↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

円谷プロ、中国映画のウルトラマン物議で声明「断固として非難」 法的措置も

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【特撮】円谷プロ、中国映画のウルトラマン物議で声明「断固として非難」 法的措置も
1: のっぺらー ★ 2017/07/19(水) 13:53:34.82 ID:CAP_USER.net
中国で発表された3DCGアニメ映画『ドラゴンフォース(原題:鋼鐵飛龍)』にウルトラマンがゲスト出演するという
トレーラー映像が公開され“円谷プロダクションの許可を得ていないのでは?”などと物議をかもしていた件について、
円谷プロダクションは19日に公式サイトを通じて
「当社は一切関知しておらず、本件映像作品は当社の許諾・監修等なく製作されているものです」と声明を発表した。

「中国におけるウルトラマンキャラクターを利用した無許諾映像作品の製作発表について」のエントリーで円谷プロは
「去る2017年7月10日、中国北京において、中国企業である広州藍弧文化伝播有限公司により、
 ウルトラマンシリーズキャラクターを利用した映像作品『鋼鐵飛龍之再見奧特曼』の製作発表が実施されました」と報告し
「本件発表について、当社は一切関知しておらず、本件映像作品は当社の許諾・監修等なく製作されているものです」とコメント。

続けて
「当該発表会及び映像におけるウルトラマンキャラクターの利用方法、態様等は、ウルトラマンブランドを著しく毀損し、
 断固として非難すべきものであり、到底認められるものではありません」と厳しく伝えた。

また、一部報道などの通り
「ウルトラマンシリーズの初期映像作品(「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」
 「ウルトラマンエース」「ウルトラマンタロウ」)に関する日本国外における利用権の取り扱いに関しては、
 長期間に亘り、複数の国において係争が続いております」と説明。

「もっとも、これまでに出されたいずれの判決においても、一貫して、当社がすべてのウルトラマンシリーズの製作者であり、
 その著作権を保有している点が認められております」とし、本件映像作品のような新規著作物の製作、
ウルトラマンシリーズキャラクターの翻案・改変等の権利は「当社のみに帰属するものです」と回答した。

上記を受け、円谷プロダクションとしては
「あらためて本件発表を行った中国企業、および本件映像製作に関与している者に対し
 法的措置を含む断固とした措置をとってまいる所存です」と記し
「お取引先様、ご関係者様、ウルトラマンシリーズのファンの皆様におかれましては、
 大変ご心配、ご迷惑をおかけしていること、心よりお詫び申し上げますとともに、
 今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」と呼びかけている。

以下ソース:ORICON NEWS 2017-07-19 12:57
http://www.oricon.co.jp/news/2094349/full/

no title

ウルトラマン

『ウルトラマン』は、日本の特撮テレビ番組(カラー)、および、その劇中に登場する巨大変身ヒーローの名前である。制作は円谷プロダクション。1966年(昭和41年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00-19:30に全39話が放送された。 『ウルトラマン』に続いて放送された一連の番組、および、その劇中の巨大変身ヒーローは「ウルトラマン」と総称される場合がある。種族としてのウルトラマンについては別項を参照。 後続作品のヒーローと区別するために本作のウルトラマンを「初代ウルトラマン」「初代」「マン」と呼ぶ場合がある。 本作は漫画や劇場用映画、小説、テレビゲームなどでメディア展開されている。本項では最初に制作されたTV作品を中心に記述する。 映像上の題名は「ウルトラマン 空想特撮シリーズ」。 『ウルトラQ』の続編で、怪獣や宇宙人によって起こされる災害や超常現象の解決に当たる科学特捜隊と、それに協力するM78星雲光の国の宇宙警備隊員ウルトラマンの活躍劇である。
wikipediaより

続きを読む

無許可ウルトラマンがアニメ映画に出演? 円谷プロ「許諾・監修等を実施したものではない」と今後の対応についてコメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【中国】無許可ウルトラマンがアニメ映画に出演? 円谷プロ「許諾・監修等を実施したものではない」と今後の対応についてコメント
1: らむちゃん ★@\(^o^)/ 2017/07/15(土) 19:12:08.22 ID:CAP_USER.net
ねとらば7/15(土) 16:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00000028-it_nlab-ent
全文は配信先で

 中国で発表された3DCGアニメ映画「ドラゴンフォース(原題:鋼鐵飛龍)」にウルトラマンがゲスト出演するというトレーラー映像が公開され、「円谷プロダクションの許可を得ていないのでは?」と物議をかもしています。

 7月10日の「ウルトラマンの日」に、中国のイベントで発表されたのは「ドラゴンフォース〜さようならウルトラマン〜(原題:鋼鐵飛龍之再見奧特曼)」のトレーラー映像。「ドラゴンフォース」は、「時空警察ヴェッカー」シリーズなどを手掛け、中国でも活躍する日本のクリエイター・畑澤和也さんが総監督原案を担当した3DCG映画で、2013年には日本でも作品が公開されました。

 今回はその第二作目にあたり、畑澤さんが携わっているかは不明ですが、フルCGで表現されたウルトラマンがゲスト出演・活躍する様子が描かれています。作中のウルトラマンの姿は腹筋がシックスパックに割れて筋肉質になり、全身にグレーのラインが入るなどオリジナルデザインに見えます。

 またトレーラーの中には、過去の作品に登場した歴代のウルトラマンや、ハワイ観光局と円谷プロダクションがコラボした企画「ウルトラハワイ」の映像、6月7日にリリースされたばかりの科楽特奏隊「ウルトラセブンの歌」のPV映像、人気親子YouTuberがウルトラマンゼロと触れ合う様子の映像も盛り込んでおり、これらを資料映像として紹介しています。

no title

続きを読む

ウルトラマンとアイアンマンってどっちが強いん?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:ウルトラマンとアイアンマンってどっちが強いん?
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/17(土)19:41:46 ID:IH1
教えて詳しい人

no title

続きを読む

「ウルトラマン」、「最も派生テレビシリーズが作られたテレビ番組」としてギネス世界記録に認定される

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【特撮】「ウルトラマン」、「最も派生テレビシリーズが作られたテレビ番組」としてギネス世界記録に認定される
1: かばほ~るφ ★ 2013/09/12(木) 14:26:07.48 ID:???0
ウルトラマン、ギネス世界記録に認定!「最も派生シリーズが作られたTV番組」として 2013年9月12日 14:00

創立50周年を迎える円谷プロダクション制作の人気特撮シリーズの原点「ウルトラマン」が、「最も派生テレビシリーズ が作られたテレビ番組」としてギネス世界記録に認定され、9月12日に東京のMOVIX亀有で世界記録認定式が行われた。
式には初代ウルトラマンをはじめ、ウルトラマンタロウ、ウルトラマン80、ウルトラマンティガ、ウルトラマンゼロ、
ウルトラマンギンガといった各年代を代表するウルトラヒーローたちが結集し、ギネスワールドレコーズ公式認定員のカルロス・マルティネス氏から認定証を授与された。

1966年7月に放送されたオリジナル番組「ウルトラマン」から派生したことを条件に、「ウルトラセブン」「帰ってきた ウルトラマン」「ウルトラマンタロウ」「ウルトラマンガイア」「ウルトラマンギンガ」など計27番組が認定された。 同カテゴリでは、「ウルトラマン」シリーズが初代記録となる。

今年7月から放送中の「ウルトラマンギンガ」で主役・礼堂ヒカル役を演じ、劇場版「ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル」が公開中の若手俳優・根岸拓哉も駆けつけ、「歴史あるウルトラマンの主役、これ以上にうれしいことはないんじゃないかと思っていたけれど、あった。ギネス世界認定記録、うれしすぎます!」と大興奮だった。

マルティネス氏は、「シリーズの輝かしい成功を祝福することができて光栄」と挨拶し、書籍「ギネス世界記録2014」をウルトラマンに贈呈。根岸は、「先輩たちの前でこんな17歳の若造が挨拶していいのかと、緊張してお昼ご飯も食べられなかった。歴史的セレモニーに立ち会えて感動している。これからもウルトラマンをよろしくお願いします!」とファンに深く一礼。会場を埋めつくしたファンからも、「おめでとう!」の熱い声援がウルトラヒーローたちにおくられた。

映画.com http://eiga.com/news/20130912/9/
49336caa.jpg


続きを読む

新ヒーロー・ウルトラマンギンガが劇場版に!謎に包まれたストーリーも明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【特撮/映画】新ヒーロー・ウルトラマンギンガが劇場版に!謎に包まれたストーリーも明らかに
かばほ~るφ ★[sage] 2013/06/13(木) 17:21:09.63 ID:???0
    新ヒーロー・ウルトラマンギンガが劇場版に!謎に包まれた
    ストーリーも明らかに! 2013年6月13日 13時14分
   
    [シネマトゥデイ映画ニュース] 江東区有明の東京ビッグサイトで
    開催中の「東京おもちゃショー2013」で13日、
    『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』製作発表会が行われ、
    本作の世界観および敵の怪獣が明らかにされた。
    この日はメインキャスト5名(根岸拓哉、宮武美桜、大野瑞生、雲母、
    草川拓弥)とアベユーイチ監督が来場した。
   
    テレビ東京系で放送中の「ウルトラマン列伝」が7月10日から
    「新ウルトラマン列伝」としてリニューアル。
    この番組内で放送される新ヒーローが「ウルトラマンギンガ」だ。
    この日の会見では、映画版となる『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル』
    の公開日が9月7日になったことが発表。
    この劇場版は、前半6話分のエピソードの総集編と、
    それに続く新しいエピソード、さらには同時上映作品も加えた
    約45分の作品となる予定だ。
   
    ドラマパートはすでにクランクアップし、現在は特撮パートを
    制作中だという本作。
    アベ監督は「光の国の言い伝えに、二つの神秘の道具があるんです。
    一つが命のあるものの時間を止める『ダークスパーク』。
    もう一つが呪いを解く『ギンガスパーク』というもの。
    そしてはるか宇宙のかなたで、ウルトラマンと怪獣たちが、関ヶ原の戦いの
    ようなものをやっていたときに、その『ダークスパーク』が使われてしまって、
    全てのウルトラマンと怪獣が宇宙に散って、地球に落ちてきた。
    そこに高校生たち5人が絡んで、お話が展開します」と本作の世界観を明かす。
    また、この日のイベントでは、劇場版でウルトラマンギンガと戦うことになる
    巨大怪獣タイラントもお披露目となった。
   
    続きは>>2-5あたりに
    シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0053787
    ウルトラマンギンガと怪獣サンダーダランビア - 左は主人公・礼堂ヒカル役の根岸拓哉
    N0053787_l
    ultramangingaomochashow10-560x600
    ultramangingaomochashow11-560x600

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント