引用元:【映画】北野武監督5年ぶりベネチア「よくぞ呼んでくれた」
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/09/08(金) 09:50:44.63 ID:CAP_USER9.net
北野武監督(70)が7日夜(日本時間8日未明)、ベネチア映画祭のため現地入りした。
最新作「アウトレイジ 最終章」(10月7日公開)が、映画祭のクロージング上映作品に選ばれている。

5年ぶり9回目のベネチア映画祭。空港には軽い足取りで現れた。

取材に「(長時間のフライトで)疲れて弱ったよ」と笑顔で応え、「クロージングの映画だから、人がいるのかどうか(笑い) 誰もいないんじゃないか」と、ベネチアでも早速“たけし節”をさく裂させた。

クロージング作品に選ばれたことについては、「暴力映画だから、今の時代に合わないんじゃない? よくぞ呼んでくれたと思うよ」と感謝を示した。

http://news.livedoor.com/article/detail/13583236/
2017年9月8日 6時35分 日刊スポーツ

no title

北野武

『ビートたけし』より : ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のコメディアン、タレント、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。日本国外では本名名義の映画監督・北野 武としての知名度が極めて高い。 東京都足立区島根出身。オフィス北野所属。 1980年代初頭に起こった漫才ブームの中で社会風刺を題材としたシニカルな笑いツービートで人気を獲得、フジテレビTHE MANZAIやその後継であったオレたちひょうきん族らに出演し番組が大ヒット、一般人、芸能人(特に後輩芸人)問わず未だに発言や行動に多大な影響力をもつ人物の一人。 1990年代頃より司会業や映画監督業が中心で、中には20年以上続く番組がある。 映画監督時や『平成教育委員会』(フジテレビ系列)などの番組では本名の「北野武」名義を用い、その他の番組、映画で出演するときは芸名の「ビートたけし」でタレント活動している。これに関して、2010年(平成22年)5月9日放送『平成教育委員会』では、「アカデミックな場所では『北野武』または『マス北野』、芸人として出る時は『ビートたけし』で使い分けている」との旨を述べた。
wikipediaより

続きを読む