↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

ディズニー/ピクサー最新作『Coco』のティーザー・トレーラー映像が公開 音楽を禁じられた一族に生まれた少年が主人公

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ディズニー/ピクサー最新作『Coco』のティーザー・トレーラー映像が公開 音楽を禁じられた一族に生まれた少年が主人公
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 21:25:03.00 ID:CAP_USER9.net
音楽を禁じられた一族に生まれた少年が主人公、ディズニー/ピクサー最新作『Coco』のティーザー・トレーラー映像が公開
2017/03/16 05:19

音楽を禁じられた一族に生まれながらも音楽に憧れを持つ12歳の少年ミゲル。
ある日、亡き憧れの歌手の墓で遺品のギターを演奏した彼は死者の国に迷い込み、祖先たちと出会うのだった…。ディズニー/ピクサーの新アニメーション映画『ココばあちゃんのバラード(原題:Coco)』のティーザー・トレーラー映像が公開。

監督は『トイ・ストーリー3』を手掛けたリー・アンクリッチ。全米公開は2017年11月22日予定。

●『ココばあちゃんのバラード(原題:Coco)』

<あらすじ>

主人公は12歳の少年ミゲル。彼は、曽祖父が音楽家としての夢を追いかけて妻のイメルダを捨てたことが原因で音楽を禁じられた、リヴェラ家で育った。
ある日、亡き憧れの歌手アーネスト・デ・ラ・クルズの墓で遺品のギターを演奏したミゲルは、死者の国に迷い込む。そこで出会った詐欺師のヘクターと共に旅に出たミゲルは、リヴェラ家の祖先たちと出会う

<キャスト>
ミゲル = アンソニー・ゴンザレス
イメルダ = レニー・ヴィクター
アーネス・デ・ラ・クルズ = ベンジャミン・ブラット
ヘクター = ガエル・ガルシア・ベルナル


・Coco
no title

http://amass.jp/86078/


∥動画∥
Coco Official US Teaser Trailer [Disney・Pixar]
https://www.youtube.com/watch?v=zNCz4mQzfEI

リー・アンクリッチ

リー・アンクリッチ
生年月日1967年8月8日
国籍アメリカ合衆国

リー・アンクリッチLee Unkrich, 1967年8月8日 - )はアメリカ映画監督編集技師


wikipediaより

続きを読む

米ディズニー、映画「カーズ」めぐる中国の著作権侵害で勝訴

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【裁判】米ディズニー、映画「カーズ」めぐる中国の著作権侵害で勝訴[12/31]
1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2016/12/31(土) 14:37:57.26 ID:CAP_USER.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000018-jij_afp-ent
AFP=時事 12/31(土) 13:55配信

【AFP=時事】米ウォルト・ディズニー・スタジオ(Walt Disney Studios)傘下のピクサー・アニメーション・スタジオ(Pixar Animation Studios)のアニメーション映画「カーズ(Cars)」シリーズを模倣しているとして、同社が中国の製作会社「BlueMTV」を訴えていた著作権侵害訴訟で30日、ディズニー側が勝訴した。模倣品や偽造品の多さで知られる中国で外国企業が勝訴するまれな判決となった。

 上海(Shanghai)市の高級人民法院は声明で、昨年公開された中国のアニメ映画『汽車人総動員(The Autobots)』を製作したBlueMTVとその映画配給会社に対し、ディズニーの著作権の侵害を止めるよう命じた。また中国側に対し、賠償と裁判費用を含む135万元(約2300万円)をディズニーに支払うよう命じた。

 同法院は「汽車人総動員」の主要キャラクターのデザインは「カーズ」シリーズを模倣したもので、ディズニーおよび傘下のピクサーの著作権を侵害していると判断した。また中国映画の題名も、ディズニー映画の中国語タイトルと音や意味が酷似しており「不正競争」にあたると指摘した。
no title

続きを読む

『ファインディング・ドリー』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.9/10IMDb
2016年 07月 18日時点

no title
予告
続きを読む

『アーロと少年』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
6.8/10IMDb
2016年3月24日時点
予告
続きを読む

日本作品受賞ならず…『インサイド・ヘッド』が最多10部門受賞“アニメ界のアカデミー賞”アニー賞授賞結果 (シネマトゥデイ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】 日本作品受賞ならず…『インサイド・ヘッド』が最多10部門受賞“アニメ界のアカデミー賞”アニー賞授賞結果 (シネマトゥデイ)
1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/02/07(日) 21:00:14.55 ID:CAP_USER*.net
2016年2月7日 15時28分

 現地時間6日、国際アニメーション協会(ASIFA)が主催する“アニメ界のアカデミー賞”ことアニー賞の授賞式が米ロサンゼルスで開催されたが、
映画部門の監督賞、脚本賞、インディペンデント作品賞の3部門にノミネートされていた映画『思い出のマーニー』は残念ながらいずれも受賞ならず。ディズニー/ピクサーによる映画『インサイド・ヘッド』が作品賞などの主要部門を総なめし、最多10部門受賞を果たした。

【映像】映画『インサイド・ヘッド

 またインディペンデント作品賞には、日本から『思い出のマーニー』のほか、『バケモノの子』もノミネートされていたがこちらも受賞ならず。同賞には、ブラジル発の長編アニメ『父を探して』が輝いた。

 『インサイド・ヘッド』は、作品賞のほか、映画部門の監督賞、脚本賞、声優賞、プロダクトデザイン賞、キャラクターアニメーション賞、音楽賞、キャラクターデザイン賞、編集賞、ストーリーボード賞を獲得。
同作は、現地時間2月28日に授賞式が行われる第88回アカデミー賞の長編アニメ映画賞にもノミネート中。
同部門には『アノマリサ(原題) / Anomalisa』『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』『父を探して』『思い出のマーニー』もノミネートされているが、これらの作品に圧倒的な差を見せつける結果になった。(編集部・井本早紀)

アニー賞主要部門結果

作品賞

『インサイド・ヘッド』(監督:ピート・ドクター)

インディペンデント作品賞

『父を探して』(監督:アレ・アブレウ)

短編作品賞

『明日の世界』(監督:ドン・ハーツフェルト)

一般向けテレビ・ブロードキャスト部門作品賞

「シンプソンズ」

映画部門監督賞

『インサイド・ヘッド』ピート・ドクター

映画部門脚本賞

『インサイド・ヘッド』ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:シネマトゥデイ http://www.cinematoday.jp/page/N0080170
no title

続きを読む
広告
最新コメント