↓↓最近公開された映画の評判をチェック↓↓

『光』2chでの評価

このエントリーをはてなブックマークに追加
N/AIMDb
2017年06月12日時点

no title
続きを読む

永瀬正敏ら、10分間の拍手喝采に感激=河瀬直美監督「光」、カンヌ映画祭で公式上映

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】永瀬正敏ら、10分間の拍手喝采に感激=河瀬直美監督「光」、カンヌ映画祭で公式上映
1: 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ 2017/05/24(水) 18:56:25.76 ID:CAP_USER9.net
 フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門に出品された河瀬直美監督の「光」が、現地時間の23日夜に公式上映された。関係者によると、物語が終わって「光」のタイトルが映し出されると、すぐに拍手が起こり、会場が明るくなった後も10分間にわたりスタンディングオベーションが続いた。主演の永瀬正敏が感激のあまり、泣き崩れる一幕もあったという。

 「光」は、視力を失いつつあるカメラマン(永瀬)と、視覚障害者のための音声ガイドを作る女性(水崎綾女)の心の交流を描く作品で、脚本は河瀬監督のオリジナル。河瀬監督によれば、前作「あん」に付ける音声ガイド制作に携わったことをきっかけに構想が膨らみ、「私たち製作者以上に映画を愛し、すべての人に届けようとしている人たちが主人公の作品を作ることで、映画への愛を描けると思った」という。

 公式上映と、それに先立つ公式会見、レッドカーペットには河瀬監督と永瀬、水崎のほか、共演者の藤竜也らも出席。上映終了後、「言葉にならないものがこみ上げてきた」という河瀬監督は、「もしかしたら、この映画は言葉にならないものを人々に届ける力を持っているのかと思います。表現をするときに混沌(こんとん)としたものを描いてしまう時代に、必死で光を見つけられる映画を作ることができた」と、作品への手応えを語った。

 永瀬は「監督と同じで、言葉にならない。エンドロールが終わったら、格好よく立ち上がろうと思っていましたが、(長いスタンディングオベーションに感激して)だめでした」。藤は「外国の方が文化の壁を超えて、日本人と同じように感動してくれた」と喜んでいた。

 最高賞のパルム・ドールをはじめ、コンペティション部門の各賞は現地時間の28日夜に発表される。河瀬監督は同映画祭で、1997年に「萌の朱雀」でカメラ・ドール(新人賞)を受賞。2007年の「殯の森」は、コンペティション部門でグランプリを獲得している。

(2017/05/24-15:55)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052400895&g=etm
no title

続きを読む

永瀬正敏主演「光」がカンヌ映画祭コンペティション部門に出品

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】永瀬正敏主演「光」がカンヌ映画祭コンペティション部門に出品
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2017/04/13(木) 20:54:07.99 ID:CAP_USER9.net
俳優・永瀬正敏(50)が主演する河瀬直美監督(47)の最新映画「光」(5月27日公開)が、第70回カンヌ国際映画祭(5月17~28日)のコンペティション部門に出品されることが13日、発表された。
河瀬監督は永瀬と初タッグを組んだ15年の「あん」以来7度目の出品。永瀬は「あん」、
16年の「パターソン(原題)」(ジム・ジャームッシュ監督、8月公開予定)に続き、日本人俳優として初めて出演作が3年連続で招待された。

永瀬演じる弱視のカメラマンと、目の不自由な観客向けに映画の音声ガイドを制作する女性(水崎綾女)がそれぞれに「光」を求めて葛藤する姿を描いた作品。
昨年10~11月に河瀬監督の地元・奈良を中心に撮影を行った。
当初からカンヌ出品を見据えていたが、河瀬監督の人気に加え、日仏合作の映画「愛のコリーダ」(大島渚監督)に主演し、
現地で高い知名度がある藤竜也(75)が出演していることなどもポイントになったようだ。

永瀬は「撮影でお世話になった視覚障碍(しょうがい)者の皆さんに心から感謝。また、世界中で作られている数々の作品の中から『光』を選んで頂けた事を本当に感謝しています」。
河瀬監督も「50回目のカンヌで初めて訪れた場所…あれから20年の節目にまたあそこに立てる喜びをかみしめています」とそれぞれコメント。
97年「萌の朱雀」でのカメラ・ドール(新人監督賞)、07年「殯の森」でのグランプリに続き“節目の10年”となる17年にパルム・ドール(最高賞)を目指す。

http://news.livedoor.com/article/detail/12932046/
2017年4月13日 20時25分 スポーツ報知

no title

続きを読む

山田孝之の主演短編映画「パラレルワールド」河瀬直美監督がメガホン

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】山田孝之の主演短編映画「パラレルワールド」河瀬直美監督がメガホン
1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 05:08:46.14 ID:CAP_USER9.net
スポーツ報知 3/16(木) 5:03

 国際的に活躍する河瀬直美監督(47)が、俳優の山田孝之(33)主演で短編映画「パラレルワールド」を製作したことが15日、分かった。三代目J Soul Brothersの楽曲「Unfair World」の世界観を映像化。ヒロインは石井杏奈(18)が務める。

 河瀬監督は昨年、世界3大映画祭の1つのカンヌ国際映画祭の短編部門の審査委員長を務めた経験もある。このほど、米アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」とタッグを組み、EXILEのリーダー・HIRO(47)がエグゼクティブ・プロデューサー、映画祭の代表で俳優の別所哲也(51)が企画・プロデュースする新プロジェクト「シネマファイターズ」を始動させ、今作は、その第1弾となる。

 同プロジェクトは若手映画監督の発掘を目的に、今作以外に若手監督が5本の短編を製作。河瀬監督自らメガホンを執った今作は、ある学校の天体観測室を舞台に、山田演じる主人公の徹が15年前に真矢(石井)に伝えることができなかった思いを過去と現在を交錯させて描く15分間の恋愛物語。ほかの5本とともに、6月1日から開催される「ショートショート―」でプレミア上映される。


・「パラレルワールド」の一場面。山田孝之と石井杏奈
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000280-sph-ent.view-000
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170315-00000280-sph-ent

河瀬直美

河瀬直美
生年月日1969年5月30日
職業 映画監督脚本家
主な作品
萌の朱雀
殯の森
あん

河瀬 直美(かわせ なおみ、1969年5月30日 - )は、日本映画監督奈良県出身・在住。


wikipediaより

続きを読む

日本人初 映画監督の河瀬直美さん、カンヌ映画祭2部門の審査委員長に

このエントリーをはてなブックマークに追加
引用元:【映画】日本人初 映画監督の河瀬直美さん、カンヌ映画祭2部門の審査委員長に (NHK)
1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/03/16(水) 16:21:22.17 ID:CAP_USER*.net
3月16日 15時31分

映画監督の河瀬直美さんが、ことし5月に開幕するカンヌ映画祭で、短編部門など2つの部門の審査委員長を務めることになりました。日本人が審査委員長を務めるのは初めてです。

世界3大映画祭の1つ、カンヌ映画祭はことし5月にフランスで開幕しますが、このうち「短編コンペティション部門」と学生映画を対象にした「シネフォンダシオン部門」の2つの部門で、映画監督の河瀬直美さんが審査委員長を務めることになりました。

これらの部門では、これまでマーティン・スコセッシ監督など世界的な映画監督が審査委員長を務めていて、日本人では河瀬さんが初めてだということです。

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160316/k10010445341000.html


※関連板 http://yomogi.2ch.net/movie/ 映画一般・8mm
※関連板 http://yomogi.2ch.net/cinema/ 映画作品・人
※関連板 http://hope.2ch.net/endroll/ 映画人
※関連板 http://tamae.2ch.net/animovie/ アニメ映画
no title

続きを読む
広告
オススメ
最新コメント