じてほしいです」とコメントを寄せている。

■田中敦子:少佐役
ハリウッド版をオリジナルキャストで吹き替えられたことを心からうれしく思っています。目を閉じて大塚さんや山寺さんの声だけを追いかけるとアニメのシーンが浮かんでくるようで、とても不思議な体験でした。1995年の映画『攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL』あの時からずっと草薙素子が側にいてくれました。でも相棒と言うのはおこがましいし、彼女は一番近いようで遠い存在でもあります。公安9課のメンバー(キャスト)は私の人生の宝物だと感じています。私たちがゴーストを吹き込んだ日本語版『GHOST IN THE SHELL』、是非劇場でお楽しみください!!

■大塚明夫:バトー役
久しぶりにメンバーと集まって、こんなに楽しいことはない、もっとやりたいと思いました。
アニメがそのまま実写になったようなシーンもずいぶんあって、制作の方々の、原作やアニメ版に対してのリスペクトが伝わってきて、うれしかったです。「攻殻機動隊」は、愛してやまない作品、宝物ですね。

■山寺宏一:トグサ役
大好きな作品の大好きなメンバーなので、実写化されたことでこういうチャンスをいただけて非常にうれしく思います。自分の参加したアニメの作品が海外で実写化され、それを吹き替えるという経験は初めてだったので、ちょっと不思議でしたね。他のメンバーがアフレコしているところを見て、ずっと一緒にやっていた感覚が戻ってきて懐かしい気持ちになりました。世界的に評価の高い作品に参加できる事をすごく誇りに思いますし、世界に自慢したい作品です。今回、そのことを改めて強く感じました。

■押井守監督
この役を演じるのは久しぶりだと思います。ぜひ自分の感じたままで演じてほしいです。皆さんプロですから、不安はありませんし、楽しみとしか言いようがないですね。実写版の吹き替えがどうなるのか、お手並み拝見です。

オリコン 3/10(金) 5:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000342-oric-ent
no title

続きを読む

実写版ファイナルファンタジーに美人声優さんたちが出演決定!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:実写版ファイナルファンタジーに美人声優さんたちが出演決定!!!
1: 閃光妖術(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/02/23(木) 19:43:46.23 ID:zWau4wTI0.net BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
2017年4月よりMBS/TBSドラマイズム枠にて放送開始となる新作TVドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」の主題歌に、
GLAYの新曲「the other end of the globe」が抜擢!

ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」は世界的人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの初実写化であり、オンラインゲーム「ファイナルファンタジーXIV」のプレイヤーのブログをベースにした実話である。
主演は若手注目俳優「千葉雄大」、さらに人気声優「南條愛乃」、「悠木碧」、「寿美菜子」なども声で出演する事が決定しており、現在話題沸騰中!

ドラマではゲーム内パートで、通常稼働するサーバー内で、実際のプレイヤーが役者となり、ロケーション撮影を実行!
精緻に作り込まれたゲーム本来の表現力と実力派の役者の演技力が融合する、かつてない新感覚のドラマとなっている。
 
http://www.glay.co.jp/news/detail.php?id=2343

南條愛乃
no title

no title


悠木碧
no title

no title


寿美菜子
no title

続きを読む

演技が下手だと言われる佐々木希、映画『キングコング』吹き替え声優に起用された理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】演技が下手だと言われる佐々木希、映画『キングコング』吹き替え声優に起用された理由
1: 野良ハムスター ★@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 09:01:06.38 ID:CAP_USER9.net
女優の佐々木希が声優に挑戦する。これが大不評で、どうして彼女の起用だったのか、疑問の声さえ出ている。

佐々木が声優として登場するのは映画『キングコング~髑髏(どくろ)島の巨神~』(3月25日公開予定)の日本語吹き替え版だ。

「2月16日に行われた公開アフレコでは棒読み丸出し。もちろん正式な録音もNG連発。スタッフも呆れるぐらいヘタだったという話が伝わっています」(映画ライター)

キングコングは1933年にアメリカで生まれた特撮映画で、猿が巨大化した怪獣ものだ。今作にはミュージシャンのGACKT、プロレスラーの真壁刀義も登場する。

「佐々木とGACKTときたら話題作りしかないでしょう。でも、どうして佐々木の起用だったのか、本当に不思議です。話題にはなっていますが、映画を見たらガッカリして逆に客足離れの可能性もあります」(同・ライター)

主演は調査遠征隊の隊長コンラッド役のトム・ビドルストンで、これをGACKTが演じる。佐々木は『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞受賞のブリー・ラーソン演じる写真家のウィーバー役だ。主役ではないものの、それに次ぐ出番と言っていい。

「佐々木は各メディアが行っている『美しいのに演技がヘタな女優』ランキングで、ほぼベスト3に選ばれている。まさかヘタさで映画を売ろうとしているのか…。奇をてらったとしか思えません」(女性誌編集者)

声優は顔が見えない分、声の表現力なので演技より難しいという見方もある。ならばなおさら、なぜ佐々木なのか分からない。

「怖いもの見たさ」の佐々木起用か?

「陰で言われているのは“ヘタだからいい”説です。例えば一流の声優を持って来れば面白くも何ともない。それこそ、ただの“吹き替え”であって映画ファンも興味を持たないでしょう。ところが佐々木なら、どれぐらいヘタか興味もそそる。“逆も真なり”の理屈にもなる。怖いもの見たさです」(同・編集者)

それにしても佐々木は、なぜここまで評価が低いのか。

「ドラマを見る限りでセリフに抑揚がない。一本調子です。しかもドラマでは顔の表情もいつも同じ。今回は映画ですが、あの“棒ゼリフ”が出るかと思うと、もしかして笑いを狙っているのかも」(映画評論家)

そう言われれば、確かに興味が湧いてきた。

no title

http://myjitsu.jp/archives/17537

佐々木希

佐々木希
生年月日1988年2月8日
身長168 cm[4]
血液型AB型
職業 女優歌手ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2006年 -
主な作品
テレビドラマ
神の雫
まっすぐな男
土俵ガール!
怪盗ロワイヤル
ファースト・クラス
映画
ハンサム★スーツ
天使の恋

佐々木 希(ささき のぞみ1988年2月8日 - )は、日本の女優歌手タレントファッションモデル。本名同じ。秋田県秋田市出身トップコート所属。


wikipediaより

関連記事
続きを読む
広告
最新コメント