↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

たけしの「バカヤロー!」炸裂!ブチギレ乱射から全面戦争へ『アウトレイジ 最終章』

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】たけしの「バカヤロー!」炸裂!ブチギレ乱射から全面戦争へ『アウトレイジ 最終章』
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/07/14(金) 05:02:15.02 ID:CAP_USER9.net
2017.7.14 Fri 4:00

たけしの「バカヤロー!」炸裂!ブチギレ乱射から全面戦争へ『アウトレイジ 最終章』

前作から5年、『アウトレイジ』シリーズがついに終結を迎える『アウトレイジ 最終章』。このほど、“全員暴走”の果て、すべての因縁に決着をつける究極のフィナーレを迎える本作から、豪華キャストが入り乱れた予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメントとなる『アウトレイジ』シリーズ。
2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円を突破。
豪華キャスト陣が入り乱れる、生きるか死ぬかの抗争劇が大反響を呼んだシリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎える。

このたび完成した予告編は、関東「山王会」vs関西「花菱会」の巨大抗争後、張会長(金田時男)の下、韓国に渡った大友(ビートたけし)と大友を慕う韓国・済州島グループの市川(大森南朋)がマシンガンを乱射する、シリーズ史上最高にド派手で衝撃的なシーンから幕を開ける。

だが、「花菱会」幹部・花田(ピエール瀧)が、取引のために滞在した韓国の地でトラブルを起こし、大友と対峙。
「なめとんのか!!」と恫喝する花田に対し「なめてなんかいねーよバカヤロー!!」とブチ切れる大友。しかし、この結末は花田が張会長の手下を殺害するという最悪のシナリオを迎えてしまう。
焦る市川と苛立つ大友の思いをよそに、このトラブルをきっかけに、国際的フィクサー「張グループ」と巨大暴力団組織「花菱会」は一触即発の状態になってしまう。

一方、「花菱会」では新会長の野村(大杉漣)が、目障りな若頭・西野(西田敏行)を陥れようと、「張グループ」と西野が争うよう花田を焚き付けて画策し、「花菱会」内部での内紛が巻き起こっていた。
それぞれの思惑が交錯する中、なんと「張グループ」「花菱会」「山王会」「警察」が入り乱れる“全員暴走”の全面戦争へと突入! 大友もまた、すべての因縁に決着をつけるべく日本へと舞い戻り…。


まさに、シリーズ史上最大級のスケールでおくる“全員暴走”の究極の抗争劇は、クライマックスへ。大森さん、ピエールさん、大杉さんのほか、「花菱会」の岸部一徳、原田泰造、「山王会」の池内博之ら新キャストに加え、
「花菱会」西野役の西田さん、同・中田役の塩見三省、張会長の側近・李役の白竜、「山王会」白山役の名高達男、同・五味役の光石研、警視庁・繁田役の松重豊とお馴染みの顔ぶれもずらり。

(中略)

『アウトレイジ 最終章』は10月7日(土)より全国にて公開。


『アウトレイジ 最終章』本ポスター (C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
no title
『アウトレイジ 最終章』ティザーポスター(C)2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
no title

※動画はソースにてご確認ください。
http://www.cinemacafe.net/article/2017/07/14/50990.html

関連記事


続きを読む

ネプチューン原田が「アウトレイジ」最新作に出演決定、うれしくて雄叫び

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】ネプチューン原田が「アウトレイジ」最新作に出演決定、うれしくて雄叫び
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 19:23:02.44 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/owarai/news/229095
2017年4月18日 4:00

北野武が監督を務める映画「アウトレイジ 最終章」の追加キャストが本日4月18日に発表され、ネプチューン原田の出演が明らかになった。
10月7日(土)に全国公開される本作は、裏社会で生きる男たちの抗争を描いたバイオレンスエンタテインメント「アウトレイジ」シリーズの最新作。
ビートたけし、西田敏行、塩見三省、名高達男、光石研らが前作に引き続き出演するのは既報の通りだ。

今回は、西田敏行演じる西野らが所属する「花菱会」のメンバー・花田(ピエール瀧)が、日韓を牛耳る「フィクサー」の組員を殺してしまったことをきっかけにストーリーが展開する。
原田は花田の手下・丸山役で登場。キャストに抜擢されたことについて「念願の北野組、それも大ファンであるアウトレイジに出演することが決まったとき、うれしさのあまり雄叫びを上げていました」とコメントしている。
原田やピエール瀧のほかに追加キャストとして発表されたのは、大森南朋、大杉漣、池内博之、岸部一徳といった面々。YouTubeでは特報も公開されたのでぜひチェックしてみよう。

■出演者コメント
ネプチューン原田
念願の北野組、それも大ファンであるアウトレイジに出演することが決まったとき、うれしさのあまり雄叫びを上げていました。
現場では北野監督の包容力がとても大きく、夢見心地と緊張感が入り混じった味わったことのない気分で撮影に臨ませていただきました。僕も皆さん同様暴走しております! 公開を楽しみにしていてください!

大森南朋
役者を始めた頃からずっと北野監督の映画に憧れていました。これまでも「Dolls」「アキレスと亀」と2作品でお世話になってます。
そして今回は、念願叶ってバイオレンス。念願叶ってアウトレイジ。もうこんな幸せなことはありません。
北野組の撮影現場、たけしさんの横で「あぁ俺、今、夢が叶ってるぅぅ」ってスゲェ小さい声で呟いてましたもん。

ピエール瀧
初めて北野組に参加させていただきました、ピエール瀧です。全スタッフの見事なチームワーク、痺れるような本番の緊張感、そして時折垣間見ることができた監督の作品への姿勢と愛情、どれもが自分にとって素晴らしい体験でした。
顔面世界遺産とも言える役者陣の“顔バトル”は、とにかく必見です(笑)。

大杉漣
24年前の「ソナチネ」が初めての北野映画でした。ちょうど今回の出演で10本目になりますが、常連などと思ったことはありません。やはり作品は、1つひとつなのだと痛感します。
北野組のあの独特な緊張感と世界観はたまりません。また味わいたくなるのは僕だけではないはずです。
(続きはソースをご覧下さい)

no title

no title


関連スレ
【映画】「アウトレイジ最終章」の予告編動画が公開(※動画あり
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492503812/
【芸能】北野監督最新作「アウトレイジ 最終章」10・7公開 大森南朋ら出演 ★2
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1492497752/

続きを読む

「アウトレイジ最終章」新キャストにピエール瀧!公開は10月7日

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「アウトレイジ最終章」新キャストにピエール瀧!公開は10月7日
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 07:24:53.31 0.net

北野武監督の最新作「アウトレイジ 最終章」の公開日が10月7日に決定した
新キャストには大森南朋(45)、ピエール瀧(50)、大杉漣(65)ら実力派俳優が多く起用された
今回はシリーズの軸である関東「山王会」と関西「花菱会」の巨大抗争後が描かれる
山王会の傘下にある「大友組」の大友(たけし)は韓国に渡り日韓を牛耳るフィクサーの下にいた
その韓国フィクサーと花菱会の間にトラブルが発生、一触即発の状況で大友が日本に帰ってくる
果たして“全面戦争”はどんな結末を迎えるのか
no title

続きを読む

北野武 映画で極端な暴力シーンを描くワケ「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【テレビ】<北野武>映画で極端な暴力シーンを描くワケ「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」
1: Egg ★@\(^o^)/ 2017/04/09(日) 14:46:50.62 ID:CAP_USER9.net
9日放送の「日曜美術館」(NHK Eテレ)で、北野武が、自身の映画で暴力的なシーンを描く理由を明かした。

番組では「ピカソ×北野武」と題し、画家・ピカソを愛好する北野が“ピカソの1枚”として「泣く女」(1937年)を選び、その魅力を語っていった。

北野は、ピカソが「泣く女」で表現した複雑な感情について、自身の映画を引き合いに出しながら考察していく。
感情を表現することは「難しい」と指摘した上で、北野映画に極端な暴力シーンがよく登場する理由について
「振り子が±0の所にあり+(プラス)に“暴力”、-(マイナス)に“愛”があるとしたら、+10の暴力は10の愛になるポテンシャルエネルギーがある」と、自身の理論を説明したのだ。

続けて北野は「ものすごい暴力は、ものすごい愛に変わる位置エネルギーがある」
「中途半端な暴力は中途半端な愛情表現しかない」とし、自身における愛憎の表現方法について語った。

その上で、ピカソの「泣く女」について、北野は「怒っているのと泣いているのと、相乗効果で二つの感情が同時に爆発している感じがある」と指摘する。
さらに、絵の中に緑色などを使っている点に注目し、「これが肌色だとつまらない」と、ピカソの表現方法を分析していた。

2017年4月9日 13時5分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/12911698/
no title

続きを読む

たけし 富美加騒動に「俺の映画にこの子出ているんだよなあ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【話題】たけし 富美加騒動に「俺の映画にこの子出ているんだよなあ」
1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2017/02/19(日) 00:02:27.78 ID:CAP_USER9.net
 ビートたけし(70)が18日、TBS「新・情報7daysニュースキャスター」に生出演。宗教団体「幸福の科学」への出家を宣言した女優・清水富美加(22)について言及した。

 清水はたけしが監督を務めた「龍三と七人の子分たち」(15年公開)に出演。中尾彬(74)演じるはばかりのモキチの孫娘・百合子役を務めた。たけしは「俺の映画にこの子出ているんだよなあ。石塚(康介)の彼女役で。たぶん石塚のせいじゃないのかな」と冗談まじりに話した。

 清水の出家宣言に先立ち、大川隆法総裁(60)による「清水富美加の守護霊インタビュー」本が出版されたが、たけしも「(大川氏が)俺の守護霊と対談したことある。守護霊には印税くれないのかな」とぼやいた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000136-spnannex-ent
no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント