↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

遠藤憲一、 マーベル新作でキュートな"木"の声担当「最大限の可愛らしさを」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】遠藤憲一、 マーベル新作でキュートな"木"の声担当「最大限の可愛らしさを」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 04:52:18.31 ID:CAP_USER9.net
[2017/02/23]

俳優の遠藤憲一が、マーベル・スタジオ最新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(5月12日公開)の日本語吹き替え版でべビー・グルートの声優を務めることがこのほど、明らかになった。

本作は、70年代を中心とした懐かしくゴキゲンなヒット曲にのせて、ヒーローとは言い難い宇宙のはみ出し者たち"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー"が銀河を救うため強大な敵に立ち向かうアクション・アドベンチャー。宇宙一不運なトレジャー・ハンター、ピーター・クイルが、刑務所で偶然出会った正義や平和とはかけ離れた仲間たちをまとめあげ、銀河の危機を救う。

遠藤が吹替えを担当するのは、"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー"のメンバーで、カワイイのにキレるとコワイ最終兵の"木"、ベビー・グルート。前作で遠藤が吹替えを担当したグルートは、「私はグルート」の一言ですべての意思や感情を言い表す、2mを超える大きな身体のキャラクターだったが、今作では25cmというキュートなミニサイズとなり、幼児のような無垢な表情を見せるベビー・グルートになっている。

遠藤は「前回は一言しかセリフがないというので、お引き受けしました。しかし、一言で全ての感情を表すということが、あんなに難しいとは!」と前作を振り返った上で、「今回は前作の大きな身体がこんなに小さく可愛らしくなったにも関わらず、続投させていただけることになり、とてもうれしいです」と続投についてコメント。「前作は見た目もグルートに似ていると言ってくださった方が多く、他人とは思えなかったのですが、今回は可愛すぎて似ているところが見つかりませんが、最大限の可愛らしさを込めて、今回も楽しく演じたいと思います!」と意気込んでいる。

"ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー"のメンバーにはそのほか、ピーターに悪態をつきながらも相棒グルートの面倒を見ながら銀河を救うために奔走してしまう宇宙一凶暴なアライグマ"ロケット"や、緑の肌のセクシーな暗殺者"ガモーラ"、復讐に生きてきたがどこか抜けている破壊王"ドラックス"と、個性と魅力にあふれた"普通じゃないキャラ"がそろう。

(C)2017 MARVEL

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。


べビー・グルートの吹替えを担当する遠藤憲一
no title

http://news.mynavi.jp/news/2017/02/23/015/

続きを読む

「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」にスパイダーマン&スター・ロード参戦確定

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」にスパイダーマン&スター・ロード参戦確定
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 19:21:09.95 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/220390
2017年2月11日 19:00

マーベルコミックを原作とする「Avengers: Infinity War(原題)」に、スパイダーマン / ピーター・パーカーとスター・ロード / ピーター・クイルが登場することが明らかになった。

現在制作中の本作は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に属する「アベンジャーズ」シリーズ第3弾。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソの兄弟がメガホンを取る。

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」にて初登場を果たしたトム・ホランド演じるスパイダーマンと、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの主人公で、クリス・プラットが扮するスター・ロード。
彼らの登場はかねてより噂されていたが、このたびアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jr.がFacebookで配信した動画によって確実となった。

同作の撮影現場から配信されたこの動画には、ダウニー・Jr.がアベンジャーズとして再びセットに戻ってきた感想を語る様子や、監督の2人と会話する模様が収められた。
終盤では「スパイダーマンは出るの?」という質問を受け、実は本動画を撮影していたホランドが姿を現してその問いに答える。
そこへ偶然、プラットが「何してるの?」と登場。「俺にも質問してよ」と声をかけるプラットだったが、ダウニー・Jr.からの「カット」の指示で動画は終了してしまう。

なおマーベルの海外版公式サイトでは、本作のメイキング動画も公開された。ダウニー・Jr.、ホランド、プラットの現場での様子、プロデューサーのケヴィン・ファイギやルッソ兄弟のインタビューなども収められている。

「Avengers: Infinity War」は2018年5月4日に全米公開。なお「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は、日本で今年の5月12日に封切られる。

Action...Avengers: Infinity War
https://youtu.be/sAOzrChqmd0


no title

no title

no title

no title

続きを読む

アベンジャーズに一人単独映画がつまらない奴がいるよな

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:アベンジャーズに一人単独映画がつまらない奴がいるよな
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 02:35:29.25 ID:xly+8V9T0.net
誰とは言わんが
no title

続きを読む

アイアンマン映画で1番面白いのって結局3だよな

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:アイアンマン映画で1番面白いのって結局3だよな
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/09(木) 11:18:09.858 ID:Id+f1Z200.net
だってアイアンマンがいっぱい出るんだもん
no title

続きを読む

ベン・アフレック「バットマン」単独映画の監督から降板

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ベン・アフレック「バットマン」単独映画の監督から降板
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/01/31(火) 12:55:08.59 ID:CAP_USER9.net
[映画.com ニュース] ベン・アフレックが、米ワーナー・ブラザースの新作「ザ・バットマン(仮題)」の監督から降板することを発表した。引き続き製作・主演は務めるという。

 昨年の大ヒット作「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」でバットマンことブルース・ウェインを演じたアフレックは、同キャラクターを主人公にした単独映画の準備に取りかかっていたが、1月31日(現地時間)に声明を発表。「数億人の心の中で特別な場所を占めるキャラクターというものがいる。こういった役を演じるには、集中力と情熱、そして自分にできる最高のパフォーマンスが求められる」と述べ、「要求されるレベルで両方の仕事をこなせないことが明白になった。スタジオとともに、この超大作の監督として僕とコラボレートしてくれるパートナーを見つける決断をした」と監督降板の意向を示した。

 さらに、「僕はいまも製作中のこの作品に参加しており、現在は監督を探しているところだ。僕はこのプロジェクトに全身全霊を傾けていて、世界中のファンのために実現させるのを楽しみにしている」と続けた。一方のワーナー・ブラザースも、「ベン・アフレックの決断を全面的にサポートし、彼とともにバットマンの単独映画を実現すべく最大限の努力を投じます」とコメントを寄せた。

 米バラエティやDeadlineによれば、「猿の惑星」シリーズのマット・リーブスや「はじまりへの旅」のマット・ロスらが、新たな監督候補に挙がっているという。

 アフレックは、2017年冬公開の「ジャスティス・リーグ」の撮影を終えており、今夏「ザ・バットマン」の撮影に入る予定だった。DCエンタテンメントのクリエイティブ・チーフ・オフィサーのジェフ・ジョンズと共同で脚本も執筆したが、リライトの可能性があるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000011-eiga-movi
no title

ベン・アフレック

ベン・アフレック
生年月日1972年8月15日
職業 俳優脚本家映画監督映画プロデューサー
ジャンル映画
活動期間1981年 - 活動中
主な作品
グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
アルマゲドン
パール・ハーバー
デアデビル
アルゴ
ゴーン・ガール
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
ザ・コンサルタント

ベン・アフレックBen Affleck, 本名: Benjamin Géza Affleck-Boldt, 1972年8月15日 - )は、アメリカ合衆国俳優脚本家映画監督映画プロデューサーである。ケヴィン・スミスの映画『モール・ラッツ』(1995年)、『チェイシング・エイミー』(1997年)、『ドグマ』(1999年)への出演で知名度を上げ、友人のマット・デイモンと共同で脚本を書いた『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年)でアカデミー賞ゴールデングローブ賞を受賞した。その後も、『アルマゲドン』(1998年)、『パール・ハーバー』(2001年)、『チェンジング・レーン』(2002年)、『トータル・フィアーズ』(2002年)、『デアデビル』(2003年)、『ハリウッドランド』(2007年)、『消されたヘッドライン』(2009年)に出演した。


wikipediaより

続きを読む
広告
最新コメント