↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年09月18日時点

no title

大根仁

大根 仁(おおね ひとし、1968年12月28日 - )は、東京都国立市出身のテレビドラマの演出家、映画監督。オフィスクレッシェンド取締役。



経歴

ドラマ『北の国から』の第1回を見た時に衝撃を受け、その後たまたま書店で見つけた『北の国から』のシナリオを手に取ったことからドラマ作りに興味を持った。映像系の専門学校に進学し、在学中に制作したPVが当時専門学校に講師で来ていた映画監督・堤幸彦の目に留まり、その縁で堤と秋元康が作った番組制作会社「SOLD OUT」に入社。

『ヴァンパイアホスト』、『30minutes』、『ライオン丸G』、『週刊真木よう子』、『湯けむりスナイパー』、『モテキ』などテレビ東京を中心に多くの深夜ドラマの演出を手がけた。


wikipediaより

引用元:奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール〜M.1
続きを読む

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年08月20日時点

no title
関連記事


引用元:アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
続きを読む

岩井俊二作品の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」っていう映画がアニメ化するんだがお前ら的にどうよ

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:岩井俊二作品の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」っていう映画がアニメ化するんだがお前ら的にどうよ
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/04/16(日) 13:00:13.01 0.net
奥菜恵役の声を広瀬すずが担当するらしい
no title


https://youtu.be/9Q1cetynma8


続きを読む

「奥田民生になりたいボーイ」9月に公開決定、コーロキ×あかりのビジュアルも

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「奥田民生になりたいボーイ」9月に公開決定、コーロキ×あかりのビジュアルも
1: 取り分 ★@\(^o^)/ 2016/12/16(金) 11:36:34.10 ID:CAP_USER9.net
大根仁監督の映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の公開が9月に決定した。

本作は渋谷直角のマンガ「奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール」を原作としたラブコメディで、全編にわたって奥田民生の楽曲が使用される。奥田に憧れるうだつが上がらない35歳の編集者・コーロキを妻夫木聡が、出会う男すべての人生を狂わせてしまう魔性の女・あかりを水原希子が演じるほか、松尾スズキ、新井浩文、安藤サクラ、リリー・フランキー、天海祐希ら個性豊かなキャストが出演する。

またこのたび、妻夫木扮するコーロキと水原演じるあかりを捉えた映画のビジュアルも公開されている。

ソース
http://natalie.mu/music/news/213450
「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」ビジュアル
no title

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」キャスト
no title

続きを読む

岡村靖幸、映画トークショーに初登場!メモを下準備

このエントリーをはてなブックマークに追加
ネタ元:【映画】岡村靖幸、映画トークショーに初登場!メモを下準備
禿の月φ ★[sage] 2013/04/12(金) 08:14:13.83 ID:???P
    ミュージシャンの岡村靖幸が11日、映画トークショーに初めて参加した。
    この日上映されたのは、映画『モテキ』の大根仁監督の最新作
    『シネマ☆インパクト Vol.3/恋の渦』。今回のトークショーは、
    同作の原作者・三浦大輔が岡村の大ファンだったことから実現した。
   
    大根監督は、トークショーで三浦と岡村が初対面を果たしたことについて、
    「この二人を引き合わせたかった。僕の念願でした」と満足げな表情。
   
    映画トークショーは初めてだという岡村は、メモを取り出し、
    映画の感想について、「音楽が転換以外使われていなくて、
    密室感を感じましたし、除き部屋を除いているような感じがしました。
    それと、ドラマにありがちなセリフが排除されていて、
    こういうふうに思えよといった感じがなくて、
    やはり息苦しくなりました。ある種のわかりやすさを排除して、
    ありがちなものじゃないなと感じて。
    作者が狙っているんだったらすごいなと思いました」と一気にメモを読み上げた。
   
    それに対し、大根監督は「ほめていただいたのは
    ほとんどが三浦くんの功績」と謙遜した。(>>2以降に続きます)
   
    ソース:シネマトゥデイ
    http://www.cinematoday.jp/page/N0052001
    画像:岡村靖幸、三浦大輔、大根仁監督
    N0052001_l

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント