↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

スピルバーグ最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が3月公開決定、メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:スピルバーグ最新作「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」が3月公開決定、メリル・ストリープとトム・ハンクスが初共演
1: 豆次郎 ★ 2017/11/14(火) 11:26:51.96 ID:CAP_USER9.net
2017年11月14日 8:00

スティーヴン・スピルバーグ最新作「The Post」が「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」の邦題で2018年3月より公開される。

メリル・ストリープトム・ハンクスが初共演を果たした本作。1971年、泥沼化するベトナム戦争を背景にアメリカ国防総省がひた隠しにする文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の存在をスクープした実在のジャーナリストたちの姿が描かれる。ワシントンポストの発行人キャサリン・グラハムをストリープ、彼女の部下である編集主幹ベン・ブラッドリーをハンクスが演じたほか、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォードらがキャストに名を連ねた。なおハンクスがスピルバーグの映画に出演するのは、「ブリッジ・オブ・スパイ」以来5度目となる。

リズ・ハンナと、「スポットライト 世紀のスクープ」で第88回アカデミー賞脚本賞を獲得したジョシュ・シンガーが脚本を手がけた「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」は、全国でロードショー。なおアメリカでは12月22日に封切られる。

http://natalie.mu/eiga/news/256645
no title

関連記事

スティーヴン・スピルバーグ

スティーヴン・アラン・スピルバーグSteven Allan Spielberg, 1946年12月18日 - ) は、アメリカ合衆国の映画監督、映画プロデューサー。アメリカ映画アカデミー会員。大英帝国勲章 (KBE) 受章。



経歴

幼少時代

オハイオ州シンシナティでウクライナ系ユダヤ人の家庭に生まれ、アリゾナ州に育つ。古い資料では1947年生まれとなっているが、これはスピルバーグが長年1947年生まれと偽ってきたためで、1946年生まれが正しい。


wikipediaより

メリル・ストリープ

メリル・ストリープMeryl Streep, 本名: メアリー・ルイーズ・ストリープ、Mary Louise Streep, 1949年6月22日 - )は、アメリカ合衆国の女優。



来歴

生い立ち

ニュージャージー州サミット出身。父親のハリー・ウィリアム・ストリープは製薬会社の役員、母親のメアリー・W・ストリープはコマーシャル・アーティスト。 スイス、ドイツ、アイルランド、イングランドの血を引くオランダ系アメリカ人である。 ストリープという名前は、アメリカに移住する当時、彼女の先祖が自らの名前(苗字)に線を引いた(=ストライプを引いた)ことに因む。


wikipediaより

トム・ハンクス

トーマス・ジェフリー・"トム"・ハンクスThomas Jeffrey "Tom" Hanks、1956年7月9日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の俳優、映画監督、映画・テレビプロデューサー。身長185cm。



来歴

全米長寿バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』や、『スプラッシュ』『メイフィールドの怪人たち』『ビッグ』といった軽妙なコメディ映画を得意とする若手コメディアンとして活躍していた。

カリフォルニア州コンコード生まれ。父親は料理人、母親は病院職員。


wikipediaより

続きを読む

スピルバーグ監督&トム・ハンクス&メリル・ストリープ、大御所3人が新作でタッグ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】スピルバーグ監督&トム・ハンクス&メリル・ストリープ、大御所3人が新作でタッグ
1: Tangled ★@\(^o^)/ 2017/03/07(火) 21:51:00.44 ID:CAP_USER9.net
 映画『シンドラーのリスト』や『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』などのヒットメーカー、スティーヴン・スピルバーグ監督が、トム・ハンクスとメリル・ストリープという二大オスカー俳優の共演が実現する実話ベースの新作『The Post(原題)』でメガホンを取ることが決まったという。DeadlineやThe Wrapなどが伝えた。

実話に基づく『The Post(原題)』は、1971年に起きたペンタゴン・ペーパーズ暴露事件における米紙ワシントン・ポストの役割をクローズアップする作品になるという。

 通称ペンタゴン・ペーパーズはベトナム戦争が激化する中、当時の国防長官ロバート・マクナマラのもとで作成されたベトナム戦争の実情に関する極秘文書のこと。
執筆者の1人だったダニエル・エルズバーグがニューヨーク・タイムズ紙とワシントン・ポスト紙に文書のコピーを持ち込み、その一部が公表された。当時のニクソン政権は新聞社を提訴して記事の差し止めを要求したが、敗訴している。

 映画は政府の圧力に屈さなかったワシントン・ポスト紙の編集者ベン・ブラッドリーと、社主キャサリン・グラハムを中心に描かれるとのことだ。トムはブラッドリー、メリルはグラハムを演じる予定。

 スピルバーグが監督としてトムとタッグを組むのは、映画『プライベート・ライアン』(98)、『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』(02)、『ターミナル』(04)、『ブリッジ・オブ・スパイ』(15)に続いて今回で5度目となる。
メリルはスピルバーグ監督の2001年作『A.I.』でブルー・フェアリー役のボイスキャストを務めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170307-00048700-crankinn-movi
no title

続きを読む

トランプ次期米大統領「メリル・ストリープはハリウッドで最も過大評価された女優」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】トランプ次期米大統領「メリル・ストリープはハリウッドで最も過大評価された女優」
1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2017/01/10(火) 23:36:28.90 ID:CAP_USER9.net
トランプ次期米大統領が9日、大物女優メリル・ストリープを
「ハリウッドで最も過大評価された女優の一人」とツイッターでののしった。
差別的な姿勢をストリープから「軽蔑は軽蔑を呼び、暴力は暴力を生む」と戒められ、憤慨したようだ。

きっかけは、8日夜のゴールデン・グローブ賞授賞式でのストリープの発言。
トランプ氏が2015年の選挙集会で、手や腕をけいれんさせるように動かしながら
身体障害のある米紙記者をあざけるような言動をしたことを念頭に
「この国で最も尊敬される座に就こうとしている人物が障害のある記者の物まねをした」と批判した。

トランプ氏は「私を知りもしないで攻撃した」「身体障害者の記者をばかになどしていない」と強調。
民主党のヒラリー・クリントン氏を応援したストリープを「惨敗したヒラリーの腰巾着」とやゆした。

アーネスト大統領報道官は9日の記者会見で、ストリープの発言は「思慮深いメッセージだった」と述べた。
授賞式でストリープは、エンターテインメントの分野で顕著な業績を挙げた人を対象とするセシル・B・デミル賞を贈られた。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/01/10/kiji/20170110s00042000118000c.html

関連スレ
【海外】メリル・ストリープ、怒りのスピーチ全文公開。ゴールデングローブ会場が総立ち★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484041024/
no title

続きを読む

『マダム・フローレンス』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
7.0/10IMDb
2016年 12月 04日時点

no title
予告
続きを読む

オスカー女優メリル・ストリープ日本で豆腐の種類の多さにびっくり

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】<オスカー女優メリル・ストリープ>音痴を演じた秘訣は? 日本で豆腐の種類の多さにびっくり
1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/10/24(月) 15:03:59.74 ID:CAP_USER9.net
映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』の来日記者会見が24日、東京都内で行われ、出演者のメリル・ストリープが出席した。

本作は、実話を基に、 ニューヨーク社交界のトップでソプラノ歌手の夢を追い続けたフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル)をモデルにした人間ドラマ。
絶世の音痴ながら音楽を純粋に愛するフローレンスに引きつけられ、コンサートの夢をかなえようと奮闘する夫シンクレア(ヒュー・グラント)たちの姿を描く。第29回東京国際映画祭のオープニング作品に選ばれた。

『イントゥ・ザ・ウッズ』以来の来日となったメリルは「前回よりも2倍の人が来てくれているような気がして、本当にうれしいです」と報道陣を前にちゃめっ気たっぷりにあいさつした。

演じたフローレンスについては「彼女はあまり歌はうまくなかったのですが、音楽を心から愛してニューヨークの街の音楽シーンを支援していました。でも、心の中では自分が歌手になりたかったんです」と説明。

その上で、音痴ながら心を打たれる不思議な歌声について「この作品のために『アリア』をきちんと歌えるよう2カ月トレーニングをして、最後の2週間でそれを崩す練習をしました」と役作りの秘訣(ひけつ)を語った。

また、映画に絡めて自身の夫婦円満の秘訣を聞かれる一幕も。メリルは「全て夫のおかげだと思っています。夫がアーティストなので、
(自分が)役に固執したり、ムードが変わったりすることも理解してくれて。もしほかの職業だったら難しかったかもしれないです」と分析。

続けて、フローレンス夫婦についても「同じような共通点があるといます」と語り、「二人は夢を持ち続けていて、何かしら芸術と関わっていきたいという思いがありました。
一緒に夢を見ていたからこそ、一緒にいられたのだと思います」と話した。

会見では他にもさまざまな質問に答えた。「出演した作品を見て自分の演技に驚くことは?」と聞かれた際には「出演した作品を初めて見る時は共演者たちの素晴らしさにいつも気づかされます。
役を演じている間は主観的に見ていますが、初めて映画を見る時は監督の視点で全体像が見えるからです」と回答。

また、今回の来日で驚いたこととして「アメリカで豆腐は1種類しかないけど、ありとあらゆる種類があってびっくりしました」と気さくに答えた。

映画は12月1日からTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー。

エンタメOVO 10月24日(月)14時45分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00000003-tvfan-ent

写真
no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント