↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『三度目の殺人』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年09月12日時点

no title

三度目の殺人

三度目の殺人』(さんどめのさつじん)は、2017年9月9日公開の日本映画。監督は是枝裕和。主演は福山雅治。 2017年8月30日から開催される第74回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される。



製作

2017年2月、是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組む新作のタイトルが『三度目の殺人』に決定し、追加キャストが発表された。


wikipediaより
関連記事
関連記事

引用元:福山雅治 三度目の殺人 Part.2
続きを読む

役所広司の仕事論「人と関われることは“喜び”である」『三度目の殺人』

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】役所広司の仕事論「人と関われることは“喜び”である」 『三度目の殺人』9月9日(土)に公開
1: りんがべる ★@\(^o^)/ 2017/09/02(土) 11:14:34.53 ID:CAP_USER9.net
http://www.oricon.co.jp/news/2096644/full/

 邦画はもちろん、『SAYURI』や『バベル』など海外の作品にも出演する役所広司。
9月9日公開となる最新出演作の映画『三度目の殺人』では念願だったという是枝裕和監督とタッグを組み、得体の知れない不気味な容疑者・三隅を演じている。
「福山雅治との真剣勝負だった」と語る今作の役柄は、役所にとってどのようなチャレンジになったのか、役者を続ける上でモチベーションとなっているものはなんなのか、心境を語ってくれた。

■違う視点から“人間”を捉えた作品になった

 今作で役所が演じた三隅という男は、解雇された食品加工工場の社長を殺し、30年前にも強盗殺人の前科を持つ容疑者である。
死刑はほぼ確実の三隅をなんとか無期懲役に持っていこうと、福山雅治演じる弁護士の重盛は奔走する。
ところが接見室で三隅と面会するたびに供述が二転三転していき、重盛は弁護士としての在り方を問われ、不要だと思っていた“真実”を求めていくことになる。
そんな中、遂に裁判が幕を開ける。役所は今作を次のように語る。

 「最近では原作ものや“実写化”のような興行収入が保証されているものしか企画が通りにくくなっている映画業界の中で、是枝監督はデビュー作から自分の撮りたいものを製作されています。
そういう監督はごく稀で、今は“撮りたいものを撮っている監督”ってなかなかいないんですよね。
是枝作品だとここ数年は“家族の物語”が多く作られている印象がありますが、デビュー作の『幻の光』はまた違ったテイストですし、僕が大好きな『ワンダフルライフ』なんて良い意味でぶっとんだ映画だと思っていて(笑)。
色んなタイプの作品を撮られる監督ですが、今作では最近の作品とは違う視点から“人間”を捉えてみようと思われたんじゃないかなと思っています」

■福山雅治との真剣勝負だった

 日本の映画業界で常にチャレンジし続けている是枝監督と仕事をする喜びを感じたという役所。
そんな役所に対して「役所さんの力を借りて、福山さんをどう揺さぶっていくか、いかにいじめていくか」と是枝監督はコメントしている。
三隅(役所)VS重盛(福山)の接見室でのシーンは、役所広司VS 福山雅治のようでもある。

 「三隅と重盛の接見室のシーンはとても多かったので、福山さんとは非常に密な感じで撮影していました。
2人だけのシーンは、頼れるものは福山さんだけですから。彼はとても誠実に受け答えをしてくれる俳優さんなので、一緒にシーンを作り上げる仲間として凄く頼もしかったです。
ですが、お互いに“僕はこう演じるから君はこう演じてくれる?”なんてことは一切なかった(笑)。それぞれが準備してきたものを現場でぶつけあう。
その想像以上のものが生まれる瞬間を逃さないようにお芝居をしました。この作品は観ているうちに観客がどんどん重盛(福山)の目線になっていくと成功なんじゃないかなと個人的に思っています。
三隅はいろいろな話を重盛にしますが、彼の殺意や動機など本当のところは分からないまま物語が進んでいきます。
さらに…裁判をしても真実は分からない、そういったことを監督は今作を通して伝えたいのではないでしょうか」

■人と関われることは喜び

 長年のキャリアを積み上げてきてもなお、役所は第一線で“新しい仕事”に挑戦し続けている。仕事で一番のモチベーションとなっているものを明かした。

 「初めてご一緒する監督や役者さん、新たに演じる役、そして物語との出会いが仕事の醍醐味です。役作りは一人でもできますが、映画は一人では作れません。
自分で準備している時はいろいろ考えていますが、最終的には衣装を着て、美術さんが用意してくれたセットに行って、相手役がいて、自分の役を演じて…そこで初めて“あぁ、こういう物語なんだ”と思える。
自分が想像しなかったものを、多くの人から影響を与えてもらえることが“喜び”ですよね。
それは監督、相手役、スタッフさん…相対するその人がいないともらえないものです。自分では何もできないのですが、その人の声を聴いたり表情を見たりすることによって、“よし、最後まで頑張ろう”って思えてくるんですよ」

 役所広司が出演する映画『三度目の殺人』は、9月9日(土)に公開。


ORICON NEWS 2017-09-02 10:00

no title

三度目の殺人

三度目の殺人』(さんどめのさつじん)は、2017年9月9日公開予定の日本映画。監督は是枝裕和。主演は福山雅治。 2017年8月30日から開催される第74回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される。



製作

2017年2月、是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組む新作のタイトルが『三度目の殺人』に決定し、追加キャストが発表された。


wikipediaより

関連記事

役所広司

役所 広司(やくしょ こうじ、1956年1月1日 - )は、日本の俳優。本名、橋本 広司(はしもと こうじ)。

長崎県諫早市出身。ワイ・ケイ事務所所属。身長179cm。


wikipediaより

続きを読む

『関ヶ原』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年08月29日時点

no title

関ヶ原 (映画)

関ヶ原』(せきがはら)は、2017年制作の日本映画。石田三成と徳川家康を主人公に、豊臣秀吉の死から天下分け目の関ヶ原の戦いに至るまでの過程を描いた司馬遼太郎原作の歴史小説『関ヶ原』の映画化作品。司馬遼太郎の小説の映画化は、1999年公開の『梟の城』以来18年振りとなる。

監督・脚本は原田眞人、出演は岡田准一、役所広司、有村架純らで、有村は時代劇初挑戦となる。



あらすじ

キャスト

  • 石田三成:岡田准一
  • 初芽:有村架純
  • 島左近:平岳大
  • 小早川秀秋:東出昌大
  • 徳川家康:役所広司
  • 井伊直政:北村有起哉
  • 蛇白:伊藤歩
  • 赤耳:中嶋しゅう
  • 福島正則:音尾琢真
  • 加藤清正:松角洋平
  • 黒田長政:和田正人
  • 北政所:キムラ緑子
  • 豊臣秀吉:滝藤賢一
  • 大谷刑部:大場泰正
  • 花野:中越典子
  • 妙善尼:壇蜜
  • 前田利家:西岡徳馬
  • 直江兼続:松山ケンイチ
  • 島津惟新入道:麿赤児
  • 本多正信:久保酎吉
  • 安国寺恵瓊:春海四方
  • 八十島助左衛門:堀部圭亮
  • 島津豊久:三浦誠己
  • 長寿院盛淳:たかお鷹
  • 中馬大蔵:松島圭二郎
  • 柏木源藤:原田遊人
  • 毛谷主水:橋本じゅん
  • 島信勝:山村憲之介
  • 銀亀:宮本裕子
  • 柳生宗矩:永岡佑
  • 柳生宗厳:辻萬長
  • 淀殿:和田菜々
  • 宇喜多秀家:生島翔
  • 増田長盛:中村育二
  • 上杉景勝:辻本晃良
  • 本多忠勝:天乃大介
  • 松平忠吉:吉村界人
  • 細川忠興:関口晴雄

スタッフ

  • 監督・脚本:原田眞人
  • 原作:司馬遼太郎「関ヶ原」(新潮文庫刊)
  • 音楽:富貴晴美
  • 製作:市川南、佐野真之
  • 共同製作:中村邦晴、吉崎圭一、弓矢政法、木下直哉、藤島ジュリーK.、宮崎伸夫、広田勝己、東実森夫、大村英治、松田誠司、林誠、杉田成道、荒波修、吉川英作、井戸義郎、鯉沼久史
  • 企画:鍋島壽夫
  • エグゼクティブプロデューサー:上田太地、豊島雅郎
  • プロデューサー:山本章
  • プロダクション統括:佐藤毅、中澤サカキ
  • 撮影:柴主高秀
  • 照明:宮西孝明
  • 美術:原田哲男
  • 録音:矢野正人
  • 編集:原田遊人
  • 装飾:籠尾和人
  • VFXスーパーバイザー:オダイッセイ
  • 衣装:宮本まさ江
  • ヘアメイク:竹下フミ
  • Bカメラ撮影:堂前徹之
  • 音響効果:柴崎憲治
  • スクリプター:川野恵美
  • 殺陣:森聖二
  • アクションコーディネーター:中村健人
  • キャスティング:石垣光代
  • 助監督:谷口正行
  • 馬術指導:田中光法
  • 馬担当:芳川透
  • 製作担当:鎌田賢一
  • 配給:東宝、アスミック・エース
  • 製作プロダクション:東宝映画、ジャンゴフィルム
  • 製作:「関ヶ原」製作委員会(東宝、アスミック・エース、住友商事、電通、ジェイアール東日本企画、木下グループ、ジェイ・ストーム、朝日新聞社、毎日新聞社、時事通信社、WOWOW、阪急交通社、東急エージェンシー、時代劇専門チャンネル、GYAO、日本出版販売、中日新聞社、コーエーテクモゲームス)

製作

監督の原田眞人は1991年から映画化の構想を抱いており、当初は島左近を主役に考え、1998年には主役を小早川秀秋に変更していた。


wikipediaより

引用元:【司馬遼太郎】 関ヶ原 【原田眞人】 Part.3
続きを読む

役所広司が福山雅治を翻弄、是枝裕和の心理サスペンス「三度目の殺人」予告公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】役所広司が福山雅治を翻弄、是枝裕和の心理サスペンス「三度目の殺人」予告公開
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/30(金) 20:41:05.12 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/238782
2017年6月30日 8:00

是枝裕和最新作「三度目の殺人」の本予告がYouTubeにて公開された。

本作は、福山雅治演じる弁護士・重盛と、役所広司扮する殺人犯・三隅を中心に展開される心理サスペンス。
裁判をビジネスと割り切っていた重盛が、2度目の殺人を犯した三隅の供述に翻弄されながら真実を追い求めていく姿が描かれる。被害者の娘・山中咲江を広瀬すず、被害者の妻・美津江を斉藤由貴が演じた。

本予告では、「どうして殺したんですか?」という重盛の問いに「生まれてこないほうがよかった人間ってのは世の中にいるんです」と三隅が答えるシーンなどを収録。
また、最後には取り乱した重盛が「今度こそ本当のこと教えてくれよ!」と三隅に懇願する場面が映し出される。

「三度目の殺人」は9月9日より全国ロードショー。

『三度目の殺人』本予告



no title
no title
no title

是枝裕和

是枝 裕和(これえだ ひろかず、1962年6月6日 - )は日本の映画監督、テレビドキュメンタリー演出家。 来歴・人物 曾祖父は鹿児島県の出身。東京都練馬区生まれ。東京都立武蔵高等学校卒業。駿台予備学校で現代文を担当していた、「イイタイコト」で知られる藤田修一に影響を受ける。1987年早稲田大学第一文学部文芸学科卒業。 番組制作会社テレビマンユニオンに入社し、テレビ番組のADをしながらドキュメンタリー番組の演出家をつとめる。1995年に『幻の光』で映画監督デビュー。新作を発表するたびに多くの国際映画祭に招待されるなど、国内外で高い評価を受ける映画監督の一人である。若手監督のプロデュースや、CM作品、ミュージックビデオの演出も手がけている。 主な作品として、映画『誰も知らない』、『ワンダフルライフ』、テレビドキュメンタリー『しかし… 福祉切り捨ての時代に』、ノベライズ『歩いても 歩いても』、プロデュース作品として西川美和監督作品がある。
wikipediaより

続きを読む

役所広司 主演新作はド迫力呉弁じゃけん!「仁義なき戦い」の“血”継承

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】役所広司 主演新作はド迫力呉弁じゃけん!「仁義なき戦い」の“血”継承
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/05/05(金) 05:06:29.76ID:CAP_USER9.net
スポニチアネックス 5/5(金) 5:00

 俳優・役所広司(61)主演の映画「孤狼の血」(監督白石和彌、来春公開)の撮影が広島県呉市で行われている。

 1988年の同市が舞台で、暴力団との癒着が噂される刑事・大上(役所)らが捜査する失踪事件を発端に暴力団組織間の抗争が激化していく物語。同じく呉が舞台でやくざ映画の名作「仁義なき戦い」を生み出した東映が手掛け、同作のテイストを受け継ぎ、バイオレンスたっぷりに男たちの激しい生きざまを描く。

 報道陣に公開されたのは、呉を一望できる灰ケ峰山頂で、江口洋介(49)が演じる暴力団の若頭と対峙(たいじ)するシーン。抗争への発展を阻止しようと組長の引退を求める重要な場面で「戦争して死ぬんは若い者じゃ、あいつらの命守るんがわれの役目じゃろが!」と呉弁で迫り、緊張感あふれる熱演を見せた。

 2人が顔を近づけ火花を散らすと圧巻の迫力で「象徴的なカットになる」と自信。「広島弁よりも語調が荒い」(関係者)という呉弁はスタッフに教わり「アウトローの役にとって呉の言葉は心地いい」と話した。

 オール広島ロケで、4月17日にクランクイン。今月20日まで1カ月以上に及ぶ撮影で「街の人の言葉も聞こえてきたり、映画にとって最高の場所」と充実の笑みを見せた。「仁義なき戦い」の“血”も受け継ぐ作品について「バイオレンスも激しいし、元気な映画になる」と手応え十分。「仁義…」に出演した菅原文太さんや松方弘樹さん、渡瀬恒彦さんらが近年相次いで亡くなり、江口は「ますますレジェンド的な映画になっている。そういう要素やDNAをつなげていきたい」と力演を誓った。


・舞台となる広島・呉を一望する山で映画「孤狼の血」のロケを行った(左から)江口洋介、役所広司、松坂桃李
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000007-spnannex-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170505-00000007-spnannex-ent

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント