↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

松田聖子&斎藤工、シンガポールの鬼才エリック・クー監督最新作「ラーメン・テー(仮題)」で共演!

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:松田聖子&斎藤工、シンガポールの鬼才エリック・クー監督最新作「ラーメン・テー(仮題)」で共演!
1: 自治郎 ★ 2017/10/20(金) 20:35:49.64 ID:CAP_USER9.net
[映画.com ニュース] 斎藤工と松田聖子がシンガポール、日本、フランスの3カ国合作映画「ラーメン・テー(仮題)」で共演していることがわかった。今年4月から製作がスタートした本作は、7月にクランクアップ。「TATSUMI マンガに革命を起こした男」でも知られるエリック・クー監督がメガホンをとり、伊原剛志、別所哲也、マーク・リー、ジネット・アウらが共演している。

同作は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに、両国を題材にしたこれまでにない作品を生み出すべく企画されたもの。それぞれの国のソウルフードである肉骨茶(バクテー)とラーメンを軸に、2国間で交錯する“家族愛”を描出。クー監督が「『たんぱぽ』を超えるようなラーメン映画をつくりたい!」という目標を掲げ、プロジェクトが始動した。

劇中でキーとなるのは、肉骨茶とラーメンを融合させたオリジナルフード“ラーメン・テー”。クー監督とプロデューサーの橘豊氏は「“ラーメン・テー”は果たして美味いものなのか」と考え、試行錯誤を繰り返しながら、まずは味に納得のいく“ラーメン・テー”を完成させ、その後、脚本開発に踏み切った。撮影は美しいロケーションが広がるシンガポール、そして“映画の街”として文化振興にも力を入れている高崎市で行われた。

物語の主人公は、高崎でラーメン屋を営む若き店主・マサト。父の突然の死に際し、既に他界していたシンガポール人の母・メイリアンの思い出が詰まった赤いノートを見つけた彼は、両親が歩んできた道を辿るべく、シンガポールへ。現地で出会った日本人フードブロガーのミキのサポートを受け、祖母マダム・リーとの出会いを果たすと、知られざる父と母の激しくもせつない愛の物語を知る。やがてマサトとマダム・リーはキッチンに立ち、自分たちの壊れた心を救うような料理を完成させる。

「齊藤工」名義でメガホンをとった「blank13」がウラジオストク国際映画祭(ロシア)でベストアクター賞を受賞するなど、フィルムメーカーとしても活躍する斎藤はマサト役、「矢島美容室 THE MOVIE 夢をつかまネバダ」以来の映画出演となる松田はフードブロガー・ミキを好演。シンガポール国内の大ヒットドラマ「The Little Nyonya」への出演で国民的女優となったジネット・アウが、マサトの亡き母・メイリアンを演じている。

「ラーメン・テー(仮題)」の公開時期は未定。なお、第30回東京国際映画祭で報道向けの完成報告会(10月27日)が行われることが決定し、斎藤と松田をはじめ、別所哲也、マーク・リー、ジネット・アウ、クー監督が出席する。(映画.com速報)

2017年10月20日 18:00
http://eiga.com/news/20171020/26/

画像
no title

続きを読む

斎藤工「従来の映画ではない」下村監督新作にうずく 「RE:BORN(リボーン)」の初日舞台

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】斎藤工「従来の映画ではない」下村監督新作にうずく 「RE:BORN(リボーン)」の初日舞台
1: trick ★@\(^o^)/ 2017/08/12(土) 22:46:37.43 ID:CAP_USER9.net
斎藤工「従来の映画ではない」下村監督新作にうずく (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170812-01871252-nksports-ent
8/12(土) 22:05配信

 斎藤工(35)が12日、都内で映画「RE:BORN(リボーン)」の初日舞台あいさつに出席した。

 TAK∴(坂口拓=42)主演のアクション作品で、「GANTZ」シリーズや「図書館戦争」、「アイアムアヒーロー」のアクション監督を務めてきた下村勇二監督がメガホンを取った。

 観客から「ウェーイ!」と声援を浴びた斎藤は「そういう感じじゃないんで、今日」とニヤリ。「従来の映画ではない、視覚とか聴覚とか、そういう部分じゃないところがうずいた作品。しっかりと受け止めてください」と呼びかけた。

 主演のTAK∴は4年前に一度俳優を引退したが、今作のために復帰した。「みんなに初めて見ていただけるのをうれしく思っています」と喜びを語ったが、復帰や今後については明言しなかった。

 長谷部瞳、大塚明夫、いしだ壱成、望月オーソン、稲川義貴も出席した。

no title

斎藤工

斎藤 工(さいとう たくみ、1981年8月22日 - )は、日本の俳優、映画評論家。ブルーベアハウス所属。東京都港区出身。日本学園高等学校卒業。身長184cm。胸囲94cm、腹囲73cm、腰囲92cm、足28cm。 1981年8月22日午後3時40分、東京都港区の病院にて、体重3460gで生まれ、新生児を紹介するコーナーで取り上げられている。家族は東京都渋谷区に在住し、かつて東北新社に勤務していた父親の影響で、幼少期より映画館に通うのが日常となり、映画を多く観て育った。小学校ではオーストリア出身の教育者・哲学者ルドルフ・シュタイナーの教育理念を実践する東京シュタイナーシューレ(現・シュタイナー学園初等部・中等部・高等部)に通っていたが、同級生も7人しかおらず変わった学校で、地元のサッカークラブに入っていたこともあり6年生の時にサッカーの強い公立中学へ進学するために地元の公立小学校に転校したという。
wikipediaより

続きを読む

上戸彩×斎藤工「昼顔」主題歌をLOVE PSYCHEDELICOが書き下ろし 予告編も公開中

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【音楽/映画】上戸彩×斎藤工「昼顔」主題歌をLOVE PSYCHEDELICOが書き下ろし 予告編も公開中
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/03/28(火) 21:24:02.46 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/eiga/news/226323
2017年3月28日 4:00

上戸彩と斎藤工の共演作「昼顔」の主題歌を、LOVE PSYCHEDELICOが書き下ろしたことがわかった。
主題歌のタイトルは「Place Of Love」。
この楽曲について、上戸は「イントロ部分が『ザ・昼顔』という感じで、歌詞の内容も『昼顔』の主題歌以外としては考えられないほどその世界観にぴったりだと思います」と、
監督の西谷弘は「LOVE PSYCHEDELICOは映画作家として存在した。一方通行的な楽曲提供で終わることはなかった。二人の魂が、哲学が、惜しむことなく何度もスクリーンにぶつけられた」とコメントを寄せた。

上戸演じる主婦・紗和と斎藤扮する高校教師・北野の不倫関係を描いたドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の続編にあたる本作は、ドラマ版最終回の3年後を舞台に、偶然の再会を果たした2人が逢瀬を重ねていく姿を描いたもの。
上戸と斎藤のほかには、伊藤歩、平山浩行がキャストに名を連ねる。6月10日より全国でロードショー。
(続きはソースをご覧下さい)

「昼顔」特報
https://youtu.be/jcCZqJ5_508


「昼顔」予告
https://youtu.be/l4UGfBGzMkw



no title

no title

続きを読む

斎藤工、高校時代は「Hなことばかり考えてた」愛読雑誌はあれ!/映画上映会

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【芸能】斎藤工、高校時代は「Hなことばかり考えてた」愛読雑誌はあれ!/映画上映会
1: イセモル ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 22:08:01.61 ID:CAP_USER9.net
解散後も世代を超えて愛され続ける「ザ・ブルーハーツ」の楽曲をモチーフにしたオムニバス映画『ブルーハーツが聴こえる』の上映会が3月15日(水)に開催。尾野真千子、斎藤工、市原隼人、豊川悦司ら各エピソードに出演するキャスト、監督が舞台挨拶に登壇した。

斎藤さんは「ラブレター」に主演し、要潤演じる親友と共に、デブでモテなかった学生時代にタイムスリップし、憧れの女の子を事故から救おうと奮闘する男を演じている。

井口監督の学生時代を反映させた物語で、主人公は井口監督の学生時代そのままとのこと。

斎藤さんは出演について「井口さんから『僕の役を演じられるのは工さんだけ』とまさに“ラブレター”のようなメールをいただきました」とふり返る。

斎藤さん自身の、男子校での学生生活に通づる部分もあったようで、自らの高校時代について「Hなことばかり考えてて、『デラべっぴん』と『ホットドッグ・プレス』を愛読してました。男子校だったのが間違いの元なんですが…(苦笑)、映画の女優さんに恋してました」と期待通りの(?)、エロを織り交ぜたトークで笑いを誘いつつ、客席を見渡し「『やべえヤツだ』って目線が…」と苦笑いを浮かべていた。


一部抜粋でお送りしております。
詳細は下記引用元よりご覧ください|ω・)
http://s.cinemacafe.net/article/2017/03/15/47857.html
no title

