↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『この世界の片隅に』、日本アカデミー賞に続き芸術選奨で“文部科学大臣賞”を受賞

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『この世界の片隅に』、日本アカデミー賞に続き芸術選奨で“文部科学大臣賞”を受賞
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/09(木) 17:20:57.45 ID:CAP_USER9.net
映画『この世界の片隅に』、日本アカデミー賞に続き芸術選奨で“文部科学大臣賞”を受賞
2017/03/09 17:15 Billboard JAPAN

 片渕須直監督作の映画『この世界の片隅に』が、第67回芸術選奨において映画部門で“文部科学大臣賞”を受賞した。

 芸術選奨とは、昭和25年から文化庁が主催しており、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人物や、新たな境地を切り拓いた人物に与えられる賞。毎年、演劇/映画/音楽/舞踊/文学美術など、メディア芸術の11部門で表彰されている。本作の受賞理由として「綿密な映像・音響設計で映画ならではの深い感動を観客に体験させる」ことや、「戦争を知らない世代が戦争の恐怖とともに、世界の片隅にある何気ない日常の大切さ、そして希望までを観る者に静かに感じさせる」ことなどが挙げられた。

 また、受賞について片渕監督は「日本映画全体の中でアニメーションが高く評価されていること自体が嬉しいですし、いろいろな方向性や技法を用いた作品が多々ある中で、こうして認めていただけたことがありがたいです」と喜びを語っている。なお、本作は3月3日に行われた第40回日本アカデミー賞で、“最優秀アニメーション作品賞”も受賞しており、現在もロングラン上映中だ。


◎公開情報『この世界の片隅に』
監督・脚本:片渕須直
声出演:のん 細谷佳正 稲葉菜月 尾身美詞 小野大輔 潘めぐみ 岩井七世 / 澁谷天外
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊)
企画:丸山正雄
監督補・画面構成:浦谷千恵 
キャラクターデザイン・作画監督:松原秀典 
音楽:コトリンゴ
プロデューサー:真木太郎 
製作統括:GENCO
アニメーション制作:MAPPA
配給:東京テアトル
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会


no title

http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/48506/2

この世界の片隅に

この世界の片隅に
出演者 北川景子
小出恵介

この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代による日本漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載。単行本は同社より上・中・下巻の形式と、前編・後編の形式で発売。


wikipediaより

関連記事
続きを読む

「この世界の片隅に」が日本アカデミー最優秀アニメ作品賞に、片渕須直が感慨にふける

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「この世界の片隅に」が日本アカデミー最優秀アニメ作品賞に、片渕須直が感慨にふける
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/03/03(金) 22:41:10.67 ID:CAP_USER9.net
片渕須直が監督を務めた「この世界の片隅に」が、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞に輝いた。

片渕は「6年以上かかって作った映画。あきらめなくてよかったです」としみじみ。そして「途中でもういいかとあきらめたら皆さんの心の中にすずさんが宿ることがなかったのかと考えると、今ここに立てていること自体が皆さんのおかげだと思います」と作品に関わった人々へ感謝を述べる。音楽を担当したコトリンゴは「今、ちっちゃなすずちゃんがどんどん世界へ行っているので、心から応援したいと思います」とはにかんだ。

優秀アニメーション作品賞
※★印が最優秀アニメーション作品賞
「君の名は。」
「映画『聲の形』」
★「この世界の片隅に」
「ルドルフとイッパイアッテナ」
「ONE PIECE FILM GOLD」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170303-00000156-nataliee-movi
no title

続きを読む

たけし「この世界の片隅に」を絶賛!「勝てねぇな、アニメには」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】たけし「この世界の片隅に」を絶賛!「勝てねぇな、アニメには」
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 16:58:14.26 ID:CAP_USER9.net
【第26回東京スポーツ映画大賞授賞式(26日)】作品賞に輝いたのはアニメ映画「この世界の片隅に」。こうの史代の同名コミックの映画化で、第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に、前向きに生きようとするヒロインと、その周囲を取り巻く人々を丁寧に描き、感動を呼んだ。

 能年玲奈から改名したのん(23)が主演の声優を務めたことでも話題に。当初はミニシアターの上映から始まったが、評判を呼んで全国の映画館から上映依頼が殺到。最初は60スクリーンで上映し、ここまで300スクリーン、約130万人が作品を見るなど、ロングラン大ヒットとなった。

 この作品を含め、最近はアニメで大ヒット映画が続出していることについて、ビートたけし審査委員長(70)は「勝てねぇな、アニメには。圧倒的な差をつけられている。自分も含め、役者さん、監督も奮起していかなきゃいけない。自分の心が動画に投影できるような作品は素晴らしい」と、独創的な映像表現がアニメでは成功していることを挙げて絶賛した。

 現在、メキシコで行われているプレミア上映会に片渕須直(かたぶち・すなお)監督とのんが出席しているため、代理で受賞した東京テアトル株式会社代表取締役社長の太田和宏氏は「この作品は、共感力がすごかった。多い方で9回も見た方がいた」とヒットの理由を分析。今後は「戦争の中の日常というのは普遍的なテーマ」として、さらに海外での上映が増える可能性もあるという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000049-tospoweb-ent
no title

続きを読む

“のん”も登場! メキシコシティで『この世界の片隅に』プレミア上映試写会が開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】“のん”も登場! メキシコシティで『この世界の片隅に』プレミア上映試写会が開催
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/24(金) 20:28:22.44 ID:CAP_USER9.net
「この世界の片隅に」プレミア上映試写会 in MEXICO
2017/02/23

現地時間2月23日午後18時、メキシコシティの映画館Cinemexにて、広島の呉市発今話題沸騰中の映画「この世界の片隅に」のプレミア上映試写会が開催された。この日の為に日本から訪れたゲスト、主演声優を務めた“のん”と監督の“片渕須直”が登壇し、トークを行った。

■プレミア上映試写会in MEXICO

現地時間2月23日18時に「この世界の片隅に」のプレミア上映試写会が、メキシコの大手映画館CINEMEXにて執り行われた。

「この世界の片隅に」は戦時中、広島の呉市を舞台に繰り広げられる物語。

クラウドファンディングから始まったこの映画、「魔女の宅急便」の製作当初に監督を務めていた“片渕須直”が指揮を執り、主人公の“すずさん”の声優は過去NHK朝ドラ「あまちゃん」で主演女優を務めた、人気沸騰中の女優“のん”が務めた。

(中略)

本日行われた試写会では、在メキシコ日本全権大使である山田大使、アニメプロデュースを行う会社、株式会社ジェンコの代表取締役真木太郎氏、すずさんのスペイン語訳を演じた女優、並びに片渕監督とのんさんによって約30分に渡るトークショーが行われた。

トークショーの中で片渕監督は、本映画に関して

「この映画はすずさんのドキュメンタリーとして制作しました。これを遠い昔の話と思わず、一人の女性の話と思って鑑賞してください。そうすると、皆さんの中に小さな幸せが生まれるのではないかなと思います。」

とコメントした。

■海外初のプレミア上映試写会

「この世界の片隅に」は海外でプレミア上映試写会を行うのはメキシコが初となる。メキシコでは過去に、「君の名は。」や「ジブリ」等、様々なアニメ映画が放映されると共に、昨今ではアニメのみならず日本の様々な映画が放映されている。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title

no title

no title

https://amiga-mexico.me/articles/330


∥その他の画像∥
no title

no title

no title

no title

続きを読む

富野由悠季「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」…『この世界の片隅に』片渕監督と対談

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】富野由悠季「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」…『この世界の片隅に』片渕監督と対談
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/21(火) 20:06:50.38 ID:CAP_USER9.net
富野由悠季×片渕須直の対談が実現 「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ」
2017.2.21 Tue 18:24

アニメ・ゲーム・声優関係の様々な番組コンテンツを配信する新ポータル「AG-ON Premium」は、3月17日の本オープンを前にプレオープンし、オープン記念対談・特別番組が決定したことを発表した。スペシャル対談には『機動戦士ガンダム』シリーズで知られる富野由悠季監督と、大ヒット中の映画『この世界の片隅に』を手掛けた片渕須直監督が登場する。

対談は「前篇」と「後篇」に分けての配信となる。「前篇」では「和田昌之と長久友紀のWADAX Radio」の特別編として、両監督へのインタビューが行われた。
『この世界の片隅に』を観て片渕監督との対談を切望したという富野監督は、同作に対する評価を問われると「悔しいけど出来のいい映画。そりゃあもう嫉妬心ムラムラですよ(笑)。自分で作りたいと思った」との大賛辞を送ったほか、富野監督ならではの作品論や技術論を展開している。

一方の「後篇」はニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」とのコラボによる、「ダ・ヴィンチニュース編~映画『この世界の片隅に』富野監督×片渕監督 特別対談」と題した両名の対談だ。
このなかで片渕監督は「すずさんは日常生活を営んでいたはずだったのに、何に追い詰められて“戦争をする側”の意識に至ってしまったのか」としたうえで、「戦争は何が罪かというと、昨日まで普通の市民だった人が徴兵されて兵隊になるわけですね。そうやって人が本来犯すべきではない罪を背負わされたり、あるいは罪でもないのに罪悪感を背負わされたりする。そういう末に、すずさんは『私は戦っているのだ』という意識に至ってしまう」と、人物造形について詳細に解説している。

配信中の「前篇」は8月20日まで、「後篇」は3月10日から9月10日まで視聴可能だ。世代の異なる2人のアニメーション監督はどんな対談を繰り広げるのか、アニメファン必聴のコンテンツといえそうだ。

「富野由悠季監督×片渕須直監督対談」※対談特番「前篇」
視聴可能期間: 好評配信中~2017年8月20日(日)23:59まで

(以下略、全文はソースをご覧ください。※本文は原文ママ)


no title

no title

http://animeanime.jp/article/2017/02/21/32646.html

続きを読む
広告
最新コメント