↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

哀川翔の娘・福地桃子、銀幕主演デビュー!「ビックリしすぎて泣いちゃった」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】哀川翔の娘・福地桃子、銀幕主演デビュー!「ビックリしすぎて泣いちゃった」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 05:04:31.63 ID:CAP_USER9.net
8/12(土) 5:00 サンケイスポーツ

哀川翔の娘・福地桃子、銀幕主演デビュー!「ビックリしすぎて泣いちゃった」

 俳優、哀川翔(56)の次女で女優、福地桃子(19)が来年公開の「あまのがわ」(古新舜監督)で映画初出演にして初主演を飾ることが11日、分かった。
太鼓の演奏が大好きな女子高生の成長物語で、初めて苦手なオーディションに合格。父も無言でハイタッチしてくるなど喜んでいるといい、「初めてのことだらけで不安な気持ちでいっぱいですが、役と一緒に成長できたら」と意気込んでいる。

 Vシネマの帝王の“最強遺伝子”が、銀幕デビューを果たす!

 ♪素意や!−。哀川の一世風靡セピア時代の代表曲「前略、道の上より」が流れる太鼓のレッスンスタジオ。11月の撮影に向けて役作りで練習を始めた福地は、スタッフの粋な計らいに苦笑しつつも、真剣な表情でバチを振り下ろした。

 稽古後、サンケイスポーツの取材に応じた福地は、映画初出演&初主演が決まった感想について「うれしい感情よりも、ビックリしすぎて泣いちゃいました」と照れ笑い。

 「あまのがわ」は、女優デビュー作となった昨年10月期のテレビ東京系「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」以来の映像作品。
教育熱心な母との衝突から心を閉ざしてしまった太鼓奏者の女子高生が、鹿児島・屋久島へ自分探しの旅に出る姿を描く感動作で、さまざまな出会いを通して成長する主人公を福地が演じる。

 大役は自身の実力で勝ち取った。今年5月に受けたオーディションで、「表現力があってオーラがすごい」と光る演技が評価されて合格。
昨年2月に芸能界入りして以降、約20回受けたオーディションは「緊張で歩くときに手足が一緒に出てしまった」などすべて不合格だっただけに、喜びもひとしお。
父の反応については「静かにハイタッチをしてくれました(笑)」と“無言のエール”に感謝した。

 5人きょうだいの末っ子で、5月に哀川の次女であることを公表したばかりの福地は、主演で映画デビューすることに「正直、今は不安な気持ちでいっぱい」と吐露。
それでも「初めてだからこそ新しい発見は必ずあると思うので、役と一緒に成長できるように頑張りたいです!」と力強くバチを握りしめた。


no title
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-00000503-sanspo-ent

哀川翔

哀川 翔(あいかわ しょう、1961年5月24日 - )は、日本の俳優、タレント、歌手、レーシングドライバー。徳島県徳島市生まれ、鹿児島県鹿屋市出身。 身長 178 cm。 趣味は釣り、ゴルフ、昆虫採集(カブトムシ、クワガタムシ)、メダカの飼育である。 血液型はAB型である。 妻(元女優・青地公美)とは六本木のカラオケ屋「弐壱」にて武蔵丸光洋の大関昇進パーティーに参加した際に出会った。青地はその日、矢沢永吉の妻とパーティーに来ていた。 高校時代までは体育教師を目指しており、体育大学への進学を希望していたが願書の出し忘れにより受験ができずに終わった経験がある。 朝日の昇る前から起き、家族が目を覚ます前に散歩をするためか、夕方には既に眠くなり、20時か21時には床に入るという。 5人の子供(三男、二女)を持つ親であり、末っ子で次女の福地桃子とはテレビ東京「借王(シャッキング)~華麗なる借金返済作戦~」、福島中央テレビ「キズナ・ワーク」等にて共演している。
wikipediaより

続きを読む

哀川翔&竹内力、迫力のツーショット!コミカルなやりとりに観客爆笑…映画『銀の匙 Silver Spoon』の舞台あいさつ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】哀川翔&竹内力、迫力のツーショット!コミカルなやりとりに観客爆笑…映画『銀の匙 Silver Spoon』の舞台あいさつ
1: 禿の月φ ★ 2014/01/30(木) 05:51:55.19 ID:???P
哀川翔と竹内力が29日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われた
映画『銀の匙 Silver Spoon』の舞台あいさつに、主演の中島健人やヒロインの広瀬アリスら若手キャストと共に出席、迫力のツーショットが実現した。

 共演者の市川知宏、黒木華、上島竜兵、吹石一恵、中村獅童ら個性豊かなメンバーのほか、吉田恵輔監督も登壇した舞台あいさつ。客席はSexy Zoneの中島目当ての若い女性ファンで占められていたが、竹内がマイクを握ると「力さーん」と黄色い声援が飛ぶ一幕も。

 哀川と竹内といえば、Vシネマ界の二大横綱にして、カルト的な人気を誇る三池崇史監督作『DEAD OR ALIVE 犯罪者』でも知られるコンビ。広瀬演じるヒロイン、アキの叔父を演じた哀川は、さわやかな魅力を振りまく中島たちと同じステージに立っていることが面白かったのか、両脇に立つ中村と竹内と共にぐっと顔を寄せ合うと 「ここだけ切り取ると、何の映画だかわからない3人ですよね」と迫力満点のショットを披露。
>>2以降に続きます)

ソース:シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0060092
画像:no title

no title

no title

no title

続きを読む

哀川翔「20人くらいにボッコボコにされた時も死なないと思った」と武勇伝を告白/米映画『欲望のバージニア』女性限定試写会

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【芸能】哀川翔「20人くらいにボッコボコにされた時も死なないと思った」と武勇伝を告白/米映画『欲望のバージニア』女性限定試写会
禿の月φ ★[sage] 2013/06/19(水) 23:09:56.03 ID:???P
    俳優の哀川翔(52)が19日、都内で行われた米映画「欲望のバージニア」
    女性限定試写会に登場した。禁酒法時代の米国を舞台に、
    密造酒ビジネスで名を馳せ「絶対に死なない」という伝説を
    打ち立てた実在の三兄弟の生きざまを描く。
   
    男気溢れ“芸能界のアニキ”とも言われる哀川は、
    「俺も若い頃は絶対に死なないと思っていた。
    20人くらいにボッコボコにされた時も死なないと思った」と
    サラリと武勇伝を告白。
   
    当時の状況について「そうなったら諦めるしかないね。
    体丸くするしかないね。丸くなった方が極力ダメージ少ないから」
    と苦笑いで振り返り、会場の女性客に向かって
    「最初の一撃が一番効くね。気を付けた方がいいよ」
    と無意味なアドバイスを送っていた。
   
    この日は、アルコール度数96%のウォッカが登場。少量をロックで飲み干すと
    「すごいね」とむせながら、「やめた方がよかったな。俺にも火がついちゃった感じ」と
    若干ろれつが回っていなかった。29日公開。
   
    ソース:テレビ朝日|テレ朝news
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20130619_310.html
    画像:禁酒法時代の映画にちなんで、96度のウオッカを飲み干した哀川翔
    130619-8903-ns-big

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント