引用元:【映画】『マジンガーZ』新作映画、あの曲が復活…アニキ・水木一郎が帰ってくる
1: muffin ★@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 19:46:53.37 ID:CAP_USER9.net
https://www.cinematoday.jp/news/N0092228
2017年6月15日 13時34分

 永井豪原作の巨大ロボットアニメを誕生から45年の時を経て復活させる『劇場版マジンガーZ(仮題)』のオープニングテーマが、誰もが知るかつてのアニメ版の“あの主題歌”の新録版となることが明らかになった。
アニメソング界の帝王として知られ、“アニキ”の愛称で親しまれる水木一郎が再び担当する。

週刊少年ジャンプに連載された永井による漫画を原作とする「マジンガーZ」テレビシリーズは、1972年〜1974年に放送され大ヒットを記録。
世界中に普及し、合体・乗り込み型巨大ロボットアニメの元祖として各国のSFロボットアクションに影響を与えてきた。

 水木が歌った主題歌は「ゼェーット!」コールと共に人気を博し、アニソン界の名曲として歌い継がれ、同アニメを知らない若い世代にさえ曲が浸透しているほどだ。
「マジンガーZ」に欠かせないこの歌が、今回の劇場版のオープニングテーマとして、パワーアップして復活。
そして、同曲の作曲者であり、昭和のアニメやヒーローものの主題歌を担ってきた特撮音楽界の巨匠・渡辺宙明の息子である渡辺俊幸が劇中音楽を担当することとなり、親子二代で受け継がれる「Z」の遺伝子にも注目したい。

また、劇場版では、テレビシリーズ最終回からの世界観を引き継ぐ“完全新作”ストーリーが展開されることも明らかに。
悪の野望を阻止し、平和を取り戻してから10年、パイロットを離れ科学者の道を歩み始めた兜甲児は、地中深くに埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇……新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。

これらの情報は、フランス・アヌシー国際アニメーション映画祭の場で発表。
原作者・永井も登壇し「今の世の中の方がマジンガーZが活躍するのにふさわしいと思います。未来に対する混乱を感じながら、強い力で平和を取り戻すためのヒーローを求めている空気があると思う。
僕自身は45年前に作ったときもその当時より先の時代を見て作っていたので、そういう意味で現代のほうが合っていると思います」と語ったほか、
『パシフィック・リム』などのギレルモ・デル・トロ監督が駆けつけるサプライズもあった。
(編集部・小山美咲)

『劇場版マジンガーZ(仮題)』公開日は未定

no title
『劇場版マジンガーZ』(仮題)超特報映像


関連記事

マジンガーZ

『マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪の漫画作品の題名、左記と原作者を共にする東映動画(現・東映アニメーション)制作のテレビアニメ作品および桜多吾作によるコミカライズ作品の題名、またこれら3作品で描かれる主役の巨大ロボットの名称。本項では原作者の漫画とテレビアニメーション、および後世影響等について述べる。桜多吾作によるコミカライズ版については作者の項を参照。 作品概要 巨大な人型ロボットに主人公が乗り込み操縦するという、「巨大ロボットアニメ」と呼ばれる分野に分類される初めての作品である。 TV放映は2年近い長期放映となり、続編の『グレートマジンガー』『UFOロボ グレンダイザー』と合わせると4年を越える長期シリーズとなった。永井は本来はシリーズとしては2部、もしくは3部作として構想されており、完結編にはゴッドマジンガーを冠させる予定であったと、文庫版マジンガーZのインタビューなどで語っている。 アニメの方は日本で視聴率が最高30%を超える大ヒットを果たした後、日本以外でも放映され、視聴率80%を稼いだスペインやイタリアなどヨーロッパを初めとして世界各国で人気を博している。
wikipediaより

続きを読む