↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『マジンガーZ』新作映画、あの曲が復活…アニキ・水木一郎が帰ってくる

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】『マジンガーZ』新作映画、あの曲が復活…アニキ・水木一郎が帰ってくる
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 19:46:53.37 ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0092228
2017年6月15日 13時34分

 永井豪原作の巨大ロボットアニメを誕生から45年の時を経て復活させる『劇場版マジンガーZ(仮題)』のオープニングテーマが、誰もが知るかつてのアニメ版の“あの主題歌”の新録版となることが明らかになった。
アニメソング界の帝王として知られ、“アニキ”の愛称で親しまれる水木一郎が再び担当する。

週刊少年ジャンプに連載された永井による漫画を原作とする「マジンガーZ」テレビシリーズは、1972年〜1974年に放送され大ヒットを記録。
世界中に普及し、合体・乗り込み型巨大ロボットアニメの元祖として各国のSFロボットアクションに影響を与えてきた。

 水木が歌った主題歌は「ゼェーット!」コールと共に人気を博し、アニソン界の名曲として歌い継がれ、同アニメを知らない若い世代にさえ曲が浸透しているほどだ。
「マジンガーZ」に欠かせないこの歌が、今回の劇場版のオープニングテーマとして、パワーアップして復活。
そして、同曲の作曲者であり、昭和のアニメやヒーローものの主題歌を担ってきた特撮音楽界の巨匠・渡辺宙明の息子である渡辺俊幸が劇中音楽を担当することとなり、親子二代で受け継がれる「Z」の遺伝子にも注目したい。

また、劇場版では、テレビシリーズ最終回からの世界観を引き継ぐ“完全新作”ストーリーが展開されることも明らかに。
悪の野望を阻止し、平和を取り戻してから10年、パイロットを離れ科学者の道を歩み始めた兜甲児は、地中深くに埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇……新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。

これらの情報は、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭の場で発表。
原作者・永井も登壇し「今の世の中の方がマジンガーZが活躍するのにふさわしいと思います。未来に対する混乱を感じながら、強い力で平和を取り戻すためのヒーローを求めている空気があると思う。
僕自身は45年前に作ったときもその当時より先の時代を見て作っていたので、そういう意味で現代のほうが合っていると思います」と語ったほか、
『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロ監督が駆けつけるサプライズもあった。
(編集部・小山美咲)

『劇場版マジンガーZ(仮題)』公開日は未定

no title
『劇場版マジンガーZ』(仮題)超特報映像


関連記事

マジンガーZ

『マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪の漫画作品の題名、左記と原作者を共にする東映動画(現・東映アニメーション)制作のテレビアニメ作品および桜多吾作によるコミカライズ作品の題名、またこれら3作品で描かれる主役の巨大ロボットの名称。本項では原作者の漫画とテレビアニメーション、および後世影響等について述べる。桜多吾作によるコミカライズ版については作者の項を参照。 作品概要 巨大な人型ロボットに主人公が乗り込み操縦するという、「巨大ロボットアニメ」と呼ばれる分野に分類される初めての作品である。 TV放映は2年近い長期放映となり、続編の『グレートマジンガー』『UFOロボ グレンダイザー』と合わせると4年を越える長期シリーズとなった。永井は本来はシリーズとしては2部、もしくは3部作として構想されており、完結編にはゴッドマジンガーを冠させる予定であったと、文庫版マジンガーZのインタビューなどで語っている。 アニメの方は日本で視聴率が最高30%を超える大ヒットを果たした後、日本以外でも放映され、視聴率80%を稼いだスペインやイタリアなどヨーロッパを初めとして世界各国で人気を博している。
wikipediaより

続きを読む

闇に浮かぶ巨大な“Z”の姿 劇場版アニメ「マジンガーZ」第1弾ビジュアル公開!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】闇に浮かぶ巨大な“Z”の姿 劇場版アニメ「マジンガーZ」第1弾ビジュアル公開!
1: 自治郎 ★@\(^o^)/ 2017/03/23(木) 12:33:58.05 ID:CAP_USER9.net
[映画.com ニュース]1970年代に一世を風靡した永井豪氏原作「マジンガーZ」を劇場アニメーション化した「劇場版 マジンガーZ(仮題)」の第1弾ビジュアルがお披露目され、本作に登場する“マジンガーZ”の造形の一端が明かされた。

「マジンガーZ」は、永井氏が72年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載を開始した漫画作品。本作は、世界征服を目論むDr.ヘル率いる“機械獣”と、搭乗型のスーパーロボット“マジンガーZ”を操る兜甲児を中心とした人間たちの壮絶な戦いを描いたTVアニメ版を起点として、新たな物語を創出する。

公開されたビジュアルは、出動の時を静かに待つ“マジンガーZ”をとらえたもの。闇の中に浮かび上がる“マジンガーZ”は、原作漫画やTVアニメ版の造形を踏襲しており、上部のハッチからはうっすらと光がもれている。またキャッチコピーには、“マジンガーZ”をつくり上げた兜十蔵博士による「それは、神にも悪魔にもなれる――」という意味深な言葉が引用されている。

なお、3月26日には東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan2017」内で同作のスペシャルイベントが行われ、人気声優の森久保祥太郎と茅野愛衣がトークゲストとして登壇することが決定した。

2017年3月23日 06:00
http://eiga.com/news/20170323/3/

画像
no title

続きを読む

巨大ロボットアニメ『マジンガーZ』 映画化で45年ぶりに復活

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】巨大ロボットアニメ『マジンガーZ』 映画化で45年ぶりに復活
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/01/26(木) 18:01:00.94 ID:CAP_USER9.net
1970年代に一世を風靡(ふうび)した、永井豪氏原作の巨大ロボットアニメ「マジンガーZ」が、45年ぶりの映画『劇場版 マジンガーZ』(仮題)として公開されることが25日、わかった。制作は東映アニメーション、配給は東映。公開日も含め、内容など詳細はまだ明らかになっていないが、真っ赤に燃えたぎったブレストファイヤーが印象的なイメージグラフィックがお披露目された。

【写真】過去には…『マジンガー』シリーズのロボットを美少女アニメ化

 原作は、1972年に永井氏によって『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)で連載された漫画作品。搭乗型巨大ロボットの祖となる作品で、多彩な武器と圧倒的な強さを誇る「マジンガーZ」の迫力と存在感、主人公・兜甲児をはじめとする個性的なキャラクターで人気を集め、爆発的な人気を博した。

 アニメーション作品の「マジンガーZ」も、70年代にテレビ放送されると最高視聴率30%を超える大ヒットを記録。合体・乗り込み型ロボットアニメの元祖として多くの男の子に夢と希望を与えただけでなく、その後もヨーロッパ、中南米など世界中で放送され、ハリウッド映画『パシフィック・リム』のギレルモ・デルトロ監督など、世界中のクリエーターにファンが存在。各国のSFロボットアクションに影響を与えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000301-oric-ent
no title

続きを読む

「東映まんがまつり」、22年ぶり一夜限りの復活。『マジンガーZ対暗黒大将軍』など上映。水木一郎もやってくる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】「東映まんがまつり」、22年ぶり一夜限りの復活。『マジンガーZ対暗黒大将軍』など上映。水木一郎もやってくる。
1 破産王φ ★ [] 2011/08/12(金) 22:58:21.27 ID:???0 Be:
    今年創立60周年を迎えた東映による、春、夏、冬の長期休みに
    子ども向け映画数本をまとめて上映する興行
    「東映まんがまつり」が、一夜限りの復活を果たすこととなった。
    復刻したプログラムをまるごと収録したDVDが
    発売されるのを記念したイベントとなる。

    「東映まんがまつり」は、1964年から2002年まで、
    「東映こどもまつり」「東映アニメフェア」など名前を変更しながら
    上映され続けていた興行。「仮面ライダー」など特撮もの、
    「マジンガーZ」などのアニメーション、さらにフィンガー5ら
    人気アイドルが登場する作品5~6本を、一つのプログラムとして上映していた。

    テレビ放映された作品のブローアップ版などもラインナップされ、
    ときには上映時間が231分に及んだことも。大好きな
    ヒーローやアニメキャラがオールスターで登場するてんこ盛りの内容に、
    キャラクターがプリントされた紙ぼうしなどの
    入場者プレゼントも用意され、まさに子どもにとって夢の空間が演出されていた。

    そんな「東映まんがまつり」が、復刻DVDの発売を記念して9月に
    一夜限りの復活! 『マジンガーZ対暗黒大将軍』、
    『フィンガー5の大冒険』などがフィルム上映され、
    なつかしの入場者プレゼント「紙ぼうし」の2011年スペシャル版も
    用意される。さらにアニソン界の「アニキ」水木一郎によるミニライブ、
    東映の人気キャラクターたちも登場。
    「『復刻!東映まんがまつり』DVD発売記念スペシャルナイト」
    は9月2日に東京・一ツ橋ホールで開催

    「復刻!東映まんがまつり 1974年夏」DVDジャケット
    N0034555_l

    http://www.cinematoday.jp/page/N0034555続きを読む
広告
最新コメント