↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『ミッション:インポッシブル』第6弾 トム・クルーズ、右足首を骨折と発表 骨折シーンも映画にする

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:『ミッション:インポッシブル』第6弾 トム・クルーズ、右足首を骨折と発表 骨折シーンも映画にする
1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:837857943-PLT(16930).net
米パラマウントが現地時間16日、映画『ミッション:インポッシブル』第6弾のスタントシーンを撮影中にケガを負った
トム・クルーズについて公式声明を発表した。「トム・クルーズは足首を骨折しました。トムが完全に回復するまで撮影は休止します。
トムは皆さんの心配と応援に感謝しており、本作を来夏に皆さんにお見せすることを待ち切れないでいます」とつづられており、
撮影は一時休止となるものの、全米公開日(2018年7月27日)の変更はない。

完璧な出来だったといい、ケガを負ったトムが最初に言ったのは「今の撮れた?」ということ。横たわって動けずにいるトムにそのショットを見せると
「すごくクールだね!」と喜んでいたといい、マッカリー監督はこの“本当に素晴らしい”ショットを映画で使えるように全力を尽くすと宣言。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170817-00000016-flix-movi
何て俳優だ…! - トム・クルーズ
no title

トム・クルーズ

トム・クルーズ(英: Tom Cruise, 1962年7月3日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュース出身の俳優・映画プロデューサー・歌手。身長172cm。



生い立ち

曾祖父のトーマス・クルーズ・メイポーサーはウェールズからの移民である。その他アイルランド・イングランド・ドイツなどの血を引く両親の間に、ニューヨーク州シラキュース市で生まれた。12歳のときに両親が離婚したため、経済的に苦しい生活を送った。


wikipediaより
関連記事

続きを読む

トム・クルーズ スタント失敗で負傷か!?建物の壁激突!「ミッション:インポッシブル6(仮題)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】<トム・クルーズ>スタント失敗で負傷か!?建物の壁激突!「ミッション:インポッシブル 6 (仮題)」
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 09:31:28.16 ID:CAP_USER9.net
トム・クルーズ(55)が現地時間の13日、ロンドン市内で新作「ミッション:インポッシブル 6 (仮題)」のスタントシーンを撮影中にケガを負ったようだ。

【写真】K・ホームズがパリの恋満喫、元夫トム・クルーズは近くで撮影中

 米情報サイトTMZなどが公開したビデオには、身体に命綱をつけたクルーズが、建物から建物へと飛び移るシーンを撮影している最中、着地がうまくいかず、建物の壁に身体を思い切りたたきつけられた様子が映っている。

 なんとか建物の屋上に這い上がったクルーズだが、足を引きずって歩いた後、しばらくその場に膝をつき、うずくまっている姿が映っている。しばらくして立ち上がると、スタッフらの誘導のもと、再びもとの建物へと飛び移って行った。

 クルーズのケガの程度や詳細についてはまだ不明のままで、クルーズの広報や製作会社のパラマントもコメントを発表していない。

 人気アクション・シリーズの6作目となる同作品は、今年4月よりパリ市内でクランクイン。ストーリーの詳細は明かされていないが、クルーズ本人が演じる超絶スタントが目玉となっている同シリーズ。

 前作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」(2015年)では、約1500メートルの上空を時速400キロで飛ぶ軍用機の扉にぶらさがる決死のアクションを披露している。

 前作に続き、共同プロデューサーを務める米スカイダンス・プロダクションCEOのデビッド・エリソン氏は、「トムは今作で、今までやってきたことの全てを超える。彼は前作の撮影が終了した直後から1年間にわたり、トレーニングに励んできた。今回も、驚嘆すべきスタントを見せてくれるだろう」と語っていた。(ニューヨーク=鹿目直子)

8/14(月) 8:08配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170814-01871885-nksports-ent

no title

トム・クルーズ

トム・クルーズ(英: Tom Cruise, 本名: トーマス・クルーズ・メイポーザー4世 (Thomas Cruise Mapother IV)、1962年7月3日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュース出身の俳優・映画プロデューサー。左利き。身長170cm。 生い立ち 曾祖父のトーマス・クルーズ・メイポーザーはウェールズからの移民である。その他アイルランド・イングランド・ドイツなどの血を引く両親の間に、ニューヨーク州シラキュース市で生まれた。12歳のときに両親が離婚したため、経済的に苦しい生活を送った。学生時代はスポーツ(主にレスリング)に熱中するが挫折し、その後演劇に関心を持つようになった。 キャリア 青春映画の端役を演じた後、『卒業白書』の瑞々しい演技で注目され、若手スター候補生(ブラット・パック)のひとりに数えられる。1986年『トップガン』の世界的大ヒットでトップスターの仲間入りを果たした。以降、次々ヒット作に出演し、アクション大作からヒューマンドラマ、社会派作品から作家性の強いアート系作品と、出演作は幅広い。
wikipediaより

続きを読む

『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
5.7/10IMDb
2017年08月03日時点

no title
関連記事

引用元:ザ・マミー 呪われた砂漠の王女 The Mummy
続きを読む

ベッキー:トム・クルーズ主演映画『ザ・マミー』で吹き替え声優に 美しくも恐ろしいミイラ役

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ベッキー:トム・クルーズ主演映画『ザ・マミー』で吹き替え声優に 美しくも恐ろしいミイラ役
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 05:13:13.58 ID:CAP_USER9.net
2017年07月06日

ベッキー:トム・クルーズ主演映画で吹き替え声優に 美しくも恐ろしいミイラ役

 タレントのベッキーさんが、トム・クルーズさんの主演映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」(アレックス・カーツマン監督)の日本語吹き替え版で声優を務めることが6日、明らかになった。
ベッキーさんは「今回、お話をいただいてすごくうれしかったです。トム・クルーズ主演映画の吹き替え版と聞いて、それだけで『やらせていただきたい!』と思い、本当に光栄でした」とコメントしている。

 映画は、中東の砂漠やロンドンの地下迷宮を舞台にしたアクションアドベンチャー。米軍関係者のニック(クルーズさん)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリスさん)は中東で、謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見する。
調査のため棺を輸送するが、途中で飛行機が墜落。即死だったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられており、ニックは混乱しながらも棺の行方を探すために動き出す。
一方、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオに裏切られ、復讐(ふくしゅう)のために邪悪なモンスターと化し、棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラさん)がよみがえり、人類への復讐を始めようとしていた……というストーリー。

 ベッキーさんは王女アマネットの吹き替えを担当し、ニックの吹き替えは声優の森川智之さんが務める。
ベッキーさんは「アマネットは邪悪な王女ですが、ただ邪悪なだけではなく、大きな悲しみを抱えていて、強く見えて繊細なキャラクターなので、そのお芝居が楽しくもあり、大変でした」と役について話している。
また、「普段バラエティーなどでは声を高く張るのですが、今回はぐっと抑える大人っぽい感じで、やりがいがありました」とアフレコを振り返った。
また「私が演じるアマネット役の女優、ソフィア・ブテラさんが、実は私の妹(ジェシカ)の友達だったんです! それをアフレコ直前に知って、驚きました!!」と出演女優との意外な関係も明かした。映画は28日公開。


映画「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女」の日本語吹き替え版で声優を務めるベッキーさん
no title
no title
no title
https://mantan-web.jp/2017/07/06/20170705dog00m200014000c.html

続きを読む

「トップガン」続編2019年7月公開、監督も決定 トム・クルーズは教官役で女性パイロットを育てる

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「トップガン」続編2019年7月公開、監督も決定 トム・クルーズは教官役で女性パイロットを育てる
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 12:08:40.49 ID:CAP_USER9.net
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1849050.html
2017年7月2日11時25分

1986年に大ヒットしたトム・クルーズ主演の映画「トップガン」の続編が、2019年7月に公開されることが決まった。

オリジナルの公開から33年ぶりに製作されるファン待望の続編「トップガン:マーベリック(原題)」には、クルーズがマーベリック役で復帰することが決まっており、ジョセフ・コジンスキー監督がメガホンを取るという。

プロデューサーのジェリー・ブラックハイマー氏が米国時間の30日、ツイッターで、「公式発表できることに興奮している。ジョセフ・コジンスキーが監督を務める。”トップガン”は2019年7月12日に劇場公開となる」と発表した。

米映画業界紙バラエティによると、クルーズは最近、2013年公開の映画「オブリビオン」でもチームを組んだコジンスキー監督と会い、続編製作について話し合った結果、同監督のビジョンにいたく感心したという。

クルーズは先月初め、TVインタビューで、「来年には続編の撮影がスタートする」と発表。
続編はオリジナルと似たストーリーになるとしたうえで、「スピードを愛する飛行士たちが戻ってくる。巨大で速いマシンたちも。1作目と同様、競争を描いた作品だが、マーベリックの進歩も描かれる」と語った。

続編が製作されるとの憶測は2008年から渦巻いていたが、関係者は当時、「マーベリックはトップガンを育成する学校の教官で、今度は自分が自信家の新しい女性パイロットを育てることになる」と明かしていた。
(ニューヨーク=鹿目直子)

no title
関連記事

トップガン (映画)

『トップガン』(Top Gun)は、1986年のアメリカ映画。アメリカ海軍の戦闘機パイロットの青春群像を描いた航空アクション映画である。 1986年度の全米興行成績1位を記録し、日本でも1987年度の洋画配給収入1位を記録した。本作の大ヒットにより、主演のトム・クルーズは一躍トップスターの仲間入りを果たした。助演のヴァル・キルマー、メグ・ライアン、ティム・ロビンスら、若手俳優の出世作としても知られる。 「トップガン (Top Gun)」とは、アメリカ海軍戦闘機兵器学校のことで、エリート戦闘機パイロットの上位1パーセントのパイロット達の空中戦技を指導するために造られた養成機関である。本作の製作当時は劇中の通り、カリフォルニア州サンディエゴ近郊のミラマー海軍航空基地 (Naval Air Station Miramar) にあったが、1996年にネバダ州のファロン海軍航空基地へ移転している。
wikipediaより

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント