↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

実写『銀魂』、長澤まさみがの志村妙&ムロツヨシの平賀源外ビジュアル解禁!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】実写『銀魂』、長澤まさみがの志村妙&ムロツヨシの平賀源外ビジュアル解禁!
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/01/30(月) 09:51:19.02 ID:CAP_USER9.net
2017年7月14日(金)より全国ロードショーの映画『銀魂』のキャラクタービジュアルが解禁された。

今回公開されたのは、長澤まさみが演じる志村妙、ムロツヨシ演じる平賀源外となる。ムロは監督から年齢の高い設定の平賀を「いつものムロさんで演じてほしい」と言われ、少々困惑気味だったが、「いざ現場に入ると意外とハゲの髪型とひげが似合うので、ゆくゆくはこの髪型にしたいなと思っています(笑)」とコメントしている。

そして、ふたりのビジュアルには原作中のキャラクタージャスタウェイが映り込んでいる。

映画情報は以下の通り。

●映画情報
映画『銀魂』
2017年7月14日(金)公開
脚本 / 監督:福田雄一
出演:小栗旬 / 菅田将暉 / 橋本環奈
原作:「銀魂」空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
製作:「銀魂」製作委員会
制作プロダクション:プラスディー
配給:ワーナー・ブラザース映画
コピーライト:c空知英秋/集英社 c2017「銀魂」製作委員会
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/
公式Twitter: @gintama_film

http://ro69.jp/news/photo/155390/1

http://ro69.jp/news/detail/155390
no title

続きを読む

『金メダル男』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年 10月 23日時点

no title
予告
続きを読む

『ヒメアノ~ル』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年5月31日時点

no title

 
予告
続きを読む

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年5月14日時点

no title

 
予告
続きを読む

R指定の危機も!『HK/変態仮面』誰でも観れる“レイティングG”への遥かな道のり

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】R指定の危機も!『HK/変態仮面』誰でも観れる“レイティングG”への遥かな道のり (クランクイン!)
1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/05/02(月) 15:17:45.42 ID:CAP_USER9.net
クランクイン!  5月2日(月)10時20分配信

 2013年、まさかの実写化!と世間を騒がせ、大ヒットを記録した異色のヒーロー映画『HK/変態仮面』。あれから3年、さらにスケールアップした待望の最新作がいよいよ5月14日より公開される。
その名も『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』。しかも今作は、映画倫理委員会(以下、映倫)が定めた「PG12」の規制がない。もしかして変態仮面に何か異変が起きたのか?プロデューサー川崎岳氏にその経緯を聞いてみた。

【関連】『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』作品フォトギャラリー

 映倫では、1・誰でも観ることができる「G」、2・小学生には助言・指導が必要な「PG12」、3・15歳以上が観られる「R15+」、4・18歳以上が観られる「R18+」と、年齢による4段階の区分(レーティング)が設けられているが、
前作は「PG12」に指定され、今作は念願の「G」を獲得。この区分の違いは何だったのか。

 川崎氏は記憶を辿りながら3年前を振り返る。「通常、映倫さんに予備審査的に脚本を読んでもらって、引っ掛かりそうなところを事前に教えていただくんですが、ある言葉の“頻度・回数”に問題がある」と指摘された。
「それは何ですか?」と尋ねたら、「チ○コという言葉が多すぎる」と。「え、回数ですか?じゃあ、例えば5回を3回にすればいいと?」と食い下がると、「ま、そういうことになりますかね」と。

 「なるほど、回数を減らすだけでいいならいける!」と喜び勇み、福田監督に報告すると、「そうですか…」と浮かない顔。
ちなみに、その言葉が最も多く出てくるのは、安田顕演じるニセ変態仮面が演説をぶちまけるシーンだが、福田監督にとって思い入れがあるらしく、「考えさせてほしい」と深い闇の中へ。
しばらくして、重い表情で戻って来た福田監督は、「すみません、例の件なんですが、“ティンコ”じゃだめですか?」と真顔で懇願したという。

 川崎氏は、すぐに映倫に提案すると、「うーん、あまり変わらないですかね」との回答。ところが福田監督も一歩も譲らない。
「後から気づいたんですが、あれはチ○コを何度も繰り返すとこも重要なキャラクター性で、回数を減らしたら、あの狂気は生まれなかったと思うんです」と。
そんなわけで「PG12」指定映画になったが、結果的には家族同伴の小学生も来場し、予想外の大ヒットを記録した。

 そして迎えた第2作、なんと、チ○コという言葉は1度も出てこない。唯一、ムロツヨシ演じる大金玉男の“ティンコ”という言い回しが1度出てくるが、これは福田監督が前回の経緯を踏まえて配慮したことだった。
「ところが」と川崎氏が口火を切る。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160502-00042911-crankinn-movi


※関連板 http://yomogi.2ch.net/movie/ 映画一般・8mm
※関連板 http://yomogi.2ch.net/cinema/ 映画作品・人
※関連板 http://karma.2ch.net/endroll/ 映画人
※関連板 http://tamae.2ch.net/animovie/ アニメ映画
no title

続きを読む
広告
最新コメント