斎藤工

斎藤工
生年月日1981年8月22日
身長184 cm
血液型A型
職業 俳優映画評論家
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2001年(俳優デビュー) -
主な作品
テレビドラマ
最上の命医
クロヒョウ』シリーズ
ダークスーツ
フルスイング
ボーイズ・オン・ザ・ラン
ガラスの家
ミス・パイロット
僕のいた時間
昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜
映画
時の香り〜リメンバー·ミー
春琴抄
舞台
ミュージカル・テニスの王子様
『THE FAMILY・絆』

斎藤 工(さいとう たくみ、1981年8月22日 - )は、日本俳優映画評論家ブルーベアハウス所属。東京都港区出身。日本学園高等学校卒業。身長184cm。胸囲94cm、腹囲73cm、腰囲92cm、足28cm


wikipediaより

続きを読む

「ブルーハーツが聴こえる」4月公開決定。主演の尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司からコメント到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】「ブルーハーツが聴こえる」4月公開決定。主演の尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司からコメント到着
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/01/14(土) 05:21:04.89 ID:CAP_USER9.net
M-ON!Press(エムオンプレス) 1/13(金) 18:49

THE BLUE HEARTS楽曲をテーマとした劇場映画「ブルーハーツが聴こえる」の公開日が決定した。

1995年の解散後も、ストレートなメロディとメッセージ性の強い歌詞が、多くの人々の心を魅了し、刺激し続ける伝説のバンド、THE BLUE HEARTS。

2015年の“結成30年”を機に、世代を超えて愛されるTHE BLUE HEARTSの名曲6曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」を、日本を代表する6人の人気クリエイターがオリジナルな解釈で監督し、豪華キャストで贈る極上のエンターテインメントが誕生した。

本プロジェクトに参加した監督陣は、飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日の6人。

楽曲ごとに、個性が溢れ、笑いと涙がつまった全6作。主演キャスト陣の顔ぶれも豪華そのもの。「ハンマー(48億のブルース)」では、同棲中の彼の浮気現場を目撃し、悩む一希役に尾野真千子。「人にやさしく」では宇宙船でサバイバルを繰り広げる謎の若い男に市原隼人。「ラブレター」では、初恋の女の子を救うべくタイムスリップする脚本家の大輔役に斎藤工。「少年の詩」では、戦隊ヒーローに憧れる息子思いのシングルマザー役に優香。「ジョウネツノバラ」では、最愛の女性を亡くして喪失感にとらわれる男に永瀬正敏。そして「1001のバイオリン」では、ふるさとを離れ東京での暮らしになじめない元福島原発の作業員・達也役を豊川悦司が演じている。

さらに、東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、要潤、山本舞香、新井浩文、水原希子、小池栄子、三浦貴大ほか、脇を彩るキャスト陣も、日本映画界を背負う実力派俳優たちがズラリ。映画ファンの熱い注目を集めている。

本作は、2016年12月7日よりクラウドファンディングサイト「Makuake」を通じて、劇場公開のための資金が集められていたが、支援した人々の力により、想定よりも早く、4月8日より新宿バルト9ほかで公開されることが決定。ただし、ひとりでも多くの人に本作を届けるため、2月15日まで、引き続きクラウドファンディングを続行していくという。

プロジェクトに支援した人には、好きな作品のエンドロールに名前を入れる権利など、「Makuake」でしか手に入らないプレミアムなリターンも用意されている。興味のある人は「Makuake」サイトまで。

また、公開決定を祝して、主演6名よりコメントも到着した。

「ハンマー(48億のブルース)」主演:尾野真千子 コメント
「ハンマー」のお話をいただいたとき、歌が好きだった私は、ブルーハーツと聞いて、運命だ! と勝手にブルーハーツに運命を感じ、台本も読み切らないうちにやってみたいとお答えし、このお話で飯塚監督、何が起こるんだろう、台本からどんな風に飛び出すんだろうとドキドキワクワクしました。
やってみて共演者皆さんのコラボレーションがすごくて、ついていくのに必死の毎日でした。でもほんと楽しかったー。毎日変わっていく台本、飯塚節、炸裂です! それがまた面白かった。
出来上がりを観て不思議な感覚だったのですが、とても新鮮な感じがしたんです。
早くたくさんの人に観てほしいです!

「人にやさしく」主演:市原隼人 コメント
ブルーハーツは僕の青春でありバイブルです。この作品に参加できたことを心からうれしく思います。
今の生活や環境からかけ離れた、未来の世界を感じながらの撮影は独特で貴重な時間を過ごさせていただきました。
アクションもお楽しみください。

>>2以降につづく)

映画情報
「ブルーハーツが聴こえる」
4月8日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
出演:尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司
監督:飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日
(C)TOTSU、Solid Feature、DAIZ、SHAIKER、 BBmedia、 geek sight


no title

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170113-00000024-mnet-musi

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント