↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

この画像の左右どちらが俳優でどちらが声優でしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:この画像の左右どちらが俳優でどちらが声優でしょうか?
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 15:26:45.10 0.net
no title

no title

no title

続きを読む

神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 05:11:56.62 ID:CAP_USER9.net
2017-05-23 05:00

 俳優の神木隆之介(24)が、スタジオジブリ出身・米林宏昌監督の最新アニメーション映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)で、ヒロイン・メアリの小さな嘘によって大事件に巻き込まれてしまう12歳の少年・ピーターの声を担当していることが明らかになった。
米林監督とは、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)以来7年ぶり2度目のタッグ。歴代邦画興収ランキング1~3位(『千と千尋の神隠し』『君の名は。』『ハウルの動く城』)すべてに声の出演をしていることから“神ってる”と話題になった神木の参加で、同作をさらに盛り上げる。

 同作は、2014年末にジブリを退社した米林監督が、新拠点スタジオポノックで製作する初の長編作品。イギリスの作家メアリー・スチュアート氏の児童文学に基づき、赤い館村に引っ越してきた主人公メアリが、7年に一度しか咲かない禁断の魔女の花“夜間飛行”を見つけたことから始まる冒険を描く。
主人公メアリを杉咲花が演じるほか、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶが声優を務める。

 メアリが引越し先で出会う、地元の優等生的な勤労少年だというピーター役の神木は「7年ぶりに米林監督と一緒にお仕事をさせていただけると聞いて、すごく懐かしい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいになりました」と再タッグに喜び。
「本当に夢があるストーリーで、メアリの奔放さだったり、ピーターの真っ直ぐさだったり、ちいさな勇気が大きく何かを変えるパワーを持っているということを感じました」と話している。

 神木とは、日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』以来の共演となる杉咲は「神木さんが過去に声優をされている作品を見ていたので、今回ご一緒できて本当にうれしかったです」と話し、
「神木さんの声は耳にとても心地良く、いつまでも聴いていたいと思いました」と絶賛している。

 米林監督は、「杉咲さんのメアリと神木さんのピーターのデコボココンビは、作品に温かい空気を与えてくれました」と、2人に手応えを感じている様子。
西村義明プロデューサーは、神木の起用理由について「思春期直前の少年の中にある無邪気さ、優しさ、儚さ、逞しさ。子どもでも大人でもない、その中間に一時だけ存在する少年性を求めたとき、神木隆之介さんの声に正解がありました。
お転婆なメアリに翻弄され、映画の中で最も大変な思いをするピーターですが、映画の中で一番の“いいヤツ”なのです」と説明している。


『メアリと魔女の花』でピーターの声優を務める神木隆之介 (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
no title

映画『メアリと魔女の花』(左から)メアリ役の杉咲花、ピーター役の神木隆之介(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2091117/full/

続きを読む

女優・広瀬アリス、米国版スーパー戦隊「パワーレンジャー」で声優に初挑戦 「収録初日は大反省会」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】女優・広瀬アリス、米国版スーパー戦隊「パワーレンジャー」で声優に初挑戦 「収録初日は大反省会」
1: ほしな ★ 2017/05/18(木) 08:13:37.47 ID:CAP_USER.net
 俳優、勝地涼(30)と女優、広瀬アリス(22)が17日、東京都内で行われた米映画「パワーレンジャー」(7月15日公開)の公開アフレコに参加した。

 日本のスーパー戦隊シリーズを原作にした米人気ドラマを20年ぶりに映画化する話題作。日本語吹き替え版でヒロイン・ピンクレンジャーの声を演じる広瀬は、声優初挑戦で「初日(の収録)は落ち込みすぎて、家で大反省会でした」と苦労した様子。

 共演の南海キャンディーズ、山里亮太(40)から「全男子が初めて恋をするのはピンク(=スーパー戦隊シリーズのヒロイン)ですから」と言われ、「恋してもらえたら」とキュートにほほえんだ。

no title

no title

no title

no title

http://www.sankei.com/photo/story/news/170517/sty1705170007-n1.html

続きを読む

遠藤憲一、25cmの“木”に!? 特殊メイクで登場し「自分の職業が分からなくなってる」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】遠藤憲一、25cmの“木”に!? 特殊メイクで登場し「自分の職業が分からなくなってる」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/08(月) 20:25:16.88ID:CAP_USER9.net
2017.5.8 Mon 20:05

5月5日より日本に先駆け全米で公開、前作を大きく上回る成績でNo.1スタートを切り、12日(金)の日本公開も期待がかかる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』。
この度、本作の3D吹き替え版お披露目試写会が本日8日(月)に行われ、本作の日本語吹き替えを担当した山寺宏一、加藤浩次、遠藤憲一、秋元才加が登壇し会場を沸かせた。

本作は、銀河を舞台にスター・ロード(クリス・プラット)率いる負け組ヒーローチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”が、ノリと笑いで銀河を守る(?)最強に笑えるアクション・アドベンチャー作品。

今回、上映前に行われた舞台挨拶では、吹き替えキャスト全員が本格的な特殊メイクに挑み、それぞれ役になりきって登壇!
主人公で永遠の思春期リーダー、ピーター・クイル役を演じる山寺さんは、愛用のカセット&ヘッドホンで装いもキャラクターに寄せてノリノリ。
凶暴な毒舌アライグマのロケット役の加藤さんは、毒舌トークはそのままに、愛らしい(?)アライグマに変身! 
触角が生えた独特のビジュアルと純粋すぎて不思議ちゃんな新キャラ・マンティス役を演じた秋元さんは、触角をつけて特製衣装で。
そして、超絶カワイイ最終兵“木”ベビー・グルート役を演じた遠藤さんは、“木”の特殊メイクを施し、キャラクター同様衝撃の25cmサイズで登場した。

“なりきリメイク”についてキャスト陣は、「僕、もみあげだから3分でした(笑)。クリス・プラットのようにイケメンに特殊メイクしてくれと言ったら、逆に無理だと言われました(笑)」(山寺さん)、
「結構時間かけてやったのに、思いのほか反応薄かったよな(笑)みんな1時間くらいかかったよね!」(加藤さん)、
「俺、自分の職業が分からなくなってます(笑)」(遠藤さん)、
「映画を観たときから『似てるんじゃない?』と言われていたので、今日を楽しみにしていました! 黒のコンタクトレンズをしているので、虫の感じが増していますよね。なりきれてよかったです!」(秋元さん)とそれぞれ感想を語る。

(中略)

さらに、加藤さんからはサプライズ発表として、「ガーディアンズチームが、アベンジャーズに参戦するんです! だから、不祥事には気を付けないとね(笑)」と周囲の笑いを誘い、アベンジャーズ参戦に向けて気合いを込めた。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日(金)より全国にて公開。


no title

http://www.cinemacafe.net/article/2017/05/08/49232.html

続きを読む

栗山千明&中川大志、『パイレーツ・オブ・カリビアン』新キャラ吹き替え声優に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】栗山千明&中川大志、『パイレーツ・オブ・カリビアン』新キャラ吹き替え声優に
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/02(火) 05:09:25.00 ID:CAP_USER9.net
オリコン 5/2(火) 5:00

 女優の栗山千明、俳優の中川大志が、人気映画シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)に登場する新キャラクターの吹き替え版声優に起用されたことがわかった。
栗山はディズニー作品初参加で、物語の鍵を握る女性天文学者カリーナ(カヤ・スコデラリオ)。
中川は、実写映画の吹き替え初挑戦で、オーランド・ブルーム演じるウィル・ターナーの息子ヘンリー・ターナー(ブレントン・スウェイツ)に抜てきされ、ハリウッド映画の人気タイトルを自身のキャリアに刻む幸運をつかんだ。

 前作『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(2011年)以来、6年ぶりとなる最新作は、<最後の海賊>のみが見つけ出せる伝説の秘宝<ポセイドンの槍>をめぐり、ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)の過去を知る“海の死神”サラザール、天文学者カリーナ、
父親を永遠の呪いから救い出そうとジャックに近づき、新たな相棒となる青年ヘンリーらが、壮大な冒険を繰り広げるスペクタクル・アクション・エンターテインメント。

 ハリウッド映画に出演経験のある栗山だが、今回のオファーは「素直にうれしい!」と大喜び。「これだけ大作で、皆が大好きなパイレーツ作品が、自分に務まるのかという不安もありましたが、楽しんでやり遂げることができれば」と収録に臨み、
「(カリーナは)男勝りな性格で、とても自立した大人な女性。女性から見て憧れるような女性像になればいいなと思って力強く演じました」と話していた。

 中川も「移動中にマネージャーさんから聞いて、うれしくて1回席を立ち上がりました!大好きな作品に、こんな形で参加させていただくなんて夢にも思っていなくて本当にうれしかったです!」。
下手な吹き替えは許されないディズニー作品で、「生身の役者さんが現場で演じているので、距離感や現場の空気を想像しながら演じました。声だけで、全身の動きや息遣い、エネルギーを表現しなければならないので、普段のお仕事とは全く違う感覚で勉強になりましたし、楽しかったです」と無事、務め上げた。

 ディズニーの担当者は「内面だけではなく外見的にも新キャラクターの魅力を体現できる」ことを重視。それぞれの起用理由について次のようにコメントしている。

 「カリーナは聡明で強い意志を持つ天文学者であり、物語の鍵を握る人物。カリーナの持つ芯の強さ、そして透明感と美しさを併せ持つ点が栗山さんに通じると感じました。
ハリウッド作品でアクションシーンを演じた経験から、ジャック・スパロウとの冒険シーンも臨場感を持って表現いただけると思いました。

 ヘンリーは、誠実で繊細な中にも熱い部分を持ち、父を永遠の呪いから助けたいという一途な想いを持っています。
映画やドラマ、いま最も活躍されている若手俳優であり、人気のみならず実力も兼ね備えた中川さんであれば、ヘンリーの持つ力強さや繊細を体現できると思いました。
そして中川さんの爽やかさは、新キャラクターのフレッシュさも表現いただけると思いました」。


・映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』(7月1日公開)栗山千明、中川大志が吹き替え版に参加 (C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000368-oric-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170501-00000368-oric-ent

続きを読む
広告
最新コメント