↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『SING シング』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.2/10IMDb
2017年 03月 19日時点

no title
予告
続きを読む

『追憶の森』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
5.5/10IMDb
2016年5月6日時点

no title
 
予告
続きを読む

“しゃべり過ぎ”マシュー・マコノヒーに渡辺謙が呆れ顔!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】 “しゃべり過ぎ”オスカー俳優に渡辺謙が呆れ顔!?
1: casillas ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 20:38:35.97 ID:CAP_USER*.net
オスカー俳優マシュー・マコノヒーと渡辺謙がタッグを組んだ“泣けるミステリー”『追憶の森』が、4月29日(金)より公開される。
それに先駆け、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて開催されたプレミアイベントに渡辺謙が登場!ユニークなマシュー・マコノヒーのVTRメッセージに渡辺&会場は大笑いだった。

4月17日(日本時間)に、大盛況の内に幕を閉じたブロードウェイミュージカル「王様と私」の公演終了後、公の場に登場するのは初となった渡辺。『追憶の森』での撮影秘話などを披露した。

残念ながら今回、来日が実現しなかったマシューは、ビデオメッセージで登場。「ケンとの共演は念願だった。
ケンは独特の雰囲気があって威厳を感じる。まさに“王様”のようだよ」と持ち上げ、「それにあんなにユーモアがあるとは。現場では笑い話で和んだよ」とニッコリ。

「渋谷で撮影した最初のテイクは使われなかったね。なぜ使われなかったのかはケンが話したら?(笑)」と話題を提供しつつ、「ケンは忌々しいほど歌が上手いんだ。歌ってみたら?」と思わぬ無茶ぶりも。

「(本作のような)アクションよりもケンとは歌って踊りたいね。次は舞台で一緒にミュージカルを!」と声高に主張し、日本での滞在話を繰り広げた後、最後は「聞いたよ。お孫さんが生まれるって。双子だって?君の血筋が続いていくのは嬉しいね」と、さまざまな話題でしゃべり続けた。
これには渡辺も呆れた様子で「コイツ皮肉屋だよね(笑)。歌ってみてだって?いいって!映画の話を!」と返答。「しゃべり過ぎ!」と突っ込んで会場を沸かせていた。

ちなみに、渋谷でのテイクが使われなかった理由は「エモーショナルに、激しく演じ過ぎたから。もっと不思議なニュアンスにしたかったんです」と解説していた。

本作は、演技力と存在感で映画界に確固たる地位を築いたマシュー・マコノヒーと渡辺謙が、ガス・ヴァン・サント監督と共に生み出したミステリアスな物語。
死に場所を求め、富士山麓の青木ヶ原樹海に入ったアメリカ人のアーサー(マシュー・マコノヒー)と、日本人男性タクミ(渡辺謙)の交流やサバイバル模様が描かれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000047-mvwalk-movi
no title

マシュー・マコノヒー

マシュー・マコノヒー
生年月日1969年11月4日
職業俳優・プロデューサー
活動期間 1991年 - 活動中
主な作品
評決のとき
コンタクト
リンカーン弁護士
マジック・マイク
ダラス・バイヤーズクラブ
インターステラー

マシュー・デヴィッド・マコノヒーMatthew David McConaughey, 1969年11月4日 - )は、アメリカ合衆国俳優映画プロデューサーである。姓は正しくはマコノヘイである。


wikipediaより

続きを読む

スティーヴン・キング原作ダーク・タワー、イドリス・エルバ&マシュー・マコノヒーで映画化

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】スティーヴン・キング原作ダーク・タワー、イドリス・エルバ&マシュー・マコノヒーで映画化
1: アジフライ ★@\(^o^)/ 2016/03/04(金) 13:37:48.73 ID:CAP_USER*.net
[映画.com ニュース] スティーブン・キングの長編小説「ダーク・タワー」が、
かねて噂されていた英俳優イドリス・エルバとオスカー俳優マシュー・マコノヒーを主演に迎えて映画化されることが正式に決定した。
原作者のキングが自らTwitterで発表した。

「ダーク・タワー」は、何もかもが奇妙に歪んで荒廃した中間世界を舞台に、
主人公の“最後のガンスリンガー”ローランドと仲間たちが暗黒の塔を探し求めて旅をするという全7部構成の壮大なダークファンタジー。
エルバがローランド役で主演し、マコノヒーは悪役の「黒衣の男」を演じる。

映画版は米ソニー・ピクチャーズが製作し、
監督と共同脚本を第85回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデンマーク映画「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」のニコライ・アーセルが手がける。

米エンターテインメント・ウィークリーによれば、撮影は今春に南アフリカで開始。
本プロジェクトはもともと映画3部作とそれを補完するテレビシリーズから構成される予定だったが、
実際に何作製作されるのかは現時点では明かされていない。
ただし、映画版の第1作は2017年1月13日の全米公開が予定されている。

(映画.com速報)

ソース
http://eiga.com/news/20160304/11/
no title

ダーク・タワー

ダーク・タワー』(The Dark Tower)は、スティーヴン・キング長編小説。全7部構成(シリーズではなく、長編の分冊ということになっている)。英国幻想文学大賞を受賞した。キング自身ライフワークと称する作品で、アメリカ西部開拓時代を思わせる荒廃した世界(中間世界)を舞台に、「最後のガンスリンガー」であるローランドと仲間たちの壮大な旅を描く。


wikipediaより

続きを読む

渡辺謙×マシュー・マコノヒー共演作、9月より日本ロケ!樹海が舞台

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】渡辺謙×マシュー・マコノヒー共演作、9月より日本ロケ!樹海が舞台
1: ぱぱぼへみあん ★@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 15:33:22.64 ID:???0.net
『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞に輝いたマシュー・マコノヒーと 『GODZILLA ゴジラ』などハリウッドでも活躍する日本人俳優・渡辺謙が共演する映画 『シー・オブ・ツリーズ(原題) / Sea of Trees』が9月より日本で撮影されることがわかった。Deadline.comなどが報じた。

『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『ミルク』のガス・ヴァン・サント監督の下に、アカデミー賞やエミー賞のノミネート / 受賞経験を持つスタッフが集結して製作が進められている本作。

富士山の北西に位置する青木ヶ原を舞台に、自殺しようと樹海を訪れたアーサー・ブレナン(マシュー)が日本人男性(渡辺)と出会って交流するうちに、生きる意思と妻(ナオミ・ワッツ)への愛を思い出す……というストーリーだ。

現在は、米マサチューセッツ州の田舎で撮影されており、日本ロケは9月を予定。 賞レースを騒がすことになりそうな日本が舞台の本作に注目したい。(編集部・市川遥)


http://www.cinematoday.jp/page/N0065052

続きを読む
広告
最新コメント