↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『ワイルド・スピード ICE BREAK』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.3/10IMDb
2017年 05月 03日時点

no title
予告
続きを読む

『モアナと伝説の海』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.8/10IMDb
2017年 03月 12日時点

no title
予告
続きを読む

ドウェイン・ジョンソン 44歳、米誌『People』の最もセクシーな男性に!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【海外芸能】ドウェイン・ジョンソン 44歳、米誌『People』の最もセクシーな男性に!
1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 18:57:18.65 ID:CAP_USER9.net
 毎年この時期になると発表される、米誌『People』の「最もセクシーな男性(Sexiest Man Alive)」。
今年、その呼び名に相応しい人物として同誌が発表したのは、
映画『ワイルド・スピード』シリーズなどでお馴染みの俳優兼プロレスラー、ドウェイン・ジョンソン(44)であった。

このほどドウェイン・ジョンソンが米誌『People』の取材に応じ、今年の「最もセクシーな男性」に選ばれた感想をこう語った。

「俺はこう言ったよ、『すげえや』って。それからなんてクールで素晴らしいことか、じっくり考えたさ。
その後はこう思ったね。『ワオ、これって頂点まで来たようなもんだよな』って。ここからどういう方向に進むのかは自分でもよく分からないね。」

身長約196センチ、現在の体重は111キロ超というドウェインは、ファンにどのような点をセクシーと評価されているかについて、
自身の考えをこう明かしている。

「まあ、ユーモアのセンスかな。それにセクシーでいようと努力するだけじゃなく、映画でクールかつ自信タップリに振る舞うことかな。」

また「顔はひとつしかないからな」というドウェインは肌の手入れもしているのだそう。
ちなみに日本人女性から「薄毛男性は苦手」という声も聞かれるが、欧米では髪の有無は男性の魅力にさほど影響を与えなくなってきた。

~続き・詳細 は以下引用元をご覧ください~

Yahoo!ネタりか|2016/11/16 10:26 Techinsight
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20161116-86990888-techinq
no title

ドウェイン・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソン
身長196cm

ザ・ロックThe Rock)ことドウェイン・ジョンソンDwayne Douglas Johnson1972年5月2日 - )は、アメリカ合衆国俳優プロレスラートリプルHジ・アンダーテイカーストーン・コールド・スティーブ・オースチンと並び、1990年代末から2000年代初頭にかけてビッグ4として、WWEの代表的な選手である。現在は本名名義で俳優活動をメインとしている。


wikipediaより

続きを読む

世界で最も稼ぐ俳優は“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】世界で最も稼ぐ俳優は“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン
1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2016/08/28(日) 18:34:50.04 ID:CAP_USER9.net
アイアンマンを打ち負かしたのは、伝説のプロレスラー。
「Forbes」の“世界で最も稼ぐ俳優”リストで、ロバート・ダウニー・Jr.から首位を奪ってみせたのは、
“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソンだった。

2015年6月から2016年6月にかけてジョンソンが稼いだ金額は、6,450万ドル(約65億円)。
ひとつ前の年は3,100万ドルで、11位だった。

今年、大きく飛躍したのは、プロデューサーも兼任した主演作「カリフォルニア・ダウン」とHBOの主演ドラマ
「Ballers」がヒットしたこと、来年公開予定の「ワイルド・スピード8」と「Baywatch」のギャラを前払いでもらったことなどが大きい。
ちなみに2位はジャッキー・チェン。その後はマット・デイモン、トム・クルーズ、ジョニー・デップが続く。
このニュースを受けて、ジョンソンは、「僕は時給7ドルで始めたんだ。僕が乗り越えられたんだから、君も乗り越えられる」とツイートした。

実際、ジョンソンは、多くのことを乗り越えてきた人だ。
お金のない家に育ち、高校時代は素行が悪く、警察のお世話にもなったが、フットボールで奨学金をもらい、マイアミ大学を卒業した。
プロ入りを果たすも、すぐに契約を切られ、祖父、父が職業としたプロレスラーへと転向する。

筆者は過去に何度もジョンソンをインタビューしているが、その都度、彼の人柄に感動させられてきている。
たとえば、2011年に会った時に語ってくれた、「次の5年に達成すべきことリスト」は、彼の成功を説明するものだと思う。

「22歳の時に初めて、次の5年で何を達成したいかをリスト出ししたんだよ。
僕は、家族で初めて大学を卒業した人なんだが、それはリストに挙げたひとつだった。それに、両親に家を買ってあげること。
僕らは一軒家に住んだことがなかったんだ。当時ホームレスだった祖母を助けることも入っていた。そうしたかったけど、
僕らにもお金がなかったんだよ。それから1年以内に、僕は祖母に住むところを与えてあげることができた。
あとひとつは、大学時代の恋人と結婚すること。それもやったよ。目標を決めることは大事だが、実際に行動することも大事だ。
何かを強烈に望むことには意味があるが、そのための真剣な努力をしないとだめ。」

“ザ・ロック”としてWWEで大活躍したジョンソンは、2001年、「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」で映画俳優としてデビューを果たす。
翌年には、そのスピンオフ映画「スコーピオン・キング」で初めて主演の座を得るが、当時、彼がここまで成功すると見抜いていた人は、少なかっただろう。
アーノルド・シュワルツェネッガーの前例があるとはいえ、アスリートが俳優に転向するのは、
実際のところ、かなり大変なことなのだ。2014年に取材した時、彼はそのことについても語ってくれている。

>>2以降に続く)

http://bylines.news.yahoo.co.jp/saruwatariyuki/20160827-00061567/
http://www.afpbb.com/articles/-/3098749
no title

続きを読む

『ワイルド・スピード』第8弾、ロック様が共演者に激怒「チキン野郎!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『ワイルド・スピード』第8弾、ロック様が共演者に激怒「チキン野郎!」
1: どれみ ★@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 19:56:00.01 ID:CAP_USER9.net
ロック様ことドウェイン・ジョンソンが、現在制作中の映画『ワイルド・スピード』シリーズ第8弾の男性共演者に激怒。
怒りの長文メッセージを、人間を壁にたたきつける自身の映像に添えてInstagramで公開した。

今週で撮影が終わるというドウェインは、いかにこのシリーズが自分にとって特別なものであるかを述べた上で
「ものすごく働き者なクルーたち。ユニバーサル(・ピクチャーズ)も素晴らしいパートナーだ。女優陣はいつだって アメイジングで、彼女たちが大好きだ」とスタッフとミシェル・ロドリゲスやシリーズ初参戦となるシャーリーズ・セロン、 ヘレン・ミレンら女優陣を絶賛。

「だが、俳優陣は話が別だ」と一気にトーンを変えると、「一人前の男として、真のプロフェッショナルとして振る舞う者もいるが、そうじゃない者もいる。奴らはチキン野郎すぎてそもそも何にもできやしねえ。臆病者が」と何人かの男性共演者についてはバッサリ切り捨てた。

「来年4月に公開される映画を観れば、いくつかのシーンで俺が演技でなくマジでブチ切れていると思う」と撮影中は怒り狂っていたと明かし、それによってリアリティーが増したため、逆によかったかもとつづっている。

ドウェインはその俳優たちの名前は明かさなかったが、男性の共演者にはヴィン・ディーゼル、タイリース・ギブソン、ジェイソン・ステイサム、カート・ラッセル、リュダクリス、ルーカス・ブラック、スコット・イーストウッドなどがいる。

怒っているジョンソンさん
no title


http://www.cinematoday.jp/page/N0085199

続きを読む
広告
最新コメント