↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

スピルバーグ最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が3月公開決定、メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:スピルバーグ最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が3月公開決定、メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演
1: 豆次郎 ★ 2017/11/14(火) 11:26:51.96 ID:CAP_USER9.net
2017年11月14日 8:00

スティーヴン・スピルバーグ最新作「The Post」が「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」の邦題で2018年3月より公開される。

メリル・ストリープトム・ハンクスが初共演を果たした本作。1971年、泥沼化するベトナム戦争を背景にアメリカ国防総省がひた隠しにする文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をスクープした実在のジャーナリストたちの姿が描かれる。ワシントンポストの発行人キャサリン・グラハムをストリープ、彼女の部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをハンクスが演じたほか、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォードらがキャストに名を連ねた。なおハンクスがスピルバーグの映画に出演するのは、「ブリッジ・オブ・スパイ」以来5度目となる。

リズ・ハンナと、「スポットライト 世紀のスクープ」で第88回アカデミー賞脚本賞を獲得したジョシュ・シンガーが脚本を手がけた「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、全国でロードショー。なおアメリカでは12月22日に封切られる。

http://natalie.mu/eiga/news/256645
no title

関連記事

スティーヴン・スピルバーグ

スティーヴン・アラン・スピルバーグSteven Allan Spielberg, 1946年12月18日 - ) は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。アメリカ映画アカデミー会員。大英帝国勲章 (KBE) 受章。



経歴

幼少時代

オハイオ州シンシナティでウクライナ系ユダヤ人の家庭に生まれ、アリゾナ州に育つ。古い資料では1947年生まれとなっているが、これはスピルバーグが長年1947年生まれと偽ってきたためで、1946年生まれが正しい。


wikipediaより

メリル・ストリープ

メリル・ストリープMeryl Streep, 本名: メアリー・ルイーズ・ストリープ、Mary Louise Streep, 1949年6月22日 - )は、アメリカ合衆国の女優。



来歴

生い立ち

ニュージャージー州サミット出身。父親のハリー・ウィリアム・ストリープは製薬会社の役員、母親のメアリー・W・ストリープはコマーシャル・アーティスト。 スイス、ドイツ、アイルランド、イングランドの血を引くオランダ系アメリカ人である。 ストリープという名前は、アメリカに移住する当時、彼女の先祖が自らの名前(苗字)に線を引いた(=ストライプを引いた)ことに因む。


wikipediaより

トム・ハンクス

トーマス・ジェフリー・"トム"・ハンクスThomas Jeffrey "Tom" Hanks、1956年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサー。身長185cm。



来歴

全米長寿バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』や、『スプラッシュ』『メイフィールドの怪人たち』『ビッグ』といった軽妙なコメディ映画を得意とする若手コメディアンとして活躍していた。

カリフォルニア州コンコード生まれ。父親は料理人、母親は病院職員。


wikipediaより

続きを読む

『ザ・サークル』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

スピルバーグ監督&トム・ハンクス&メリル・ストリープ、大御所3人が新作でタッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】スピルバーグ監督&トム・ハンクス&メリル・ストリープ、大御所3人が新作でタッグ
1: Tangled ★@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 21:51:00.44 ID:CAP_USER9.net
 映画『シンドラーのリスト』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などのヒットメーカー、スティーヴン・スピルバーグ監督が、トム・ハンクスとメリル・ストリープという二大オスカー俳優の共演が実現する実話ベースの新作『The Post(原題)』でメガホンを取ることが決まったという。DeadlineやThe Wrapなどが伝えた。

実話に基づく『The Post(原題)』は、1971年に起きたペンタゴン・ペーパーズ暴露事件における米紙ワシントン・ポストの役割をクローズアップする作品になるという。

 通称ペンタゴン・ペーパーズはベトナム戦争が激化する中、当時の国防長官ロバート・マクナマラのもとで作成されたベトナム戦争の実情に関する極秘文書のこと。
執筆者の1人だったダニエル・エルズバーグがニューヨーク・タイムズ紙とワシントン・ポスト紙に文書のコピーを持ち込み、その一部が公表された。当時のニクソン政権は新聞社を提訴して記事の差し止めを要求したが、敗訴している。

 映画は政府の圧力に屈さなかったワシントン・ポスト紙の編集者ベン・ブラッドリーと、社主キャサリン・グラハムを中心に描かれるとのことだ。トムはブラッドリー、メリルはグラハムを演じる予定。

 スピルバーグが監督としてトムとタッグを組むのは、映画『プライベート・ライアン』(98)、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(02)、『ターミナル』(04)、『ブリッジ・オブ・スパイ』(15)に続いて今回で5度目となる。
メリルはスピルバーグ監督の2001年作『A.I.』でブルー・フェアリー役のボイスキャストを務めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00048700-crankinn-movi
no title

続きを読む

『王様のためのホログラム』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
6.1/10IMDb
2017年 02月 16日時点

no title
予告
続きを読む

『インフェルノ』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
6.5/10IMDb
2016年 10月 30日時点

no title
予告
続きを読む
広告
オススメ
最新コメント