↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

昔の仮面ライダー映画→最終回先行映画化!人類の大半が怪人化した世界!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:昔の仮面ライダー映画→最終回先行映画化!人類の大半が怪人化した世界!
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 14:49:23.65 ID:WUG7rAze0.net
現在の仮面ライダー映画→将軍様wwwwwwwwwwサッカーwwwwwwww毎年先輩方とコラボww

なんやこれ…

no title

続きを読む

『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年08月08日時点

no title

仮面ライダーエグゼイド

仮面ライダーエグゼイド』(かめんライダーエグゼイド、欧文表記:KAMEN RIDER EX-AID)は、2016年10月2日からテレビ朝日系列で毎週日曜8:00 - 8:30 (JST) に放送されている特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。

キャッチコピーは、「ゲームスタート!」「ノーコンティニューで運命を変えろ!!」。



概要

特徴

平成仮面ライダーシリーズ第18作にして、仮面ライダーシリーズ生誕45周年記念作品である本作品では、仮面ライダーのデザインなどに「ゲーム」の要素を、物語の舞台に病院を採り入れている。

本作品の仮面ライダーは、SDキャラクターのような三頭身のレベル1から等身大のレベル2へ変形するのが特徴であるほか、ゴーグルに瞳のある目や髪の毛を模した意匠も従来の仮面ライダーのイメージから外れた特徴的なデザインとなっている。プロデューサーの大森敬仁によれば「仮面ライダーではない」と思わせることが狙いの1つであり、「仮面ライダーらしさ」よりも子供に受け入れられることを強く意識したとしている。


wikipediaより

引用元:劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング Part2
続きを読む

CHEMISTRY堂珍嘉邦:仮面ライダーエグゼイドで謎の忍者ライダーに ビジュアルも解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】CHEMISTRY堂珍嘉邦:仮面ライダーエグゼイドで謎の忍者ライダーに ビジュアルも解禁
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 08:46:30.63 ID:CAP_USER9.net
堂珍嘉邦:仮面ライダーエグゼイドで謎の忍者ライダーに ビジュアルも解禁
2017年07月02日

 活動を再開したボーカルデュオ「CHEMISTRY(ケミストリー)」の堂珍嘉邦さんが、人気特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)の劇場版「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」(8月5日公開)に出演していることが分かり、
演じる謎の忍者ライダー「仮面ライダー風魔」に変身する南雲影成(なぐも・かげなり)のビジュアルが2日、公開された。

 また同作には謎の黒幕ジョニー・マキシマ役でブラザートムさん、ストーリーの鍵を握る少女・星まどか(森山のえるさん)の母親・星朱美役で藤本美貴さん、アイドルグループ「AKB48」の倉野尾成美さんの出演も決定。藤本さんは8年ぶりの映画出演となる。

 「仮面ライダーエグゼイド」は、平成仮面ライダーシリーズの18作目。主人公の宝生永夢ら若きドクターたちが仮面ライダーに変身し、謎の“ゲームウイルス”と戦う姿を描いている。
劇場版は、現実の世界を滅ぼして、VR(仮想現実)空間での支配をもくろむ忍者軍団が登場し、“真のエンディング”が描かれる。「スーパー戦隊シリーズ」の41作目「宇宙戦隊キュウレンジャー」(同)の劇場版「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」も同時上映される。

 「宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲」には、“史上最凶の敵”ゲース・インダベー役でお笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが出演。
ゲース・インダベーの仲間のオーモ・インダベーとカール・インダベーの声をお笑いコンビ「レイザーラモン」のHGさんとRGさんが務めることも発表された。

 田村さんは「スーパー戦隊は自分も見ていたし、息子たちも見ていたのでお話をいただいて、素直にうれしかったです。すぐに息子に自慢したら『じゃあ、お父さん最後に爆発するの?』って聞かれました。
少しの気持ちの差で大きく生き方が変わることが子供に伝わればよいかなと思います」とコメントを寄せている。


「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」で仮面ライダー風魔に変身する南雲影成を演じる堂珍嘉邦さん 劇場版「エグゼイド・キュウレンジャー」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映(C)2017テレビ朝日・東映 AG・東映
no title
no title
no title
no title
no title

※動画はソースにてご確認ください。
https://mantan-web.jp/2017/07/02/20170701dog00m200018000c.html

続きを読む

「仮面ライダー」シリーズ主演俳優の現在

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:「仮面ライダー」シリーズ主演俳優の現在
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/11(日)11:07:41 ID:wIa
1号→CMでよく見る
2号→居酒屋やってる。役者も続けてはいる
V3→舞台に出てる。大病したらしい
ライダーマン→1986年に亡くなった
X→役者続けてる。2014年の「平成ライダーVS昭和ライダー」に出てた
アマゾン→役者は引退。ライダー関連のイベントやインタビューには応じている
ストロンガー2012年に亡くなった
スカイライダー→人気大御所俳優
スーパー1→ファンから多額の借金をして踏み倒す。裁判に
ZX→Vシネマ俳優
Black&RX→ステーキ店経営。役者も続けてはいる。

平成以降は詳しくないので誰かまとめてクレメンス

no title

藤岡弘、

藤岡 弘、(ふじおか ひろし、1946年2月19日 - )は、日本の剣豪・俳優・タレント・国際武道家。本名:藤岡 邦弘(ふじおか くにひろ)、旧芸名:藤岡 弘(最後の読点「、」がない)。 1971年(昭和46年)に主演した特撮テレビドラマ『仮面ライダー』で一躍人気俳優となる。また、日本人として初めて全米映画俳優組合(SAG、現・SAG-AFTRA)のメンバーとなった事でも知られる。2002年(平成14年)に川口浩の後任として『藤岡弘、探検シリーズ』が開始されて以降、“藤岡隊長”が愛称になっている。 愛媛県上浮穴郡久万町(現:久万高原町)出身。松山聖陵高等学校卒業。個人事務所である株式会社SANKIワールドワイド所属。身長180cm、体重102kg(『仮面ライダー』出演当時は約67kg)、血液型はO型。 1946年2月19日、警察官で全国的にも知られた柔道家、家伝の流派の古武道、「藤岡流」を継承する武道家でもあった父と、茶道や華道、琴の師範だった母との間に生まれる。
wikipediaより
no title

佐々木剛

佐々木 剛(ささき たけし、1947年5月7日 - )は、日本の俳優。本名:福井 憲雄(ふくい のりお)、旧芸名:八代 悠(やしろ ゆう)。 新潟県新発田市出身。身長172cm、体重75kg。血液型はA型。新潟県立新発田高等学校卒業。 1965年、新潟県立新発田高等学校卒業後、日活のスターだった赤木圭一郎に憧れ、俳優を目指して上京。東宝芸能学校に入るが、『セールスマンの死』の滝沢修の演技に影響され、新劇に転向。劇団NLT俳優教室1期生、劇団俳優小劇場付属養成所を経て、高垣葵の紹介により、新国劇の研究生となる。同期には石橋正次がいる。 1968年、養成所時代に八代 悠(やしろ ゆう)の芸名で『開化探偵帳』(NHK)で俳優デビュー。 1969年、『柔道一直線』(東映、TBS)出演を機に芸名を「佐々木 剛」に改める。 1970年、7月から『お荷物小荷物』(朝日放送)に出演。この番組で、一躍人気俳優としての地位を決定的なものとする。 1971年、NHK連続テレビ小説『繭子ひとり』に出演。 同年7月より『仮面ライダー』(東映、毎日放送)に出演。
wikipediaより
no title

宮内洋

宮内 洋(みやうち ひろし、1947年6月14日 - )は、日本の俳優・歌手。本名同じ。東京都出身、千葉県銚子市育ち。丹波プロダクション、東映俳優センターを経て株式会社オフィス28所属。 身長179cm、体重71kg、血液型B型。 南満州鉄道勤務の父が仕事の関係で在住していた旧満州の奉天にて出生(三人兄弟の次男)し、日本本土への引き揚げの後、千葉県銚子市で育つ。その後学生時代より丹波哲郎に師事。 1968年(昭和43年)春に東映ニューフェイス第12期生となる。同期には片山由美子・ひろみどりがいた。翌年、テレビドラマ『キイハンター(モノクロ版)』『ああ忠臣蔵』、映画『やくざ刑罰史 私刑!』でデビュー。1973年(昭和48年)に『仮面ライダーV3』の主役に抜擢。1975年(昭和50年)の『秘密戦隊ゴレンジャー』以降は『快傑ズバット』『ジャッカー電撃隊』と特撮ヒーローものに立て続けに出演。1990年代には『特警ウインスペクター』『特救指令ソルブレイン』『超力戦隊オーレンジャー』でヒーローを指揮する役柄を演じている。
wikipediaより
no title

山口豪久

山口 豪久(やまぐち たけひさ、1945年1月25日 - 1986年4月6日)は、日本の俳優。本名:山口 智之(やまぐち ともゆき)、旧芸名:山口 暁(やまぐち あきら)、山口あきら。 出生は東京都。東京実業高等学校卒業。妻は元女優の山口千枝、長女は女優の山口貴子。 1964年、国際放映の特撮テレビドラマ『忍者部隊月光』(フジテレビ)の名月役でデビュー。 1966年、ピープロの特撮テレビ番組『マグマ大使』(フジテレビ)第17話にゲスト出演。のちに妻となる山口千枝と共演。その後も特撮作品を中心に活躍したが、スランプを経験し、「劇団NLT」の俳優教室に一年間通い、演技の基礎を磨き直した。 1972年、前述の山口千枝と結婚。後に二女をもうける。 1973年、東映の特撮テレビ番組『仮面ライダーV3』(毎日放送)に結城丈二 / ライダーマン役で出演。翌1974年には『電人ザボーガー』(フジテレビ)に大門豊役で出演し、これが初主演作品となった。 1980年代から、俳優業の傍ら、夫人の親戚が関係する中堅食品会社の幹部として勤務した。
wikipediaより
no title

速水亮

速水 亮(はやみ りょう、1949年11月14日 - )は、日本の俳優。本名:越坂部 茂(こさかべ しげる)、旧芸名:炎 三四郎、豊田 正文、三崎 玲資ほか。 千葉県君津市出身。オールアウト所属。身長174cm、血液型はA型。木更津中央高等学校(現、木更津総合高等学校)中退。妻は元女優の美山尚子、長男は俳優の香坂優介。 趣味はゴルフ、野球、料理。特技は柔道二段。普通自動車第一種、大型自動二輪運転免許所持。 一時期、長門裕之の事務所や劇団俳優座に所属していたこともある。 来歴・人物 6歳まで横浜商店街あたりに住み、家の近くにあった映画館に足しげく通う。 千葉県の木更津中央高等学校で、柔道部の主将を務めた。公式戦で無敗を誇り、大学から引き合いが来るほどの強さだった。本人は柔道で大学へ進み、武道館に出場するのが夢だったという。しかし、素行面で学校と悶着が絶えず、1年時から停学処分を受けるほどで、2年生になっての2月2日に、親友だったという副主将ともども、高校側から退学処分を受ける。
wikipediaより
no title

岡崎徹

岡崎 徹(おかざき とおる、1948年12月3日 - )は、日本の元俳優、元歌手。本名同じ、旧芸名:片岡 義昌。 長崎県出身。血液型はO型。長崎県立長崎北高等学校卒業。 高校卒業後、友人の紹介で上京。日活の研究生、歌手・水原弘の付き人を経て、1971年に片岡 義昌の芸名でシングル「心に準備のない私」で歌手デビュー。 1972年、東映の『不良番長 のら犬機動隊』で俳優デビューし、同じく不良番長シリーズの『一網打尽』にも出演。1974年、日活制作のアクションドラマ『電撃!! ストラダ5』で主役のペガサス / 堀田貫介を演じ、同年『仮面ライダーアマゾン』の主役アマゾン(山本大介)役に抜擢された。 その後、ドラマ『非情のライセンス』の撮影中にオートバイで転倒し、右足複雑骨折という重傷を負ってしまい、長期入院後、芸能界に復帰せず引退。帰郷し、約3年実家にて養生後、福岡市でスナック「a&b」を経営していたが、閉店。 その間、1986年に書籍『仮面ライダー大全集』にコメントを寄せ、1991年のイベント「仮面ライダーワールド」に出席したが、「a&b」閉店後は所在がつかめず、1999年に刊行された歴代仮面ライダー主演俳優のインタビュー本『不滅のヒーロー 仮面ライダー伝説』には両親がインタビューに応じている。
wikipediaより
no title

荒木しげる

荒木 しげる(あらき しげる、1949年2月9日 - 2012年4月14日)は、日本の俳優、ドラマー。フォークグループ「フォー・セインツ」のメンバー。本名:荒木 生徳(あらき いくのり)、旧芸名:荒木 茂(読み同じ)。 鹿児島県出水市出身。身長174cm、体重68kg、血液型はB型。日本学園高等学校、玉川大学卒業。妻は元女優で現在書道家の樋口のり子。前妻との間の娘は女優の三枝りな。 高校時代に渋谷でスカウトされ、男性ファッション誌などでモデルを務める。玉川大学在学中の1968年にカレッジフォークグループフォー・セインツのドラムスとしてデビュー。「小さな日記」「希望」「冬物語」などのヒット曲を生み出す。 1973年の解散後は、CMモデルを経て俳優に転向。当初は本名で活動していたが、1975年、『仮面ライダーストロンガー』に「城茂」役で主演したことから荒木 茂に改名した。のちに荒木しげるに改名(1983年 - 1988年までは、再度「茂」を名乗る)。 その後、『超神ビビューン』でふたたびヒーロー役を演じ、『特捜最前線』『暴れん坊将軍』では長期にわたってレギュラーで活躍した。
wikipediaより
no title

村上弘明

村上 弘明(むらかみ ひろあき、1956年12月22日 - )は、日本の俳優。本名同じ。 岩手県陸前高田市広田町出身。オスカープロモーション所属(元オフィス佐々木所属)。身長185cm。体重73kg。血液型A型。スリーサイズはB100・W80・H100cm。宮城県気仙沼高等学校卒業、法政大学法学部政治学科中退。特技は柔道で弐段。 妻は元モデルの田島都。子供は4人(二男・二女)いて、(2014年現在)第一子は21歳。 映画『もう頬づえはつかない』のオーディションを受けたことがきっかけで、芸能事務所に籍を置く。 1979年、事務所の意向で『仮面ライダー (スカイライダー)』の主演オーディションに応募し、3,786人の候補者から選出され、主人公・筑波洋役でデビュー。この時に大学を中退し、しばらく両親には内緒にしていた。 現代劇を中心に活動していたが、1985年の必殺スペシャル第5弾『必殺仕事人意外伝 主水、第七騎兵隊と闘う 大利根ウエスタン月夜』以降、必殺シリーズにの花屋(後に鍛冶屋)の政役で出演し、時代劇にも活動の場を広げた。
wikipediaより
no title

高杉俊介

高杉 俊介(たかすぎ しゅんすけ、1949年7月22日 - )は日本の俳優、歌手。愛知県一宮市出身。旧芸名・高杉 俊价(読み同じ)、本名・岩田 直樹(いわた なおき)。血液型はB型。身長175cm。 元陸上自衛隊レンジャーの助教出身でもあり、アクションから軍事指導までこなす。 現在はイベントやトークショー、ファンクラブの企画として毎年行われている「赤心寺の旅」等に参加している。 『仮面ライダースーパー1』出演当時は様々なメディアで年齢を若く報じていたが、近年雑誌のインタビューで本人が実年齢を公表した。 愛知尾張高等学校(現・名古屋大谷高等学校)卒業後、陸上自衛隊に入隊。レンジャー課程を修了後、助教を歴任。除隊後、グリーンベレーの研修に参加。 元々歌手志望で自衛隊時代に知り合った中山律子と上岡龍太郎を頼り上京、中山律子の実家に居候する様になる。グリーンベレー時代に知り合った映画プロデューサーに勧められ役者を志すようになった。 テレビドラマのエキストラや端役を経て、1978年に映画『野性の証明』で軍事トレーナー兼俳優としてデビューする。
wikipediaより
no title

菅田俊

菅田 俊(すがた しゅん、1955年2月17日 - )は、日本の俳優。本名は渋谷 昌道(しぶや まさみち)。ティー・アーティスト所属。 来歴・人物 山梨県富士吉田市出身。身長187cm、体重80kg。山梨県立吉田高等学校、東京経済大学卒業。大学時代は、コロナ2000GTで土曜夜に走り屋として過ごした。並行して18歳から21歳にかけては、当時流行のヤクザ映画の世界に憧れて的屋の一員としても働いた。 大学卒業後は不動産会社に就職し、ゴルフ場で働く会社員になるが、勝新太郎や菅原文太に憧れ、高校時代より師事していた詩人の竹内てるよの口添えで東映プロデューサーの俊藤浩滋を紹介してもらい、東映へ出入りするようになる。当初は本名のまま『電子戦隊デンジマン』『特捜最前線』などのテレビドラマに端役として出演。 やがて、菅原の付き人となり、菅原文太の「菅」、鶴田浩二の「田」、俊藤浩滋の「俊」を貰い、芸名を「菅田 俊」とする。『特捜最前線』では犯人役で出演したが、同時期に『仮面ライダーZX』の特番の主演が決まっていたため、子供番組でのマイナスイメージを避けて顔出しは見送られた(影を入れて隠していた)。
wikipediaより
no title

倉田てつを

倉田 てつを(くらた てつを、1968年9月11日 - )は、日本の俳優。本名は当初高山 哲夫(たかやま てつお)となっていたが、現在の公式ページ上では柿本 哲夫(かきもと てつお)となっている。infini所属。 東京都江東区出身。千葉商科大学付属高等学校卒業。身長183cm、体重68kg。血液型はAB型。 来歴・人物 高校時代より東映演技研修所に在籍。大学受験に失敗し、進路について考えていた1987年6月、「新・仮面ライダー(『仮面ライダーBLACK』)主役公募オーディション」を友人に勧められ、優勝賞金の100万円にも惹かれ応募する。応募者総数約8100人の中から優勝し、11代目ライダー・南光太郎役で俳優デビュー。同作では自ら主題歌も歌唱し、一躍人気を得る。1988年には続編の『仮面ライダーBLACK RX』でも南光太郎役として続演、歴代のライダー役者の中で最も長くライダー役を務めている。また、『BLACK』放映開始時点で倉田は19歳であり、当時としてはライダー役最年少であった。
wikipediaより

続きを読む

ダイアモンド ユカイ:「ライダー×戦隊」映画で史上最強ショッカー役 「俺の変身に注目して」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ダイアモンド ユカイ:「ライダー×戦隊」映画で史上最強ショッカー役 「俺の変身に注目して」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 05:08:38.23 ID:CAP_USER9.net
2017年02月13日

 ロックシンガーのダイアモンド ユカイさんが、仮面ライダーとスーパー戦隊シリーズの合わせて100人以上のヒーローが登場する映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」に出演することが13日、分かった。ユカイさんは仮面ライダー史上最強の敵「ショッカー首領3世(大蜘蛛大首領)」を演じるといい、「勝つだけが人生じゃない、負けることもカッコいいんだぜ!ってところも子供たちに伝えたい」と意気込んでいる。また、ユカイさんがアクションシーンに挑戦し、新ライダーが登場する予告編も公開された。

 悪役での出演について「俺自身、昔からヒール(悪役)が好きだった。ショッカーも仮面ライダーに憧れてるんだよ。ショッカーの気持ちも分かってほしい。ヒールは悲しみや恨みを背負ったまま負けるんだぜ。ブルースだぜ!」と“ユカイ節”をさく裂させ、さらにショッカー首領3世については「ヒール最大のラスボスだね。監督に直訴して『ショッカー変身』をさせていただいた。俺の変身に注目してみてほしい!」とアピールしていた。

 映画は、仮面ライダーとスーパー戦隊シリーズの最新作となる「仮面ライダーエグゼイド」と「宇宙戦隊キュウレンジャー」のコラボ作。世界消滅の運命を懸けた“死の闘技場”が、仮面ライダーエグゼイドと宇宙戦隊キュウレンジャーの前に立ちはだかり、“ゲーム世界”が現実世界への総攻撃を始め、閉ざされた異空間から脱出するため、歴代の仮面ライダー、スーパー戦隊が大乱戦を巻き起こす。3月25日公開。


・映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」に出演が決まったダイアモンド ユカイさん
no title

no title

http://mantan-web.jp/2017/02/13/20170212dog00m200018000c.html


∥動画∥
映画「仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦」予告編 ダイアモンド ユカイが史上最強ショッカー役 [maidigitv]
https://www.youtube.com/watch?v=dwgGud7JuMk


続きを読む
広告
オススメ
最新コメント