↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

山田孝之&佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之&佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/08/11(金) 04:50:29.80 ID:CAP_USER9.net
2017年8月11日 04:00

山田孝之佐藤健、漫画「ハード・コア」実写化で初の兄弟役!監督に山下敦弘、共演に荒川良々

[映画.com ニュース] 作・狩撫麻礼氏、画・いましろたかし氏によるカルト的人気漫画「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」が、「ハード・コア」のタイトルで実写映画化されることになり、山田孝之と佐藤健が初の兄弟役を務めることがわかった。
山田の盟友・山下敦弘監督(「映画 山田孝之3D」など)がメガホンをとり、個性派俳優・荒川良々が脇を固める。

今作は都会の片隅、ドン底に生きる純粋すぎる男たちによる、切なくもおかしい友情を描く。世知辛い世の中で信念を曲げることもできず、飲み屋で楽しそうに騒ぐ若者を見れば腹を立て大暴れする男・権藤右近(山田)。
そんな右近が唯一心を許せる相手が、自身と同じく怪しい活動家のあっ旋で埋蔵金掘りの仕事をしている心優しい牛山(荒川)だ。
そして右近の弟でエリート商社マンの左近(佐藤)は、報われないが自由に生きる2人の姿を、歯がゆさとほんの少しの憧憬を抱きながら見守っていた。

右近と牛山はある日、住処の廃工場で1体の古びたロボットを発見する。左近が調べると、現代科学を凌駕しかねないほどの高性能なものであることがわかった。
やがて3人はロボットと心を通わせ、その性能を駆使して本物の埋蔵金を掘り当ててしまう。その一方で右近は、怪しい活動家の娘と肉体関係を持ち、道ならぬ恋に落ちていく。

ずば抜けた実力と独特の存在感で人気を博す山田は、原作を愛読していたという。主演を務めるほか2度目となる映画プロデュースを手がけ、今作に魂を注ぎ込む。
「全くどうしようもなく不器用な男の生き様を見ていると、イライラしてくる。でも嫌いになれない。この男の不器用さは自分に足りない部分なのでは? とすら思えてくる。
そして男たちの結末に、僕は泣いた。それはきっと、曲がった世界を真っ直ぐ生きる男の姿、そこに間違いなく憧れがあるからだろう」と実感のこもったコメントを寄せた。

さらに共演の佐藤は「山田孝之ファンとしては、山田孝之との兄弟役と聞き2秒で出演を決めました」と振り返り、
「素敵な共演者の方々、原作、そして山下監督とご一緒できるとのことで、棚からぼた餅的な気持ちです」と歓喜。
荒川も原作を「生きてくうえでのバイブル」と表現し、「山下監督と、10年ほど前に下北沢の居酒屋で初めてお会いした時に『ハード・コア』の話になり、映画化になるなら牛山の役は自分しかいないという話をしたとかしないとか……。
まさか実現するとは、初めての山下組! 死ぬ気でやります!」と並々ならぬ気合いを明かした。

山下監督は、「山田孝之の口から、山下さん『ハード・コア』って読みました? っていう言葉が飛び出して早5年」と思いを馳せる。
「もうこれはやらねばというか、やる運命というかハッキリ言って使命にも似た境地です」と腹をくくり、
「原作を初めて読んだのは確か23歳くらいのころ。とにかく興奮しっぱなしで、自分の描きたいこと、描くべきことが全て詰まっていると感じました。
が、しかし41歳になった今、あのころの興奮はありません。この19年で何かを得ては確実に何かを失なったんだと思います。
気付いたら主人公の右近より年とってました。そんな普通のおっさんが、漫画界でも純度の高い『ハード・コア』を監督します」と万感の思いを口にした。

「ハード・コア」は8月上旬〜9月初旬に都内近郊で撮影され、公開は2018年を予定している。


(C)2018「ハード・コア」製作委員会(C)狩撫麻礼 いましろたかし/KADOKAWA刊
no title
http://eiga.com/news/20170811/2/

山田孝之

山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 - )は、日本の俳優。鹿児島県出身。スターダストプロモーション所属。 1998年、市立川内南中学3年の2学期終業後に家族で鹿児島から上京。 1999年10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。 2002年、シングル『真夏の天使 〜All I want for this Summer is you〜』でCDデビュー。この曲はドラマ『大好き!五つ子4』の主題歌になり、自身もこのドラマにゲスト出演した。 2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)でテレビドラマ初主演。 2004年、エランドール賞新人賞受賞。東京地下鉄初代イメージキャラクターにも選ばれる(東京地下鉄のイメージキャラクターでは男性は山田が2015年現在唯一)。 2005年、『電車男』で映画初主演。厳密には、2003年に製作され2004年に公開された日米合作映画『ジェニファ 涙石の恋』も山田の主演作であるが、名実共に単独で主演した映画は『電車男』が初めてである。
wikipediaより

佐藤健

佐藤 健 さとう けん 佐藤健 (ジャーナリスト) - 毎日新聞社記者、僧侶 佐藤健 (作曲家) - 作曲家、編曲家 佐藤健 (政治家) - 元新潟市議会議員 佐藤健 (パーカッショニスト) - パーカッショニスト[1] 佐藤健 (写真家) - 写真家[2] さとう たける 佐藤健 (俳優) - アミューズ所属の俳優 佐藤健 (1999年生の俳優) - スターダストプロモーション所属の俳優[3][4] さとう たけし 佐藤健 (元俳優) - 元俳優、『湘南爆走族』桜井信二役などに出演 佐藤健 (実業家) - 実業家、三菱製紙代表取締役 サトータケシ - 編集者、本名 佐藤健(さとう たけし) さとう つよし 佐藤健 (サッカー選手) - S.C.相模原所属のプロサッカー選手。
wikipediaより

山下敦弘

山下 敦弘(やました のぶひろ、1976年8月29日 - )は、日本の映画監督。愛知県半田市出身。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業。 略歴・人物 愛知県立半田高等学校在学中から自主映画を製作。後の山下映画の常連俳優となる山本剛史とは中学校の同級生で、高校は別だったが自主映画仲間だった。 大学時代の先輩に熊切和嘉、山本浩司、宇治田隆史、本田隆一、元木隆史。同期には寺内康太郎、呉美保、柴田剛などがいる。卒業制作として撮った『どんてん生活』のビデオを、知人に配っていたら、篠崎誠経由で(北野武を国際的に紹介した批評家の)トニー・レインズに注目され、国際映画祭に出品される。 大学の同級生だった向井康介(現在は脚本家)とのコンビで『どんてん生活』(1999年)『ばかのハコ船』(2002年)『リアリズムの宿』(2003年)の通称"ダメ男三部作"を20代の若さで完成させ、そのオフビートな作風から「日本のアキ・カウリスマキ」「日本のジム・ジャームッシュ」などと称される(向井と2人の脚本共作体制は『松ヶ根乱射事件』まで続く)。
wikipediaより

続きを読む

山田孝之 エリザベスの“中身”で奮闘 小栗旬「オファーが来てもやれない 凄いよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画 銀魂】山田孝之 エリザベスの“中身”で奮闘 小栗旬「オファーが来てもやれない 凄いよ」
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/07/14(金) 17:47:17.60 ID:CAP_USER9.net
山田孝之 エリザベスの“中身”で奮闘 小栗旬「オファーが来てもやれない 凄いよ」
2017年7月14日 17:27
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/14/kiji/20170714s00041000214000c.html

 俳優の小栗旬(34)が主演する映画「銀魂」(監督福田雄一)の初日舞台あいさつが14日、都内の映画館で行われ、
謎の宇宙生物・エリザベスの着ぐるみを劇中で声優を務めた俳優の山田孝之(33)が務め、来場したファンを沸かせた。

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のSF時代劇の映画化。鎖国が解かれた途端、エイリアンが襲来した江戸時代という奇想天外な設定のアクションコメディー。
初日舞台あいさつとあって、小栗をはじめ、菅田将暉(24)、橋本環奈(18)、長澤まさみ(30)、岡田将生(27)、柳楽優弥(27)、
吉沢亮(23)、ムロツヨシ(41)、佐藤二朗(48)といった豪華キャスト陣を、「本日から公開!」の看板を持ったステージでエリザベスが出迎えた。

no title

続きを読む

山田孝之、バットマン役に! 『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』で声優に挑戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之、バットマン役に! 『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』で声優に挑戦
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 05:19:43.96 ID:CAP_USER9.net
2017年07月06日 05:00

 アメコミヒーローの代表格である「DCエンターテインメント」と、日本発フラッシュアニメの人気作「鷹の爪団」がコラボレーションを果たす異色のアニメーション映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』。本作のゲスト声優として、山田孝之、知英、安田顕が出演することが分かった。

 アニメ映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』の主人公は、兵器で身長600メートルに巨大化されたシン入社員。無駄な動きの多いシン入社員が暴れ始めたら街を壊滅してしまう恐れのある中、ある日、ジョーカー(CV:安田)とハーレイ・クイン(CV:知英)らが“汚く”お金を稼ごうとする。それを阻止するため、スーパーヒーローチームの“ジャスティス・リーグ”と共に戦うことになった“鷹の爪団”。しかし、資金面で問題が生じたため、アメリカで一人離れていた金持ちで暗いヒーロー・バットマン(CV:山田)を説得するハメに…。

 本作の出演にあたり、山田は「小さい頃から好きだったバットマン役で参加できて嬉しいです」と思いを吐露する一方で、公開を控えて「言いたいことをガシガシ言っていく鷹の爪の気持ちよさとDCスーパーヒーローズたちの東京での活躍にご期待ください」とメッセージを寄せている。

 また、知英は「自分が演じたハーレイ・クインも可愛くって大好きです」とキャラクターへの思いを伝えたほか、安田は「役者として1度はやってみたいクレイジーな憧れのジョーカー役を演じさせてもらって光栄でした。DCと鷹の爪のコラボ、毛色の違う両者が作る映画ですから何かあるかもしれないし、ないかもしれない。それを判断するのはあなた次第です!」と力強いコメントを残している。

 さらに今回、本作の特報映像とティザーチラシが完成し併せて解禁となった。(中略)
 映画『DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団』は、10月21日からロードショー。


山田孝之、知英、安田顕が『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』で声優に!
no title
no title
no title

※動画はソースにてご確認ください。
http://www.crank-in.net/game_animation/news/50548

続きを読む

山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 18:30:17.16 ID:CAP_USER9.net
山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/17/kiji/20170617s00041000248000c.html
2017年6月17日 17:41
no title
「映画山田孝之3D」の初日舞台挨拶を行った山田孝之(右)と芦田愛菜 Photo By スポニチ

 俳優の山田孝之(33)と女優の芦田愛菜(12)が17日、「映画山田孝之3D」(監督松江哲明・山下敦弘)の初日舞台あいさつを都内で行った。

  山田が、カンヌ映画祭で賞を獲るための映画製作を追ったテレビ東京のドキュメンタリー番組「山田孝之のカンヌ映画祭」がきっかけで、その映画で主演を務めた芦田が“発案者”となって生まれたドキュメンタリー。この日も芦田が人生初の司会を務め、山田も「優しい気持ちになりますよね」とにんまりだ。

 だが、自身の独白が映画となり公開されたことについては「何とか止めようとしたけれど、止められなかった。“チャップリンの独裁者”以来、何館でスクリーンが破られるか心配」と自虐的。内容に関しても、「あまりにしゃべりすぎた。後悔しかない。実験でやってみたが、失敗することもあるということです」とマイナスプロモーションに終始した。

 芦田が「自分のことを知ろうとしている山田さんは、格好いいと思いました」とフォローしたが、賞獲りへの意欲は衰えていないようで「賞のことしか考えていない。いい映画、いい芝居なんてどうでもいい」ときっぱり。そして、「まずは日本アカデミー賞。18年(俳優を)やっていて呼ばれたことがない。どんな手を使っても賞を獲るためにいろいろ試す。まずは貯蓄を増やします」と、裏金も辞さない!?野望を掲げていた。



続きを読む

山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」取調室の戦慄シーン解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」取調室の戦慄シーン解禁
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 13:32:39.26 ID:CAP_USER9.net
http://eiga.com/news/20170406/11/
2017年4月6日 12:00

荒木飛呂彦氏の人気漫画を実写映画化する「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で、山田孝之が殺人鬼・アンジェロ(本名:片桐安十郎)の凶悪かつ残忍な精神を体現している。
東京・世田谷区の東宝スタジオではアンジェロが刑事に取り調べされるシーンが撮影され、“史上最狂の凶悪犯”にふさわしい仕上がりの山田が放つ不穏なオーラが、周囲を包み込んだ。

シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」は、ジョースター一族とディオ・ブランドーらの世代・時空を超えた戦いを描く。
映画は日本が舞台の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化しており、高校生の東方仗助(山崎賢人)がM県S市杜王町の平穏を脅かす存在にたどり着き、精神エネルギーを具現化した“スタンド”を駆使し死闘を繰り広げる。

そして突出した表現力で硬軟問わずさまざまなキャラクターを演じ分ける“カメレオン俳優”山田が、「日本犯罪史上最悪の殺人鬼」と評されるアンジェロに扮する。
原作では人生の大半を刑務所で過ごしており、空条承太郎をして「便所のネズミもゲロを吐くようなどす黒い気分」にさせる男と言わしめた。
あることがきっかけで、水と一体化し操るスタンド能力“アクアネックレス”に目覚め、刑務所を脱走。故郷である杜王町に舞い戻り、スタンドを使い殺人の快楽におぼれていく。

2016年11月30日、東宝スタジオのセットで、アンジェロが鬼の形相の刑事と対峙するひと幕が撮影。
刑事は、ある殺人事件でつかまったその男に「いい加減に答えたらどうだ。お前は何人殺してきたんだ?」と語りかけるが、沈黙を貫くふてぶてしい態度にぶち切れ「片桐ーッ!!」と絶叫する。
すると、背後から異常な殺気が。コンクリートの壁は謎のシミで覆われており、アンジェロは恐怖の悲鳴を上げる刑事を目の前に、ニヤリと笑う。

カメラに振り向いた山田の姿に、ギョッとさせられる。眉毛が剃り落とされた土気色の顔面、重いまぶたの奥で鈍く光る瞳、不気味に上下する口角。
山田の一挙手一投足が殺人鬼の雰囲気をまとっていた。16年9月の製作発表会見で、山田は「わりと素に近いと思います。なのでリラックスして演じられると思う」「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩くときは誰かを狙います。
一応大きな組織に属しているので、本当にはしないですが精神的に狙います」などユーモラスに述べていたが、もちろんジョーク。
その際を振り返り「あれはギャグです(笑)」と話し、改めて役へのアプローチを「けれども、猟奇殺人をする人の気持ちはわからないですが、とにかく考えることですね。
人が歩いたりするのを見て、いろいろな殺し方を頭の中でずっと考えていました」と真摯に語った。

no title

no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント