↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

コミカルなCMで人気爆発! 90年代の「シュワちゃんフィーバー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:コミカルなCMで人気爆発! 90年代の「シュワちゃんフィーバー」
1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/13(月) 01:15:56.28 ID:CAP_USER9.net
あの『ターミネーター』の新作が来年3月にクランクイン。メガヒットした『ターミネーター2』の正統続編になるという。
主演はもちろん、アーノルド・シュワルツェネッガー!
カリフォルニア州知事を経ての俳優復帰後はヒットに恵まれず、私生活でも隠し子騒動を始めゴタゴタ続き。70歳でのアクション復帰は、往年の輝きを取り戻せるか気になるところである。

80〜90年代にかけての活躍は凄かった! アクション映画花盛りだったあの時代、シルベスター・スタローンと並ぶ2大横綱として一世を風靡したが、日本における活躍ぶりは確実にスタローン以上。
特に、CMで見せたコミカルな一面でお茶の間の圧倒的支持を集めている。

殺傷能力高すぎだった80年代のシュワちゃん

82年の『コナン・ザ・グレート』で表舞台に立ち、85年『ターミネーター』の大ヒットでトップスターの仲間入りを果たしたシュワルツェネッガー。
以降、86年『コマンドー』『ゴリラ』、87年『プレデター』、90年『トータル・リコール』などなど、演じるのは寡黙で最強の男が基本。
人間離れした殺人兵器的なキャラクターで、アクション映画の黄金時代を牽引していく。

鍛え上げた筋肉美! 圧倒的な力! ゴッツい重火器をフル装備して、ところ構わず大爆発!
中高生男子の心はがっちりキャッチされまくりである。

コメディにも果敢にチャレンジ! 少年ジャンプの表紙も飾った!

しかし、それゆえにターゲットは限られていたのも事実だったその流れを断ち切るように、80年代後半からはコメディ映画にもチャレンジ。
89年『ツインズ』91年『キンダーガートン・コップ』などで、新たな一面を披露する。(※すべて日本公開年での表記)

91年夏には、その『キンダーガートン・コップ』のプロモーションのため来日し、多くのメディアに一斉登場したが、筆者が驚いたのが少年ジャンプの表紙になったこと。
シュワちゃんが、漫☆画太郎先生の不条理ギャグ漫画『珍遊記』の主人公とともに表紙を飾ったのだ。しかも、「ジャンプGAGキング」の名誉審査員まで務めるサービスぶり。

そこにコワモテ殺人兵器の面影はない。
このころ、日本市場を強く意識していたようでCMにも数多く出演中。すでにシュワちゃん人気が爆発する中での珍事だった。

カップヌードルのCM「やかん体操」でお茶の間の人気者に

この時点ですでに「シュワちゃん」の愛称で呼ばれているが、これは映画解説者の淀川長治氏が命名したもの。この親しみやすい呼び名も、日本で人気を集める大きなポイントだったと思う。

CMでの最初のブレイクは90年の日清食品『カップヌードル』になるだろう。
筋骨隆々のシュワちゃんがリズムに合わせて無言でやかんを振り回す、「やかん体操」といわれるあのCMである。
キャッチコピー「ちからこぶる。」もよくよく考えると意味不明だが、このCMとのマッチ具合がハンパない。
この絶大なインパクトをお茶の間は支持、振り付けを指導したラッキィ池田ともどもブレイクし、映画を観なかった層にも認知は拡大していく

https://www.excite.co.jp/News/90s/20171105/E1509416022970.html
90s チョベリー 2017年11月5日 11時00分



ターミネーターBGM



淀川長治 解説 コマンドー

no title
no title
no title
no title

アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger, 1947年7月30日 - )は、アメリカ合衆国の元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。



人物

2003年8月にカリフォルニア州知事のグレイ・デイヴィス(en:Gray Davis)がリコールされたことを受け知事選へ出馬し、10月7日にカリフォルニア州知事に選出された。

ボディビルダー時代には「オーストリアン・オーク(The Austrian Oak)」の愛称を持ち、最近はその出演作から「ガバナーター」または「ガバネーター」(The Governator=知事(Governor)とターミネーター(Terminator)の合成語)、「コナン・ザ・リパブリカン(共和党員コナン)」(主演作『コナン・ザ・グレート』の原題『コナン・ザ・バーバリアン(野蛮人コナン)』から)などと呼ばれている。


wikipediaより

続きを読む

『ターミネーター』新作、来年3月に撮影開始!シュワちゃん70歳アクションに意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:『ターミネーター』新作、来年3月に撮影開始!シュワちゃん70歳アクションに意欲
1: ゴアマガラ ★ 2017/10/05(木) 22:17:30.47 ID:CAP_USER9.net
生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作、『デッドプール』のティム・ミラーが監督を務める『ターミネーター』の新作映画にカムバックする俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーが、
来年3月に本作のクランクインを迎えることを明かし、70歳でも全力でアクションする意欲をみなぎらせた。The ARNOLD fans.com が報じている。

つい先日、全米公開日が2019年7月26日に決定し、本格始動した本作。キャメロンが『ターミネーター2』(1991)ぶりに復帰し、同第2弾に続く作品になることが明かされている。
かねてからターミネーター続投を宣言してきたシュワちゃんは、「『ターミネーター』第6弾をやるわけで、夜間の撮影やクレイジーなことがたくさんあるのはわかっている。
本当にタフなことばかりなんだ。一生懸命やらなきゃいけない。走ったり、スタントしたり、負傷なんかもするだろうし、でもそういったことの積み重ねでできあがるものは、
素晴らしいんだ! つまり、撮影現場でみじめであればあるほど、苦しめば苦しむほど、最終的に映画はより良いものになるんだ。
そういうことだ。僕はそういうプロセスが大好きだし、これからの映画でそうできるのを楽しみにしているんだ」とかなりの熱血ぶり。

そんなシュワちゃんは現在70歳だが、「人々はいつもこう聞いてくる。『70歳にもなって、スタントをまだできるのか?』って。
『わかってるだろ、もちろんだ!』と答える。それが毎日トレーニングしていることの利点だよ。高い運動能力も、良い体型も維持できる。強さをキープでき、いつでも映画出演できる。
さまざまなスタントを練習しておけば、それができるようになっているし、30歳のときにやっていたようなこともだ。
だから、なぜ僕が毎日トレーニングを欠かさないのかってみんな尋ねてくるけど、それはいつでもアクションに備えておきたいからさ!」と準備万端であることをうかがわせた。

 シュワちゃんは、もう一つの代表作『ツインズ』(1988)の続編『トリプレッツ(原題) / Triplets』でも再演する予定であり、本作とどちらが先の撮影になるかは未定だそう。
「14日後くらいには、『トリプレッツ(原題)』の完成版の脚本をもらうことになっているから、そしたら取り組むことになると思う。
『ターミネーター』のほうは、3月に撮影が始まるから、もしかしたらその前か、その後で『トリプレッツ(原題)』の撮影が行われるんじゃないかな」と話していた。
『トリプレッツ(原題)』では、前作のアイヴァン・ライトマン監督が再びメガホンを取り、オリジナルキャストのシュワちゃんとダニー・デヴィートがカムバックし、エディ・マーフィが新たに名を連ねている。(編集部・石神恵美子)

http://www.cinematoday.jp/news/N0095057

no title

関連記事

続きを読む

シュワちゃん最新作 世界一のアクション俳優が70歳で新境地へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【シュワちゃんが妊娠?】シュワちゃん最新作 世界一のアクション俳優が70歳で新境地へ
1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:299336179-PLT(13500).net
米カリフォルニア州の前知事で映画俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー(70)が主演を務める最新映画「アフターマス」(監督エリオット・レスター)が
、9月16日に日本で公開される。“世界一のアクションスター”、シュワルツェネッガーが、今作では新たな役柄に挑戦。歳月を重ねた名優ならではの重厚な魅力に引き込まれた。

 飛行機事故で妻と娘を失った主人公・ローマン(シュワルツェネッガー)が復讐のために事故の真相に迫るヒューマンドラマ。
家族を失って2年、失意のローマンだったが、事故に大きく関わっていた航空管制官・ジェイク(スクート・マクネイリー)の存在を知る。最愛の2人を死に追いやったものは
何だったのか…ローマンはジェイクに近づき、物語は思わぬ展開へと動いていく。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000119-spnannex-ent

no title

アーノルド・シュワルツェネッガー

アーノルド・アロイス・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger, 1947年7月30日 - )は、アメリカ合衆国の元ボディビルダー、映画俳優、元政治家、実業家。2003年から2011年にかけてカリフォルニア州知事を務めた。日本ではシュワちゃんの愛称で呼ばれている。



人物

2003年8月にカリフォルニア州知事のグレイ・デイヴィス(en:Gray Davis)がリコールされたことを受け知事選へ出馬し、10月7日にカリフォルニア州知事に選出された。

ボディビルダー時代には「オーストリアン・オーク(The Austrian Oak)」の愛称を持ち、最近はその出演作から「ガバナーター」または「ガバネーター」(The Governator=知事(Governor)とターミネーター(Terminator)の合成語)、「コナン・ザ・リパブリカン(共和党員コナン)」(主演作『コナン・ザ・グレート』の原題『コナン・ザ・バーバリアン(野蛮人コナン)』から)などと呼ばれている。


wikipediaより

続きを読む

シュワルツェネッガー主演映画の最高傑作は?映画評論家「ターミネーター2」一般人「コマンドー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:シュワルツェネッガー主演映画の最高傑作は?映画評論家「ターミネーター2」一般人「コマンドー」
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/18(金) 17:56:47.92 ID:ZrsIAEc20.net
ワイ「トゥルーライズ」

no title

トゥルーライズ

トゥルーライズ』(True Lies)は、1994年のアメリカ映画。1994年7月15日、アメリカ公開。20世紀フォックス提供。制作費は120億円。



概要

ロサンゼルス-マイアミを舞台に、アーノルド・シュワルツェネッガー扮する凄腕のスパイが、その身分を家族に隠しながらテロリストと戦う姿をコメディタッチで描く、アクション映画。


wikipediaより

続きを読む

シュワちゃん主演映画の最高傑作って

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:シュワちゃん主演映画の最高傑作って
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/20(火) 11:19:59.42 ID:Qc2/Fbs30.net
ジングルオールザウェイかトゥルーライズだよな

no title
ジングル・オール・ザ・ウェイ [Blu-ray] ジングル・オール・ザ・ウェイ [Blu-ray]
¥ 2,057
アーノルド・シュワルツェネッガー, シンバッド, リタ・ウィルソン, ジェイク・ロイド, フィル・ハートマン, ブライアン・レバント

Amazonで詳しく見る

ジングル・オール・ザ・ウェイ

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(Jingle All the Way)は、1996年にアメリカ合衆国で製作された映画作品。ブライアン・レヴァントが監督を、アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めた。アメリカでは1996年11月に、日本など世界各国では同年12月に公開された。 主人公ハワードが、息子ジェイミーへのクリスマスプレゼントを手に入れるために、クリスマス・イヴで賑わう街を悪戦苦闘しながら奔走する姿が描かれる。クリスマスを舞台としたコメディ作品だが、終盤に突如SFアクションが展開する。 『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー(日本名恐竜戦隊ジュウレンジャー)』の大ヒットによるおもちゃの品切れ騒動が、脚本のモチーフになっている。 あらすじ 運動器具会社社長のハワードは仕事に追われる多忙な日々を送っている。今日も今日とて8歳の息子ジェイミーの空手の段の授与式に行くことができず、ジェイミーの機嫌を取るためにハワードは、子供たちに大人気のターボマンフィギュアをクリスマスプレゼントにすることを約束する。
wikipediaより

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント