↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

【ネタバレ】映画エイリアン コヴェナント観て来たったwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:映画エイリアン コヴェナント観て来たったwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/09/22(金) 19:51:20.554 ID:QccZIpsga.net
まさかプロメテウスの続編とは知らずリドリーエイリアン二作目みたいなキャッチフレーズに釣られた結果あんまり楽しめもせず最近SFパニックモノを立て続けに観てた事もありオマケに上映開始数分経過してからの鑑賞な事も相まって半泣きで映画館を後にした

no title
関連記事

続きを読む

『エイリアン コヴェナント』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

エイリアンの姿が明らかに!『エイリアン:コヴェナント』日本版ポスター公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】エイリアンの姿が明らかに! 『エイリアン:コヴェナント』日本版ポスター公開
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 05:17:32.12ID:CAP_USER9.net
ぴあ映画生活 5/9(火) 18:00

1979年に公開された『エイリアン』シリーズの原点を描く映画、『エイリアン:コヴェナント』の公開日が9月15日(金)に決定。あわせて日本版ポスターが公開された。リドリー・スコット監督が“特別に許可した”ビジュアルでは、ついにエイリアンの姿が明らかにされている。

“絶望の、産声。”というキャッチコピーとともに、胎児のようなエイリアンの姿が捉えられている日本版ポスター。スコット監督は「いつまでもモンスターに廊下を追いかけられるシーンを続けることはできない。退屈してしまうからね」と話しており、「こいつを作ったのが誰で、どうして作ったのか、今まで、誰も疑問に思わなかったことに私は気がついた。宇宙のかなたから来たモンスターとか、宇宙の果てから来た神、宇宙のエンジニアがこいつを作り出したと言っても良かったかもしれない。でも、誰もそうしなかった。『エイリアン:コヴェナント』は、そういった考えを方向転換させる」とストーリーの一部も明かしている。

エイリアンの姿だけでなく、女性主人公ダニエルズがタンクトップ姿で銃を構える姿も。スコット監督も絶賛の本ビジュアルは、日本を皮切りに世界各国の雑誌の表紙や、オンライン上で掲載されていく予定だ。

本作は、『エイリアン』の生みの親であり、監督を務めたスコットが、38年の時を経て再びメガホンを執ったSF・スリラー。滅び行く地球から脱出した宇宙船コヴェナント号の乗組員は、人類移住計画を託された最後の希望であった。彼らは、未知の楽園を発見し、そこは人類にとって楽園となるはずだったが……。

『エイリアン:コヴェナント』
9月15日(金)全国公開


『エイリアン:コヴェナント』
no title

no title

http://cinema.pia.co.jp/news/171293/70645/

続きを読む

リドリー・スコット「エイリアン」最新作予告、“宇宙の楽園”が人類に牙をむく

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】リドリー・スコット「エイリアン」最新作予告、“宇宙の楽園”が人類に牙をむく
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/02/20(月) 18:13:04.30 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/221437
2017年2月20日 18:00

リドリー・スコットが監督を務める「エイリアン:コヴェナント」の予告編がYouTubeにて公開された。
「プロメテウス」の続編である本作で描かれるのは、「エイリアン」シリーズにつながる物語。
宇宙船コヴェナント号がたどり着いた“宇宙の楽園”の住人であるアンドロイドのデヴィッドをマイケル・ファスベンダー、コヴェナント号の乗組員ダニエルズをキャサリン・ウォーターストンが演じる。

予告編は、男の背中から“何か”が飛び出ようとする場面から始まる。
続いて、未知の惑星を探索するコヴェナント号乗組員や、船長に「何がいるかわかりませんよ」と不安を吐露するダニエルズの姿が。
そして、「エイリアン」シリーズのファンにはおなじみのシーンや、シャワーを浴びる男女を襲う惨劇が映し出される。

「エイリアン:コヴェナント」は9月より全国で公開。

映画『エイリアン:コヴェナント』予告A
https://youtu.be/Oo1I8PtI0lM



no title

no title

no title

関連記事
続きを読む

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『ブレードランナー 2049』10月27日公開決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】リドリー・スコット監督の『ブレードランナー 2049』10月27日公開決定
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 07:37:52.83 ID:CAP_USER9.net
http://www.oricon.co.jp/news/2085096/full/
2017-01-27 06:15

 SF映画の傑作、リドリー・スコット監督の『ブレードランナー』(1982年)の続編『ブレードランナー 2049』の日本での公開日が10月27日に決まった(全米10月6日公開)。

 先日発表された『第89回アカデミー賞』のノミネーションで最多14ノミネートを獲得した『ラ・ラ・ランド』に主演し、自身も主演男優賞にノミネートされたライアン・ゴズリングと、
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)にハン・ソロ役で32年ぶりの復活を果たしたハリソン・フォードの最強タッグで新たな世界を魅せる本作。

 オリジナル作品の舞台である2019年から30年後の2049年の世界を舞台に、前作で人間と見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードを引き続きハリソンが演じ、
新たにライアンが新人ブレードランナー“K”を演じる。新たに迫りくる危機に、“K”は30年間行方不明となっているデッカードを探し出し、打開策のヒントを得ようとする。

 監督は『プリズナーズ』『ボーダーライン』などでその才能が高く評価されているドゥニ・ヴィルヌーヴ。
彼の最新作『メッセージ』(5月19日公開)も『第89回アカデミー賞』に作品賞・監督賞をはじめ2番目に多い8部門にノミネートされている。

 ドゥニ監督は「子どもの頃から数えれば『ブレードランナー』は少なくとも千回は観ている」と語るほど夢中になった映画の続編を任され、
「私の心は喜びに満たされているよ! だけど体は完全に壊されているよ(苦笑)」 と完成に向けて心血を注いでいるところだ。

no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント