↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

サミュエル・L・ジャクソン、イギリス人俳優優先の不可解なハリウッドのシステムに物申す!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】 サミュエル・L・ジャクソン、イギリス人俳優優先の不可解なハリウッドのシステムに物申す!
1: みつを ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 19:07:58.60 ID:CAP_USER9.net
http://dramanavi.net/sp/news/2017/03/l-16.php

『アベンジャーズ』シリーズのニック・フューリー役をはじめ映画やTVに引っ張りだこの人気俳優サミュエル・L・ジャクソンが、このほど出演したラジオ番組の中で、人種をテーマにしたアメリカ映画に出演するイギリス人俳優についてコメントし話題を集めた。米Deadlineが報じている。

サミュエルは新作映画『キングコング:髑髏島の巨神』のプロモーションでニューヨークのラジオ「Hot 97」に出演。かねてからハリウッドのシステムに苦言を呈してきたサミュエルは、人種をテーマに取り上げたジョーダン・ピール監督のホラー映画『Get Out(原題)』でロンドン出身のダニエル・カルーヤ(『ボーダーライン』)が主演を務めたことについて触れ、なぜアフリカ系アメリカ人が主人公を演じることができなかったのかと、疑問を投げかけた。

『Get Out』は白人女性と交際している黒人の青年が、彼女の実家を訪ねたことをきっかけに不可解な出来事に着こまれていく姿を描き、人種差別の問題を前面に出したミステリー・ホラー。昨年アメリカでは白人の警察官が黒人を射殺するという悲しい事件が相次いで発生したが、劇中ではそのことを彷彿させるような白人警官による黒人青年への一方的な取り調べのシーンもある。「彼(ダニエル)のことを知っているよ。彼はイギリス人だ。僕はアメリカ人ではない人が出演してこの映画の本当の意味が伝わるのかと疑問に思うよ。彼が育ったのは100年以上前から異人種カップルが認められている国だからね」

サミュエルは同じ事例としてマーティン・ルーサー・キング・Jrの実話を描いた『グローリー/明日への行進』でキング牧師の役を演じたのがイギリス人のデヴィッド・オイェロウォだったことを挙げ、「アメリカ人だったらキングが何を思いどう感じていたかを、別の視点でとらえることができた人もいただろう」と語った。

事実、黒人に限らずアメリカの映画やTVに出演しているイギリス人俳優は多く、ベネディクト・カンバーバッチ(『ドクター・ストレンジ』)やトム・ヒドルストン(『マイティ・ソー』)、イドリス・エルバ(『スター・トレック BEYOND』)、ジェイミー・ドーナン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ヘンリー・カヴィル(『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』)などが第一線で活躍している。ハリウッドでイギリス人俳優の起用が続く理由についてサミュエルは「彼らの方がギャラが安いんだ」と説明した。(海外ドラマNAVI)

2017.03.14
no title

サミュエル・L・ジャクソン

サミュエル・L・ジャクソン
生年月日1948年12月21日
職業俳優
活動期間 1979年-
主な作品
星の王子 ニューヨークへ行く
パルプ・フィクション
ダイ・ハード3
スター・ウォーズ』シリーズ
S.W.A.T.
アベンジャーズ』シリーズ
ジャンゴ 繋がれざる者
キングスマン

サミュエル・L・ジャクソンSamuel Leroy Jackson, 1948年12月21日 - )は、アメリカ合衆国出身の俳優


wikipediaより

続きを読む

『セル』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
4.3/10IMDb
2017年 02月 20日時点

no title
予告
続きを読む

サミュエル・L・ジャクソンは日本のアニメファン? 『カイト/KITE』インタビュー動画が到着!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】サミュエル・L・ジャクソンは日本のアニメファン? 『カイト/KITE』インタビュー動画が到着!
1: オムコシ ★ 2015/04/15(水) 10:17:37.64 ID:???.net
https://www.youtube.com/watch?v=O7RMDRdkoio



ハリウッドでカルト的人気を誇る、日本発R-18禁アニメがまさかのハリウッド映画化! 『カイト/KITE』が4月11日より公開中。本作で重要なキャラクターを演じるサミュエル・L・ジャクソンのインタビュー動画が到着しました。

1998年に梅津泰臣氏によって作られた18禁アダルトアニメ『A KITE』は、性と暴力の過激な描写に加え、独創的なアクションをスタイリッシュな映像で描き、日本国内に留まらずハリウッドをも席巻。あのクエンティン・タランティーノ、ロブ・コーエン(『トリプルX』)、デヴィッド・R・エリス(『セルラー』『ファイナル・デッドサーキット 3D』)を熱狂させ、世界中の映画監督・クリエイターの心を鷲掴みにしました。

当初、監督としてメガホンをとっていたデヴィッド・R・エリス監督の突然の死を乗り越え、後を引き継いだジマン監督と共にキャストとスタッフが一丸となって作られた本作。

以前より原作アニメのファンであり、本作への出演が決定していたサミュエル・L・ジャクソンは、エリス監督の死に際し「デヴィッドが亡くなった時、友人と家族でこの作品を彼に捧げようと話し合った。だからこの映画へのデヴィッドの愛情に敬意を払うのはたやすい決断だったよ」と語っています。サミュエルってアニメ観るんだ! と驚いた方も多いのでは?

少女たちが売買される近未来を舞台に、両親を殺され、暗殺者と化した少女の壮絶な復讐を描く、過激な作品に、彼にしか出来ない重みのある演技で挑んだサミュエル。
インタビュー動画をぜひご覧ください。

1302edab.jpg



『カイト/KITE』ストーリー

金融危機により崩壊した近未来。そこでは少女たちが人身売買組織に性の奴隷として売りさばかれていた。
その中のひとりで、幼くして組織に両親を殺されたサワは、父の親友であり相棒だった刑事アカイに、暗殺者として育てられる。
彼女の目的は、両親の仇である人身売買組織への復讐。
娼婦に成りすまし、一人、また一人と男たちを暗殺していくサワと、犯行現場の証拠隠滅を繰り返すアカイ。
そして、サワの言動を影から監視する謎の少年オブリ。
精神バランスを保つための薬“アンプ”の副作用で記憶が消えかかりながらも、サワは真の標的である組織のボス、エミールへと近づいていく。
しかし、心も体も傷だらけになった彼女を待ち受けていたのは、予想を裏切る残酷な真実だった……。

http://getnews.jp/archives/913772

続きを読む

サミュエル・L・ジャクソン 「ローレンス・フィッシュバーンじゃねえよ!!(激怒)」 

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:サミュエル・L・ジャクソン 「ローレンス・フィッシュバーンじゃねえよ!!(激怒)」 
1: 河津落とし(catv?) 2014/02/13(木) 09:24:18.78 ID:wWC93+QF0 BE:57248126-PLT(12791) ポイント特典
“人違い”され米大物俳優怒る、司会者がニュース番組で失態。

米俳優のサミュエル・L・ジャクソン(65歳)が、テレビのインタビューに応えた際、司会者にローレンス・フィッシュバーン(52歳)と間違われ怒る一幕があった。

2月10日(米国時間)、カリフォルニア地元局で放送された朝のニュース番組に出演したサミュエル。自身が出演する映画「ロボコップ」のプロモーションを兼ねたインタビューだったが、冒頭、司会者のサム・ルビンが「先日のスーパーボウルのCM、反響はどうだった?」と質問したことで、いきなり空気が一変した。

この質問を受けたサミュエルは怪訝な表情を浮かべ、「スーパーボウルのCM? 何のことだ?」。 司会者が思い浮かべていたのは、KIA(韓国・起亜自動車)のCMなのだが、実はそのCMに出演したのは「マトリックス」モーフィアス役などで知られるローレンス・フィッシュバーンで、 サミュエルとは全く関係のない質問を“人違い”と気付かないまましてしまった、というわけだ。

真顔で沈黙するサミュエル。ハッと大きなミスに気付いた司会者はすぐに謝罪したが、サミュエルは「俺はローレンス・フィッシュバーンじゃない」「2人とも黒人の有名人だけど、全然似てないだろ」とまくしたて、司会者が映画の話に振ろうとしても「いやだね」と拒否、さらに「エンターテインメントのリポーターなのに、俺とローレンスの違いもわからないのか」と、皮肉めいた笑いと冷静な表情を織り交ぜながら怒りの追及を続けた。

なお、一通りのやり取りのあと、サミュエルは「ロボコップ」の質問にも回答。きちんとプロモーションをしてコーナーを締めくくっている。

この出来事は米国の多くのメディアが報道。司会者としてあるまじき失態、かつ2人の名優を間違えるという珍事(?)は、大きな話題を呼んでいる。

http://www.narinari.com/Nd/20140224735.html

続きを読む

北野武、ハリウッドスターからのオファーに困惑 ジュード・ロウ「俺を使え」→たけし「使いようがねえよなぁ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】北野武、ハリウッドスターからのオファーに困惑 ジュード・ロウ「俺を使え」→たけし「使いようがねえよなぁ」
五十京φ ★[sage] 2012/10/05(金) 10:08:13.99 ID:???0
    北野武が自ら監督、脚本、編集手掛け主演も務める映画
    『アウトレイジ ビヨンド』の公開に先駆け、
    俳優・加瀬亮とそろってORICON STYLEのインタビューに応じた。
    北野組参加の喜びを語る加瀬の隣で、
    北野監督は海外の俳優からも出演オファーが届いているとポツリ。
    「こないだジュード・ロウはテレビ局まで来たよ。『俺を使え』って」と
    明かしたほか、映画『アベンジャーズ』で来日した
    サミュエル・L・ジャクソンやそのほかのハリウッド俳優からも
    直接出演の申し出があったと告白。
    「みんな使いようがねえよなぁ」と困りながらも笑みを浮かべた。
   
    ヤクザ社会の熾烈な抗争劇を真正面から描いた
    『アウトレイジ』から2年を経ての続編公開。
    前作の“生き残り組”について「加瀬くん、三浦(友和)さん、
    中野(英雄)くんなんかは前作からキャラクターが生き残ってるから、
    今作も出てくれるっていう約束があったんだけど、
    新たに出演いただいた役者陣には、西田(敏行)さんみたいに
    『出たい』って言ってくれた人たちもいた(笑)」と裏話を告白。
   
    西田をはじめ中尾彬、塩見三省、桐谷健太、新井浩文など新参組のなかには、
    自らの熱烈なラブコールで出演権を得た俳優も少なくないようだ。
   
    加瀬は「僕が最初に監督の作品を観たのは『ソナチネ』なんですけど、
    とにかくそれまでに観たことがない世界観と、
    その不思議な感触みたいなものにすごく衝撃を受けました。
    起こっていることは激しいのに、静なる世界として描かれていて。
    やっぱりその独特な世界観というのが、
    北野監督作品のいちばん大きな要素なのだと思っています」
    と北野作品の魅力を分析。
   
    「現場にいても、監督は自分からすると本当に独特なんです。
    台本を読んで想像していることよりも、
    受け取れるものがはるかに多いので、
    いつも現場に行って驚いていたという感じです」と、
    参加の喜び噛みしめながら撮影を振り返った。
   
    映画『アウトレイジ ビヨンド』は6日より公開。
   
    オリコン 2012年10月04日13時42分
    http://news.livedoor.com/article/detail/7014461/続きを読む
広告
最新コメント