↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『銀魂』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
続きを読む

「銀魂」かぶき町や天人捉えた新写真2枚、銀時は桂の横で鼻ほじる

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「銀魂」かぶき町や天人捉えた新写真2枚、銀時は桂の横で鼻ほじる
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/06/06(火) 01:59:29.81 ID:CAP_USER9.net
「銀魂」かぶき町や天人捉えた新写真2枚、銀時は桂の横で鼻ほじる
http://natalie.mu/eiga/news/235373
http://natalie.mu/eiga/gallery/show/news_id/235373/image_id/786615
2017年6月5日 19:30

小栗旬が主演する「銀魂」より、新たな場面写真2枚が到着した。

空知英秋のマンガを福田雄一が実写化した「銀魂」は、小栗演じる主人公の万事屋・坂田銀時の活躍を描くアクションエンタテインメント。このたび到着した場面写真は、物語の舞台であるパラレルワールドの江戸の風景を映し出したものだ。

幕末の江戸、黒船ではなく宇宙船に乗ってやってきたエイリアン“天人(あまんと)”によって鎖国は終わりを迎えた。鼻の穴をほじる銀時が、岡田将生扮する桂小太郎とともに“かぶき町”を歩くカットには、夜遊びする天人の姿も映り込んでいる。そして昼間のかぶき町を映し出したカットには、数種類の天人たちやさまざまな店などが捉えられている。
 
なお銀時と桂は同じ師のもとで学んだ幼なじみで、かつて攘夷戦争でともに戦った盟友。天人に支配された国を憂い最前線で活躍したが、戦争に敗れて今に至る。
銀時は志村新八や神楽とともに万事屋として生活し、桂は攘夷党を結成して真選組から逃げつつ活動している。
劇中では、攘夷戦争時代に“狂乱の貴公子”の異名を持つほどの侍だった桂が、辻斬りに襲われ行方不明に。そこに2人が少年時代をともに過ごした男・高杉晋助の動きが見え隠れし、やがて空飛ぶ戦艦でのバトルに発展していく。

「銀魂」は7月14日より全国ロードショー。

続きを読む

『追憶』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年 05月 11日時点

no title
予告
続きを読む

『ミュージアム』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2016年 11月 13日時点

no title
予告
続きを読む

小栗旬はなぜ「漫画の実写化」にばかり出演するのか…テレビ局にとって都合の悪い話も堂々暴露

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】小栗旬はなぜ「漫画の実写化」にばかり出演するのか…テレビ局にとって都合の悪い話も堂々暴露
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/12(土) 11:26:55.17 ID:CAP_USER9.net
若手俳優界をリードする存在とも目されている小栗旬が、今月8日放送のバラエティ番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に登場。
そこで“熱すぎる”役者論を語ったことで大きな話題を呼んでいるが、そこで明かされたポリシーが「実写化俳優・小栗旬」を読み解くカギにもなっている。

その日番組では、ゲストである小栗の地元・吉祥寺で「アポなし旅」が行われた。ロケにはメインMCを務めるウエンツ瑛士と小栗が登場したのだが、
2件目の飲食店に入ったところでアルコール交じりの会話を交わしていくなかで、小栗の俳優魂が燃え上がったようだ。

まずウエンツが、視聴率が低迷している昨今のTV業界を踏まえて「とてつもない数字を叩き出す番組がなくなってる」
「それが悔しい」と吐露したのだが、それに対して小栗は「ヒット作を生まなきゃいけない」と責任感をにじませた言葉を返す。
ヒット作を生むべく、まず「脚本というものをかなり吟味させてもらってる」のだが、「たとえば連続ドラマだと、2話ぐらいまで台本ができている状態から撮っていく」
「途中からは時間がないから、ポジティブに変更できないことになる」と、納期的な制約に縛られたドラマ業界への不満を打ち明けた小栗。
それに抵抗するため「だから半分以上の台本を上げてくれないかぎり、自分はクランクインしない」というポリシーを貫いていることも明らかにした。

小栗の舌鋒はさらに鋭くなり、「なんで次のクールのドラマを今撮るのかって思うわけ」
「2クール前に撮っておけば、良い循環になっていくんじゃないかと思う」と直球の業界批判まで飛び出す。
だが番組ではここで「ドラマ業界がざわつく話が始まった」「ここからは映像だけでお楽しみ下さい」とテロップが流れて、熱弁がシャットアウトされてしまう。
さらに時間が経過して「10分後」というテロップが流れると、小栗が深刻なトーンで「何か色々考えなきゃと思う…」と呟いているところが映されたのだが、
すぐにスタッフから「一旦止めます」とストップがかかったことからも、よほど過激な発言、というかテレビ局にとって都合の悪い話をしていたのだと推測できる。

番組中に暴走してしまうほど昨今のドラマ低迷や業界の体質を憂いている小栗だが、
言葉だけでなく実際に「脚本を吟味する」「半分以上の台本が上がっていないとクランクインしない」という行動を起こしているのが流石だ。
小栗の熱い役者論が多くの人の心を動かすのは、口だけでなく行動を伴っているからなのだろう。

なお、小栗は人気マンガを原作とする2017年公開予定の映画『銀魂』で主演を務めることが決まり大きな話題を呼んでいる。
ファンにとっては周知のことだが、これまでにも2014年の『ルパン三世』や今年公開の『テラフォーマーズ』、そしてフジテレビでドラマ化・映画化もされた
『信長協奏曲』など、様々なマンガ原作作品に出演してきた。実力派俳優でありながら、色物扱いされがちな漫画実写化作品で活躍し続けている小栗だが、
その裏には今回明らかになったポリシーが絡んでいるのではないだろうか。

マンガを原作とする実写化作品であれば、どんなストーリーになるのかあらかじめ見通しが立つうえ、
原作サイドに確認を取る必要があるため脚本の上がりもオリジナル作品より早いことが多い。
だからこそ、じっくり作品と向き合いたい小栗は、あえて実写化作品を選んできたのではないか。

最近では新たに製作されるドラマ・映画の多くが原作付きで、とどまることなき“実写化ブーム”の様相を呈している。
ヒット作も次々に生まれ、映像業界を盛り上げているが、そこで小栗が果たしている役割は大きい。
業界をより良くしたいという熱い思いが、これからどんな風景を見せてくれるのか期待していきたい。

http://dailynewsonline.jp/article/1226628/
2016.11.12 00:00 messy / メッシー
no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント