↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

ネプチューン原田が「アウトレイジ」最新作に出演決定、うれしくて雄叫び

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ネプチューン原田が「アウトレイジ」最新作に出演決定、うれしくて雄叫び
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 19:23:02.44 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/owarai/news/229095
2017年4月18日 4:00

北野武が監督を務める映画「アウトレイジ 最終章」の追加キャストが本日4月18日に発表され、ネプチューン原田の出演が明らかになった。
10月7日(土)に全国公開される本作は、裏社会で生きる男たちの抗争を描いたバイオレンスエンタテインメント「アウトレイジ」シリーズの最新作。
ビートたけし、西田敏行、塩見三省、名高達男、光石研らが前作に引き続き出演するのは既報の通りだ。

今回は、西田敏行演じる西野らが所属する「花菱会」のメンバー・花田(ピエール瀧)が、日韓を牛耳る「フィクサー」の組員を殺してしまったことをきっかけにストーリーが展開する。
原田は花田の手下・丸山役で登場。キャストに抜擢されたことについて「念願の北野組、それも大ファンであるアウトレイジに出演することが決まったとき、うれしさのあまり雄叫びを上げていました」とコメントしている。
原田やピエール瀧のほかに追加キャストとして発表されたのは、大森南朋、大杉漣、池内博之、岸部一徳といった面々。YouTubeでは特報も公開されたのでぜひチェックしてみよう。

■出演者コメント
ネプチューン原田
念願の北野組、それも大ファンであるアウトレイジに出演することが決まったとき、うれしさのあまり雄叫びを上げていました。
現場では北野監督の包容力がとても大きく、夢見心地と緊張感が入り混じった味わったことのない気分で撮影に臨ませていただきました。僕も皆さん同様暴走しております! 公開を楽しみにしていてください!

大森南朋
役者を始めた頃からずっと北野監督の映画に憧れていました。これまでも「Dolls」「アキレスと亀」と2作品でお世話になってます。
そして今回は、念願叶ってバイオレンス。念願叶ってアウトレイジ。もうこんな幸せなことはありません。
北野組の撮影現場、たけしさんの横で「あぁ俺、今、夢が叶ってるぅぅ」ってスゲェ小さい声で呟いてましたもん。

ピエール瀧
初めて北野組に参加させていただきました、ピエール瀧です。全スタッフの見事なチームワーク、痺れるような本番の緊張感、そして時折垣間見ることができた監督の作品への姿勢と愛情、どれもが自分にとって素晴らしい体験でした。
顔面世界遺産とも言える役者陣の“顔バトル”は、とにかく必見です(笑)。

大杉漣
24年前の「ソナチネ」が初めての北野映画でした。ちょうど今回の出演で10本目になりますが、常連などと思ったことはありません。やはり作品は、1つひとつなのだと痛感します。
北野組のあの独特な緊張感と世界観はたまりません。また味わいたくなるのは僕だけではないはずです。
(続きはソースをご覧下さい)

no title

no title


関連スレ
【映画】「アウトレイジ最終章」の予告編動画が公開(※動画あり
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492503812/
【芸能】北野監督最新作「アウトレイジ 最終章」10・7公開 大森南朋ら出演 ★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492497752/

続きを読む

「アウトレイジ最終章」新キャストにピエール瀧!公開は10月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「アウトレイジ最終章」新キャストにピエール瀧!公開は10月7日
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 07:24:53.31 0.net

北野武監督の最新作「アウトレイジ 最終章」の公開日が10月7日に決定した
新キャストには大森南朋(45)、ピエール瀧(50)、大杉漣(65)ら実力派俳優が多く起用された
今回はシリーズの軸である関東「山王会」と関西「花菱会」の巨大抗争後が描かれる
山王会の傘下にある「大友組」の大友(たけし)は韓国に渡り日韓を牛耳るフィクサーの下にいた
その韓国フィクサーと花菱会の間にトラブルが発生、一触即発の状況で大友が日本に帰ってくる
果たして“全面戦争”はどんな結末を迎えるのか
no title

続きを読む

北野武 映画で極端な暴力シーンを描くワケ「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【テレビ】<北野武>映画で極端な暴力シーンを描くワケ「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 14:46:50.62 ID:CAP_USER9.net
9日放送の「日曜美術館」(NHK Eテレ)で、北野武が、自身の映画で暴力的なシーンを描く理由を明かした。

番組では「ピカソ×北野武」と題し、画家・ピカソを愛好する北野が“ピカソの1枚”として「泣く女」(1937年)を選び、その魅力を語っていった。

北野は、ピカソが「泣く女」で表現した複雑な感情について、自身の映画を引き合いに出しながら考察していく。
感情を表現することは「難しい」と指摘した上で、北野映画に極端な暴力シーンがよく登場する理由について
「振り子が±0の所にあり+(プラス)に“暴力”、-(マイナス)に“愛”があるとしたら、+10の暴力は10の愛になるポテンシャルエネルギーがある」と、自身の理論を説明したのだ。

続けて北野は「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」
「中途半端な暴力は中途半端な愛情表現しかない」とし、自身における愛憎の表現方法について語った。

その上で、ピカソの「泣く女」について、北野は「怒っているのと泣いているのと、相乗効果で二つの感情が同時に爆発している感じがある」と指摘する。
さらに、絵の中に緑色などを使っている点に注目し、「これが肌色だとつまらない」と、ピカソの表現方法を分析していた。

2017年4月9日 13時5分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12911698/
no title

続きを読む

たけし 富美加騒動に「俺の映画にこの子出ているんだよなあ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【話題】たけし 富美加騒動に「俺の映画にこの子出ているんだよなあ」
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/19(日) 00:02:27.78 ID:CAP_USER9.net
 ビートたけし(70)が18日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」に生出演。宗教団体「幸福の科学」への出家を宣言した女優・清水富美加(22)について言及した。

 清水はたけしが監督を務めた「龍三と七人の子分たち」(15年公開)に出演。中尾彬(74)演じるはばかりのモキチの孫娘・百合子役を務めた。たけしは「俺の映画にこの子出ているんだよなあ。石塚(康介)の彼女役で。たぶん石塚のせいじゃないのかな」と冗談まじりに話した。

 清水の出家宣言に先立ち、大川隆法総裁(60)による「清水富美加の守護霊インタビュー」本が出版されたが、たけしも「(大川氏が)俺の守護霊と対談したことある。守護霊には印税くれないのかな」とぼやいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000136-spnannex-ent
no title

続きを読む

北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由
1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2016/12/19(月) 16:34:31.85 ID:CAP_USER9.net
◆北野武が『アウトレイジ』完結編を撮る理由

北野武監督の人気映画『アウトレイジ』シリーズの完結編が、2017年に公開されることが分かった。

「裏社会の男たちの抗争を描いた同作品は、第1弾が10年に、続編『アウトレイジ ビヨンド』が12年に公開。
完結編となる『アウトレイジ最終章』では、前作『ビヨンド』のその後が描かれるそうで、
反社会的組織の幹部を演じた西田敏行や、刑事役の松重豊など前作に登場したメンバーに加え、
シリーズ初参加キャストの出演も決定しています」(映画ライター)

北野監督は「シリーズ3作目でいろんなことを盛りだくさんにやっているけど、
やっぱり俺の映画になっちゃうよな」と語り、第3弾も『アウトレイジ』らしいバイオレンスに溢れた作品になると予告。
だが実は、たけし自身は当初、シリーズ化するつもりはなかったという。

「『アウトレイジ』を製作した時点で満足していたんですが、
周囲から“賞を獲りたいなら続編を作ったほうがよい”と説得され、第2弾も作ることになったといいます。
すると、第1弾では約7.5億円だった興行収入が、第2弾ではその倍に迫る約14.5億円の大ヒットに。
第3弾も、たけしとしては製作にそれほど乗り気ではなかったようですが、
“新しい映画を作るためのタネ銭に”という説得に応じ、製作に乗り出したそうです」(映画関係者)

気になるのは、『最終章』のストーリー。
「実在する反社会的組織の動向からも材を得ているとされるこのシリーズだけに、
第3弾では組織分裂の動きなども参考にしている可能性があります」(前出の映画ライター)

また、完結編らしい衝撃のラストが用意されているという話もある。
「“最後は散る”のが北野映画の美学。『その男、凶暴につき』『BROTHER』『ソナチネ』など、
北野作品は“死んで終わる”のが流儀です。『最終章』でも、たけしが演じる主役の大友を含め、
主要メンバーが壮絶な死に様を見せるのではないでしょうか」(前出の映画関係者)

さらに、サプライズが準備されているという情報も。

「小日向文世演じる悪徳刑事の片岡です。
反社会的組織の動きを裏で操るキーマンとして存在感を放っていましたが、
『ビヨンド』で、大友に銃で撃たれるという結末を迎えました。
それだけに、『最終章』には登場しないと思われていますが、実は片岡は死んでいないとか」(前同)

というのも、「『ビヨンド』の台本では、死んだ人は赤字で記されていたんですが、
片岡は赤字じゃなかったんです。ということは……」(前同)

(▼続きは以下のURLでご覧下さい)

日刊大衆 2016.12.19 12:00
http://dailynewsonline.jp/article/1246094/
no title

アウトレイジ_(映画)

アウトレイジ_(映画)
監督北野武
脚本北野武
出演者 ビートたけし
椎名桔平
加瀬亮
三浦友和
國村隼
杉本哲太
塚本高史
中野英雄
石橋蓮司
小日向文世
北村総一朗
音楽鈴木慶一
撮影柳島克己
上映時間109分

アウトレイジ』(OUTRAGE)は、2010年6月12日に公開された日本映画北野武の15本目の監督作品。


wikipediaより

続きを読む
広告
最新コメント