↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『T2 トレインスポッティング』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.7/10IMDb
2017年 04月 10日時点

no title
予告
続きを読む

「トレインスポッティング」続編の予告編公開、レントンが「結局みんな中毒者だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「トレインスポッティング」続編の予告編公開、レントンが「結局みんな中毒者だ」
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/02/09(木) 18:11:21.65 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/220008
2017年2月9日 7:00

「トレインスポッティング」の続編「T2 トレインスポッティング」の日本版予告編が、YouTubeにて公開された。

1996年に封切られた前作と同様、ダニー・ボイルが監督を務めた本作。
ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライルらが続投し、メインキャラクターを演じる。

このたび公開された予告編は、イギー・ポップの「Lust For Life」をバックに、マクレガー扮するレントンが全力疾走する前作の映像からスタート。
時は2017年に移り、「Facebook、Twitter、Instagram、結局みんな中毒者だ。何かに依存して生きている」というレントンの声が響く。
そして20年ぶりにスコットランドへ戻ってきたレントンが、売春やゆすりで生計を立てるシック・ボーイ、孤独に絶望しているスパッド、刑務所に服役していたベグビーと次々に再会していく。
また、キャリアウーマンになったかつての恋人ダイアンの姿も。終盤には、駅のホームにたたずむ4人が映し出される。

「T2 トレインスポッティング」は、4月8日より東京・丸の内ピカデリーほかにてロードショー。

動画:映画『T2 トレインスポッティング』 予告
https://youtu.be/TzfWRu12gE0



no title

no title

トレインスポッティング

トレインスポッティング
監督ダニー・ボイル
脚本ジョン・ホッジ
出演者 ユアン・マクレガー
ケリー・マクドナルド
ユエン・ブレムナー
ロバート・カーライル
撮影ブライアン・テュファーノ
上映時間94分

トレインスポッティング』(Trainspotting)は、1996年製作のイギリス映画である。ダニー・ボイル監督作品。


wikipediaより

関連記事
続きを読む

サブカルクソ映画「トレインスポッティング」続編が来年公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【全員クズ】サブカルクソ映画「トレインスポッティング」続編が来年公開
1: チキンウィングフェースロック(catv?)@\(^o^)/ [KR] 2016/12/07(水) 12:25:27.80 ID:Y4UohvJ80.net
2017年に続編公開予定の映画「トレインスポッティング」Teeがリバイバル

1996年公開、鬼才ロバート・カーライル監督、ユアン・マクレガー主演で当時の閉塞感漂う英国で未来の無い中に堕落、あるいは成長していく若者の群像劇を描き、
ポップカルチャーに大きな影響を与えた映画「トレインスポッティング」
オリジナルキャストで2017年に公開予定の続編も期待されるところですが、90年代後半、映画の公開と同時に人気だった登場人物のフォトグラフィックをデザインし
たTeeがリバイバル中。数量限定発売で既にサイズ欠けもあるようです。
主人公のレントン他、ジャンキーだがドレッシーなモテ男のシック・ボーイ、アル中で暴力的なバグビー、お人よしのスパッドら個性的な登場人物がプリントされています
http://japanican.officialblog.jp/archives/51508509.html
no title

続きを読む

「トレインスポッティング」の続編製作決定、監督とメインキャストは前作から続投

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「トレインスポッティング」の続編製作決定、監督とメインキャストは前作から続投
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2015/12/07(月) 21:46:00.80 ID:CAP_USER*.net
12月7日(月)12時21分

「トレインスポッティング」の続編製作が決定したと、The Hollywood Reporterなどが報じた。

「トレインスポッティング」は、アーヴィン・ウェルシュの同名小説を
「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイルが1996年に映画化した青春ドラマ。

ドラッグ中毒から抜け出せないスコットランドの若者たちの退廃的な日常を描き、
ボイル、主演のユアン・マクレガーの名を一躍有名にした。

2017年公開予定の続編は再びボイルが監督を務め、脚本も前作を担当した
ジョン・ホッジが手がける。また、マクレガー、ジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナー、
ロバート・カーライルらメインキャストも再び出演。

前作から20年後という設定になること以外、ストーリーについての詳細は明らかにされていない。



・「トレインスポッティング」(写真提供:CHANNEL FOUR FILMS / Allstar Picture Library / ゼータ イメージ)
7a59dea9.jpg


http://natalie.mu/eiga/news/168358

続きを読む

ダニー・ボイル監督が温めてきたデヴィッド・ボウイを描く映画、楽曲使用の許可が下りず、暗礁に乗り上げる

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【音楽】ダニー・ボイル監督が温めてきたデヴィッド・ボウイを描く映画、楽曲使用の許可が下りず、暗礁に乗り上げる
1: 失恋レストラソ ★@\(^o^)/ 2015/11/16(月) 09:02:58.40 ID:???*.net
映画『スラムドッグ$ミリオネア』や『127時間』のダニー・ボイル監督が、長年企画を温めてきたデヴィッド・ボウイを描く映画が、
ボウイ本人が楽曲使用を許可してくれなかったため、暗礁に乗り上げたことを Radio Times の取材で明かした。

ボイル監督は、『ミリオンズ』で組んだ脚本家のフランク・コットレル・ボイスと共に、ボウイの伝記的映画の脚本を執筆してきたが、
残念ながらボウイ本人が、映画に自分の曲が使われることを、一切許可しなかったのだそう。
ボイルは、行き場を失ったボウイ映画の脚本を前に悲しみにくれ、喪失感を埋めるために最新作『スティーブ・ジョブズ』の製作に没頭したと語っている。

「もしボウイの気が変わったら、いつでもこの企画に戻ってくる」と語るボイル監督は、長年ボウイの大ファンで、総合演出を務めたロンドンオリンピックの開会式でも、ボウイの「ヒーローズ」を使用している。

ボイル監督の『スティーブ・ジョブズ』は、現在世界で順次公開中、日本公開は来年2月の予定。


◆シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0078003

続きを読む
広告
最新コメント