↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

「デスノート」続編の正式タイトル決定 白と黒に死神が浮かび上がるティザーポスターも完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「デスノート」続編の正式タイトル決定 白と黒に死神が浮かび上がるティザーポスターも完成
1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 12:11:16.65 ID:CAP_USER*.net
 大場つぐみ氏(原作)&小畑健氏(作画)による大ヒットコミックを実写化した「デスノート」シリーズの10年ぶりとなる続編映画の正式タイトルが、
「デスノート Light up the NEW world」に決定した。あわせてティザーポスターも完成し、ビジュアルが公開された。
名前を書かれた者に必ず死が訪れる死神のノートを駆使し、世界中の犯罪者の抹殺を企んだキラこと夜神月と、
それに対抗する世界的名探偵・Lらの頭脳線を描いた「デスノート」は、原作漫画が2003~06年に「週刊少年ジャンプ」に連載。
06年には藤原竜也主演の2部作「デスノート」「デスノート the Last name」として実写映画化され、2作あわせて興行収入80億円を超える大ヒットを記録した。
続編映画は、原作にあった「人間界で同時に存在していいノートは6冊まで」という「6冊ルール」を軸に、
前作から10年後の現代を舞台に新たな物語がつむがれる。「GANTZ」「図書館戦争」といったヒット作を手がけてきた佐藤信介監督がメガホンをとり、
東出昌大、池松壮亮、菅田将暉、川栄李奈、戸田恵梨香らが出演。タイトルについてはこれまで「デスノート 2016」と伝えられていたが、
改めて「デスノート Light up the NEW world」に決定した。
そして、タイトル決定にあわせてお披露目されたティザーポスターには、
キラ事件に精通するデスノート対策本部の捜査官・三島(東出)を中心に、Lの遺伝子を引き継ぐ世界的名探偵で、
全身が黒に包まれた竜崎(池松)と、キラの信奉者のサイバーテロリストで白い衣装の紫苑優輝(菅田)が描かれている。
また、6冊のノートやリンゴといった、「デスノート」シリーズを象徴するアイテムとともに、
3人の頭上には死神リュークの影が浮かび上がっている。
真っ白な空間にデジタルドットで表現されたリュークの影は、
10年前から比べて飛躍的に進化しているネット社会での「デスノート」を象徴しているといい、
「白」の紫苑の側には「黒」のキラ=夜神月(藤原竜也)、「黒」の竜崎の側には「白」のL(松山ケンイチ)の姿も配置。
前作から10年後の、複雑に交錯する今作での戦いを表現している。10月29日全国公開。

http://eiga.com/news/20160422/6/

no title

続きを読む

川栄李奈『デスノート』続編出演、サイコキラー役で新境地

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】川栄李奈『デスノート』続編出演、サイコキラー役で新境地
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2016/02/24(水) 05:16:07.07 ID:CAP_USER*.net
2016-02-24 05:00

女優の川栄李奈が映画『デスノート 2016』(秋公開)に出演することが23日、わかった。
6冊あるデスノートのうちの1冊の所有者となり、思想を持たず無差別殺人を行う“普通の女の子”青井さくら役。

サイコキラー役で女優としての新たな一歩を踏み出した川栄は
「新しい挑戦をさせていただいてとても嬉しいです。自分がデスノートを拾ったらどうなるんだろうと
ワクワクしながらも、周りで多くの人が死んでいくので不思議な感じですが、
普通の女の子を意識して演じさせていただきました。
私も好奇心旺盛なので、そこは(役柄と)似ていると思います」とコメントしている。

同作は、藤原竜也と松山ケンイチ出演の『DEATH NOTE』(2006年)の正統続編。
月とLの死から10年を経た世界を舞台に、原作に存在しながらも使われていなかった
“6冊ルール”(人間界で同時に存在していいノートは6冊まで)のもと、キラ復活を望む者、
それを阻止する者たちによる、6冊のデスノートをめぐる究極の頭脳戦が描かれる。

そんな物語で川栄は、死神界から地上に落とされ、世界中に散らばった6冊のデスノートの
所有者のひとりを演じる。外見は渋谷の街にいる普通の女の子だが、キラ(夜神月)とは
真逆で思想を持たず、デスノートを用いた無差別殺戮で大群衆を恐怖に陥れる
“史上最悪のデスノート所有者”になる。

昨年8月にAKB48を卒業後、舞台『AZUMI 幕末編』で主演を務め、
今期ドラマでは『東京センチメンタル』(テレビ東京系)『ヒガンバナ~警視庁捜査七課』(日本テレビ系)に出演。
4月からスタートするNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演も控えるなど
女優として躍進中の川栄だが、今回のサイコキラー役で新たな顔を見せている。

佐藤貴博プロデューサーは、川栄の起用理由について
「アイドルとしてステージでまぶしいほどの輝きを放ちながら、ドラマではその輝きを消して、
役柄の空気をキチンとまとうことができる女優だと思っていましたので、
今回の大きなギャップを持つキャラクターはまさにハマり役だと思い、オファーしました。
役者として“普通に渋谷にいそうな女の子”のリアリティも表現しつつ、
その裏側に潜む怖さをにじませる演技力を持っています」と明かす。

一方、川栄は今回の初挑戦に「こういう役は今までやったことがなかったので、すごくやってみたかったです」。
撮影を終えた佐藤信介監督は「サイコな若い女性で、デスノートを使い人々を殺しまくるという役柄を、
川栄さんには淡々と演じていただけました。デスノートで人を殺すと言っても、それは文字を書くという日常的な行為。
しかし、その表情やムードでサイコな雰囲気を醸し、さらに川栄さんの真逆な見た目と性格が、
一層それを際立たせました」と絶賛している。

同作のメインキャストには、主人公のデスノート対策本部特別チーム捜査官・三島創を東出昌大、
Lの遺伝子を継ぐ世界的探偵・竜崎を池松壮亮、
キラを崇拝する狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉が演じている。
この3人に続く主要キャストである、川栄演じる1人目のデスノート所有者のキャラクター像が明らかになった。



・不敵な笑みを浮かべる“史上最悪のデスノート所有者”を演じる川栄李奈(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2067333/full/

デスノート_(映画)

デスノート_(映画)
監督金子修介
脚本大石哲也
出演者 藤原竜也
松山ケンイチ
瀬戸朝香
香椎由宇
細川茂樹
満島ひかり
五大路子
中村育二
青山草太
清水伸
奥田達士
小松みゆき
中原丈雄
津川雅彦
田中要次
顔田顔彦
皆川猿時
渡来敏之
中村獅童(声の出演)
戸田恵梨香
藤村俊二
鹿賀丈史
音楽川井憲次
撮影高瀬比呂志
制作会社日活撮影所
上映時間126分
監督金子修介
脚本 大石哲也
金子修介
出演者 藤原竜也
松山ケンイチ
戸田恵梨香
片瀬那奈
マギー
上原さくら
満島ひかり
五大路子
中村育二
青山草太
清水伸
奥田達士
小松みゆき
前田愛
板尾創路
津川雅彦
中村獅童(声の出演)
瀬戸朝香(オープニング映像)
香椎由宇(オープニング映像)
細川茂樹(オープニング映像)
皆川猿時(オープニング映像)
顔田顔彦(オープニング映像)
池畑慎之介☆(声の出演)
藤村俊二
鹿賀丈史
音楽川井憲次
撮影 高間賢治
石山稔
制作会社日活撮影所
上映時間140分
監督佐藤信介
脚本真野勝成
出演者 東出昌大
池松壮亮
菅田将暉
制作会社 日活
ジャンゴフィルム
監督中田秀夫
脚本小林弘利
出演者 松山ケンイチ
工藤夕貴
福田麻由子
平泉成
福田響志
正名僕蔵
金井勇太
佐藤めぐみ
波岡一喜
石橋蓮司
南原清隆
瀬戸朝香
戸田恵梨香
細川茂樹
青山草太
田中要次
中村獅童(声の出演)
藤原竜也
藤村俊二
鶴見辰吾
高嶋政伸
音楽川井憲次
撮影喜久村徳章
制作会社日活撮影所
上映時間129分

デスノート』は、漫画『DEATH NOTE』を原作とした2006年に公開された日本映画丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。公開は邦画史上として初の前・後編の連続公開として企画され、目標興行収入はそれぞれ50億円、2作合計で100億円と発表された。


wikipediaより

続きを読む

川栄李奈 「ムカデ人間」出演を熱望 [デイリースポーツ]

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】 川栄李奈 「ムカデ人間」出演を熱望 [デイリースポーツ]
1: @Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 15:15:32.02 ID:LE6e89AI*.net
2015年8月15日

 元AKB48で女優の川栄李奈(20)が15日、都内で、米蘭合作ホラー映画「ムカデ人間3」(22日公開)の公開記念イベントにAKB48の高橋朱里(17)と登場。川栄は4日にAKBを卒業後、初のイベントとなった。

 同作は500人の囚人の口と肛門をつなげ、ムカデ人間を作る問題作となっている。

 1作目から見ているという川栄は「お父さんとお姉ちゃんも好きで。人間のお尻と口がくっつくって誰が考えたのって引き込まれた」と“ムカデマニア”をアピール。

⇒続きを見る

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:デイリースポーツ online http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/15/0008307059.shtml

続きを読む
広告
最新コメント