↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

千葉雄大:劇場版「妖怪ウォッチ」で13歳の少年役 上白石萌音は“ケータの娘”に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:千葉雄大:劇場版「妖怪ウォッチ」で13歳の少年役 上白石萌音は“ケータの娘”に
1: 湛然 ★ 2017/10/18(水) 05:04:35.96 ID:CAP_USER9.net
2017年10月18日

千葉雄大:劇場版「妖怪ウォッチ」で13歳の少年役 上白石萌音は“ケータの娘”に

 俳優の千葉雄大さんが、劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」(ウシロシンジ監督)で、主人公の13歳の少年・月浪トウマの声優を務めることが18日、明らかになった。
同じく主人公の女の子・天野ナツメの声優を上白石萌音さんが担当することも発表された。

 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は、アニメやゲームが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ第4弾で、「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界が舞台。
登場人物は一新され、新しい妖怪ウォッチの継承者が誕生。おなじみの妖怪たちは「シャドウサイド」という戦闘モードの姿になり、強大な悪から世界を救うべく、バトルを繰り広げる。

 上白石さん演じるナツメは、新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ エルダ」を手にする13歳の女の子。ケータの娘だといい、父から娘へ「妖怪ウォッチ」を受け継ぎ、強大な敵に立ち向かっていく。
また、千葉さん演じるトウマは、ナツメとは別の新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ オーガ」を手にする13歳の少年。「妖怪ウォッチシリーズ」では今までにいないタイプのキャラクターといい、ジバニャンと戦うシーンもあるという。

 千葉さんは「大人気の作品で、今回、声優として参加させていただけることをすごくうれしく思っています」と喜び、映画については「今までの妖怪ウォッチの雰囲気もありつつ、大人でもグッとくる内容になっています」とアピール。
また、上白石さんは「ケータの娘と聞いて、ワクワクしました! 私はおとなしいイメージを持たれることが多いので、先陣を切って戦うナツメのような役は憧れでもありました。『妖怪ウォッチ』は大人にも子供にもずっと愛され続けているアニメなので、すごく光栄に思っています」と喜んでいる。

 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は12月16日公開。


「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」に出演する上白石萌音さん(左)と千葉雄大さん(右) (C)LMYWP 2017
no title
no title
no title
https://mantan-web.jp/article/20171017dog00m200027000c.html

千葉雄大

千葉 雄大(ちば ゆうだい、1989年3月9日 - )は、日本の俳優、ファッションモデル。愛称は「千葉くん」、「ばーちー」「ばーち」。

宮城県多賀城市出身。宮城県仙台第三高等学校卒業。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。


wikipediaより

上白石萌音

上白石 萌音(かみしらいし もね、1998年1月27日 - )は、日本の女優、歌手。本名、同じ。

鹿児島県鹿児島市出身。大学2年在学中。所属事務所は東宝芸能。


wikipediaより

続きを読む

『兄に愛されすぎて困ってます』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年07月05日時点

no title

兄に愛されすぎて困ってます

兄に愛されすぎて困ってます』(あににあいされすぎてこまってます)は、夜神里奈による日本の少女漫画作品。小学館の雑誌『Sho-Comi』で2015年14号から連載中。2017年には実写化されてている

あらすじ

せとかは、不器用ながらも優しい兄はるかと幸せな日々を送っていた。ある日、せとかが海外への修学旅行に行くことが決まり、パスポート申請のために戸籍謄本の準備を親に頼んだところ、せとかが養子であることが判明した。その翌日、せとかがクラスメイトの鈴木と一緒にバスに乗っていたところ、自転車に乗ったはるかがやってきて、バスに蹴りを入れた。


wikipediaより
続きを読む

FFシリーズを初実写化!主演の千葉雄大「新感覚のドラマです」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【ドラマ】FFシリーズを初実写化!主演の千葉雄大「新感覚のドラマです」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/01/27(金) 05:14:17.82 ID:CAP_USER9.net
スポニチアネックス 1/27(金) 5:00

 俳優の千葉雄大(27)がTBS系の新ドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(TBS=4月18日スタート、火曜深夜1・28)で主役を務める。

 ゲームプレーヤーのブログが原作で、実話を基にした注目作。大人気ロールプレーイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの実写化は初。制作サイドは「オンラインゲームに参加しているような世界観を展開する」としている。

 千葉演じるサラリーマンがゲームの中で正体を知らせず、60歳を超えてオンラインゲームにはまった父親(大杉漣)とともに戦っていく。野口照夫監督は「繊細さと、意志の強さ、両面を兼ね備えているキャストが必要でした。千葉さんなら絶対にハマると確信しての起用です」と語る。

 千葉は「新しい試みもいっぱいあって、ゲームの中でお芝居しているような新感覚のドラマです」と作品に自信を見せている。


no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000134-spnannex-ent.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000134-spnannex-ent

続きを読む

千葉雄大、自身より10センチ高い1メートル83の竜星涼を見て「身長がほしい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】千葉雄大、自身より10センチ高い1メートル83の竜星涼を見て「身長がほしい」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/01/08(日) 05:28:19.98 ID:CAP_USER9.net
 俳優、竜星涼(23)が7日、東京都内で行われた主演映画「Bros.マックスマン」(増田哲英監督)の初日舞台あいさつに内田理央(25)、千葉雄大(27)らと出席した。

 テレビ局の見習いADがヒーローに変身する物語にちなみ、身に付けたい特殊能力を問われた竜星は、「相手の心の内が分かるとうれしい」と希望。
一方、主人公の兄役を演じている千葉は、自身より10センチ高い1メートル83の竜星を見て「身長がほしい」とポツリ。「“お父さん”が違うんじゃないかと思う」と笑わせた。


・映画「Bros.マックスマン」の初日舞台あいさつに出席した前列左から千葉雄大、竜星涼、内田理央、後列左から松島庄汰、丸山敦史、高橋裕二郎、ケンドーコバヤシ=東京・新宿(写真:サンケイスポーツ)
no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000536-sanspo-ent.view-000
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00000536-sanspo-ent



∥その他の画像∥
映画「Bros.マックスマン」の初日舞台あいさつに登場した千葉雄大さん(左)と竜星涼さん
no title

no title

続きを読む

『殿、利息でござる!』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年5月14日時点

no title

 
予告
続きを読む
広告
オススメ
最新コメント