↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

山田孝之の主演短編映画「パラレルワールド」河瀬直美監督がメガホン

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之の主演短編映画「パラレルワールド」河瀬直美監督がメガホン
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 05:08:46.14 ID:CAP_USER9.net
スポーツ報知 3/16(木) 5:03

 国際的に活躍する河瀬直美監督(47)が、俳優の山田孝之(33)主演で短編映画「パラレルワールド」を製作したことが15日、分かった。三代目J Soul Brothersの楽曲「Unfair World」の世界観を映像化。ヒロインは石井杏奈(18)が務める。

 河瀬監督は昨年、世界3大映画祭の1つのカンヌ国際映画祭の短編部門の審査委員長を務めた経験もある。このほど、米アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」とタッグを組み、EXILEのリーダー・HIRO(47)がエグゼクティブ・プロデューサー、映画祭の代表で俳優の別所哲也(51)が企画・プロデュースする新プロジェクト「シネマファイターズ」を始動させ、今作は、その第1弾となる。

 同プロジェクトは若手映画監督の発掘を目的に、今作以外に若手監督が5本の短編を製作。河瀬監督自らメガホンを執った今作は、ある学校の天体観測室を舞台に、山田演じる主人公の徹が15年前に真矢(石井)に伝えることができなかった思いを過去と現在を交錯させて描く15分間の恋愛物語。ほかの5本とともに、6月1日から開催される「ショートショート―」でプレミア上映される。


・「パラレルワールド」の一場面。山田孝之と石井杏奈
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000280-sph-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000280-sph-ent

河瀬直美

河瀬直美
生年月日1969年5月30日
職業 映画監督脚本家
主な作品
萌の朱雀
殯の森
あん

河瀬 直美(かわせ なおみ、1969年5月30日 - )は、日本映画監督奈良県出身・在住。


wikipediaより

続きを読む

カンヌ映画祭でブーイングされた映画20本

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】カンヌ映画祭でブーイングされた映画20本
1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2016/06/05(日) 12:56:02.30 ID:CAP_USER9.net
第69回カンヌ映画祭が5月22日(現地時間)、79歳のイギリスの名匠ケン・ローチ監督の「I, Daniel Blake」に最高賞のパルムドールを授与して閉幕した。
ちょうど10年前の2006年の「麦の穂をゆらす風」以来2度目のパルムドールを受賞した、今回のコンペティション参加監督のうち最年長のローチ監督には、惜しみのない拍手が送られた。

一方で、次点のグランプリを受賞した最年少27歳のグザビエ・ドラン監督作「イッツ・オンリー・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド(英題)」は評価が分かれ、
また監督賞を受賞したオリビエ・アサイヤスの「Personal Shopper」の上映時にはブーイングが上がったという。

今回、米映画サイトThe Playlistでは、カンヌ映画祭の歴史の中でも激しいブーイングがあったことで知られる映画20本をピックアップした。
一般の映画ファンが入場できないカンヌ公式部門の上映時には、プレス関係者や批評家らがブーイングを浴びせたり、
見る価値がないと判断した業界関係者らが早々に席を立ったりする光景がよく見られる。

とはいえ、20本中9本がパルムドールを始め何らかの賞を受賞しており、おもに映画監督や俳優から構成される審査員団と
プレス関係者とのあいだに見解のギャップがあることも見て取れるリストとなっている。

20本は以下の通り(年度順)。

▽「情事(1962)」(ミケランジェロ・アントニオーニ) 審査員賞
▽「セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転進」(1966/ジョン・フランケンハイマー)
▽「タクシードライバー」(1976/マーティン・スコセッシ) パルムドール
▽「悪魔の陽の下に」(1987/モーリス・ピアラ) パルムドール
▽「ワイルド・アット・ハート」(1990/デビッド・リンチ) パルムドール
▽「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」(1992/デビッド・リンチ)
▽「クラッシュ(1996)」(デビッド・クローネンバーグ) 審査員特別賞
▽「アレックス」(2002/ギャスパー・ノエ)
▽「ブラウン・バニー」(2003/ビンセント・ギャロ)
▽「アンダーカヴァー」(2007/ジェームズ・グレイ)
▽「マリー・アントワネット」(2006/ソフィア・コッポラ)
▽「サウスランド・テイルズ」(2006/リチャード・ケリー)
▽「ダ・ヴィンチ・コード」(2006/ロン・ハワード) コンペティション外オープニング作品
▽「アンチクライスト」(2009/ラース・フォン・トリアー)シャルロット・ゲンズブールが女優賞
▽「イングロリアス・バスターズ」(2009/クエンティン・タランティーノ) クリストフ・ワルツが男優賞
▽「ウッドストックがやってくる」(2009/アン・リー)
▽「ツリー・オブ・ライフ」(2011/テレンス・マリック) パルムドール
▽「ペーパーボーイ 真夏の引力」(2012/リー・ダニエルズ)
▽「闇のあとの光」(2012/カルロス・レイガダス) 監督賞
▽「オンリー・ゴッド」(2013/ニコラス・ウィンディング・レフン)

http://eiga.com/news/20160604/21/
no title

続きを読む
広告
最新コメント