↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

永瀬正敏ら、10分間の拍手喝采に感激=河瀬直美監督「光」、カンヌ映画祭で公式上映

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】永瀬正敏ら、10分間の拍手喝采に感激=河瀬直美監督「光」、カンヌ映画祭で公式上映
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 18:56:25.76 ID:CAP_USER9.net
 フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門に出品された河瀬直美監督の「光」が、現地時間の23日夜に公式上映された。関係者によると、物語が終わって「光」のタイトルが映し出されると、すぐに拍手が起こり、会場が明るくなった後も10分間にわたりスタンディングオベーションが続いた。主演の永瀬正敏が感激のあまり、泣き崩れる一幕もあったという。

 「光」は、視力を失いつつあるカメラマン(永瀬)と、視覚障害者のための音声ガイドを作る女性(水崎綾女)の心の交流を描く作品で、脚本は河瀬監督のオリジナル。河瀬監督によれば、前作「あん」に付ける音声ガイド制作に携わったことをきっかけに構想が膨らみ、「私たち製作者以上に映画を愛し、すべての人に届けようとしている人たちが主人公の作品を作ることで、映画への愛を描けると思った」という。

 公式上映と、それに先立つ公式会見、レッドカーペットには河瀬監督と永瀬、水崎のほか、共演者の藤竜也らも出席。上映終了後、「言葉にならないものがこみ上げてきた」という河瀬監督は、「もしかしたら、この映画は言葉にならないものを人々に届ける力を持っているのかと思います。表現をするときに混沌(こんとん)としたものを描いてしまう時代に、必死で光を見つけられる映画を作ることができた」と、作品への手応えを語った。

 永瀬は「監督と同じで、言葉にならない。エンドロールが終わったら、格好よく立ち上がろうと思っていましたが、(長いスタンディングオベーションに感激して)だめでした」。藤は「外国の方が文化の壁を超えて、日本人と同じように感動してくれた」と喜んでいた。

 最高賞のパルム・ドールをはじめ、コンペティション部門の各賞は現地時間の28日夜に発表される。河瀬監督は同映画祭で、1997年に「萌の朱雀」でカメラ・ドール(新人賞)を受賞。2007年の「殯の森」は、コンペティション部門でグランプリを獲得している。

(2017/05/24-15:55)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052400895&g=etm
no title

続きを読む

第70回カンヌ映画祭「コンペティション部門」作品リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】第70回カンヌ映画祭「コンペティション部門」作品リスト
1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 11:16:02.10ID:CAP_USER9.net
17日に開幕する第70回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)のコンペティション部門で、最高賞パルムドール(Palme d'Or)を競う作品19本を紹介する。

‐『Wonderstruck』--トッド・ヘインズ(Todd Haynes)監督

-『Jupiter's Moon』--コーネル・ムンドルッツォ(Kornel Mundruczo)監督

-『白い肌の異常な夜(The Beguiled、リメイク)』--ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola)監督

-『Redoubtable』--ミシェル・アザナヴィシウス(Michel Hazanavicius)監督

-『オクジャ(Okja、原題)』--ポン・ジュノ(Bong Joon-Ho)監督

-『マイヤーウィッツ・ストーリーズ(The Meyerowitz Stories、原題)』--ノア・バームバック(Noah Baumbach)監督

-『You Were Never Really Here』--リン・ラムジー(Lynne Ramsay)監督

-『Loveless』--アンドレイ・ズビャギンツェフ(Andrey Zvyagintsev)監督

-『Good Time』--ベニー・サフディ(Benny Safdie)とジョシュア・サフディ(Josh Safdie)兄弟監督

-『Happy End』--ミヒャエル・ハネケ(Michael Haneke)監督

-『The Square』--リューベン・オストルンド(Ruben Ostlund)監督

-『The Killing of a Sacred Deer』--ヨルゴス・ランティモス(Yorgos Lanthimos)監督

-『Rodin』--ジャック・ドワイヨン(Jacques Doillon)監督

-『In The Fade』--ファティ・アキン(Fatih Akin)監督

-『Amant Double』--フランソワ・オゾン(Francois Ozon)監督

-『120 Beats Per Minute』--ロバン・カンピヨ(Robin Campillo)監督

-『光(Radiance)』--河瀬直美(Naomi Kawase)監督

-『The Day After』--ホン・サンス(Hong Sang-Soo)監督

-『A Gentle Creature』--セルゲイ・ロスニツァ(Sergei Loznitsa)監督

(c)AFP/Fiachra GIBBONS

http://www.afpbb.com/articles/-/3128160?act=all
no title

続きを読む

カンヌ映画祭、ネットフリックス作品を禁止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】カンヌ映画祭、ネットフリックス作品を禁止へ
1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/05/11(木) 20:29:48.58ID:CAP_USER9.net
【5月11日 AFP】カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)の主催者は10日、動画配信大手の米ネットフリックス(Netflix)が自社オリジナル作品のフランス国内での映画館上映を拒否したことを受け、今後は同映画祭へのネットフリックス作品の出品を認めないと発表した。

今年のカンヌ映画祭には米俳優アダム・サンドラ―(Adam Sandler)とベン・スティラー(Ben Stiller)が主演する『マイヤーウィッツ・ストーリーズ(The Meyerowitz Stories)』と、韓米合作の『オクジャ(Okja)』のネットフリックス作品2作がコンペティション部門への出品を認められた。ただ、今後は規定変更により同様の措置は取られないという。

「今後、カンヌ映画祭のコンペティション部門を出品を希望する作品は全て、フランスの映画館で上映されなければならない」と映画祭主催者の声明は明言している。

主催者側によると、ネットフリックスに対し、同社の利用者8600万人に公開するだけでなくフランスの映画館でも公開するよう要請したが拒否され「無駄に終わった」という。

*****
引用ここまで
http://www.afpbb.com/articles/-/3127897
no title

続きを読む

寺島しのぶ主演映画、カンヌ映画祭・批評家週間部門に選出

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】寺島しのぶ主演映画、カンヌ映画祭・批評家週間部門に選出
1: シャチ ★@\(^o^)/ 2017/04/21(金) 23:38:57.70 ID:CAP_USER9.net
日刊スポーツ 4/21(金) 23:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-01811403-nksports-ent
女優寺島しのぶ(44)主演の日米合作映画「Oh Lucy(オー・ルーシー)!」(平柳敦子監督、今年公開)が、
現地時間5月17日に開幕するフランス・カンヌ映画祭の批評家週間部門に選出されたことが21日、分かった。

 寺島は「日米合作ということもあって、撮影中は苦労もたくさんありました。主人の母国の映画祭なので、
家族ともども喜んでおります海外の方々にこの映画を見ていただけることがうれしくてなりません」とコメントした。渡航は検討中という。

 「Oh Lucy!」は、5年前の短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」でグランプリを取った作品を元にした、
平柳監督の初長編作。寺島演じる独身OLが米国人の英会話講師に恋をし、東京とロサンゼルスで騒動を巻き起こす様子を描いた。
南果歩、忽那汐里、役所広司、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネットらが出演している。

 批評家週間部門は、新進監督発掘を目的にしており、日本作品選出は、
吉田大八監督「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」以来10年ぶり。

画像 映画「Oh Lucy ! 」の寺島しのぶ
no title

続きを読む

キムタク映画 「カンヌ選出」のからくり...木村がどんな“ドヤ顔”を見せるのか目が離せない

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】<キムタク映画>「カンヌ選出」のからくり...木村がどんな“ドヤ顔”を見せるのか目が離せない
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 12:43:17.37 ID:CAP_USER9.net
ただの“にぎやかし”だった!? 元SMAPの木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(29日公開、三池崇史監督)が「第70回カンヌ国際映画祭」(5月17~28日)の「アウト・オブ・コンペティション」部門の出品作に選出されたと話題になっている。当のキムタクは大喜びだが、カンヌ映画祭の関係者によると、そう単純に喜べる話ではなさそうだ。舞台裏を知る関係者は「三池パワーのたまもの」と衝撃の内情を明かす。映画の宣伝にこそなれ、カンヌに行けるからといってキムタクが「演技派俳優」として国際的に評価されたわけではなさそうだ。

 カンヌ映画祭はベネチア、ベルリンに並ぶ世界3大映画祭の一つ。世界中の映画人が、このレッドカーペットを歩くことを目標にしている。複数の部門があるなか「コンペティション」部門の最高峰「パルム・ドール」は、栄誉中の栄誉と言っていい。

「今年の審査委員長は繊細な作品づくりに定評のあるペドロ・アルモドバル監督です。18作品がノミネートされ、日本からは河瀬直美監督の『光』が(出品作に)選出されました」(映画関係者)

「ある視点」部門には黒沢清監督(61)の「散歩する侵略者」が出品されるが、もっぱら話題なのが「無限の住人」が「アウト・オブ・コンペティション」部門の出品作に選ばれたことだ。木村は2004年公開の出演作「2046」(ウォン・カーウァイ監督)がカンヌのコンペ部門に出品され現地を訪れているが、完全な主役として乗り込むのは初めてとなる。

 同映画は木村演じる不死身の侍・万次(まんじ)が、少女の両親のあだ討ちをするという物語。木村は「海外の方がどう受け取ってくださるのかが、とても興味深いですが『一つの作品』として招待していただけることに本当に感謝します」と大喜びしている。

 だが、そもそも「アウト――」部門とはどんなものなのか。カンヌ映画祭の関係者が解説する。

「賞レースとは無関係の、ただのにぎやかしです(笑い)。やはり映画祭は盛り上げなければなりませんので『コンペ』や『ある視点』のようにアート作品ばかりだと観客は疲れてしまう。そこでエンタメ性の高いものが選ばれる傾向にあるんですよ」

 これまでも同部門では「マッドマックス」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」などが上映されており「無限――」も、そういう位置づけというわけだ。そして、今回の選出は“三池パワー”によるところが大きいとも。同関係者が選出の舞台裏を明かす。

「映画祭の事務局には何千もの作品が送られてきます。もちろん、みなさん何らかの部門に選ばれて箔をつけたい。この作品もそうでしょうが、何にも引っかからなかった可能性もあった。ただ、三池監督は海外での評価が高く、熱狂的ファンも多い。それにチャンバラ映画なので、だったら『アウト――』でいいんじゃないか、というところで落ち着いたらしい。三池監督の顔を立てた格好ですね」

 選考過程ではさまざまな“忖度”が働く。特にカンヌ映画祭では監督の意向が重視されるという。

「例えば、黒沢監督は昨年もこの映画祭(の出品作選考)に作品を出しているんですが、選考の過程で関係者から『コンペではなく、ある視点ならいいよ』と打診があったという話。ところが監督は『コンペじゃなきゃ行かないぞ』と蹴ってしまったと聞く。今年は同部門で選ばれているので、いろいろ思い直したのかもしれません」(同関係者)

 今回、三池監督に同様の打診があったかは定かではないが、どんな部門であれ、出品が決まったことは木村にとって万々歳。“カンヌ特別招待作品”と銘打てるからだ。SMAPが解散して俳優業が中心となった今、大コケだけは避けられそうだ。

「日本では『カンヌに選出!』というだけで『すごい!』となりますからね。すごいのは『コンペ』と『ある視点』なんですけど、宣伝にはなる。配給会社が現地に日本のメディアを連れて行き、木村さんが『うれしい』と言うのを報じさせることでしょう」(前出の映画関係者)

 出演者のカンヌ入りは未定だが、木村がどんな“ドヤ顔”を見せるのか目が離せない。

東スポWeb 4/20(木) 11:09配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000006-tospoweb-ent
no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント