↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「ゲーム・オブ・スローンズ」出演俳優2人が婚約 ジョン・スノウとイグリット役

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:「ゲーム・オブ・スローンズ」出演俳優2人が婚約 ジョン・スノウとイグリット役
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/09/28(木) 18:46:30.66 ID:CAP_USER9.net
https://www.cnn.co.jp/m/showbiz/35107945.html

(CNN) 米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で、ジョン・スノウ役を演じるキット・ハリントンさん(30)と、イグリットを演じたローズ・レスリーさん(30)が英紙上で婚約を発表した。

CNNは発表前に2人の代理人と連絡を試みたが、どちらからも返事はなかった。

報道によれば2人は「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影で知り合った。交際が噂されるようになったのは、ディナーデートが目撃された2012年のことだ。

だが2人は交際についてはなかなか口を開かなかった。それから1年以上経った後の英紙イブニング・スタンダードのインタビューでも、ハリントンさんは恋愛関係を否定していた。

「すべてはうわさと作り話だ」とハリントンさんは述べた。「私とローズは非常に親しい、とてもいい友人だし、これからもそうだ。彼女はすばらしい人だ。だが恋愛沙汰はない」

2人が公に交際を認めたのは昨年。ロンドンで開かれたオリビエ賞の授賞式のレッドカーペットを一緒に歩いた時だった。

今年6月、テレビのトーク番組に出演したハリントンさんは「親友のローズ」と新居に引っ越したことを明かし、「だからすごく幸せだ。うまくいくと思う」と語っていた。

同じ番組にゲスト出演していたニコール・キッドマンさんから結婚するつもりなのかと聞かれると、ハリントンさんは「ニコール・キッドマンから質問攻めに遭うとは」と言いつつ、「一歩一歩、順を追っていくつもりだ」と答えた。

2017.09.28 Thu posted at 16:26 JST

婚約を発表したキット・ハリントンさん(右)と、ローズ・レスリーさん
no title

続きを読む

『ゲーム・オブ・スローンズ』ドラゴンストーン城のロケ地に観光客が殺到!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外ドラマ】『ゲーム・オブ・スローンズ』ドラゴンストーン城のロケ地に観光客が殺到!
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/09/14(木) 02:55:02.24 ID:CAP_USER9.net
http://dramanavi.net/sp/news/2017/09/post-6392.php

世界中で大ヒットしている大河ファンタジー『ゲーム・オブ・スローンズ』の第七章で、大海を渡りウェスタロスに進軍したデナーリス・ターガリエンの主要拠点となったドラゴンストーン城。そのロケ地となっているスペイン・バスク地方の礼拝堂が、番組の効果により人気の観光スポットになっていることを、スペインの一般紙El Paisのサイトが報じた。

ドラゴンストーン城のロケ地となったのは、礼拝堂が頂上に建つガステルガチェという小島。劇中でも生かされた、島の頂上に続く階段と絶景の海が印象的な場所で、洗礼者ヨハネが訪ねたとされる。200段以上もある階段を上り、頂上のサン・ファン礼拝堂に掲げられた鐘を3回鳴らして願い事をすると叶うという言い伝えがある。

第七章は今年の7月中旬から放送されたが、その7月だけでもこの島には計7万5000人(一日平均2400人以上)もの観光客が詰めかけたという。階段は狭くて急勾配、標識案内は不親切、駐車場は小さいという難点があるにもかかわらず、人気を増しているようだ。

あまりの訪問者の多さに、同地方の環境保護局は、文化財の保護に向けて動き出しているとのこと。現在のところ、観光客や私用車、公共輸送機関の入場制限や、接続地点と標識の整備をするほか、階段に通行料を課すという案も出ている。

ちなみに、現地の土産店の店主は「番組をここで撮影してくれたのはありがたい。第七幕の放送時に客の数が倍になった」とホクホク顔で、これから島を訪れたい人に向けては「"冬来たる"ので訪問はお早めに」と呼びかけているということだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』のドラスク族の大群もびっくりの数がバスク地方に集結!
(C)2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.
no title

2017.09.11

続きを読む

人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にちなむ通りの名前で騒ぎ、近親相姦の関係にある姉弟の名に苦情

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外ドラマ】人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にちなむ通りの名前で騒ぎ、近親相姦の関係にある姉弟の名に苦情 豪
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/08/26(土) 06:12:28.44 ID:CAP_USER9.net
http://www.bbc.com/japanese/41045803

豪東南部ビクトリア州ジーロング近郊の開発業者が新しい道路に、世界的人気のドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にちなんだ名前をつけたところ、その由来となった登場人物に問題があると住民から苦情が出たため、名前が変更される騒ぎがあった。

ジーロング郊外の住宅地チャールモント・ライズを整備した開発業者は、ドラマの登場人物にちなんで「ラニスター・ロード」と通りを命名した。しかしそれは、近親相姦の関係にあるサーセイとジェイミーの双子の姉弟にちなんだ名前だった。

新しく区画整理された通りに、開発業者が世界的人気のドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にちなんだ名前をつけたところ、その名前は近親相姦の姉弟の名前だと住民から苦情が出た。

開発責任者のギャリー・スミス氏は、「近親相姦とつながりがあるからという苦情だった。(中略)フィクションのドラマなんだけど」と話す。

「あからさますぎないよう、わざとつづりを少し変えたのに」(訳注・ドラマに出てくる家名はLannister、通りの名前はLannasterだった)

開発業者はほかにも、新しい地区の通りに、ドラマにちなんだ「スノウ」や「スタニス」、「グレイジョイ」などの名前をつけている。
問題の通りは結局、「プリシンクト・ロード」に名称が変更された。

グレーター・ジーロング市のロリンダ・ガードナー氏は、道路の名前は「コミュニティーの価値観の保存を損なうもの」であってはならないと話す。

スミス氏は、郊外住宅地を新しく開発にあたり、いくつもの道路の名づけに苦労したため、人気ドラマを参考にすることにしたという。

「発想を変えてみないと。名前を提案しても、あまりに拒否されていたので。だから『ゲーム・オブ・スローンズ』に頼ることにしたんだ」

(英語記事 Game of Thrones street name in Australia causes upset)

2017/08/25

ゲーム・オブ・スローンズ

ゲーム・オブ・スローンズ』(原題:Game of Thrones)は、ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたHBOのテレビドラマシリーズ。中世ヨーロッパに類似するがドラゴンや魔法が存在する架空の世界において、多くの登場人物が入り乱れる群像劇である。北アイルランド、マルタ、クロアチア、アイスランド、モロッコ、スコットランド、アメリカ合衆国、スペインで撮影されている。2011年春から放送が始まり、最新の第7シーズンは、7エピソードで2017年7月16日から放送された。2016年7月30日、HBOは6エピソードのシーズン8でシリーズを完結させると公式に発表した。


wikipediaより
no title

続きを読む

米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」未放送分の台本が「人質」に ハッカーが身代金要求

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外ドラマ】米人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」未放送分の台本が「人質」に ハッカーが身代金要求
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/08/10(木) 15:35:46.10 ID:CAP_USER9.net
http://www.yomiuri.co.jp/world/20170810-OYT1T50035.html
2017年08月10日 12時14分

【ニューヨーク=橋本潤也】米国の人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」を製作した米テレビ局HBOがサイバー攻撃を受け、
ドラマの未放送分のあらすじなどを「人質」に、ハッカーから「身代金」を要求される前代未聞の事態となっている。

 AP通信などによると、「ミスター・スミス」と名乗る人物が7日、HBOに対し、データ流出を止めたければ、ビットコインで数百万ドル相当の「身代金」を支払うよう要求した。
流出したのは未放送分を含むドラマの台本や出演者の携帯番号、メールアドレスなど。HBOは捜査機関やサイバーセキュリティーの専門家と対応を協議しているという。

 壮大なスケールでファンタジーの世界を描いた「ゲーム・オブ・スローンズ」は、米テレビ界で最も権威のあるエミー賞を2年連続で受賞した大人気ドラマ。7月にシーズン7が始まったばかりだった。

no title

関連記事

ゲーム・オブ・スローンズ

『ゲーム・オブ・スローンズ』(原題:Game of Thrones)は、ジョージ・R・R・マーティン著のファンタジー小説シリーズ『氷と炎の歌』を原作としたHBOのテレビドラマシリーズ。中世ヨーロッパに類似するがドラゴンや魔法が存在する架空の世界において、多くの登場人物が入り乱れる群像劇である。北アイルランド、マルタ、クロアチア、アイスランド、モロッコ、スコットランド、アメリカ合衆国、スペインで撮影されている。2011年春から放送が始まり、2016年4月24日からは第6シーズンが放送される予定である。2016年4月21日、第7シーズンの製作が発表された。 日本ではスター・チャンネルにおいて2013年1月から放送が始まって第5シーズンまでが放送され、2016年4月25日からは第6シーズンが日米同時放送されると発表されている。2015年8月現在、ワーナー エンターテイメント ジャパンから第1-4シーズンのDVD&Blu-Rayが発売されている。第5シーズンのDVD&Blu-Rayは2016年5月3日に発売されると発表されている。
wikipediaより

続きを読む

『ゲーム・オブ・スローンズ』の鉄の玉座に座るのは誰!?全米のファンの見立ては...

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外ドラマ】『ゲーム・オブ・スローンズ』の鉄の玉座に座るのは誰!?全米のファンの見立ては...
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/07/16(日) 05:57:07.80 ID:CAP_USER9.net
http://dramanavi.net/sp/news/2017/07/post-6258.php

いよいよ7月17日(祝・月)よりスターチャンネルにて最新シーズンが日本最速<日米完全同時放送>となる大河ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。完結まで残り2シーズンと迫りストーリーの行方がいっそう注目される中、七王国の頂点、鉄の玉座をめぐる"椅子取りゲーム"に対するアンケートが行われた。

米Varietyが実施した「誰が鉄の玉座に座ると思うか?」というアンケートの結果、約42%の票を集めて1位に輝いたのはデナーリス・ターガリエン。約26%のジョン・スノウがそれに続いた。

シリーズの中でも特に人気の高い「ドラゴンの王女」と「北の王」が全体のおよそ7割を占める中、約14%で3位に入ったのは「その他」。もともとの選択肢に入っていなかった顔ぶれでいうと、ティリオン・ラニスターか多くの支持を集めたのかもしれない。

4位以下は、ジェイミー・ラニスター、ホワイト・ウォーカーの長である"夜の王"、ピーター・ベイリッシュ(通称リトルフィンガー)、現在玉座に座っているサーセイ・ラニスター、ユーロン・グレイジョイという順番になった。

アンケートの結果は以下の通り(7月13日時点)。

1.デナーリス・ターガリエン...41.69%
2.ジョン・スノウ...25.88%
3.その他...14.17%
4.ジェイミー・ラニスター...5.41%
5."夜の王"...5.24%
6.ピーター・ベイリッシュ(リトルフィンガー)...4.59%
7.サーセイ・ラニスター...2.62%
8.ユーロン・グレイジョイ...0.4%

椅子取りゲームの行方は、スターチャンネルにて7月17日(祝・月)より日本最速<日米完全同時放送>となる『ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌』で確かめてみてほしい。オンデマンドではこの新たな章を日本最速配信するほか、これまでの全6章(60話)を配信中。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
©2017 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.
no title

2017.07.15

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント