↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「バイオハザード」シリーズ、ジェームズ・ワンがリブート

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「バイオハザード」シリーズ、ジェームズ・ワンがリブート
1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2017/05/25(木) 18:05:08.15 ID:CAP_USER9.net
[映画.com ニュース]「ワイルド・スピード SKY MISSION」「ソウ」「死霊館」シリーズなどで知られるヒットメイカーのジェームズ・ワンが、
ミラ・ジョボビッチ主演の人気サバイバルアクション「バイオハザード」シリーズをリブートすることがわかった。
米Deadlineによれば、グレッグ・ルッソの脚本をもとに、ワンがプロデュースし、キャストも一新されるという。なお、監督はまだ発表されていない。

カプコンの人気ゲームを映画化した大ヒットシリーズ「バイオハザード」は、昨年末に日本公開された第6作「バイオハザード ザ・ファイナル」で完結。
ジョボビッチの夫ポール・W・S・アンダーソン監督が、2&3作目をのぞいてメガホンをとってきた。シリーズ全作の世界興収は計12億ドルで、ビデオゲームの映画化としては史上最高のヒットシリーズとして知られる。

ちなみに、ワンと脚本家のルッソは、アンダーソン監督が人気ゲームを実写化した1995年のアクション映画「モータル・コンバット」のリブート企画も準備中だ。
こちらは、CMディレクターのサイモン・マコイッドが監督する。
ワンは現在、監督を務めるDC映画「アクアマン(原題)」(ジェイソン・モモア主演)の撮影に入っており、
そのほかにもリブート版「モータル・コンバット」をはじめ、多数のプロデュース作品を抱えている。

http://eiga.com/news/20170525/9/
no title

ジェームズ・ワン

ジェームズ・ワン
生年月日1977年2月26日
職業 映画プロデューサー映画監督脚本家
ジャンル映画
活動期間1999年 -
主な作品
ソウ』シリーズ
インシディアス
死霊館

ジェームズ・ワンJames Wan1977年2月26日 - )は、オーストラリア映画プロデューサー映画監督脚本家ホラースリラーミステリーなどの分野で活動している。


wikipediaより

続きを読む

『バイオハザード:ザ・ファイナル』見終わったんだけどシリーズ最高傑作のホラーアクション映画でラストは感動した

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:『バイオハザード:ザ・ファイナル』見終わったんだけどシリーズ最高傑作のホラーアクション映画でラストは感動した
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 21:46:39.794 ID:ANzNBGK7K.net
ローラ雑魚すぎ
no title

続きを読む

バイオハザード7ってこれバイオじゃなくて洋画のスプラッター映画でしょ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:バイオハザード7ってこれバイオじゃなくて洋画のスプラッター映画でしょ
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/01/25(水) 13:20:28.206 ID:HasQcRId0.net
悪魔のいけにえとかそこら辺の
恐怖を売りにするのはいいけど他所のところの恐怖やん
no title

続きを読む

『バイオハザード』監督「映画は女性と銃だけで成り立つ。このコンセプトはクールでセクシー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『バイオハザード』監督「映画は女性と銃だけで成り立つ。このコンセプトはクールでセクシー」
1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/12/23(金) 00:08:17.86 ID:CAP_USER9.net
◆バイオハザード監督 「女性と銃だけで映画は成り立つ」

1作目から15年、ついにシリーズが完結する。
今週23日に世界最速で公開される「バイオハザード:ザ・ファイナル」(ソニー・ピクチャーズ配給)。
全6作品の製作に関わってきたポール・W・S・アンダーソン氏(51)に思いの丈を聞いた。

写真:「バイオハザード」シリーズ監督のポール・W・S・アンダーソン氏
no title


「バイオハザード」シリーズは、日本のゲームメーカー「カプコン」が開発した、
同名のサバイバルアクションゲームを実写映画化したもの。
ユニークな試みはゲームを知らない人にも支持され、爆発的人気を博した。
今作で明かされる主人公アリスの出生の秘密は、1作目を製作していた時から決めていたという。

「ずっと胸の内に秘めていたものをようやく明かすことができたね。
シリーズが始まった当時のハリウッドでは、女性が主人公の作品は珍しかったんだ。
アクションゲームの世界と違って、アクション映画では、男性が主役になる。
女性はサポートする存在としてしか描かれない。だからバイオハザードは例外的だった。
でも、ジャン・リュック・ゴダールも言っているように、女性と銃だけで映画は成り立つ。
このコンセプトはクールでセクシーだよね」

主人公は実の妻のミラ・ジョボビッチ(41)。彼女もクール&セクシーだ。

◇妻・ミラは「いつでも本音」

「僕が育ったのはイギリス北部の炭鉱の町。男は炭鉱で働き、その間、女性が家を守る。
母を含め、身近な女性は皆、強かったし、そういう女性に引かれる。
だから、ミラにも引かれたんだろうね。
監督という職業は成功を収めていくと本音を話してくれる人がいなくなる。
周囲から気を使われ、驕り、その結果、迷走してしまう場合もある。
その点、ミラはいつでも本音。アイデアやダメ出しもしてくれる。ミラさまさまだよ」

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

日刊ゲンダイ 2016年12月22日
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/196257/1
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/196257/2

続きを読む

中島美嘉が初アクション!「バイオハザードV リトリビューション」でミラ・ジョヴォヴィッチと血しぶきバトル

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】中島美嘉が初アクション!「バイオハザードV リトリビューション」でミラ・ジョヴォヴィッチと血しぶきバトル
禿の月φ ★[sage] 2012/01/23(月) 06:33:17.32 ID:???P
    歌手の中島美嘉(28)がハリウッド映画「バイオハザードV リトリビューション」
    (ポール・WS・アンダーソン監督、9月14日公開)に出演することが
    22日、分かった。
    人気シリーズの第5弾で、前作に引き続きアンデッド(ゾンビ)役を演じる。
    このほど、カナダ・トロントで主演女優ミラ・ジョヴォヴィッチ(36)との
    格闘シーンに挑戦した中島は「初めてのことだらけで楽しかった」。
    監督とミラは「またミカと一緒に仕事がしたい」とラブコールを送った。
   
    ド迫力だった。中島は口から血しぶきをまき散らしながら
    ミラ・ジョヴォヴィッチに襲いかかった。
    うなり声を上げながら蹴りやパンチを繰り出す。
    反撃に遭うと、チェーンで殴りつけられた。
    「必死でした。でもすごく楽しかった」。迫真の演技に、
    ハリウッドのベテランスタッフから拍手が沸き起こった。
   
    プロモーションビデオを見た監督からオファーが届き、
    2010年公開の前作に出演した。
    東京・渋谷の街で最初にアンデッド(ゾンビ)化する女性
    「J Pop Girl」役。今作も同じ役で出演。
    前作では主要キャストとの共演シーンがなかったが、
    今度はミラとの絡みがたっぷり。
    “ガチンコ対決”は見どころのひとつだ。
    「パート4に出られたことが奇跡だと思っていたので驚きました。
    私でいいのかなと。楽しみでもあったし、あまり英語が話せないので
    不安もありました」と振り返った。
    (>>2以降に続きます)
   
    ソース:スポーツ報知
    http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20120123-OHT1T00015.htm続きを読む
広告
オススメ
最新コメント