↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 18:30:17.16 ID:CAP_USER9.net
山田孝之 賞獲りに飽くなき執念「どんな手を使っても…」
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/17/kiji/20170617s00041000248000c.html
2017年6月17日 17:41
no title
「映画山田孝之3D」の初日舞台挨拶を行った山田孝之(右)と芦田愛菜 Photo By スポニチ

 俳優の山田孝之(33)と女優の芦田愛菜(12)が17日、「映画山田孝之3D」(監督松江哲明・山下敦弘)の初日舞台あいさつを都内で行った。

  山田が、カンヌ映画祭で賞を獲るための映画製作を追ったテレビ東京のドキュメンタリー番組「山田孝之のカンヌ映画祭」がきっかけで、その映画で主演を務めた芦田が“発案者”となって生まれたドキュメンタリー。この日も芦田が人生初の司会を務め、山田も「優しい気持ちになりますよね」とにんまりだ。

 だが、自身の独白が映画となり公開されたことについては「何とか止めようとしたけれど、止められなかった。“チャップリンの独裁者”以来、何館でスクリーンが破られるか心配」と自虐的。内容に関しても、「あまりにしゃべりすぎた。後悔しかない。実験でやってみたが、失敗することもあるということです」とマイナスプロモーションに終始した。

 芦田が「自分のことを知ろうとしている山田さんは、格好いいと思いました」とフォローしたが、賞獲りへの意欲は衰えていないようで「賞のことしか考えていない。いい映画、いい芝居なんてどうでもいい」ときっぱり。そして、「まずは日本アカデミー賞。18年(俳優を)やっていて呼ばれたことがない。どんな手を使っても賞を獲るためにいろいろ試す。まずは貯蓄を増やします」と、裏金も辞さない!?野望を掲げていた。



続きを読む

山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」取調室の戦慄シーン解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之「ジョジョ」最凶の殺人鬼の役作りは「いろいろな殺し方をずっと考えていた」取調室の戦慄シーン解禁
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/04/06(木) 13:32:39.26 ID:CAP_USER9.net
http://eiga.com/news/20170406/11/
2017年4月6日 12:00

荒木飛呂彦氏の人気漫画を実写映画化する「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」で、山田孝之が殺人鬼・アンジェロ(本名:片桐安十郎)の凶悪かつ残忍な精神を体現している。
東京・世田谷区の東宝スタジオではアンジェロが刑事に取り調べされるシーンが撮影され、“史上最狂の凶悪犯”にふさわしい仕上がりの山田が放つ不穏なオーラが、周囲を包み込んだ。

シリーズ累計発行部数1億部を超える「ジョジョの奇妙な冒険」は、ジョースター一族とディオ・ブランドーらの世代・時空を超えた戦いを描く。
映画は日本が舞台の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化しており、高校生の東方仗助(山崎賢人)がM県S市杜王町の平穏を脅かす存在にたどり着き、精神エネルギーを具現化した“スタンド”を駆使し死闘を繰り広げる。

そして突出した表現力で硬軟問わずさまざまなキャラクターを演じ分ける“カメレオン俳優”山田が、「日本犯罪史上最悪の殺人鬼」と評されるアンジェロに扮する。
原作では人生の大半を刑務所で過ごしており、空条承太郎をして「便所のネズミもゲロを吐くようなどす黒い気分」にさせる男と言わしめた。
あることがきっかけで、水と一体化し操るスタンド能力“アクアネックレス”に目覚め、刑務所を脱走。故郷である杜王町に舞い戻り、スタンドを使い殺人の快楽におぼれていく。

2016年11月30日、東宝スタジオのセットで、アンジェロが鬼の形相の刑事と対峙するひと幕が撮影。
刑事は、ある殺人事件でつかまったその男に「いい加減に答えたらどうだ。お前は何人殺してきたんだ?」と語りかけるが、沈黙を貫くふてぶてしい態度にぶち切れ「片桐ーッ!!」と絶叫する。
すると、背後から異常な殺気が。コンクリートの壁は謎のシミで覆われており、アンジェロは恐怖の悲鳴を上げる刑事を目の前に、ニヤリと笑う。

カメラに振り向いた山田の姿に、ギョッとさせられる。眉毛が剃り落とされた土気色の顔面、重いまぶたの奥で鈍く光る瞳、不気味に上下する口角。
山田の一挙手一投足が殺人鬼の雰囲気をまとっていた。16年9月の製作発表会見で、山田は「わりと素に近いと思います。なのでリラックスして演じられると思う」「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩くときは誰かを狙います。
一応大きな組織に属しているので、本当にはしないですが精神的に狙います」などユーモラスに述べていたが、もちろんジョーク。
その際を振り返り「あれはギャグです(笑)」と話し、改めて役へのアプローチを「けれども、猟奇殺人をする人の気持ちはわからないですが、とにかく考えることですね。
人が歩いたりするのを見て、いろいろな殺し方を頭の中でずっと考えていました」と真摯に語った。

no title

no title

続きを読む

山田孝之を3Dで体感できる映画、前売特典は漫☆画太郎が描いた山田孝之

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之を3Dで体感できる映画、前売特典は漫☆画太郎が描いた山田孝之
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/03/25(土) 14:53:13.02 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/comic/news/225973
2017年3月25日 1:30

イリュージョンのような言葉と映像によって山田孝之を3Dで体感できる「映画 山田孝之 3D」が、6月16日に公開される。
本作のムビチケオンライン券特典のスマホ用壁紙として、漫☆画太郎が描いた山田の肖像画もお披露目された。

2017年度のカンヌ国際映画祭に正式応募された本作は、テレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ「山田孝之のカンヌ映画祭」をきっかけにして生まれた作品。
ドラマと同じく松江哲明と山下敦弘が監督を務め、芦田愛菜が友情出演する。

山田は「2016年、僕と山下さんは手を取り合い、衝突を重ね、決別し、再び手を取り合い一つの映画を完成させました。この映画には僕の今までの人生とこれからの全てが詰め込まれています」と胸を張る。
このほか松江監督と山下監督のコメントも到着した。
(続きはソースをご覧下さい)

no title

no title

no title

続きを読む

山田孝之の主演短編映画「パラレルワールド」河瀬直美監督がメガホン

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之の主演短編映画「パラレルワールド」河瀬直美監督がメガホン
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 05:08:46.14 ID:CAP_USER9.net
スポーツ報知 3/16(木) 5:03

 国際的に活躍する河瀬直美監督(47)が、俳優の山田孝之(33)主演で短編映画「パラレルワールド」を製作したことが15日、分かった。三代目J Soul Brothersの楽曲「Unfair World」の世界観を映像化。ヒロインは石井杏奈(18)が務める。

 河瀬監督は昨年、世界3大映画祭の1つのカンヌ国際映画祭の短編部門の審査委員長を務めた経験もある。このほど、米アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」とタッグを組み、EXILEのリーダー・HIRO(47)がエグゼクティブ・プロデューサー、映画祭の代表で俳優の別所哲也(51)が企画・プロデュースする新プロジェクト「シネマファイターズ」を始動させ、今作は、その第1弾となる。

 同プロジェクトは若手映画監督の発掘を目的に、今作以外に若手監督が5本の短編を製作。河瀬監督自らメガホンを執った今作は、ある学校の天体観測室を舞台に、山田演じる主人公の徹が15年前に真矢(石井)に伝えることができなかった思いを過去と現在を交錯させて描く15分間の恋愛物語。ほかの5本とともに、6月1日から開催される「ショートショート―」でプレミア上映される。


・「パラレルワールド」の一場面。山田孝之と石井杏奈
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000280-sph-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000280-sph-ent

河瀬直美

河瀬直美
生年月日1969年5月30日
職業 映画監督脚本家
主な作品
萌の朱雀
殯の森
あん

河瀬 直美(かわせ なおみ、1969年5月30日 - )は、日本映画監督奈良県出身・在住。


wikipediaより

続きを読む

山田孝之が“アンジェロ”に! 実写版『ジョジョの奇妙な冒険』ビジュアル公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之が“アンジェロ”に! 実写版『ジョジョの奇妙な冒険』ビジュアル公開
1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2017/02/23(木) 07:08:22.28 ID:CAP_USER9.net
リアルサウンド 2/23(木) 7:01配信

 8月4日に公開される映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』より、
山田孝之演じる片桐安十郎(アンジェロ)のビジュアルが公開された。

 本作は、荒木飛呂彦による人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部
『ダイヤモンドは砕けない』を三池崇史監督が実写映画化したもの。“ジョジョ”という愛称で
呼ばれる“ジョースター家”の代々の戦いを描く。主演を務める山崎賢人のほか、神木隆之介、
小松菜奈、岡田将生、真剣佑、観月ありさ、國村隼、伊勢谷友介らが出演する。

 このたび公開されたのは、山田孝之扮する、血も涙もない最低の凶悪犯、片桐安十郎
(アンジェロ)。不気味な笑みを浮かべて振り向く姿が捉えられている。片桐安十郎は、
逃亡中の凶悪な連続殺人犯で犯行の邪魔をした仗助を破滅させようと狙う男だ。

 山田は、「『ジョジョ』という大きな作品は、東宝とワーナーが組んでの一大プロジェクトと
なりますし、本当ならば気負いしそうなんですが、片桐安十郎は史上最低の殺人鬼で割と
素に近いと思います。なので、リラックスしてやれると思う(笑)」と語り、
「僕はこういった役なので変わらずに、夜道を歩くときは誰かを狙います(笑)。
一応大きな組織に属しているので、本当にはしないですが精神的に狙います(笑)」と、
プライベートの自分と自身の役の類似点を明かした。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00010004-realsound-ent
no title

続きを読む
広告
最新コメント