↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

シルヴェスター・スタローン、契約不履行で米ワーナー・ブラザースを提訴か

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外芸能】シルヴェスター・スタローン、契約不履行で米ワーナー・ブラザースを提訴か
1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 16:07:40.24 ID:CAP_USER9.net
 映画『ロッキー』シリーズや『エクスペンダブルズ』シリーズの大物俳優シルヴェスター・スタローンが、
1993年の主演作『デモリションマン』を巡り、米ワーナー・ブラザース・エンターテインメントを
詐欺と契約不履行で提訴したという。The WrapやThe Hollywood Reporterなどが伝えた。
 スタローンは自身の会社ローグ・マーブル・プロダクションズが『デモリショマン』で上がった利益を
正当に配当されていないとして、ロサンゼルス高等裁判所に訴えを起こしたとのことだ。

 スタローンは『デモリションマン』が1億2500万ドルの利益を出したらその15%、2億万ドルで17.5%、
2億5000万ドルを超えればその20%の額を受け取る契約になっていたという。
スタローン側の理解だと、作品は少なくとも1億2500万ドル(約136億円)に達しているとのことだが、
ワーナー・ブラザース側から何の連絡もなく、2014年に問い合わせたところ、
2015年後半に黒字どころか6690万ドル(約72億7900万円)の赤字だと伝えられたという。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

Yahoo!ネタりか|2017/4/13 14:30 クランクイン!
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170413-93871678-crankin
no title

シルヴェスター・スタローン

シルヴェスター・スタローン
生年月日1946年7月6日
身長178cm
ジャンル 映画俳優監督製作脚本家
活動期間 1968年-
主な作品
ロッキー』シリーズ
ランボー』シリーズ
エクスペンダブルズ』シリーズ
クリフハンガー
コップランド

シルヴェスター・ガーデンツィオ・スタローン(Sylvester Gardenzio Stallone, 1946年7月6日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画監督脚本家。身長178cm。1970年代から1990年代のアクション映画を代表するスター。60歳を超えた現在でも、鍛え上げた肉体で激しいアクションをこなす映画俳優である。左利き


wikipediaより

続きを読む

シルヴェスター・スタローン…3人の娘が2017年度ミス・ゴールデングローブに?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外芸能】シルヴェスター・スタローン…3人の娘が2017年度ミス・ゴールデングローブに?
1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2016/11/02(水) 23:21:18.22 ID:CAP_USER9.net
 シルヴェスター・スタローンの娘達が2017年度ミス・ゴールデングローブを与えられる可能性が出てきたようだ。
スタローンが妻ジェニファー・フラビンとの間にもうけたスカーレット(14)、システィーン(18)、ソフィア(20)の
3人の娘たちが来年行われるゴールデングローブ賞の席で、
ハリウッド外国人記者協会により輝かしい役どころを与えられることになると報じられている。

 関係者らはニューヨーク・ポスト紙ページシックス欄に、3人は受賞者達をステージにエスコートしたり、
トロフィーを運んだりする役目を務めることになると話しているようだ。

 しかしハリウッド外国人記者協会はまだ最終決定を下していないとコメントしている。

 もし3人が注目のハリウッド2世スターが抜擢されるミス・ゴールデングローブを務めることになれば、初めての3人同時選出ということになる。
2013年にはフランチェスカ・イーストウッドがミス・ゴールデングローブ、サム・マイケル・フォックスがミスター・ゴールデン・グローブを務め、
2人同時にこの役どころを務めていたことがある。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

デイリースポーツ 2016.11.2
http://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2016/11/02/0009631829.shtml
no title

続きを読む

シルヴェスター・スタローンがゴールデン・グローブ賞で助演男優賞受賞!「ロッキーにありがとう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】シルヴェスター・スタローンがゴールデン・グローブ賞で助演男優賞受賞!「ロッキーにありがとう」
1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 15:00:22.99 ID:CAP_USER*.net
現地時間10日、第73回ゴールデン・グローブ賞授賞式が米ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルで行われ、
シルヴェスター・スタローン(69)が『ロッキー』の新たな物語を描いた映画『クリード チャンプを継ぐ男』で
助演男優賞に輝いた。

1977年に『ロッキー』でゴールデン・グローブ賞男優賞(ドラマ)、脚本賞にノミネートされて以来、約40年ぶりに
同じ舞台に戻って来たスタローン。「どうもありがとう。あまり感情的にならないようにしたい」と切り出し、最後は
「想像上の友、ロッキー・バルボアに最高の友としてありがとうと伝えたい」とスピーチを締めくくった。会場では
スタンディングオベーションが起こった。

『クリード チャンプを継ぐ男』(全国公開中)は、スタローンが生んだボクシング映画『ロッキー』の新たな物語で、
ロッキーが、ライバルのアポロ・クリードの息子と再びボクシングの世界に身を投じるさまを活写している。

http://www.cinematoday.jp/page/N0079444

続きを読む

『ロッキー』スピンオフ作品の撮影現場で乱闘、スタローンが激怒して止めに入る

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『ロッキー』スピンオフ作品の撮影現場で乱闘、スタローンが激怒して止めに入る
1: ムービージョー ★@\(^o^)/ 2015/03/04(水) 20:40:28.02 ID:???*.net
『ロッキー』シリーズのスピンオフ作品『Creed』の撮影がペンシルバニア州のアストンで進行中だが、3月2日に撮影現場で本物の乱闘が勃発し、シルヴェスター・スタローンが止めに入る一幕があったという。

リングでのシーンを撮っている最中、プリティ・リッキー役を演じているボクサーのトニー・べリューが 突然リングから飛び降りてコーチ役の俳優に殴りかかった。スタローンは激怒して2人の間に割って入ったそうで、スタッフ数名もそれに加わり乱闘していた両者を引き離したという。

何が原因で乱闘騒ぎになったのかは不明。撮影現場には警察も呼ばれたそうだが、逮捕者が出たのかどうかは明らかにされていない。

『Creed』はロッキー・バルボアの宿敵にして友人だったアポロ・クリードの孫の物語。マイケル・B・ジョーダン演じるアドニス・クリードが、祖父の友人だったロッキーを探し当て、自分のトレーナーになってほしいと頼むと
いうストーリー。

スタローンは再びロッキー・バルボアを演じており、今度はボクサーとしてではなく、若い世代をボクサーに育て
上げるという役どころ。

http://news.walkerplus.com/article/56043/

続きを読む

シルヴェスター・スタローンの愛犬、コヨーテに殺される

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【海外】シルヴェスター・スタローンの愛犬、コヨーテに殺される
◆Penguin/Js @( ´ヮ`)<わはーφ ★[sage] 2013/04/26(金) 20:31:10.15 ID:???0
    今月初めから行方不明になっていたシルヴェスター・スタローンの
    愛犬フィービーが亡くなっていたことが明らかなった。
    フィービーがいなくなったあと、スタローンと家族は自宅近くに
    迷い犬のポスターを貼り、1万ドル(約90万円)の報奨金を
    オファーしていたが、先日、コヨーテに襲われた
    遺体が発見されたとのこと。(1ドル90円計算)
    「フィービーの死で家族全員が非常につらい思いをしています」
    とスポークスマンはTMZ.comにコメントしている。
    スタローンがペットの犬でつらい思いをするのは初めてではなく、
    売れなかったころ、愛犬のブルマスティフのバットカスを売らざるを
    得なかったことを最近のインタビューで語ったばかり。
    「ある店の前でバットカスを100ドル(約9,000円)で売りに出したところ、
    小人のリトル・ジミーというやつが50ドル(約4,500円)なら買うと言ってきたんだ。
    仕方がなく手放して、『ロッキー』の台本が売れてすぐにリトル・ジミーに犬を
    返してほしいとお願いをしに行った。奴は勝負しようと言ってきたけど、
    それは無理なので、3,000ドル(約27万円)と数回の脅迫で
    バットカスは戻ってきたよ」とスタローンは語り、
    映画『ロッキー』にリトル・ジミーを出演させたことも明かしている。
   
    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0052491続きを読む
広告
最新コメント