引用元:英俳優が映画「ヘルボーイ」を降板。原作で日系人の役になぜ白人がと批判
1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:306759112-BRZ(11000).net
英俳優のエド・スクレイン氏(34)は28日、映画シリーズ「ヘルボーイ」の最新版への出演を取りやめると発表した。
スクレイン氏の役は原作コミックでは日系米国人だったため、
白人以外の役を白人が演じるのは「ホワイトウォッシュ」(訳注・本来は「白く塗りつぶす」から転じて「ごまかす」「問題を隠す」などの意味)にあたるとの批判が出ていた。

スクレイン氏は、「ヘルボーイ」シリーズを一から仕切り直す「リブート(再起動)」版映画で、ベン・デミオ少佐を演じる予定だった。
スクレイン氏はツイッターで、「適切な配役」実現のために辞退すると声明をツイートした。

約3万4000人のフォロワーに対してスクレイン氏は、日系米国人の登場人物に自分がキャスティングされたことで、
大勢が「真剣に激しくやりとりし、不快に思ったのは無理もない」と書いた。

「この役を文化的に正確に表現することが、大勢の人にとって重要なのは明らかです。
その責任を無視などしたら、人種的少数派の物語と声を芸術からかき消そうとする気になる傾向に、さらに一役買うことになってしまう」

スクレイン氏の発表を受けてソーシャルメディアでは、従来のファン以外からも称賛の声が上がった。

あるユーザーは、「あなたの行動に感謝します。フォロワーが1人増えましたよ。次の出演作は必ず見逃さないようにします」とコメントした。




英俳優、映画を降板 原作で日系人の役になぜ白人がと批判
http://www.bbc.com/japanese/41079356

no title

ヘルボーイ

ヘルボーイHellboy)は、1994年にアメリカのダークホースコミックスから刊行されたマイク・ミニョーラ作のアメコミのシリーズ名、およびその主人公である架空のヒーロー。

独特の画風と作風が話題となり、映画化(詳細はヘルボーイ (映画)を参照)もされた。日本語版コミックも発売されている。 長編一部と二部、短編で作品の雰囲気がかなり変化する。



概要

第二次世界大戦末期、敗色濃厚な戦況の逆転を目論むナチス・ドイツは、怪僧ラスプーチンの提案により、強大な力をもたらすとされる魔術の儀式を執行した。


wikipediaより
関連記事

続きを読む