引用元:【映画】憲武“おじいちゃんヒーロー”で16年ぶり映画主演!佐藤健は悪役初挑戦 人気コミックを実写化「いぬやしき」
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/17(金) 05:03:25.91 ID:CAP_USER9.net
スポニチアネックス 3/17(金) 5:00

 「とんねるず」の木梨憲武(55)が16年ぶりに映画に主演する。奥浩哉氏の人気コミックを実写化する「いぬやしき」(監督佐藤信介、18年公開)で“おじいちゃんヒーロー”に変身する。外見は平凡な初老の男性ながら、謎の事故でサイボーグとなった体で日本を救うサラリーマン・犬屋敷壱郎役。同じくサイボーグの体で人間のせん滅へと動きだす高校生の殺人鬼・獅子神皓と激突する。CGを駆使した戦いが見どころのアクション作となりそうだ。

 木梨は原作ファンの子供たちの後押しもあって出演を決断。「面白くてやりがいのある役なので凄く光栄」と話した。友人の中井貴一(55)には「犬の映画やるの?」と言われたといい、「その悔しさをバネに気合を入れて頑張っていきます。ワンワン」とユニークに意気込んだ。

 獅子神役は佐藤健(27)で悪役に初挑戦。「木梨さんは大先輩ではありますが、敵役として全力でぶつかっていけたら」と話している。共演は本郷奏多(26)、二階堂ふみ(22)、三吉彩花(20)ら。


“おじいちゃんヒーロー”の犬屋敷壱郎(イラスト右)を演じる木梨憲武と大量殺人鬼・獅子神皓(同左)を演じる佐藤健
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00000142-spnannex-ent

いぬやしき

いぬやしき』は、奥浩哉による日本漫画。2014年より講談社イブニング』にて連載中。2015年4月22日発売の『週刊少年マガジン』第21・22合併号には、作者初の少年誌掲載となる出張掲載もされている


wikipediaより

続きを読む