↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

樋口可南子&松下奈緒、マーベル新作『ドクター・ストレンジ』で吹替え声優初挑戦!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】樋口可南子&松下奈緒、マーベル新作『ドクター・ストレンジ』で吹替え声優初挑戦!
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 05:33:48.23 ID:CAP_USER9.net
2016年11月16日 05:00

 『アベンジャーズ』や『アイアンマン』シリーズなどを生み出したマーベル・スタジオの最新作で、ベネディクト・カンバーバッチが主演を務める『ドクター・ストレンジ』の日本語吹替版に、樋口可南子と松下奈緒が声優として参加することが決定した。
さらに、三上晢や小野大輔といった人気声優が出演することも発表された。

 本作は、厳しい修行により人智を超えた力を手に入れ魔術師となった天才外科医ドクター・ストレンジが、松下は、ドクター・ストレンジが、世界を滅亡から救うため活躍する姿を描くアクション大作。
松下は唯一心を許す元恋人で女医のクリスティーンを、樋口はドクター・ストレンジの魔術の師であるエンシェント・ワンを演じることになった。

 両者とも、本作が吹替声優初挑戦。樋口は「(エンシャントを)演じるティルダ・スウィントンさんのお芝居も抑えたお芝居で、魔術が使えるからといってすごく大げさなお芝居があるわけではなくて、淡々と時々笑みを浮かべながら静かにお芝居をするという…そういうお芝居は本当に難しい」と収録を振り返る。
一方で、松下も「難しいことだらけでした。ひとつひとつのシーンに対して本当に大事に命を吹き込むかのように、声をちゃんといれていかなければいけないな、という事を感じました」と吹き替えの難しさを語る。

 また、主役のドクター・ストレンジ役には、これまでにも『SHERLOCK(シャーロック)』始め、多くの作品でカンバーバッチの吹替えを担当している三上が、ドクター・ストレンジの兄弟子であるモルド役を小野が務める。

 三上は、「吹き替えは大変でしたが、贅沢な幸せな時間を過ごさせて頂きました。アクションの要素もありながら、ストレンジの成長の物語にもなっているところが魅力です」とアピール。
小野も「最初から力があるわけではなく、挫折を乗り越え精神を鍛えてヒーローになるというストレンジの姿に勇気をもらいました。ちゃんと弱さを持ったヒーローなので共感も出来ますし、それを克服するストレンジは男から見ても純粋に格好良い男だなと思います」と、その魅力を語っている。

 映画『ドクター・ストレンジ』は、2017年1月27日より公開。


no title

http://www.crank-in.net/movie/news/46576

ドクター・ストレンジ

ドクター・ストレンジ(Doctor Strange、略称はDr.ストレンジ)は、アメリカ合衆国マーベルコミックスが刊行しているアメコミに登場する架空のスーパーヒーロー


wikipediaより

樋口可南子

樋口可南子
生年月日1958年12月13日
身長165cm
血液型B型
職業女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1978年 -
主な作品
テレビドラマ
ロマンス
ディロン〜運命の犬』シリーズ
篤姫
おひさま

映画
戒厳令の夜

ベッドタイムアイズ
四万十川
女殺油地獄
阿弥陀堂だより

CM
ソフトバンクモバイル白戸家シリーズ)

樋口 可南子(ひぐち かなこ、1958年12月13日 - )は、日本女優。戸籍名は糸井 可南子(いとい かなこ)、旧姓は樋口。


wikipediaより

松下奈緒

松下奈緒
生年月日1985年2月8日
身長174 cm[1]
血液型AB型
職業 女優ピアニスト作曲家歌手
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2004年 -
主な作品
テレビドラマ
ゲゲゲの女房
CONTROL〜犯罪心理捜査〜
早海さんと呼ばれる日
鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-
ディア・シスター
映画
アジアンタムブルー
未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜
XX(エクスクロス) 魔境伝説』/『砂時計

松下 奈緒(まつした なお、1985年2月8日 - )は、日本女優ピアニスト作曲家歌手。本名同じ。奈良県生駒市生まれ兵庫県川西市出身。身長174cm、血液型AB型ジェイアイプロモーション所属。


wikipediaより

続きを読む

最新作「スパイダーマン:ホームカミング」2017年8月11日に日本公開決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】最新作「スパイダーマン:ホームカミング」2017年8月11日に日本公開決定
1: リサとギャスパール ★@\(^o^)/ 2016/08/11(木) 19:07:48.11 ID:CAP_USER9.net
「スパイダーマン」シリーズ最新作「スパイダーマン:ホームカミング」の公開日が2017年8月11日に決定した。

本作は、マーベルコミックから生まれたヒーローの活躍を描いたアクション。
現地時間7月24日に米国サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルでは、15歳の主人公ピーター・パーカーの高校時代が描かれることとともに、悪役ヴァルチャーの姿を収めたコンセプトアートも発表された。

トム・ホランドがピーターを演じるほか、ロバート・ダウニー・Jr.が「アイアンマン」シリーズのトニー・スターク役で出演。
そのほかのキャストに、マリサ・トメイ、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタランらの名が並ぶ。「クラウン」「COP CAR/コップ・カー」のジョン・ワッツが監督を務めている。

「スパイダーマン:ホームカミング」コンセプトアート
no title

スパイダーマンを演じるトム・ホランド
no title

no title

no title

コミコン・インターナショナルに登壇したトム・ホランド(左)とジョン・ワッツ(右)
no title

コミコン・インターナショナルの様子
no title

「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」に登場するスパイダーマン
no title

アメリカ・ラスベガスのシネマコンにて発表された「スパイダーマン ホームカミング」のタイトルロゴと、ピーター・パーカー / スパイダーマンを演じるトム・ホランド
no title


http://natalie.mu/eiga/news/197806
2016年8月11日

続きを読む

『デッドプール』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
8.2/10IMDb
2016年6月4日時点

no title

 
予告
続きを読む

ブラック・ウィドウ単独映画、ついに実現か

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ブラック・ウィドウ単独映画、ついに実現か
1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2016/05/22(日) 00:19:48.28 ID:CAP_USER9.net
マーベル作品でスカーレット・ヨハンソンが演じる人気キャラクター、ブラック・ウィドウの単独映画がついに実現することになりそうだ。

最新作「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」の全米公開に合わせて、Deadlineはマーベル・スタジオのケビン・ファイギ社長にロングインタビューを敢行し、
マーベルが「ドクター・ストレンジ(原題)」(2016)や「スパイダーマン ホームカミング(原題)」(17)、
「ブラック・パンサー(原題)」(18)、「キャプテン・マーベル(原題)」(19)など単独のヒーローを主人公にした新作を次々と製作するなかで、
ブラック・ウィドウをはじめ、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、ファルコン(アンソニー・マッキー)、
ウォーマシン(ドン・チードル)はこれまで主人公として描かれたことがないと指摘。

すると、ファイギ社長は「クリエイティブ面でも、感情的にも、ぼくらが最もやりたいと思っているのはブラック・ウィドウだ」と述べ、
「ブラック・ウィドウはアベンジャーズを率いているし、素晴らしい物語がいくつもあるので、
それらを単独映画で伝えるのは面白いと思う」と返答した。

マーベルは、すでに19年いっぱいまで計10本の製作発表をしているので、「ブラック・ウィドウ」の実現はそれ以降となりそうだ。

http://eiga.com/news/20160521/6/

no title

続きを読む

ウルヴァリンも参戦!?「X-MEN:アポカリプス」最新予告編

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ウルヴァリンも参戦!?「X-MEN:アポカリプス」最新予告編が完成
1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2016/05/17(火) 18:58:16.33 ID:CAP_USER9.net
シリーズ最新作「X-MEN:アポカリプス」の最新予告編が完成し、ジェームズ・マカボイ扮するプロフェッサーXをはじめ、
ジェニファー・ローレンス演じるミスティーク、マイケル・ファスベンダー演じるマグニートーらの姿を収めたポスタービジュアルとともにお披露目された。

「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」「X-MEN:フューチャー&パスト」に続く、3部作の最終章。
ミュータントの始祖にして最強を誇るアポカリプスの降臨とともに、X-MEN結成の秘話が明かされる。

シリーズ最大級の激闘の一部を収めた予告編では、クイックシルバー(エバン・ピーターズ)がミスティーク(ローレンス)に「マグニートーは俺の父さんだ」と告白する衝撃の場面も。
終盤には、金属の爪が突き出したこぶしが映し出され、ウルヴァリンの参戦をほのめかしている。

紀元前3600年。歴史上最古のミュータント、アポカリプス(オスカー・アイザック)は、他のミュータントの力を吸収することで最強の存在となり、
堕落した文明を滅ぼす“神”として君臨していたが、裏切り者の手により古代エジプトのピラミッドの中に封印されてしまう。
時は移り、1983年。眠りから覚めたアポカリプスは、核兵器開発など人類の堕落を知り、
マグニートーをはじめ4人のミュータント“黙示録の四騎士”を招集。
プロフェッサーXやミスティークが率いる若きX-MENは、世界を浄化しようとするアポカリプスたちとの戦いを強いられる。

「X-MEN:アポカリプス」(2D/3D)は、8月11日から東京・TOHOシネマズスカラ座ほか全国で公開。

http://eiga.com/news/20160517/8/

http://www.youtube.com/watch?v=pOhYiWHU1g8

no title

続きを読む
広告
最新コメント