↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

スター・ウォーズのレイア姫、キャリー・フィッシャーさんの死因は睡眠時無呼吸 検視報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外芸能】スター・ウォーズのレイア姫、キャリー・フィッシャーさんの死因は睡眠時無呼吸 検視報告
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 17:26:15.10 ID:CAP_USER9.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3132411
2017年06月17日 16:54

人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で知られ、昨年12月に60歳で亡くなった米女優キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんの死因について、ロサンゼルス(Los Angeles)郡の検視当局は16日、睡眠時無呼吸と「その他の不明な要因」だと発表した。

 短い検視報告書は、薬物の使用と、動脈壁に血小板がたまっていくアテローム性動脈硬化症についても触れ、複数の薬物の使用を指摘しているものの、その影響については不明だとしている。
検視当局によれば、不審死扱いになるという。

 フィッシャーさんは昨年12月、英国からロサンゼルスに戻る機内で倒れ、4日後に亡くなった。1月、ロサンゼルスの検視当局は死因を心不全だと発表した。

 フィッシャーさんはさまざまな依存症に苦しみ、双極性障害や処方薬物の使用についても公表していた。

 フィッシャーさんの母親で1953年のミュージカル映画『雨に唄えば(Singin' in the Rain)』で映画ファンの心をつかんだ米女優デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)さんも、フィッシャーさん死去の翌日に亡くなった。(c)AFP

no title

続きを読む

『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、故キャリー・フィッシャーを思い涙ぐむ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】『スター・ウォーズ』マーク・ハミル、故キャリー・フィッシャーを思い涙ぐむ
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/04/20(木) 06:25:22.73 ID:CAP_USER9.net
http://japan.techinsight.jp/2017/04/kay04171050.html

映画『スター・ウォーズ』シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られる俳優マーク・ハミル(65)が、同シリーズでレイア姫を演じた女優キャリー・フィッシャー(享年60)に言及。昨年12月に機内で倒れそのまま帰らぬ人となったキャリーとの共演や交流を回顧し、涙をこらえながら追悼文を読み上げ彼女の死を改めて悼んだ。

映画『スター・ウォーズ』シリーズでは、キャリー・フィッシャー演じるレイア姫らと共に帝国軍と戦うルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル。そのマークがこのほどオーランドで開催されたシリーズ誕生40周年記念イベントに参加し、昨年キャリーの死後に発表した声明文を改めて読み上げた。

「彼女には決断力があり、タフな人でした。でも応援せざるを得なくなる弱さもあり、幸せになってほしいと願わずにいられなくなるんです。そんな彼女を、僕は素晴らしいと思っていました。」
「まるで自衛手段のように、キャリーはタフさをよろいのごとく誇示していた。でも彼女は心の底に、幼い少女のような弱さを持ち合わせていたのです。」
「彼女のそういう部分は非常に魅力的でした。それに彼女はとても賢い人でもあったのです。」
「自分の愛する人が思い出になってしまう。でもその思い出は、自分の宝物として残ります。今日僕達は、その宝を称賛するためここにいます。そう、その宝はキャリー・フィッシャーなのです。」

ちなみにキャリーとマークは劇中“双子”を演じ、仕事上だけでなく私生活でも仲は良かったという。

「彼女は、僕の職業や私生活においても非常に重要な役割をはたしてくれました。キャリアも私生活も、彼女がいなければもっと空虚なものになっていたでしょう。彼女のおかげで笑ったこと、また彼女の英知や優しさに感謝しています。僕の“スペース・ツイン”のヤンチャで気ままな性格ゆえに何年も色々なことがありましたが、それも含めて僕は感謝しているのです。」

少々ハチャメチャながらも、明るく陽気な性格ゆえに共演者、ファン、家族、友達、そして関係者にも深く愛されたキャリー。そんな彼女の遺作となった『スター・ウォーズ/最後のジェダイ(原題:Star Wars: The Last Jedi)』は今年12月に公開となるが、残念ながらエピソード9ではその麗しい勇姿を観ることはできないという。しかし『最後のジェダイ』については死去の前に撮影を終了しており、「出番はかなりある」と映画制作サイドも発表している。美しく可憐ながら、強く勇猛で賢かったレイア姫―その死が伝えられた後にファンの一部はライトセーバーを持ち集合し、夜空に光を向けて彼女の冥福を祈った。

「レイアはこの私なの。」

生前にそう語っていたキャリーも、そして彼女を支えた関係者や共演者達も変わることのないファンの熱い想いに胸を打たれたはずだ。しかし愛情が深かっただけに、今も娘ビリー・ラードやマークらの喪失感は非常に大きいという。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

世界中のファンに愛された“レイア姫”
no title


2017.04.17 11:25

続きを読む

遺族の許可で一転、キャリー・フィッシャーさん「スター・ウォーズ エピソード9」出演へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】遺族の許可で一転、キャリー・フィッシャーさん「スター・ウォーズ エピソード9」出演へ
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/10(月) 19:06:39.69 ID:CAP_USER9.net
http://eiga.com/news/20170410/14/
2017年4月10日 12:35

「スター・ウォーズ」シリーズのレイア役で知られるキャリー・フィッシャーさんの急逝を受け、同キャラクターがCGで描かれるのではないかという憶測が高まっていた。
しかし今年1月、米ルーカスフィルムが「レイアをデジタル再現する予定はない」と公式に発表していた。しかし遺族の意志により一転、「エピソード9」にも出演を果たすことが判明した。

フィッシャーさんの弟であるトッド・フィッシャーさんは、米ニューヨーク・デイリーニュース紙に「(フィッシャーさんの)娘のビリー・ロードとも話し合った末、
ディズニーとルーカスフィルムに、『エピソード8』用に既に撮影を終えていたフッテージの使用許可を与える決断をした」と語っている。
コリン・トレボロウ監督がメガホンをとる2019年公開予定の「エピソード9」で、レイアがどれほど大きな役割を占めるかについては分からないと認めたうえで、
「レイアを愛して止まない多くのファンが、彼女の姿を見たいと願っているに違いないと思うんです」と決断に至った理由を述べた。

米ウォルト・ディズニー・カンパニー代表兼CEOのボブ・アイガー氏は3月、フィッシャーさんの死により「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」の内容が変わることはないと発言。
しかし「エピソード9」では、レイアの役割が大きくなる予定だったことも明らかになったばかり。
今後は、レイアがどのような形で登場することになるのかをめぐり、ファンの間で新たな憶測が飛び交いそうだ。

no title

キャリー・フィッシャー

キャリー・フィッシャー
生年月日1956年10月21日
国籍アメリカ合衆国
職業 女優脚本家
主な作品
スター・ウォーズ』シリーズ

キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher, 本名 Carrie Frances Fisher, 1956年10月21日 - 2016年12月27日)は、アメリカ合衆国女優、映画脚本家カリフォルニア州ビバリーヒルズ出身。


wikipediaより

続きを読む

ポール・サイモン、元妻キャリー・フィッシャーを追悼

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外芸能】ポール・サイモン、元妻キャリー・フィッシャーを追悼
1: muffin ★@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 20:07:17.37 ID:CAP_USER9.net
https://www.barks.jp/news/?id=1000136594
2016-12-29 11:35:14

ポール・サイモンが、火曜日(12月27日)に急逝した女優キャリー・フィッシャーへ追悼の言葉を寄せた。2人は80年代、短い間ではあったが、夫婦だった。

サイモンは訃報があった翌日、こうつぶやいた。「昨日はひどい日だった。キャリーは特別で、素晴らしい女の子だった。早過ぎる」

サイモンとフィッシャーは、結婚していたのは1983年夏から1年ほどだったが、その前や離婚後復縁したりと12年間ほど交際していたと言われる。
サイモンの6枚目のソロ・アルバム『Hearts And Bones』(1983年)のタイトル・ソングは、彼女との関係にインスパイアされ誕生した。
フィッシャーはほかにも長年交際した男性はいたものの、結婚したのはサイモンだけだった。

『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫のみならず、依存症を乗り越えてからはコミカルな役でも定評があったキャリー・フィッシャーは、飛行機の中で心臓発作を起こし、12月27日、帰らぬ人となった。60歳だった。

no title

続きを読む

急死のC・フィッシャーさん、SW8は撮影済み 最後の出演作か

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】急死のC・フィッシャーさん、SW8は撮影済み 最後の出演作か
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/12/29(木) 04:41:18.01 ID:CAP_USER9.net
2016年12月29日 04:30

【12月29日 AFP】
27日に急死した米女優のキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さん(60)は生前、人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」8作目の撮影を終えており、同作はフィッシャーさんにとって最後の出演映画になるとみられている。

 米娯楽誌バラエティ(Variety)によると、来年12月公開予定の「エピソード8」は今年7月にクランクアップしていた。
映画データベースIMDbには、フィッシャーさんが来年公開の冒険ファンタジー映画『Wonderwell』に出演予定と掲載されているが、同作の撮影状況や公開予定日は明らかにされていない。

「スター・ウォーズ」シリーズでのレイア姫(Princess Leia)役で知られるフィッシャーさんは23日、英ロンドン(London)で自身の回顧録の出版イベントを終え帰国の途に就いていた機内で、着陸の15分前に心臓発作を起こし倒れた。
着陸先の米ロサンゼルス(Los Angeles)で治療を受けたものの回復には至らず、27日に死去した。(c)AFP/Frankie TAGGART


・急死した米女優のキャリー・フィッシャーさん(2014年11月3日撮影)。(c)AFP/GETTY IMAGES NORTH AMERICA/Frazer Harrison
no title

http://www.afpbb.com/articles/-/3112697

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント