↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

千葉雄大:劇場版「妖怪ウォッチ」で13歳の少年役 上白石萌音は“ケータの娘”に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:千葉雄大:劇場版「妖怪ウォッチ」で13歳の少年役 上白石萌音は“ケータの娘”に
1: 湛然 ★ 2017/10/18(水) 05:04:35.96 ID:CAP_USER9.net
2017年10月18日

千葉雄大:劇場版「妖怪ウォッチ」で13歳の少年役 上白石萌音は“ケータの娘”に

 俳優の千葉雄大さんが、劇場版アニメ「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」(ウシロシンジ監督)で、主人公の13歳の少年・月浪トウマの声優を務めることが18日、明らかになった。
同じく主人公の女の子・天野ナツメの声優を上白石萌音さんが担当することも発表された。

 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は、アニメやゲームが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ第4弾で、「妖怪ウォッチ」シリーズの主人公・ケータの時代から、30年後の世界が舞台。
登場人物は一新され、新しい妖怪ウォッチの継承者が誕生。おなじみの妖怪たちは「シャドウサイド」という戦闘モードの姿になり、強大な悪から世界を救うべく、バトルを繰り広げる。

 上白石さん演じるナツメは、新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ エルダ」を手にする13歳の女の子。ケータの娘だといい、父から娘へ「妖怪ウォッチ」を受け継ぎ、強大な敵に立ち向かっていく。
また、千葉さん演じるトウマは、ナツメとは別の新たな妖怪ウォッチ「妖怪ウォッチ オーガ」を手にする13歳の少年。「妖怪ウォッチシリーズ」では今までにいないタイプのキャラクターといい、ジバニャンと戦うシーンもあるという。

 千葉さんは「大人気の作品で、今回、声優として参加させていただけることをすごくうれしく思っています」と喜び、映画については「今までの妖怪ウォッチの雰囲気もありつつ、大人でもグッとくる内容になっています」とアピール。
また、上白石さんは「ケータの娘と聞いて、ワクワクしました! 私はおとなしいイメージを持たれることが多いので、先陣を切って戦うナツメのような役は憧れでもありました。『妖怪ウォッチ』は大人にも子供にもずっと愛され続けているアニメなので、すごく光栄に思っています」と喜んでいる。

 「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」は12月16日公開。


「映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」に出演する上白石萌音さん(左)と千葉雄大さん(右) (C)LMYWP 2017
no title
no title
no title
https://mantan-web.jp/article/20171017dog00m200027000c.html

千葉雄大

千葉 雄大(ちば ゆうだい、1989年3月9日 - )は、日本の俳優、ファッションモデル。愛称は「千葉くん」、「ばーちー」「ばーち」。

宮城県多賀城市出身。宮城県仙台第三高等学校卒業。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。


wikipediaより

上白石萌音

上白石 萌音(かみしらいし もね、1998年1月27日 - )は、日本の女優、歌手。本名、同じ。

鹿児島県鹿児島市出身。大学2年在学中。所属事務所は東宝芸能。


wikipediaより

続きを読む

映画『妖怪ウォッチ』に鬼太郎が登場 声優・野沢雅子「ワクワクしています」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【アニメ】映画『妖怪ウォッチ』に鬼太郎が登場 声優・野沢雅子「ワクワクしています」
1: のっぺらー ★ 2017/09/13(水) 09:16:25.24 ID:CAP_USER.net
レベルファイブ企画・原作の『妖怪ウォッチ』の映画第4弾
『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』(12月16日公開)に、
妖怪の“先輩”ゲゲゲの鬼太郎が登場することが12日、わかった。

ジバニャンも
「えええーーーっ! あの伝説の鬼太郎センパイが、妖怪ウォッチの映画に出るニャンか!?
 まじヤバいニャン!」と大興奮。

声優は1968年に初代鬼太郎役を演じた野沢雅子が担当し、
目玉おやじ、ねこ娘、子泣きじじい、砂かけばばあ、一反もめん、ねずみ男と、
おなじみの“鬼太郎ファミリー”も総出演する。
no title

今度の映画『妖怪ウォッチ』の舞台は、シリーズの主人公・ケータの時代から30年後の世界。
恐るべき妖怪ウイルス“鬼まろ”によって、穏やかな日常は終わりを告げる。
人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。
新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか。

登場人物はみな一新され、妖怪たちは驚きの姿で登場。
これまでとは一味違ったシリアスな要素も加わり、新しい世界観になっている。
no title

『ゲゲゲの鬼太郎』は、今日の妖怪漫画・妖怪アニメの生みの親ともいえる、水木しげるさんの代表作。
1965年に漫画連載がスタート(※連載当初の『墓場の鬼太郎』が後に改題)、68年にアニメ化。
その後も5度アニメシリーズ化され、子どもから大人まで親しまれてきた。

映画『妖怪ウォッチ』では、ある危機を迎えたジバニャンたち一行が、
伝説の存在である鬼太郎に助けを求めてゲゲゲの森にたどり着き、
大人たちをかつて夢中にさせた妖怪たちと、今子どもたちを夢中にさせている妖怪たちの対面が実現する。

鬼太郎でアニメ初主演を飾った野沢は
「初めてのシリーズ主人公、鬼太郎は私の中でしっかり生きています」と思い入れの強さを明かし、
「今から完成がとっても楽しみでワクワクしています。妖怪は不滅です」とコメントを寄せた。

製作総指揮/原案・脚本の日野晃博氏は
「今回、妖怪ウォッチの世界観はシリアスに変わっているのですが、
 ここで大人が見るに堪えるものにするというコンセプトが生まれました。
 現代の大人において『妖怪』と言えば、やはり鬼太郎ではないでしょうか。
 というわけで、鬼太郎とコラボしたいという発想に至りました」と意図を説明。
「これが実現できたことは、スタッフ一同感無量です」と感慨深げだ。

また、鬼太郎のようなジバニャンの姿、通称「鬼太ニャン」の姿もお披露目された。
鬼太郎の妖気の影響を受けて変化した姿のようで、劇中のどこかで「鬼太ニャン」も登場する。
no title

以下ソース:ORICON NEWS 2017-09-13 05:00
http://www.oricon.co.jp/news/2097151/full/

続きを読む

今度の『妖怪ウォッチ』は30年後の物語 ジバニャン衝撃の姿が解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】今度の『妖怪ウォッチ』は30年後の物語 ジバニャン衝撃の姿が解禁 12月16日公開
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 14:40:07.16 ID:CAP_USER9.net
http://www.oricon.co.jp/news/2092437/full/
2017-06-15 12:00

レベルファイブ企画・原作の『妖怪ウォッチ』の映画第4弾が、12月16日に公開されることが決定した。タイトルは『映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活』。
シリーズの主人公・ケータの時代から30年後の世界が描かれ、妖怪ウォッチに選ばれし者、登場人物はみな一新。
おなじみの妖怪たちは驚きの姿で登場し、解禁されたポスターには、目を見開いて体型もいつもと違うジバニャンの衝撃の姿が描かれている。

かつて、妖怪を操る不思議な“腕輪(ウォッチ)”を持った少年がいた。ところが、少年が大人になったとき、彼には妖怪の姿が見えなくなってしまった。
役目を終えたその“腕輪”は、時空の彼方に葬り去られた。そして、30年後。穏やかな日常は終わりを告げ、迫りくる彗星(すいせい)とともに運命の日が始まる。
恐るべき妖怪ウイルス『鬼まろ』が、人の悪意に感染して無限に増殖していく。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。新たな妖怪ウォッチを手にし、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか。

新たな主人公となるのは、世話好きな13歳の女の子・ナツメ、いつも一人で孤独を感じている13歳の男の子・トウマ、代々、妖気を使った占いを行う家系『有星家』の長男・アキノリという3人で、ビジュアルもお披露目された。
ナツメは幼いころ川に溺れたとき、“なにか”に助けられた記憶があるというが、果たして…。

妖怪には「ライトサイド」「シャドウサイド」2つのモードが存在し、今回はジバニャンの2モードも先行解禁された。
これまでとは一味違ったシリアスでちょっと怖いホラー要素に、今までの『妖怪ウォッチ』の楽しさも盛り込まれた新しい世界観の「妖怪ウォッチ」が誕生する。

 製作総指揮を務め、原案・脚本の日野晃博氏は「今回の映画では妖怪ウォッチの新しい可能性にチャンレンジしています。
これまでの妖怪ウォッチを好きでいてくださっている皆さまは、『シャドウサイド』としての変化に戸惑われることでしょう。
ですが、今回の新しい世界観も、きっと好きになっていただけると思います」と手応えをにじませる。
(続きはソースをご覧下さい)

no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title
no title

関連記事

妖怪ウォッチ

『妖怪ウォッチ』(ようかいウォッチ)は、レベルファイブより2013年7月11日に発売されたニンテンドー3DS専用ゲームソフト、およびこの作品に登場する架空の時計型アイテムの名前。『イナズマイレブン』シリーズ、『ダンボール戦機』シリーズに続くレベルファイブのクロスメディアプロジェクト作品である。先行する二作品と同様にコミックやアニメなどによる多角メディア展開を前提として企画された。 ある夏の日、主人公は虫取りをしている最中に妖怪執事ウィスパーと出会い、妖怪を見ることのできる不思議な時計・妖怪ウォッチを手に入れる。至る所に出没する妖怪と友達になり、時には彼らと協力して、町の人々の悩み・問題を解決しながら物語を進めていく作品である。妖怪と友達になると、妖怪メダルが渡され、妖怪ウォッチで召喚することができる。妖怪は、特定の条件を満たすと進化・合成などができるものもあり、その種類は440種類である(妖怪ウォッチ2現在)。 当作品が初めて公になったのは、2012年12月15日より『月刊コロコロコミック』でコミカライズ連載を開始した時である。
wikipediaより

続きを読む

<映画興行成績>「妖怪ウォッチ」最新作が「スター・ウォーズ」抑え初登場首位

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】<映画興行成績>「妖怪ウォッチ」最新作が「スター・ウォーズ」抑え初登場首位
1: Japanese girl ★@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 22:22:38.53 ID:CAP_USER9.net
 1位 映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!
 2位 ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
 3位 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
 4位 ぼくは明日、昨日のきみとデートする
 5位 海賊とよばれた男
 6位 君の名は。
 7位 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー
 8位 モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ
 9位 好きになるその瞬間を。-告白実行委員会-
 10位 この世界の片隅に

■<映画興行成績>「妖怪ウォッチ」最新作が「スター・ウォーズ」抑え初登場首位 

 19日に発表された17、18日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、アニメやゲームが人気の「妖怪ウォッチ」の劇場版アニメ最新作「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」(ウシロシンジ監督)が、人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督)を抑えて初登場で首位を獲得した。主人公・天野ケータや妖怪たちの冒険をアニメパートと実写パートを融合させて描いた作品で、約54万5000人を動員し、興行収入は約6億800万円をあげている。

 2位は初登場の「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」。同作は、シリーズ第1作「エピソード4/新たなる希望」(1977年)でヒロインのレイア姫がドロイドのR2-D2に託した帝国軍の究極の兵器「デス・スター」の設計図が、いかにして反乱軍の手に渡ったかを描くアナザーストーリー。動員数は約41万3600人、興行収入は約6億5300万円で、16日の公開初日からの累計興行収入は約9億2000万円を突破している。3位は大ヒット作「ハリー・ポッター」の新シリーズ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(デビッド・イェーツ監督)だった。

 初登場作品では、4位に俳優の福士蒼汰さんと女優の小松菜奈さんが初共演し、七月隆文さんの人気恋愛小説を映画化した「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(三木孝浩監督)が入ったほか、9位にクリエーターユニット「HoneyWorks」の楽曲を原作にした劇場版アニメ第2弾「好きになるその瞬間を。-告白実行委員会-」がランクインした。

まんたんウェブ 12/20(火) 20:30配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161220-00000020-mantan-ent
no title

続きを読む

『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年 12月 18日時点

no title
予告
続きを読む
広告
オススメ
最新コメント