↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『戦場のピアニスト』などで知られるポランスキー監督から10代の頃に性的暴行、4人目が訴え出る

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:『戦場のピアニスト』などで知られるポランスキー監督から10代の頃に性的暴行、4人目が訴え出る
1: アフィカス m9(^Д^)定職につけよ ★ 2017/10/09(月) 16:44:26.69 ID:CAP_USER9.net
no title

元女優兼モデルのドイツ人女性(61)が、『戦場のピアニスト』などで知られるロマン・ポランスキー監督(84)に、15歳だった1972年に性的暴行を受けたとスイス当局に訴え出た。

 ポランスキー監督の弁護士は、このドイツ人女性、ラナーテ・ランガーさんの訴えは承知しているが、メディアの注目を集めるためのばかげた試みだと一蹴した。
ポランスキー監督から10代の頃に性的暴行を受けたと訴え出た女性は、ランガーさんで4人目となる。

 スイスの警察当局は4日、ランガーさんの訴えを先月受理したことを確認した。ランガーさんは1972年2月にスイスのグシュタードにある家で性的暴行を受けたとしている。

 スイス検察は現在、50年近く前の出来事について、スイスの法律下で訴追が可能かどうか検討中だという。

 この件を最初に報道したニューヨーク・タイムズによると、ランガーさんは、8月に別の女性が同監督からの性的暴行被害を発表したと知ったこと、
両親がすでに他界していることから、今になって名乗り出る決断を下したという。

https://www.cinematoday.jp/news/N0095116

ロマン・ポランスキー

ロマン・ポランスキーRoman Polanski, 1933年8月18日 - )は、ポーランド出身の映画監督。



プロフィール

生い立ち

ユダヤ教徒のポーランド人の父親とカトリック教徒でロシア生まれのポーランド人の母親の間にフランスの首都パリで生まれる。出生時の名前はライムント・ロマン・リープリンク(Rajmund Roman Liebling)。3歳のとき一家はポーランドのクラクフに引越し、そこで幼少期を過ごした。異父兄妹の姉がおり、のちにアウシュビッツに連行されたが、生き延び、その後、パリで暮らしたという。


wikipediaより
関連記事

続きを読む

原作もので守るべきこと…ロマン・ポランスキー監督が語る「大好きな小説が映画化されて失望」「同じ轍は踏まないよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】原作もので守るべきこと…ロマン・ポランスキー監督が語る「大好きな小説が映画化されて失望」「同じ轍は踏まないよう」
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/05/30(火) 19:31:41.40 ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0091879
2017年5月30日 16時38分

現地時間27日、第70回カンヌ国際映画祭でロマン・ポランスキー監督のスリラー映画『ベイスド・オン・ア・トゥルー・ストーリー(英題) / Based on a True Story』(アウト・オブ・コンペティション部門)の公式会見が行われ、ポランスキー監督が原作ものの作品を作る際に気を付けるべきことを語った。

デルフィーヌ・ド・ヴィガンの小説を『戦場のピアニスト』のポランスキー監督が映画化した本作。
新作の成功に圧倒されてスランプに陥った作家デルフィーヌのもとに現れたのは、彼女の大ファンだというエルという名の美しい女性。
デルフィーヌ以上に彼女のことをよく知るエルとの友情は、次第に不穏なものになっていき……。『パーソナル・ショッパー』のオリヴィエ・アサイヤス監督が脚本を執筆した。

「オリヴィエはわたしをとても助けてくれた」と切り出したポランスキー監督は、「わたしはこれまで何本もの小説や劇を映画化してきたが、一番気にしているのは、オリジナル版から“行き過ぎた”ものにしないようにということ。
子供のとき、わたしが大好きな小説が映画化されて失望することがよくあった。キャラクターの何人かがいなくなり、新しいキャラクターが登場したり、ストーリーラインが全く違うものになっていたり」と少年時代の経験から、自分はそれと同じ轍は踏まないよう意識していると明かす。

「オリヴィエは500ページもの原作を脚本にしたが、何も失われていない」とアサイヤス監督の仕事ぶりをたたえた。
(続きはソースをご覧下さい)
no title

ロマン・ポランスキー

ロマン・ポランスキー
生年月日1933年8月18日
国籍ポーランドフランス二重国籍
主な作品
ローズマリーの赤ちゃん
チャイナタウン
戦場のピアニスト
ゴーストライター

ロマン・ポランスキーRoman Polanski, 1933年8月18日 - )は、ポーランド出身の映画監督


wikipediaより

続きを読む

ロマン・ポランスキー監督、1977年に13歳の少女を強姦したことについて告白「33年間、後悔してきた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【芸能/海外】ロマン・ポランスキー監督、1977年に13歳の少女を強姦したことについて告白「33年間、後悔してきた」
1 破産王φ ★ [] 2011/10/04(火) 14:09:32.28 ID:???0 Be:
    ロマン・ポランスキー監督が、スイスのテレビ局TSRのインタビューで、
   1977年に起きた少女淫行事件につき、
    「33年間、後悔してきた」と語ったと英BBCニュースが伝えている。

    ポランスキー監督は、当時13歳だった少女に対し、ジャック・ニコルソン宅で
    強姦、アナルセックスなどの性行為を行った容疑で逮捕され、
    裁判で有罪判決が下ったが、保釈中に米国を出国してヨーロッパに逃亡した。
    しかし、2009年にスイスに滞在中、少女への淫行容疑のため再逮捕され、
    スイス当局に身柄を拘束されるも翌年に釈放されている。

    ポランスキー監督は、10月2日にスイスで放送されたインタビューで、
    淫行事件について「33年間、そのことを後悔してきた。もちろん、後悔している」
    と語ったらしい。さらに、同監督は2009年にスイスで再逮捕された後、
    米国が同監督の身柄の引き渡しを要求したにも関わらず、
    スイス当局がそれに応じなかったことについては、
    「君たちの国は、他の国々から消えようとしている価値観を持っている」と感謝したという。

    同監督は、スイスで自宅拘禁中に撮影されたというドキュメンタリー
    『Roman Polanski: A Film Memoir』の中でも、
    当時13歳だった女性について
    「彼女は二重の意味で被害者だ。私の被害者であり、マスコミの被害者だ」
    と発言し、自らの罪を認めているらしい。

    ポランスキー
    20111004112101_00_240

    http://news.walkerplus.com/2011/1004/9/続きを読む
広告
オススメ
最新コメント