↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「ウソじゃないよー!」 映画「スパイダーマン」、アイアンマン役の声優は藤原啓治が続投

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【声優】「ウソじゃないよー!」 映画「スパイダーマン」、アイアンマン役の声優は藤原啓治が続投
1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/06/28(水) 11:33:59.11 ID:CAP_USER.net
2017年06月28日 07時00分 更新
「ウソじゃないよー!」 映画「スパイダーマン」、アイアンマン役の声優は藤原啓治が続投
藤原さん、おかえりなさい!
[のとほのか,ねとらぼ]



 映画「スパイダーマン:ホームカミング」(8月11日公開)の日本語吹き替えキャストが発表となり、日本語版予告も公開されました。トニー・スターク(アイアンマン)役には、先日声優復帰を発表した藤原啓治さんの続投が決定。同作が藤原さんの復帰第1作目の映画となります。

(映像)
映画「スパイダーマン:ホームカミング」吹き替え予告編

(画像)
藤原さん、お待ちしてました!

 ヒーロー気取りの高校生ピーター・パーカーがスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローへと成長する姿が描かれる同作。主人公のピーター(スパイダーマン)役を、
「カードファイト!! ヴァンガードG」の綺場シオン役、「活撃 刀剣乱舞」の堀川国広役などを担当した榎木淳弥さん。さらに、最大の敵となるバルチャー役は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のラスタル・エリオン役で知られる大川透さん、
ピーターの通う学校一の美少女リズ役は、子役から活躍している女優の美山加恋さんに決定。キャプテン・アメリカ役は中村悠一さんが務めます。

 2016年8月から病気療養のため活動休止していた藤原さんですが、2017年6月に自身が代表を務める「AIR AGENCY」を通して、体調を考慮しつつ仕事を再開していくことを発表(関連記事)。
映画「アイアンマン」以降、トニー・スターク役のロバート・ダウニー・Jrの吹き替えで親しまれていたこともあり、本格復帰を期待する声もあがっていたところでした。

(画像)
新しいスパイダーマンが誕生

 藤原さんは、配役が決まったことについて、「再び、演じられてうれしいに決まってるよー! ウソじゃないよー!」と大喜びの様子。また、「楽しみにし続ける事を強く望むものである」と日本語吹き替えを楽しみにしているファンへ向けてコメントしています。
榎木さんは「主役ということは作品のクオリティーにも大きく関わってくるので、プレッシャーは大きかった」と苦悩を明かしつつ、演じるにあたって瑞々しさを表現できるよう意識し、
「精一杯頑張りました!」とコメント。「本当のヒーローへと成長していく姿を楽しんで頂けたら嬉しいです」とアピールしています。

(画像)
スパイダーマンを指導する立場になるアイアンマン

発表された日本語吹き替え版声優(順不同・敬称略)
スパイダーマン:榎木淳弥
アイアンマン:藤原啓治
バルチャー:大川透
ハッピー・ホーガン:大西健晴
ネッド:吉田ウーロン太
ミシェル:真壁かずみ
メイおばさん:安藤麻吹
リズ:美山加恋
キャプテン・アメリカ:中村悠一

(C)Marvel Studios 2017. c2017 CTMG. All Rights Reserved.

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1706/28/news038.html
Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

no title

藤原啓治

藤原 啓治(ふじわら けいじ、1964年10月5日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーター、音響監督。AIR AGENCY代表取締役。日本芸術専門学校講師。身長175cm、体重68kg。 文学座付属演劇研究所、劇団木山事務所、賢プロダクションを経て、2006年11月に自ら事務所「AIR AGENCY」を立ち上げた。2008年4月より日本芸術専門学校大森校声優学科講師に就任し隔週で授業を担当している。 出生は東京都だが岩手育ちであり、藤原本人も「ほぼ岩手人」と発言している。 声優としてのデビュー作品については、本人は「忘れた…」と述べている。なお、声優としての初仕事の現場には「アフレコには既に慣れている」と通されていたので初仕事と言えず、業界のルールや用語が理解できず苦悩したことを語っている。 2010年、『カッコカワイイ宣言!』(『サキよみ ジャンBANG!』内で放送)で音響監督デビュー。 2011年10月に『Newtype×マチ★アソビ アニメアワード2011』にて声優助演男優賞を受賞。
wikipediaより

続きを読む

松たか子「アナ雪」エルサ以来のアニメ声優!「打ち上げ花火」で広瀬すず“母”に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】松たか子「アナ雪」エルサ以来のアニメ声優!「打ち上げ花火」で広瀬すず“母”に
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/06/12(月) 07:43:54.52 ID:CAP_USER9.net
松たか子「アナ雪」エルサ以来のアニメ声優!「打ち上げ花火」で広瀬すず“母”に
http://eiga.com/news/20170612/1/
2017年6月12日 05:00
http://eiga.k-img.com/images/buzz/65960/c8233a36ec34658f/640.jpg?1497066951
主人公・及川なずなの母親の 声を担当する松たか子
 女優の松たか子が、長編アニメーション映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」に声優として出演を果たしていることが明らかになった。
息吹を注ぎ込むのは、主人公の中学生・及川なずな(広瀬すず)の母親役。松にとっては興行収入255億円を記録し、日本歴代興行収入ランキング第3位という歴史的大ヒット作「アナと雪の女王」日本語吹き替え版でエルサの声を務めて以来の、アニメ映画参加となる。

今作は、岩井俊二監督(「リップヴァンウィンクルの花嫁」)の名を世に知らしめた同名傑作ドラマに、脚本を担当する大根仁(「モテキ」「バクマン。」)が現代的な要素を加え、長編ならではの壮大な物語を構築。
そして、独創性あふれる演出と映像表現で知られる新房昭之総監督(「魔法少女まどか☆マギカ」)のもと、「千と千尋の神隠し」などの原画を手がけてきた竹内宣之が監督を務め、アニメーション制作を「<物語>シリーズ」のシャフトが担っている。

※全文はこちらでご覧下さい
http://eiga.com/news/20170612/1/

no title

続きを読む

松岡茉優&藤森慎吾 ディズニー/ピクサー声優初挑戦「カーズ」新作で新キャラクター

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】松岡茉優:藤森慎吾とディズニー/ピクサー声優初挑戦 「カーズ」新作で新キャラクター
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 04:38:24.01 ID:CAP_USER9.net
2017年06月06日

 女優の松岡茉優さんとお笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんが、ディズニー/ピクサーの劇場版アニメ「カーズ」の新作「カーズ/クロスロード」(ブライアン・フィー監督、7月15日公開)に声優として出演することが6日、明らかになった。松岡さんは主人公の天才レーサー・マックィーンの再起をサポートするポジティブなトレーナーのクルーズ、藤森さんはマックィーンの史上最強のライバルで生意気な次世代レーサーのストームの声を演じる。松岡さんと藤森さんがディズニー/ピクサーの劇場版アニメで声優を務めるのは初。

 「カーズ/クロスロード」は、“クルマの世界”を舞台にしたアクションアドベンチャー。天才レーサー・マックィーンの前に、最新テクノロジーを追究したストームなど新世代が登場する。勝つために無謀な走りを続けたマックィーンは、ついにレース中に人生を揺るがすような大クラッシュをする。最大の挫折を経験したマックィーンは、レーサーとして復帰することを目指すが……というストーリー。これまでのシリーズ同様、土田大さんがマックィーン、山口智充さんがマックィーンの相棒のメーター、戸田恵子さんがサリーをそれぞれ演じる。

 松岡さんは「選んでいただいてうれしい気持ちが、あったのですが、それでも怖いっていう気持ちもすごく大きくて、子供のときからずっと見ていたディズニー作品ですし、私に務まるのかなという不安がありました。でも台本を読んでいくうちに、本当にクルーズのことが大好きになって、ぜひ、私が演じきりたいというふうに気持ちがどんどん前に向いていきました」とコメント。

 また、藤森さんは「念願かなったなという思いでした。ずーっとディズニー/ピクサー作品の声優さんをやりたかったのですが、その夢がかなって跳びはねて喜びました」と心境を明かし、「マックィーンは僕の中でもスターでヒーローなので、今回マックィーンを追いつめる役を演じるのは心苦しかったんですが、最終的にはストームの気持ちになれたんで、『マックィーン倒してやろう、先輩倒してやろう』っていう気持ちが芽生えてきました」と語っている。


no title
no title
https://mantan-web.jp/2017/06/06/20170605dog00m200034000c.html

松岡茉優

松岡 茉優(まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。 東京都出身。 ヒラタオフィス所属。 妹(松岡日菜)がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。 本人は、「妹のついでに事務所に入れてもらいました。妹には頭が上がりません(笑)」と語っている。 2008年、おはガールとしてテレビ東京『おはスタ』に出演し、本格デビューを果たす。 2010年3月26日の『おはスタ』卒業後は、バラエティ番組にはあまり出演せず、女優としての活動が続いていたが、NHK 連続テレビ小説『あまちゃん』への出演を契機に、バラエティ番組へのゲスト出演も増加した。 また、インターネットの対談番組や、雑誌の対談企画などのホスト役を務めることも多い。 2013年9月6日、『あまちゃん』で演じた埼玉県出身のキャラクター・入間しおりが「埼玉県の魅力発信に貢献した」との理由で、埼玉県の上田清司知事から感謝状を授与された。
wikipediaより

藤森慎吾

『オリエンタルラジオ』より : 藤森 慎吾(ふじもり しんご、1983年3月17日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、歌手。お笑いコンビオリエンタルラジオのツッコミ担当。相方は中田敦彦。 長野県諏訪市生まれ。姉と兄がいる。諏訪市立高島小学校卒業後、父親の仕事の都合で香港に移り、香港日本人学校中学部に入学。卒業後の1998年に帰国し、駿台甲府高等学校に入学。高校時代はラグビー、卓球、サッカー、写真、ワンダーフォーゲルとさまざまな部活を経験。3年生時には、テレビドラマ『ビューティフルライフ』で美容師役を演じた木村拓哉に憧れ、美容師を志すが、近所の散髪屋が経営不振で閉店したのを見て、意欲喪失し挫折した。 2001年4月に明治大学政治経済学部に入学。 その後、アルバイト先で後の相方となる中田敦彦と出会う。中田を誘って2004年に吉本総合芸能学院 (NSC) 東京校10期生として入学、オリエンタルラジオとしての活動を本格的に始める。2005年3月、明治大学政治経済学部を卒業。 お笑い芸人 2004年のM-1グランプリでNSC在籍中ながら準決勝に進出し、「武勇伝」ネタで一躍注目を浴びる。
wikipediaより

続きを読む

この画像の左右どちらが俳優でどちらが声優でしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:この画像の左右どちらが俳優でどちらが声優でしょうか?
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 15:26:45.10 0.net
no title

no title

no title

続きを読む

神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】神木隆之介、ジブリ出身・米林監督と7年ぶりタッグ 『メアリと魔女の花』に声優参加
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/23(火) 05:11:56.62 ID:CAP_USER9.net
2017-05-23 05:00

 俳優の神木隆之介(24)が、スタジオジブリ出身・米林宏昌監督の最新アニメーション映画『メアリと魔女の花』(7月8日公開)で、ヒロイン・メアリの小さな嘘によって大事件に巻き込まれてしまう12歳の少年・ピーターの声を担当していることが明らかになった。
米林監督とは、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)以来7年ぶり2度目のタッグ。歴代邦画興収ランキング1~3位(『千と千尋の神隠し』『君の名は。』『ハウルの動く城』)すべてに声の出演をしていることから“神ってる”と話題になった神木の参加で、同作をさらに盛り上げる。

 同作は、2014年末にジブリを退社した米林監督が、新拠点スタジオポノックで製作する初の長編作品。イギリスの作家メアリー・スチュアート氏の児童文学に基づき、赤い館村に引っ越してきた主人公メアリが、7年に一度しか咲かない禁断の魔女の花“夜間飛行”を見つけたことから始まる冒険を描く。
主人公メアリを杉咲花が演じるほか、天海祐希、小日向文世、満島ひかり、佐藤二朗、遠藤憲一、渡辺えり、大竹しのぶが声優を務める。

 メアリが引越し先で出会う、地元の優等生的な勤労少年だというピーター役の神木は「7年ぶりに米林監督と一緒にお仕事をさせていただけると聞いて、すごく懐かしい気持ちとうれしい気持ちでいっぱいになりました」と再タッグに喜び。
「本当に夢があるストーリーで、メアリの奔放さだったり、ピーターの真っ直ぐさだったり、ちいさな勇気が大きく何かを変えるパワーを持っているということを感じました」と話している。

 神木とは、日本テレビ系連続ドラマ『学校のカイダン』以来の共演となる杉咲は「神木さんが過去に声優をされている作品を見ていたので、今回ご一緒できて本当にうれしかったです」と話し、
「神木さんの声は耳にとても心地良く、いつまでも聴いていたいと思いました」と絶賛している。

 米林監督は、「杉咲さんのメアリと神木さんのピーターのデコボココンビは、作品に温かい空気を与えてくれました」と、2人に手応えを感じている様子。
西村義明プロデューサーは、神木の起用理由について「思春期直前の少年の中にある無邪気さ、優しさ、儚さ、逞しさ。子どもでも大人でもない、その中間に一時だけ存在する少年性を求めたとき、神木隆之介さんの声に正解がありました。
お転婆なメアリに翻弄され、映画の中で最も大変な思いをするピーターですが、映画の中で一番の“いいヤツ”なのです」と説明している。


『メアリと魔女の花』でピーターの声優を務める神木隆之介 (C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
no title

映画『メアリと魔女の花』(左から)メアリ役の杉咲花、ピーター役の神木隆之介(C)2017「メアリと魔女の花」製作委員会
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2091117/full/

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント