↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン最も稼いだ女優1位に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン最も稼いだ女優1位に!
1: きゅう ★@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 20:43:57.35 ID:CAP_USER9.net
no title


[ロサンゼルス 16日 ロイター] - 米経済誌「フォーブス」が発表した毎年恒例の「世界で最も稼いだ女優」ランキングで、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』で今年のアカデミー主演女優賞に輝いたエマ・ストーン(28)がトップとなった。

 フォーブスの推計によると、ストーンは2016年6月からの1年間に2,600万ドル(約28億5,000万円)を稼ぎ出したという。

 2位はジェニファー・アニストンで2,550万ドル。人気ドラマ「フレンズ」の再放送による収入などが寄与した。3位は昨年まで2年連続でトップだったジェニファー・ローレンスで、2,400万ドルだった。

 このほか、トップ10にはシャーリーズ・セロン、エマ・ワトソン、メリッサ・マッカーシーらが入った。

https://news.infoseek.co.jp/article/cinematoday_N0093737/

エマ・ストーン

エミリー・ジーン・"エマ"・ストーンEmily Jean "Emma" Stone, 1988年11月6日 - )は、アメリカ合衆国の女優である。



生い立ち

アリゾナ州スコッツデールで生まれる。父親はコントラクター、母親は主婦である。2歳年下の弟がいる。父方の祖父はスウェーデン系であり、エリス島からアメリカ合衆国に移った際にStenという姓を「ストーン(Stone)」と英語化した。


wikipediaより

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド』(英: La La Land)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のミュージカル・ロマンティック映画。ピアニストの恋愛を描いた映画で、脚本・監督はデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが務めた。この映画のタイトルはロサンゼルスと「現実から遊離した精神状態」を意味する。

チャゼルは2010年に『ラ・ラ・ランド』の脚本を執筆したが、当時脚本に変更を加えずにプロジェクトに出資するスタジオを見つけることはできなかった。2014年のチャゼルの映画『セッション』の商業的成功を受け、サミット・エンターテインメントが『ラ・ラ・ランド』の製作に同意した。


wikipediaより
関連記事

続きを読む

『ラ・ラ・ランド』メイキング映像公開! J・K・シモンズらキャストが語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『ラ・ラ・ランド』メイキング映像公開! J・K・シモンズらキャストが語る
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/13(月) 20:55:58.38 ID:CAP_USER9.net
J・K・シモンズらキャストが語る『ラ・ラ・ランド』メイキング映像公開!
2017.3.13 Mon 17:00

エマ・ストーンとライアン・ゴズリングが夢を追い、恋に落ちる『ラ・ラ・ランド』。観客動員100万人超え、興行収入15億円を突破する大ヒットとなっている本作から、4分におよぶメイキング&インタビュー映像とともに場面写真が到着。エマ&ライアンが演じたセブとミアの物語を完璧なものにした、注目の俳優陣&スタッフの魅力と秘話が明らかになった。

本作の最大の魅力は、幻想的な映像美や豪華なメロディ、主演の2人が織りなす夢追う2人のストーリー。その魅力を完璧なものにするのが、脇を飾る注目の俳優陣だ。今回届いた映像では、デイミアン・チャゼル監督がエマとライアンを起用した理由やそれぞれのインタビューとともに、絶大な人気を誇るグラミー賞シンガーで本作でも“ミュージシャン”を演じているジョン・レジェンド、デイミアン・チャゼル監督の前作『セッション』でオスカーを獲得したJ・K・シモンズらが本作についてコメント。さらに、いま注目の日系女優ソノヤ・ミズノも登場している。

ジョン・レジェンドといえば、全米No.1ヒット曲「オール・オブ・ミー」などで知られ、数多くのグラミー受賞歴を誇る。ラッパーで俳優のコモンと共に手掛けた『グローリー/明日への行進』の主題歌はアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞を受賞した。彼が本作で演じるのは、セブが参加するバンド「ザ・メッセンジャーズ」のリーダー、キース。圧巻の歌声を披露するほか、演技に関しても周囲を圧倒。ふだんはピアノの弾き語りでお馴染みだが、本作ではギター演奏も披露しており、「練習したんだ うまく見せないとね」と明かしている。

また、チャゼル監督の『セッション』にて狂気に満ちた鬼教師フレッチャー役が大絶賛され、見事アカデミー賞助演男優賞を受賞したシモンズも本作に出演。セブがピアニストとして雇われるレストランの店長ビルとして登場するが、その圧倒的な存在感は『セッション』の鬼教師を彷彿とさせ、彼のシーンでは思わず背筋が伸びるほど(?)。「ジャズ嫌いで偏屈なオーナー」と自身でも語っている。

そして、イギリス人の母と日本人の父を持つ若手注目株の女優ソノヤ・ミズノも本作を彩る。
(中略)

『ラ・ラ・ランド』は全国にて公開中。


『ラ・ラ・ランド』
no title

no title

no title

no title

J・K・シモンズ
no title

エマ・ストーン
no title

ライアン・ゴズリング
no title

ソノヤ・ミズノ
no title

ジョン・レジェンド
no title

http://www.cinemacafe.net/article/2017/03/13/47790.html


∥動画∥
『ラ・ラ・ランド』メイキング映像 [cinemacafenet]
https://www.youtube.com/watch?v=CUJO8B_xq9c


関連記事
続きを読む

『ラ・ラ・ランド』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
8.5/10IMDb
2017年 02月 25日時点

no title
予告
関連記事
続きを読む

オスカー大本命『ラ・ラ・ランド』予告解禁! 観るもの全て恋に落ちる

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】オスカー大本命『ラ・ラ・ランド』予告解禁! 観るもの全て恋に落ちる
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/12/25(日) 05:26:56.14 ID:CAP_USER9.net
クランクイン! 12/24(土) 18:00

 ゴールデン・グローブ賞で史上最多となる7部門にノミネートされ、アカデミー賞大本命との呼び声も高い映画『ラ・ラ・ランド』の予告編が解禁された。

 本作は、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演で描くミュージカル映画。映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちるばかり。
ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャンと出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを演奏したいと思っていた。やがて二人は恋に落ち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のためにバンドに加入したことから何かが狂い始める……。

 監督・脚本は、映画『セッション』で第87回アカデミー賞でJ・K・シモンズの助演男優賞含む3部門を受賞した、デミアン・チャゼルが務める。

 予告編では、切なく物悲しいピアノの音色とともに、ミアが自分の思い通りに演奏ができないピアニスト・セバスチャンと出会うシーンが印象的に映し出されている。
そして、次の瞬間、アップテンポな楽曲とともに深まる二人の関係性が描かれ、圧巻の映像美が幻想世界へと誘う。

 車の上の群舞、プラネタリウムでの無重力ダンスなど、実は多くの場面がワンテイクで撮られたという。だからこそ、“途切れることのない現実”を感じられる映像になっており、観るものを惹きつけてやまない。
また、ライアンとエマは猛特訓の末、歌、踊り、そして演奏に至るまで全編吹き替えなしで挑んでいる。彼らの本作にかける思いが伝わってくる熱演にも注目だ。

 映画『ラ・ラ・ランド』は、2017年2月24日より全国公開。


no title

http://www.crank-in.net/movie/news/47288


∥動画∥
『ラ・ラ・ランド』本予告
https://www.youtube.com/watch?v=SpcB5AH1Whc


続きを読む

2chでの評価『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

このエントリーをはてなブックマークに追加
682f8f23.jpg
引用元:バードマン BIRDMAN 1
1: 名無シネマ@上映中 2014/10/10(金) 19:13:03.11 ID:nrjq7vCw.net

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント