↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

小出恵介の代役は玉山鉄二 さんま役に起用へ Netflix「Jimmy」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【ドラマ】小出恵介の代役は玉山鉄二 さんま役に起用へ Netflix「Jimmy」
1: 湛然 ★ 2017/11/24(金) 05:10:15.31 ID:CAP_USER9.net
[2017年11月24日4時59分]

小出恵介の代役は玉山鉄二 さんま役に起用へ


 玉山鉄二(37)が、明石家さんま(62)企画・プロデュースの米動画配信大手「Netflix(ネットフリックス)」ドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」で、明石家さんま役に起用されたことが23日、分かった。

 当初、小出恵介(33)がさんまを演じ、ドラマは昨年11月に撮影終了。編集を経て、今年7月7日から世界190カ国で同時配信予定だった。

 ただ、配信1カ月前の6月、小出が未成年の17歳女性との飲酒や淫行に及んだことが発覚し、無期限活動停止となった。小出の無期限活動停止を受けて、制作側はさんま役を別キャストで再撮影すると発表。配信日を延期した。


明石家さんま企画・プロデュースのNetflixドラマ「Jimmy〜アホみたいなホンマの話〜」で、無期限活動停止中の小出恵介に代わり、明石家さんまを演じる玉山鉄二
no title
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201711230000767.html

小出恵介

小出 恵介(こいで けいすけ、1984年2月20日 - )は、日本の俳優。東京都港区出身。アミューズ所属。慶應義塾大学文学部人文社会学科卒業。2017年より後述の不祥事が原因で活動を休止している。


wikipediaより

玉山鉄二

玉山 鉄二(たまやま てつじ、1980年4月7日 - )は、日本の俳優。京都府城陽市出身。メリーゴーランド所属。



略歴

鉄二という名前は両親が名前を付ける時に神主から「この子は長男らしいこと(家を継ぐなど)は何もしないから、あえて長男らしくない名前にして下さい」と言われたからである。もともと両親が付けるつもりであった「鉄」という字と長男らしくない字の「二」が合わさって「鉄二」になった。


wikipediaより
関連記事

続きを読む

小出恵介代役に大谷亮平 降板映画撮り直し、公開は来年初夏に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:小出恵介代役に大谷亮平 降板映画撮り直し、公開は来年初夏に
1: 湛然 ★ 2017/11/14(火) 05:08:45.60 ID:CAP_USER9.net
11/14(火) 5:00 スポニチアネックス

小出恵介代役に大谷亮平 降板映画撮り直し、公開は来年初夏に

 俳優の小出恵介(33)が17歳少女との飲酒・淫行騒動で無期限活動停止となり降板した映画「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」(監督李闘士男)の代役に大谷亮平(37)が決まったと13日、配給のKADOKAWAが発表した。

 榮倉奈々(29)と安田顕(43)が夫婦を演じるラブコメディーで、小出は夫の後輩役で撮影を終えていた。来月から大谷が参加して必要な部分を撮り直すという。公開は来年春予定だったが初夏に変更。


大谷亮平
no title
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171114-00000001-spnannex-ent

小出恵介

小出 恵介(こいで けいすけ、1984年2月20日 - )は、日本の俳優。東京都港区出身。アミューズ所属。慶應義塾大学文学部人文社会学科卒業。2017年より後述の不祥事が原因で活動を休止している。


wikipediaより
関連記事

続きを読む

小出恵介も出演……映画「パッチギ」出演者はスキャンダルだらけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:小出恵介も出演……映画「パッチギ」出演者はスキャンダルだらけ?
1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/19(木) 19:53:36.21 ID:CAP_USER9.net
今年6月、17歳少女との飲酒・淫行が写真週刊誌フライデーに報じられ、無期限活動停止中の俳優・小出恵介。ドラマ、映画、CMなどの出演は多く、違約金は数十億円ともいわれている。

そんな彼の映画デビューは2005年の「パッチギ!」(井筒和幸監督)。
同映画は第29回日本アカデミー賞優秀作品賞、第79回キネマ旬報ベスト・テンで日本映画1位を獲得した日本映画の名作だ。

しかし、その出演者に次々と問題が起きていることでも知られる。

二股交際が発覚! 渦中の人となった塩谷瞬

 「パッチギ!」主役に抜擢された塩谷瞬。同作で第29回日本アカデミー賞新人俳優賞、
第27回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。2007年には日本映画・最多出演賞を受賞するなど、俳優活動は順調だった。

しかし2012年、モデル・冨永愛と料理研究家・園山真希絵との二股交際が発覚。
冨永と園山は友人関係で、その2人と同時期から交際をスタートさせていたうえ、園山とは婚約までしていたことが発覚した。
報道に対して、塩谷は二股を認め、会見では「男として一切の言い訳も許されない無礼であったと本当に反省しています。
私が未熟であり、幼稚だったことが全ての原因です」と号泣した。

騒動から5年が経った今、塩谷は独身。俳優として活動する傍ら、世界各国や被災地を回り、ボランティア活動を行っている。

「別に」事件でイメージダウンした沢尻エリカ

「パッチギ!」の主人公がひとめぼれしたヒロイン役は沢尻エリカ

その演技は高く評価され、数多くの映画賞を受賞。2005年にはドラマ「1リットルの涙(フジテレビ系)」に主演するなど、多くの作品に出演していた。

しかし、2007年に主演した映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶の壇上で、終始ふてくされた態度でインタビュアーの質問に応答。「特にないです」「別に…」などと答えたことで大バッシングを受けた。
この「別に」事件で、沢尻のイメージは大きくダウン。しばらくの間、メディアからも姿を消すことになった。

Twitterの発言で事務所をクビになった高岡蒼佑(奏輔)

「パッチギ!」に李安成(リ・アンソン)役で出演した高岡蒼佑。
彼は2011年、フジテレビが韓国のドラマや韓流を多くオンエアしていることを挙げ、Twitter上で「正直、お世話になった事も多々あるけど8は今マジで見ない。 韓国のTV局かと思う事もしばしば。」などと批判。
これが問題視されてか、当時の所属事務所を退所する事態に発展した。

そして昨年には、路上で一般男性に暴行を与え、傷害の疑いで逮捕されている(その後、示談で不起訴処分に)。

小出恵介、塩谷瞬、沢尻エリカ、高岡蒼佑。いずれも演技力が高く仕事も順調な時期に、スキャンダルを起こしてしまっている。
無期限活動停止中の小出が今後どうなるのかは今のところはわからないが、自分の行いの重さは十二分に感じているはずだ。


http://www.excite.co.jp/News/90s/20171018/E1500449115274.html
90s チョベリー 2017年10月18日 22時00分

no title

パッチギ!

パッチギ!』(韓国語 : 박치기)は2004年製作、2005年1月22日公開の日本映画。2006年には韓国ソウルの明洞CQNでも公開された。監督は井筒和幸。キネマ旬報ベストテン1位、毎日映画コンクール最優秀作品賞、ブルーリボン賞作品賞を受賞した。

タイトルの「パッチギ」は朝鮮語(韓国語)で「突き破る、乗り越える」ならびに「頭突き」の意。


wikipediaより

続きを読む

小出恵介のせいでシンゴジラ逝く

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【悲報】小出恵介のせいでシンゴジラ逝く
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/09(金) 08:22:59.10 ID:Pw8KwFnc0.net
今後テレビ放送がされなくなる作品一覧
no title

続きを読む

俳優の小出恵介(33)が女子高生と淫行

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【画像】俳優の小出恵介(33)が女子高生と淫行
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/08(木) 14:14:23.02 ID:H6sdUuYc0.net
no title

小出恵介

小出 恵介(こいで けいすけ、1984年2月20日 - )は、日本の俳優。東京都港区出身。アミューズ所属。慶應義塾大学文学部人文社会学科卒業。 芸能界入りのきっかけは、オーディション情報誌『月刊De-View』の誌上オーディションに応募して写真が掲載された事で、アミューズから声が掛かり所属が決まった。 2005年、映画『パッチギ!』に出演し、話題を集めた。 2006年、『のだめカンタービレ』では、主人公のひとりである千秋真一(演:玉木宏)に恋する男子音大生・奥山真澄役を演じた。 2008年7月10日、TBS系列の連続ドラマ『ROOKIES』収録中、急性虫垂炎のため都内の病院に緊急入院して手術を受けた。 2009年9月出版の写真集『小出恵介 by 藤原江理奈 Days in India』では、自身初めてのフルヌードを披露した。 2009年11月公開の『風が強く吹いている』で映画初主演を務めた。 2010年7月7日主演映画の主題歌『シュアリー・サムデイ』で『巧 (小出恵介) withシュアリー・スターズ』としてCDデビュー。
wikipediaより

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント